年収の低い彼氏との結婚はするべき?別れるべき?幸せになりやすい女性の特徴も紹介!

現在結婚を考えている彼氏はいるけど、本音は彼氏の収入の低さに結婚するべきか悩んでいるという女性も少なくないのではないでしょうか。

夫の給料は結婚生活に大きく関わりますから、悩むのも仕方のないことですよね。

今回は『収入の低い彼氏との結婚をするべきかどうかについて』をご紹介したいと思います。

悩んでいる女性の悩みが少しでも解決すれば幸いです。

スポンサーリンク

年収が低い彼氏とはどれくらいの給料で言われる?

一般的には、年収300万円以下の人は低所得と言われているようです。

自分の彼氏さんの年収はどうですか?

彼氏さんが年収300万円以下でないのであれば、自分も働けば結婚生活も苦しいってほどではないかもしれません。(感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが。)

実際に年収300万円以下の男性と結婚しても、無駄遣いをやめたり、生活費をやりくりして貯金をすることで生活している家庭や夫婦もいます。

シングルマザーの人でも、児童手当や児童扶養手当(母子手当)などを含めたとしても年収300万円に満たないお金で子供を育てている女性もいるわけですから、彼氏の年収が300万円以下でも二人で協力していけば生活していけるかと思われます。

スポンサーリンク

年収の低い彼氏と結婚する上での障害

家族を増やしにくい

家族を増やすということは、それだけ出費も増えるということになります。

子供がたくさん欲しいと願っていたとしても、年収が低いとなると子供に掛けられるお金も少なくなってしまいますので、子供を増やすことは難しいでしょう。

犬や猫などのペットが欲しいという場合でも、餌代や病気になった時の治療費は結構な金額が掛かるということもあります。また、夫婦共働きとなればペットも寂しい想いをするかもしれませんね。

年収が低いという問題があれば、安易に家族を作る・増やすことが難しくなるということも視野に入れたほうが良いでしょう。

専業主婦になれる可能性は低い

将来、夫となる彼氏だけの収入では生活が難しいとなると、やはり女性側も働く可能性が高くなります。

結婚したら専業主婦がいいと考えている女性であれば、年収の低い彼氏との結婚は避けたほうがよいかもしれません。

今の世の中、夫婦共働きは珍しくありません。

年収の低い彼氏との結婚となれば、尚更共働き(=専業主婦にはなれない)の選択肢を迫られると思ってよいでしょう。

親から反対されやすい

年収の低い彼氏だと、あまりご両親からの印象は良くないでしょう。

娘を幸せにできるかの判断基準に、男性側の経済力というのはやはり関わってきます。

ましてや自分の娘より年収が低い男性となると、ご両親としては「そんな男と結婚して上手くやっていけるのか」と不安になるかと思います。

ご両親にとっては、大切にしてきた娘を安心して任せたいという気持ちが強いでしょうから、やはり経済面での苦労がありそうな男性との結婚には、素直に承諾できないご両親も多いかと思います。

スポンサーリンク

年収の低い彼氏との結婚を両親に認めてもらうには?

彼氏のことを知ってもらう

結婚を考えている彼氏のことをよく知っている両親は少ないかと思います。

両親も相手の男性がどういう人かわからないので、仕事や年収でつい判断してしまうものです。

なので、ご両親に彼氏の人柄を知ってもらうことは、結婚を認めてもらう一つの方法かと思われます。

誠実さや場を和ませてくれるような楽しい性格だったりと、彼氏の人柄を知れば、ご両親も気に入って考えを改めてくれるかもしれません。

ご両親と彼氏を会わせる機会を多くしてみると良いかと思いますよ。

転職してもらう

どんなに性格が良くても、やはり経済力のない男との結婚は認めないとご両親に言われてしまったら、彼氏に転職を考えてもらう他ないかもしれません。

少しでも今より給料の高い職についてもらえば、家庭を幸せにしてくれる姿勢も伝わり、ご両親も考えを改めてくれるかもしれません。

結婚となると少しでもお金はあったほうが良いですから、転職できるようであれば、少しでも今より高い年収の職につくのも一つの考えでしょう。

スポンサーリンク

年収の低い彼氏との結婚は幸せ?不幸せ?

一般的な離婚原因は性格不一致

離婚の主な原因が夫婦の性格不一致だそうです。

金銭面での離婚原因は、夫が生活費を渡さないや浪費するなどだそうで、夫の年収の低さが離婚原因に繋がる夫婦は少ないようですね。

そもそも相手男性の収入面を理解した上で結婚しているでしょうから、年収が低いということが離婚の原因に繋がるということは少ないのかもしれません。

お金も家庭を築いていく上で大事ですが、家庭円満・夫婦円満はやはり互いに理解し合えるかどうかというのが大きいのかもしれませんね。

年収が高い=結婚の幸せではない

年収が高い男性というのは、やはり魅力的です。

女性が働かずとも安定した暮らしが得られるわけですから、よほどその男性の金遣いが荒くない限り、金銭面での苦労はないと思ってよいでしょう。

しかし、必ずしもお金があることが結婚の幸せに繋がるわけではありません。

不自由のない生活をしているお金持ちの夫婦が離婚していたり、豊かな暮らしではないけど、家族の仲が良くて笑顔の絶えない家庭を築いているところがあったりと、幸せな家庭とはその家庭によって様々です。

お金が少ないとしても、その男性や家族と共にいられることに喜びを感じられるなら、幸せな家庭を築いていけるでしょう。

年収の低い彼氏との結婚でも幸せになりやすい女性の特徴

節約家・やりくり上手

一般的な家庭より収入が少ないわけですから、ある分だけのお金でやりくりしていかなければなりません。

年収の低い夫との結婚生活を上手くやっている女性は、そんな年収の低い夫に頭を悩ませるのではなく、ここを節約したら使えるお金が増えるんじゃないか、貯金に回せるんじゃないかという風に考えます。

そういった節約を嬉々としてやれる女性だと、心の負担が少なくなり、年収の低い夫との結婚生活に不満も感じにくくなります。

旦那さんもそんなやりくりしてくれている奥さんに感謝しますし、奥さんも旦那さんを理解した上でやっているので責めることもなく、夫婦円満でいられやすいです。

やりくりや節約することが好き・得意という女性なら、上手くやっていきやすいでしょう。

自分で全て背負わない

自分だけ家庭のお金のやりくりを背負うのではなく、夫にも貯金を意識してもらうことも、お金がなくても家庭円満に繋げる秘訣です。

「今年は100万貯金する」
「仕事帰りの缶コーヒーをやめる」
「趣味に使うお金を1万円から5千円に減らす」

など、互いに意識し合うことで、夫婦のコミュニケーションも取れて、関係も良いほうへと繋がりやすいです。

「自分だけがやりくりしている」「夫のせいで苦労している」と感じてしまえば、夫への不満も大きくなり、夫婦関係もこじれてしまいますので、夫に協力するように言える奥さんは良い家庭を築きやすいでしょう。

周りからの助けがある

人柄の良さで周りからの援助があり、貧乏でもやっていけている人も少なくありません。

良い人の周りには良い人が集まるものです。

生活が大変だと理解してくれている友人や近所の人などがいると、食べ物だったりお古の物をくれる援助があったりするので、そういった周りの人からの支えで生活していける場合もあるでしょう。

ポジティブ

夫の年収が低くて生活に苦労しているという奥さんは、生活状況的には確かに大変そうなんですが、あまり暗い印象を感じない女性が多いです。

お金がないからとどんよりしている女性は少なく、そんな大変さを感じさせないほど笑顔だったり、前向きな人が多い印象です。

年収が低い夫だとしても、「私、働くの好きだから」だとか「プレゼントとかケーキって、手作りのほうが思い出に残りやすいでしょう?」という人が多かったりするんですよね。

そういったポジティブさや考え方が、旦那さんや子供達に元気を与え、家庭円満に繋げるのかもしれません。

活動的

年収の低い夫の奥さんは、仕事も家事も育児もそつなくこなせる活動的な人が多いです。

お金が無くても季節の行事や誕生日は面倒がらずに手作りしたり、仕事が掛け持ちでも家事もテキパキとこなすなど、活動的な印象を受けます。

旦那さんも引っ張っていくほどのパワフルさがあるから、夫に求めすぎず、家庭円満になるのかもしれません。

まとめ

以上が年収の低い彼氏と結婚するべきかについてでした。

お金に困らない幸せか、その人といられる幸せが結婚の幸せなのかは人それぞれですから、自分とも彼氏とも見つめていく必要があるでしょう。

今からでも結婚のための貯金をしたり、ご両親に彼氏のことを理解してもらう機会を設けてみるなど、行動に移してみるのも良いかと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました