誕生日を言う男性心理7つ!アピールするのは好意があるから?

 

自分から誕生日を言う男性ってなんなんだろうと気になりませんか?

わざわざ何故私に言うんだろう?どうして自分から言うんだろう?

そんな疑問を抱く女性も多いかと思います。

今回は自分で誕生日を言う男性心理について考えられるものをご紹介!

誕生日を男性から言われて不思議に感じていた女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

誕生日を言う男性心理7つ

祝ってほしい

自分の誕生日を言う男性心理には、祝ってほしいというものが考えられるでしょう。

年を取ることを喜ぶ人は少ないかと思いますが、自分が生まれたことを人に祝ってもらえるのはやはり嬉しいものです。

自分から「今日誕生日なんだ」などのように言うのは、少なからず「おめでとう」と祝ってほしいことが考えられるでしょう。

誕生日が近くなると「注目を浴びたい」という男性心理が働いて、誰にも聞かれないもどかしさからつい自分で言ってしまいたくなるのかもしれません。

プレゼントがほしい

自分から誕生日を言う男性のなかには、プレゼント欲しさに言っている男性もいる場合もあります。

女性から好意を寄せられていると感じると、女性の気持ちを利用してプレゼントをおねだりする男もいます。

誕生日の話題になって冗談で「プレゼント期待してるから(笑)」などと言うことはあるかと思いますが、妙にしつこくプレゼントの要求をしてきたり、おねだりされたのであれば注意しましょう。

1回要求に応えてしまうと利用しやすそうと思われてしまうので、都合のいい女にされないためにも、そういう男性には警戒心を持ったほうが良さそうです。

自分の誕生日を知っておいてほしい

好きな女性に自分の誕生日を知っておいてほしいという男性心理から、誕生日を言う男性も少なくありません。

性別関係なく誕生日を祝ってもらうことは嬉しいことですが、想いを寄せる人に祝ってもらえるというのは、やはり特別な相手ですからより嬉しく感じます。

なので、誕生日を言う男性のなかには好きな女性に祝ってほしいという気持ちからアピールをしているということも考えられるでしょう。

貴方にだけ誕生日を教えるようなら脈ありサインかもしれません。

好意があるか確かめたい

誕生日を言う男性心理には、女性に好意があるか確かめたいというケースもあります。

誕生日を伝えて女性からプレゼントや連絡が来るようなら、多少は好かれていると判断できるためです。

女性に好意があるか確信できないと行動できない男性であったり、もしくは前から貴方に好意を寄せられていると感じている男性なら、好意を持っているかどうかを確かめようとしているだけということも考えられるでしょう。

告白して断られた男性なのに誕生日を伝えられたなら、貴方がプレゼントやお祝いメールを寄越すことで好意を確かめ、「まだ俺のことが好きなんだ」とモテてる感覚に浸りたいのかもしれません。

世間話のつもり

話すことが思いつかなかったり、ふと自分の誕生日が近いことに気がつくと「俺、来月誕生日なんだよね」などと言う男性も少なくないでしょう。

あくまで世間話をしようと思って言っただけなので、祝ってほしいわけでも好きな女性に対してのアピールというわけでもない心理になります。

誕生日を言うことで「え!いくつになるんですか?」という女性のリアクションから「えっと、今年で~…」という世間話の流れになることを期待して言っただけの可能性が考えられるでしょう。

具体的な日付を言わずに誕生日だと言ってきたのであれば、単なる世間話だったのかもしれません。

相手女性の誕生日を聞きたいから

自分の誕生日を言えば相手の誕生日を聞く流れになっても不自然じゃありませんので、女性の誕生日を聞くテクニックとして言っている場合もあるでしょう。

俺、今度の休み誕生日なんだ

え!そうなんですか!?

○○ちゃんの誕生日はいつ?

私は10月です

10月の何日?

のように具体的に誕生日の日付を聞かれたら、もちろん世間話という可能性はありますが、もしかしたら貴方の誕生日を聞きだそうとしたことも考えられそうです。

他にも普段から貴方のことについて色々聞いてくるなら、その男性は貴方が異性として気になっているのかもしれません。

聞かれたから答えただけ

「誕生日いつなの?」と聞かれたら答えるという人は少なくありません。

個人のことではありますが、誕生日を言ったところで特に困ることはないですから、自分からあえて言うことはないけど聞かれたら答えるという人は多いです。

なのでもし貴方のほうから男性に誕生日を聞いたのであれば、聞かれて答えないのも相手に不快感を与えますので、仕方なく答えたという男性心理が考えられるでしょう。

貴方から聞いたわけでもないのに自分から誕生日を言ってきたのであれば、他の男性心理ということになりそうです。

スポンサーリンク

誕生日を言う男性への返し方3つ

ちょっとしたプレゼントを渡す

付き合ってない男性に誕生日のプレゼントをするとなると、あまり財布やネクタイなどのような恋人が贈るような物だと相手男性が「え?なんで彼女でもないのに?」と困ってしまう可能性があります。

なので、もしプレゼントをするならちょっとした気持ち程度の贈り物にしましょう。

お菓子や飲み物などが気軽に受け取れるので良いかもしれません。ただし手作りは抵抗感のある人も多いので、お店で買ったものが良いでしょう。

プレゼントに凝りすぎると「もしかして俺のこと好き…?」と感づいたり勘違いする男性もいるので注意が必要です。

缶コーヒーなら無難でオススメになります。もちろん相手男性が好む飲み物や食べ物にしたほうが喜ばれやすいですよ。

当日にお祝いメールやLINE

好きな男性や普段お世話になっているような男性なのであれば、当日にお祝いのメールやLINEを送るのも良いでしょう。

当日にお祝いしてくれることも嬉しいでしょうし、「言った事を覚えていてくれたんだ」と男性に喜んでもらえます。

プレゼントを渡すのは恥ずかしいし、好意がバレるかもしれないからちょっと…という女性は、言葉でお祝いするだけでも十分好印象になれます。

日付が変わった瞬間に送ると、ちょっとしたサプライズで喜んでもらえるかもしれません。

「寝てるかもしれないから迷惑がかかるかも…」と思うなら、朝にお祝いメールやLINEを送るほうが良さそうです。

その場でお祝いの言葉を言う

そこまで親しくないし好きでもない男性なのであれば、プレゼントやお祝いメールは面倒だし、したくないと感じる女性も多いかと思います。

そこまでの付き合いがない男性に誕生日を教えられたのであれば、「ちょっと早いですけど、お誕生日おめでとうございます(笑)」と流してその場でお祝いを済ませたり、「おいくつになるんですか?」と世間話をして、さり気なく他の話題にするなどが良さそうです。

誕生日を教えられたからといって、わざわざプレゼントを用意したり、当日にお祝いメールなどをしなければならないということはないですから、そこまでの相手じゃないなら世間話の話題として受け止めて軽く聞き流しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

好意や祝ってほしい気持ちから言う男性もいれば、特に深い意味などなく言っている男性もいるので好意の見極めはやや難しいところ。

なかにはプレゼント目的なんて男もいるので、好意を匂わす発言をされてから「これがずっと欲しくて…」なんてプレゼントをねだられても応じないようにしましょう。

本当に貴方のことが好きならちょっとしたプレゼントでも、ただ「おめでとう」とお祝いしてくれるだけでも嬉しいものです。

付き合ってない男性なわけですから、プレゼントを贈る際は高価なものにならないようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

記事カテゴリー

男性の言動 男性心理