好きな人とLINEする頻度はどのくらいがベスト?

 

好きな人とのLINEは相手に面倒な印象を与えたくないという気持ちから、LINE頻度に悩む方は多いかと思います。

今回は好きな人との最適なLINE頻度についてまとめてみました。

「好きな人に嫌われないLINEの頻度ってどのくらい?」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

好きな人とLINEする頻度のポイント

スマホを握ったまま就寝

やり取りは少なくても毎日LINE

「好きな人に毎日LINEしたら嫌われそう…」と考える方も多いかもしれませんが、相手と仲良くなる為にも例えLINEのやり取りが少なくても毎日するのが効果的です。

全く交流がなくなるとそれだけ貴方の印象も薄くなり、他の異性を好きになってしまう可能性が高くなります。

特に普段なかなか会えない関係なのであれば、よりLINEでのコミュニケーションを取るほうが良いです。

よって1日1通でもいいので、LINEで毎日相手とコミュニケーションを取るほうが良いでしょう。

ペースは相手に合わせる

基本的には毎日LINEするのが理想的ですが、一番は好きな人のペースに合わせるのが好印象です。

LINEでのコミュニケーションを得意としない人もいるので、そういった人からすると、例え好きな人とのLINEであっても毎日は負担になることもあります。

毎回負担を感じると、好きな人が貴方とLINEをしたいという気持ちがなくなってしまいますので、相手のペースを把握してコミュニケーションを取っていきましょう。

1日に2、3通のやり取りで終わることが多かったり、2、3日に1回のペースでLINEするなどの特徴が見られるなら、貴方もその頻度でLINEするようにしていくほうが良さそうです。

次第に相手のほうから3日に1回から2日に1回になったりするなど、親しくなることで頻度が変わることがあるので、その時は貴方も新しいペースでLINEするようにしましょう。

好きな人のペースに合わせられるようになれば、相手にとって心地よいLINEのやり取りになるので好印象になれます。

会うことが多いなら頻度は少なくてもOK

普段好きな人と顔を合わせることが多いのであれば、無理にLINEで毎日コミュニケーションを取る必要はありません。

もちろん好きな人からLINEしてくるのであれば、毎日やり取りしても構いませんが、普段会って話しているのにわざわざLINEを毎日するのは面倒な印象になることもあります。

なので、普段会って話すことが多い方は、自分から毎日LINEする必要はないでしょう。

LINEはあくまで会えない時に利用するコミュニケーション方法ですので、直接会って話すほうが仲を深める期待はグッと高まります。

普段会って話せる関係なら、LINEの頻度はほどほどにして、直接会った時のコミュニケーションを大切にするようにしましょう。

スポンサーリンク

好きな人とLINEする頻度の注意点

プールサイドのスマホとサングラス

追撃LINEをしない

LINEをする上で、相手からの返信がなかなか来ないということは珍しくありません。

好きな人にも生活がありますから、忙しかったり疲れていればなかなか返信できないこともあります。

なので、例えその日のうちに返信が来なかったとしても、追撃LINEだけはしないようにしましょう。

「連絡ないけど大丈夫?」なんていうLINEは、催促をしているつもりはなくても、相手は催促されている気分になったり、「仕事で忙しかったんだよ!」と不快な気持ちになることもあります。

LINEを送ったら返信がくるまで静かに待っていましょう。せいぜい2~3日くらいは待つようにして、それでも返信がこないなら新しい話題にしてまたLINEしてみるようにしましょう。

読みやすさを重視する

長文LINEは読むのが面倒と感じられやすいので、例えLINEの頻度が少なくても長文LINEは避けたほうが良いでしょう。

色々気持ち伝えたいのはわかりますが、長文LINEを送ることで鬱陶しく思われて、やり取りが少なくなることもありますから、頻度を気をつけるのも大切ですが、文章量にも注意したいところです。

よってLINEのメッセージを送る場合は、なるべく1~2行ぐらいの短文でやり取りするのがオススメになります。

少ない文章だと言葉が少ない分、気持ちが伝わりにくいこともあるので、絵文字やスタンプなども付け加えることで、短文でも感情が伝わりやすくなるでしょう。

LINEが苦手な人との頻度

本来なら例え1日のやり取りが少なくても毎日LINEしたほうが仲の良さを深められますが、あまりLINEが好きじゃない人とは、たまにLINEするくらいの頻度で良いかもしれません。

LINEが苦手な人にとっては例え好きな人からでも面倒に感じる場合もある為、そういった人とのLINEは相手のペースに合わせたり、1日1通や2~3日に1回ぐらいの控えめな頻度でも良いでしょう。

文字でのコミュニケーションが苦手な人は、直接会ってコミュニケーションを取ったほうが仲良くなりやすいので、LINEが苦手な人とはLINEではなく、直接会って交流する機会を多くしたほうがオススメです。

よって、デートや会う日程を決めるやり取りでLINEを利用するようにしたほうが、面倒な印象になりにくいでしょう。

スポンサーリンク

好きな人とのLINEの頻度を上げる話題

アイスを持つ浴衣女性

恋愛話

恋愛話をすることで好きな人に自分を意識させる期待もできるので、LINEの頻度を上げる方法として効果的です。

恋愛の話であれば、好きな人はいるのか、いつまでに結婚したいのか、好きなタイプはどんな人かなど、話すネタが見つけやすいのでLINEを続けやすい傾向もあります。

花火やクリスマスやバレンタインなどのイベントは恋愛話に繋げやすいので、時期をキッカケに聞くのも自然な流れで良いかもしれません。

行った場所や行きたい場所について

行った場所や行きたい場所について話すことで、「一緒に行ってみない?」という話にしやすいので、デートに行きたい時に話題にすると好きな人を遊びに誘いやすくなります。

特にどこかに行ったという話をすると、相手が「いいなぁ。行ってみたい」というリアクションを取る傾向があるので、「じゃあ今度一緒に行こうよ!」という風に遊びに誘いやすいです。

もちろんデートに誘わなくても、行ってきた場所や行ってみたい場所について話題にすることで、LINEの頻度を多くする期待もできるので、話のネタとしてもオススメです。

人気のお店やテーマパークなど、好きな人が興味を持ちそうな場所をリサーチしておくと色々話題にできるので役立つと思いますよ。

趣味や好きなこと

趣味の話や好きなことになると話が盛り上がる人が多いので、好きな人とのLINEが終わりにくい傾向がありオススメです。

相手の好きなことについて知っておけば、普段から話題のネタを意識して探しやすいので、毎日のLINEに困ることが少なくなります。

好きな人の趣味や好きなものに質問して、相手が熱く語っているようならリアクションを取ったり、興味を示してあげると好印象です。

始められそうな趣味なら、共有することで更に話題も増えて、LINEの頻度も上げることが出来るでしょう。

身近にいる人のこと

身近にいる人のことをLINEで話題にしてみるのもオススメです。

共通の知り合いでもいいですし、貴方の身近にいる人の話でも良いでしょう。

町で見掛けた変わった人などについて話すのも良いかもしれません。

ただし、例え知らない人でも悪く言ったりするのは、良い印象になりませんのでやめましょう。

あくまで笑えるエピソードや、「そんな人いるの!?」というような驚く話をするのがオススメです。

流行や話題性のあるもの

話題性のあることなら、自然にLINEで話すことができるのでオススメです。

もちろん好きな人が興味を持ちそうな話題かは見極めが必要ですが、今流行っていることや芸能人についてなどは興味を持ってもらいやすいので話してみると良いかもしれません。

性別ごとに流行っているものは違うので、テレビやネットで女性人気や男性人気があるものについて情報収集しておけば、流行の話題でLINEが続きやすいです。

過去の話や自分について

子供の頃の話や学生の頃の話をLINEでするのもオススメです。

誰でもその人の知らない一面は興味深いですし、その人だけの学生の思い出などは興味を持たれやすいです。

過去の話でなくても、自分についてLINEで話すのも良いかもしれません。

自分のことを話して自己開示することで、「ここまで話してくれたし、自分も話したほうがいいかな」と相手も自己開示してくれる傾向があります。

自己開示する相手には信頼や好感を持ちやすくなるので、互いに自己開示することで親しくなれる期待ができます。

よって自分のことについて話題にして自己開示するのは、仲が深まってLINEを続けやすくなるのでオススメです。

スポンサーリンク

好きな人とのLINEの頻度で好意を見極めるポイント

好きな人から毎回LINEしてくる

好きな人から毎回LINEしてくるなら、脈ありサインの可能性があります。

興味のない相手とわざわざ話したいという人は珍しいですから、よほど暇人のかまってちゃんでもない限りは、毎回貴方の好きな人からLINEしてくるというのは、貴方と親しくなりたいという心理が考えられそうです。

特に毎回LINEしてくる上に「~なの?」などの質問LINEが多い場合は、やり取りを長く続けようとしている心理が考えられるので、より一層脈ありLINEの可能性が高いでしょう。

LINEの頻度は少ないけど会おうとしてくれる

LINEの頻度は少なくても、二人きりで遊ぶ約束や食事の誘いをしてくるようなら脈ありサインになります。

頻度が少ないのは、LINEが苦手な人なのかもしれません。

二人きりで会おうとするのは貴方に興味があるサインですので、相手はLINEでのコミュニケーションではなく、直接会って話したいという心理が考えられるでしょう。

LINEの頻度がイマイチでも、軽い食事や遊びの約束をしてくるなら、異性として意識している可能性が十分にありそうです。

返信されない・遅い

好きな人からの返信が遅かったり、全くLINEが返されない場合、残念ながら脈なしLINEの可能性が高いでしょう。

一週間以上経ってから返信されることが多い場合は、あまり貴方とのLINEをしたい気持ちがないのかもしれません。

また全く返信されないという場合に至っては、相手にされていない可能性が高いでしょう。

好意がある相手には、嫌われないようにしっかり返信したり、返すのが早くなる傾向がある為、返信が遅かったり既読・未読スルーばかりでLINEの頻度が少ないという場合は、恋愛対象として見られていないのかもしれません。

まとめ

以上が好きな人とのLINEの頻度についてでした。

まずは相手のペースをチェックしてみるようにしましょう。

相手のペースに合わせることで不快感を与えずにLINEがしやすいです。

しかし、一通くらいの少ないやり取りであっても、自分を意識させたいなら毎日の頻度でLINEするのが効果的ですので、頑張って心がけてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

恋愛にオススメの占い

恋愛で悩む方に人気のココナラ占いは、お名前や電話番号の入力が不要で登録ができるので、気軽に占い鑑定をしてもらいたい方にオススメ!

1対1の完全非公開のトークルームでチャットのように占い師に相談できるので、場所や時間を気にすることなく占ってもらえます。

ココナラ占いで恋の悩みを解消してみませんか?