恋愛で後悔しがちなこと5つ。過去の失敗を繰り返さないようにしよう!

みなさんは、恋愛で後悔したことってありますか?

日常でも、「あの時ああしていれば…」なんてことは結構ありますが、恋愛だと特にその人への想いが強く残ってしまうものですよね。

そんな恋愛を繰り返さない為にも、恋愛で後悔しがちなことを改めてみましょう。

同じ過ちを何度も繰り返す人は結構いるものですから、これからの恋愛や現在の恋で気をつけてみるようにしてはいかがですか?

スポンサーリンク

恋愛で後悔しがちなこと

告白すれば良かった

好きの言葉を伝えなかったことに後悔する人は多いでしょう。

筆者も過去に好きな人と両想いだったと知って、「あの時告白していたら…」と後悔したことがあります。

なかには気持ちを伝えるのをモタモタしてしまい、好きな人が他の人と付き合ってしまったという人もいるでしょう。

そうなると取り返しがつきませんから、もっと後悔が強くなります。

好きという言葉を伝えるのは確かに勇気がいるものです。

しかし、自分の隣にその人がいてほしいと思うなら、勇気を持って告白するべきでしょう。

自分が告白に移さなければ、その人は他の誰かと結ばれてしまうのですから、気持ちを伝えなければ一生変わらないのです。

好きな人が誰かと結ばれるタイムリミットも近いかもしれないと考えたほうが良いでしょう。

素直になれなかった

本当は好きなのに、素直になれず告白を断るという人もいます。

友達だと思ってたから。恥ずかしかったから。興味がない振りをして優越感に浸りたかったから。自分なんか釣り合えないと思ったから。

なんだかんだ理由をつけて、自分の気持ちに素直になれなかったことに後悔することは珍しくありません。

告白を断ってから、「あんなにいい人いないのに…」と後悔したとしても、その後に「やっぱり好き」と言えばいいのに、今更好きなんて言いづらいという引け目が邪魔をして、結局気持ちに素直になれずに後悔するということもあります。

何かの理由で好きという感情に素直になれないのは、恋愛において実に勿体ないことです。

自分に素直になることで得られるものは大きいですよ。

消極的・受け身

恋愛をするにあたって、あまりにも消極的だったり受け身過ぎると、チャンスを逃すことも多いです。

「あの時もっと行動していたら…」と、恋愛に対して消極的だった自分に後悔する人も少なくありません。

出会いのない人は自ら行動しなければ、誰かと出会うことは難しいですし、好きな人と恋人関係になりたいなら、自分から積極的にアプローチすることで未来が大きく変わってくることもあります。

「もっとアプローチしていたら、あの人が自分を好きになる未来もあったのだろうか…」
「若いうちにたくさん恋愛しておけば良かったな…」

時が経ってから、自分の消極さに後悔をすることって多いです。

行動したことでの後悔よりも、行動しなかった後悔のほうが胸に深く残りやすいと聞きます。

良い恋愛をしたいと思うなら行動することはとても大事ですよ。

感情的になってしまった

一時の感情で、選択肢を誤るということもあります。

些細なことで喧嘩して、「もういい!別れよう!」と一時的な怒りで別れを切り出してしまう人がいます。

しかしその後冷静に考えて、「なんであの時、別れるなんて言ってしまったんだろう…」と、深く後悔する人も少なくありません。

怒っている時は誰でも冷静な判断が出来ないものですが、怒っている時ほど何かを決断してはいけないと言われています。

例え相手の悪い部分が原因で喧嘩したとしても、決して怒りに任せて別れを決断することは避けたほうが良いでしょう。

叶わない恋を続ける

相手が結婚していたり、自分に振り向いてくれる可能性がないとわかっていながら、その恋を続けるという人は少なくありません。

最近だと不倫する人が多い印象ですので、不倫をして後悔したという人も結構いるのではないでしょうか。

不倫をした相手と結婚して幸せになったという例もあるので、不倫をしている人の中には、そういったわずかな希望を抱いて、関係を続けている人もいるかもしれません。

しかしそういった恋愛は、結局自分に振り向いてもらうこともないまま、時間だけを無駄にしたと後悔することがほとんどです。

叶わない恋だと思うなら、それは自分が幸せになれる確率も低いと思ったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

恋愛の後悔は次に活かせばいい

恋愛で後悔したことも別に悪いことだけではありません。

過去に好きだった人とは報われなかったけど、素敵な人と巡り会うことができたという人も多くいます。

過去にクヨクヨしていても仕方ありませんから、これからの恋愛で後悔を作らないよう頑張ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました