絵文字を使う女性心理!多い少ないの違いや好きな人に送る絵文字とは

 

ハートマーク

絵文字が多い・少ないで女性心理は違う?

好きな人に送る絵文字ってどんなものが多いの?

こんな男性の疑問は少なくないのでは?

今回は絵文字を使う女性心理などについてをご紹介!

メールやLINEで気になっていた男性は参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

女性が絵文字を使う意味とは?

女性は男性よりも絵文字を使う傾向が高い印象です。

男性は文字を打つのが面倒ということもあり、比較的女性のほうが絵文字を使うことが多いのかもしれません。

普段絵文字をあまり使用しない男性からすると、絵文字が多い・少ない・同じものばかり使う女性に疑問を覚えることもあるのではないでしょうか。

今回は女性の絵文字の数や意味について考えられる心理をご紹介していきます。

スポンサーリンク

絵文字が多い女性心理

感情表現をしたい

絵文字を使う目的は大抵自分の気持ちを表す為ということが多いかと思います。

絵文字が多い女性心理にも、感情表現をしようとしたことが考えられるでしょう。

句読点のみでは喜びや感謝の言葉なども素っ気なく感じられ、いまいち相手の感情が伝わりにくいです。

よって、相手にしっかりと気持ちが伝わるようにしたいという心理がある為、その女性は絵文字を多く使うのかもしれません。

可愛くしたい

絵文字が多い女性のなかには、文章を可愛くしたいからという心理の可能性もあるでしょう。

文字だけのやり取りをする上で、絵文字は感情表現をするのにとても便利なものですが、それ以外に文章の装飾として使われることも珍しくありません。

文字と句読点のみでは味気ないと感じる女性だと、送るメッセージに絵文字を多く取り入れる傾向があるでしょう。

一つ一つの単語の後にわざわざ絵文字を付けている女性は、可愛くしたいという心理が働いていることが考えられそうです。

冷たい印象になりたくない

文字だけのやり取りだと、相手の顔も声もない状況でのコミュニケーションですので、冷たく感じられることも少なくありません。

絵文字が多い女性のなかには、そういった冷たい印象になるのを避ける為に絵文字を多用している場合もあるでしょう。

句読点で終わる文章よりは、笑った顔の絵文字などを使っている文章のほうが、相手の気持ちがわかるので送られた側は悪い気はしません。

よって絵文字が多い女性心理には、「相手に不快感を与えないように配慮しているから」という場合も考えられるでしょう。

スポンサーリンク

絵文字が少ない女性心理

普段からあまり使わない

女性は男性よりも絵文字を使うイメージが強いですが、女性のなかにも普段からあまり絵文字を使わないという人も珍しくありません。

絵文字をあまり使わない人は、気分でたまに使う程度という傾向がある為、送る相手によって多く少なくしているわけではないでしょう。

過去のやり取りをチェックして、初めの頃から絵文字をあまり使っていないようなら、絵文字が少ないのは普段から使わないだけという可能性が高そうです。

軽い印象になりたくない

絵文字があまりにも多いと、ギャルのようなキャピキャピとした印象に感じる人も少なくありません。

なので、軽い印象になりたくないという女性だと絵文字を控える傾向があるでしょう。

なるべく必要最低限の絵文字で済ませようと考え、絵文字の数が少ないのかもしれません。

立場や歳を考えて、あまり絵文字を使わないようにしている女性もいるでしょう。

面倒くさい

やり取りが面倒くさくなると、だんだんと返信が適当になる人は多いです。

もしかしたらその女性も、やり取りしてるうちに打つのが面倒くさくなって、絵文字が少なくなったということも考えられるでしょう。

読むのが面倒な長文のメッセージや中々終わらないやり取りだと、普段は絵文字を付ける女性もだんだん面倒に感じて、返信が適当になりやすいかもしれません。

打つ時間がなかった

忙しい状況だと、なかなか絵文字を打つ暇がないことも少なくありません。

仕事や出掛けている状況だと、文字を打つだけで済ませてしまう女性も多いかもしれません。

仕事をしている時間帯や休みの日に返信されたメッセージの絵文字が少ないようなら、忙しくて絵文字を付ける余裕がなかったことが考えられそうです。

逆に仕事を終えた時間帯であったり、女性が暇だと言っているのに絵文字が少ないなら、別の心理に当てはまる可能性が高いでしょう。

興味がない

興味がない異性だと返信が適当になり、絵文字が少ない傾向があります。

好きな相手だと嫌われたくないという心理から、なるべく絵文字を使って好印象になるようにするものですが、興味がない相手だとどうでもよくなるため絵文字も適当になりがちです。

絵文字が少ない以外に返信が一言で返されることが多かったり、返信されるのが遅いなどの傾向もあるなら、興味がないという女性心理から絵文字があまり使われないのかもしれません。

スポンサーリンク

女性が同じ絵文字ばかり使う心理

履歴の絵文字を毎回使っている

毎回履歴の絵文字を使っている女性だと、同じ絵文字ばかりになりやすい傾向があります。

時間がない状況での返信だったり、何の絵文字にするか考えるのが面倒な女性だと、履歴一覧の絵文字から毎回選ぶ為、同じ絵文字ばかりになりやすいのかもしれません。

お気に入りの絵文字

人によっては、その人のお気に入り絵文字があることも。

星や動物の絵文字など、癖のように使ってしまう人は意外と少なくありません。

多用する絵文字に特別な意味はないけど、「可愛いから」「なんとなく」などの理由でその女性も毎回同じ絵文字ばかりを使っているのかもしれません。

無難な絵文字にしている

当たり障りのない無難な絵文字な為、そればかり使っているという女性も少なくありません。

例えば笑った顔マークの絵文字などは誰でもよく使いますし、感情表現として使いやすく無難な絵文字ですね。

その他にも星だったり、びっくりマークなども無難な絵文字なので、比較的誰にでも使われる印象があります。

あれこれ絵文字を使い分けるのが面倒な女性だと、とりあえず無難な絵文字を使っておこうという心理から、毎回同じ絵文字になってしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

女性が好きな人に使う絵文字

ハートマーク

嬉しい気持ちを表現したり、見た目が可愛いという理由で使われるハートマークですが、実は本命男性相手にハートマークを送って、こっそり好意を匂わせている女性も少なくありません。

最近では男性が「女性からハートマークを送られると意識する」ということを、女性はしっかり把握していたりします。

なので、恋愛対象じゃない男性には思わせぶりにならないようハートマークを使わないようにしたり、好きな男性に送ると好意が伝わってしまうかもしれないと躊躇する女性もいます。

なので、ハートマークは好きな人に送る絵文字の一つとして考えられるでしょう。

完全な脈ありサインではありませんが、今までハートマークを送られたことがないのに、最近になってハートマークを送るようになったなら可能性が出てきそうです。

貴方のお気に入り絵文字

貴方がよく使うお気に入りの絵文字を、相手の女性が頻繁に使うようになったなら脈ありサインかもしれません。

心理学にはミラーリング効果というものがあります。このミラーリング効果とは、無意識に好意のある相手の表情や仕草を真似するというものです。

また、ミラーリングされると人は自分と似ている相手に好印象を抱くなどの効果もある為、ビジネスの場面でも使われることがあります。

なので、メールやLINEのやり取りで相手女性が貴方のお気に入り絵文字を真似したなら、好意から無意識にミラーリングしているか、好印象になりたくて意図的にやっていることが考えられるでしょう。

LINEであれば、絵文字以外にスタンプなどもミラーリングされる可能性があります。貴方の好きなスタンプを使ってきたら、脈ありサインかもしれません。

なお、好印象になりやすいテクニックとして使えるミラーリング効果ですので、女性が使う絵文字やスタンプを真似してみると距離を縮められる期待ができるのでオススメです。

まとめ

いかがでしたか?思い当たる女性心理はあったでしょうか?

絵文字の数や使用されるもので考えられる心理は様々です。

今回ご紹介したものを参考に、女性とのLINEやメールで心理を上手く見極めてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

記事カテゴリー

女性の行動 女性心理