猫系男子の特徴と恋愛傾向!脈ありの見極め方とは

   2019/09/13

色々な○○男子がありますが、猫系男子というのはご存知ですか?

その名の通り猫のような特徴を持つ男性のことを例えて言われているようです。

魅力的ではありますが、気まぐれな猫の特徴を持つため、ちょっと癖のある男性が多いようですね。

今回はそんな猫系男子の特徴・性格・恋愛傾向・付き合い方のポイントをご紹介したいと思います。

好きな男性が猫系男子に当てはまったら是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

猫系男子とは

猫系男子ってなに?

猫系男子ってよく聞くけど、実際のところどういう意味なのか知らないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

猫系男子とは、猫のように自由奔放さがあったり、自分の気分次第でデレたり素っ気なくなるような性格を表した男性のことを言います。

自由気ままなタイプの男性なので、扱いが難しいという印象が強いようです。

ツンデレ具合が女子にモテる

猫系男子は扱いが難しい一方で、普段ツンとしていることの多い猫系男子がデレる姿にキュンとする女性も少なくないようです。

普段感情を表に出さない傾向があるため、何を考えているかわからない猫系男子がデレッと甘えてくると、嬉しさも倍増するのかもしれません。

あまり男性がデレデレしすぎたり、「好き」という言葉を言い過ぎると嬉しい気持ちが薄くなるという女性も少なくないので、このぐらいのツンデレ具合が女性にモテると考えられます。

猫系男子以外に犬系男子もいる

○○男子はわりと種類が豊富で、一般的に有名なのは猫系男子ともうひとつの「犬系男子」になります。

犬系男子の特徴は、自由気ままでクールな猫系男子とは違って、明るくフレンドリーでスキンシップを取るのが大好き、などの特徴が挙げられます。

猫系男子は気分次第でツンとしたりデレたりしますが、犬系男子は従順さがありますので、気分で相手を振り回すことは少なく、好きな女性には常にデレデレといった傾向が強いようです。

いつでも愛情表現をしっかりしてほしいという女性に、犬系男子はとても人気なようですよ。

スポンサーリンク

猫系男子の特徴

自己中心的で気まぐれ

猫系男子なので、自己中心的で気まぐれという特徴があります。

何かをするのは基本的に自分が中心になることが多く、遊びたいときは遊ぶし、連絡の返事も気まぐれだったりします。

しかし自己中心的な性格なので、相手が自分と同じように気まぐれな態度で振り回すようなことをすると、不機嫌になったり怒ったりすることも珍しくありません。

自分は良くて相手はダメという性格なので、俺様と思われることも多いでしょう。

扱いに慣れていない人だと、猫系男子は面倒くさい存在だと思われやすいかもしれません。

単独行動のほうが得意

自由気ままに生きるのが好きな猫系男子なので、行動を制限されることを嫌います。

マイペースで自分の考えで行動したいタイプなので、猫系男子は他人に合わせて行動するのが苦手です。

なので単独行動のほうが得意であり、集団行動だとあまり居心地が良くないと感じるでしょう。

感情表現に乏しい

猫系男子は感情表現に乏しい特徴があります。その為、周りから「何を考えているのかわからない」という印象を持たれることも少なくありません。

自分を見せることに抵抗がある猫系男子なので、誰に対してもオープンになるようなことはなく、心を開いている人に対してだけ素直になるタイプです。

親しくない人に対して理解してもらおうと思って接していないので、周りの人間が「何を考えているかわからない」と感じるのは当然とも言えるでしょう。

干渉されたくない

猫系男子は周りから干渉されるのを好まない傾向があります。なので素っ気ないイメージが強いかもしれません。

放っておいてほしいという気持ちが強い猫系男子なので、あれこれと細かく聞かれたりするのは面倒に感じやすく、干渉してくる人間に嫌悪感を抱くでしょう。

心を開くと猫系男子のほうから徐々に距離を縮めるような言動が増えてくるので、猫系男子について聞きたい場合は猫系男子のほうから自分のことを話してくるのを待つほうが良いでしょう。

優しい性格

冷たい印象に思われる猫系男子ですが、実際は優しい性格で人情味に溢れた特徴を持っています。

ただし誰にでも優しいというわけではなく、どうでもいい人間や嫌いな人間にまで優しくするほどお人好しではありません。

本当に信頼できる人とだけ付き合っていければいいと思う猫系男子なので、あくまで信頼できる人にだけ力になったり支えになろうとする傾向があります。

普段の素っ気なさとは違い、大切な人の為に動くときはとても親身になってくれる猫系男子が多いでしょう。

興味のない人間にどう思われようと構わないといったところがある為、猫系男子が優しい性格であることはなかなか伝わりにくいです。

なので猫系男子に優しい一面があることを知っているのは、本当に仲の良い人だけということが多いでしょう。

寂しがり屋

猫系男子は集団行動のようなみんなでワイワイと楽しむことはあまり好きではなく、基本ひとりでいるほうが好きです。

干渉をとにかく嫌うので、なるべく人との関わりは避けたい傾向があります。

しかし寂しがり屋な一面もあるので、完全に他の人間から孤立するような一匹狼というのも苦手だったりします。

普段は一人がいいけど、時にはちゃんと友達と話したり遊んだりしたいという気持ちがある為、猫系男子は程よい距離感での人間関係を好むことが多いです。

プライドが高く繊細

猫系男子は妙にプライドが高く一人でいたがるわりに周りの目をどこかで気にしてしまうような繊細な心も持っています。

自分のプライドや繊細な心を傷つけてくるようなデリカシーのない人間は嫌う傾向があるでしょう。

基本的に猫系男子に冗談などは通じないので、例え冗談や嘘でも猫系男子を馬鹿にするような発言や態度は控えたほうが良いかと思われます。

自分の時間を大切にするインドア派

ひとりで気ままに楽しむのが好きな為、猫系男子はインドア派な傾向があります。

趣味もアウトドアなものは少なく、基本的に家で楽しめるような読書やゲームといったインドア系の趣味が多いのも特徴です。

一人でいることが好きなので、猫系男子は家にこもって自分の趣味に没頭するという傾向が多いでしょう。

デートをするとしても外に行って楽しむデートより、お家デートでのんびりと過ごすほうが好みやすいです。

スポンサーリンク

猫系男子の恋愛傾向

気まぐれでツンデレ

猫系男子らしくツンデレな傾向があります。

気分屋でもあるので、自分が会いたいと思ったら会いますし、会いたくない時は素っ気ないという感じが猫系男子です。

そしてさっきまで冷たい態度だったのに、ちょっとしたら甘えてくるという典型的なツンデレも発揮します。

クールな態度から一変して甘えてくるので、そんな猫系男子の姿にキュンキュンする女性も多いでしょう。

ツンデレは、猫系男子の一番の魅力といっても良いかもしれませんね。

自由気ままで束縛を嫌う

ひとりでいることを好む猫系男子にとって、束縛は大の苦手です。

クールな印象の猫系男子なので、女性にモテることも少なくなく、お付き合いしている女性としては不安にもなりますが、猫系男子への束縛はしないほうが良いでしょう。

付き合っていたとしても、あくまで自由気ままな関係を続けたいと考える猫系男子なので、束縛嫌いを理解してあげる必要がありそうです。

わがままで嫉妬深い

猫系男子は自分への束縛は嫌いですが、嫉妬心が強いので好きな女性への束縛はする傾向があります。

自己中心的な部分のある猫系男子ですので、俺様な一面が発揮され「俺以外の男と会うな」なんてセリフも平気で言う可能性があります。

「自分は女の子と会ってるくせに、なんで私はダメなの?」と不満に思うかもしれませんが、猫系男子は俺様な傾向が強いので、そういう性格だから仕方ないと割り切ってお付き合いしていくしかないでしょう。

少々面倒ですが、猫系男子の気持ちを尊重するほうが良いかもしれません。

一人の時間も大切にしたい

好きな人とならいつも一緒にいたいという女性もいるかと思いますが、猫系男子はそういったことを苦手とする傾向があります。

ひとりが好きなので、誰かと常にべったりというのに慣れていないようですね。ただし自己中心的でワガママな性格なので、自分から甘えてベッタリすることはあるようです。

猫系男子とお付き合いしたとしても、一人の時間を大切にしたい傾向があるので、程よい距離感で付き合うと良いでしょう。

放置しすぎると不満を抱く

束縛されたりベタベタするのは苦手ですが、放置されすぎるのも寂しさを感じるので不満に感じやすい傾向があります。

あまりにも放置してしまうと、気まぐれな性格なので浮気に繋がってしまうことも少なくないようです。

猫のようにフラフラ~っとどこかへ行ってしまうことがありますので、束縛しない程度に構ってあげる必要がありそうです。

スポンサーリンク

猫系男子の脈ありサイン

接してくることが多くなった

人と関わることをあまりしない単独行動の多い猫系男子のほうから積極的に関わってくるようなら、脈ありサインの可能性があります。

連絡が増えたり、話しかけられることが多くなったのであれば、嫌われている可能性はまず低いと考えられるでしょう。

猫系男子は自己中心的ですので、自分からわざわざ嫌いな人間や興味のない人間と関わることは少ないです。

人に対しては素っ気ないですが、自分の気持ちに対しては素直なので、嫌いな女性・興味のない女性はあからさまに連絡を無視したりしますが、好意的に感じている女性には自分から関わることが多いでしょう。

デレが発揮されるようになる

一人でいることを好み、基本周りに対して素っ気ない態度を取る猫系男子が甘えてきたり、褒めてくるようなデレが見られるようになったら脈ありサインである可能性が高いでしょう。

好きな女性に対しても素直になれず素っ気ない態度を振る舞ったり、ストレートな言葉をぶつけることが少ない猫系男子にとって、デレが発揮されるようになるのは相当心を開いているサインです。

ツンツンさが軽減されたように感じたのであれば、猫系男子があなたを好意的に見ていることが考えられるでしょう。

食事やデートに誘われる

馴れ合うことを嫌い、好きでもない人とはあまり関わりを好まない猫系男子なので、関わってくること自体が脈ありです。

その上、デートや食事の誘いを猫系男子のほうからしてくるのであれば、脈ありの可能性も高いでしょう。

二人きりの時にツンデレのデレの部分が出ているようであれば、あなたになら素の自分を見せられると心を開いていることも考えられそうです。

プライベートな話を聞かせてくれる

馴れ合うことをあまりせず、自分からプライベートなことをあまり話さない傾向のある猫系男子なので、猫系男子のほうからプライベートな話を喋ってくれるようになったなら、脈ありサインの可能性があります。

自分のことをわかってほしいという心理の表れが考えられるでしょう。

最初は聞いてもはぐらかされていたのに…という関係だったのに、今では話してくれるまでになったなら、かなり打ち解けており、猫系男子のほうから距離を縮めようとしているのかもしれませんね。

猫系男子の好きなタイプ

包容力のある女性

猫系男子のわがままにも付き合えるような包容力のある女性に、猫系男子は魅力を感じやすいでしょう。

猫系男子の「自分は良くて相手はダメ」という性格に怒ってしまったり不機嫌になるような女性だと、猫系男子は面倒くさいと思う傾向があります。

猫系男子のワガママや気まぐれな態度にムキになって反抗するのではなく、どっしりと構えているような大らかな女性だと、猫系男子も好感を抱きやすく、恋愛も上手くいきやすい傾向があるでしょう。

面倒見のいい女性

母性のある女性は男性から人気な傾向はありますが、ワガママな猫系男子は特に好感を抱きやすいです。

自由奔放なわりにかまってちゃんなところもある猫系男子なので、程よく猫系男子をかまってくれる女性を好きになりやすいでしょう。

ただし必要以上にかまってしまうと一人が好きな猫系男子にとって迷惑に感じられやすいので、あくまで猫系男子のほうから求めてきたら母性や面倒見の良さを発揮する女性が好印象になりやすいかと思われます。

自立した大人な女性

自立した大人な女性は、猫系男子が好みやすい傾向があるでしょう。

「会いたい」と甘えてくる女性よりも、猫系男子に固執することなく「じゃあまた会おうね」とクールでさっぱりとしているような恋愛に依存していない女性のほうが、猫系男子も追いかけたくなるでしょう。

自立した大人な女性であると、ベッタリとした関係を求めることなく程よい距離感を保て、猫系男子の突然の甘えや会いたいという気まぐれさにも大人の余裕さで対応してくれるので、猫系男子の気持ちを上手く満たしやすい傾向があるかと思われます。

ただしあまりにもサッパリとした恋愛観だと、放置されすぎるのを嫌う猫系男子の気持ちが冷めてしまう可能性があるので、程よく猫系男子に構うことも忘れない大人な女性が好印象でしょう。

猫系男子と犬系女子・猫系女子との相性

猫系男子と犬系女子の相性

猫系男子と犬系女子はとても相性が良いといえます。

犬系女子は従順さがありとても一途ですので、嫉妬深い猫系男子を不機嫌にさせることは少ないでしょう。

ストレートな愛情表現もできますし人懐っこさもある犬系女子なので、時折甘えてくる猫系男子にも嫌な顔せず応じてくれる傾向があるでしょう。

好きな人の気持ちを優先してくれる犬系女子ですので、「今は一人でいたい」という気分屋の猫系男子にも上手く対応してくれます。

犬系女子の素直さや従順さが、猫系男子にはとても心地が良い関係を築けるポイントになるでしょう。

しかし従順さよりも大好きな気持ちが強い犬系女子だと、構ってほしいアピールをしすぎて、猫系男子の負担になる恐れはありそうです。

猫系男子と猫系女子の相性

同じ自由気ままで自己中心的な猫系の二人の相性は、波長が合えば相性が良いかもしれません。

基本的に猫系男子は自分に合わせてくれるような女性を好みます。

なので相手も気分屋で自由すぎるような猫系女子だと、いざ猫系男子が甘えたいという気分になっても、猫系女子のほうが「今は一人でいたいから」と素っ気ない態度を取ってしまうということも珍しくないので、良好な関係を築くのが難しい可能性があります。

猫系男子と猫系女子の「寂しい」「甘えたい」という気分が毎回同じくらいタイミングなのであれば不満も少ないかもしれませんが、気分屋同士ですのでなかなか難しいかもしれません。

猫系女子のほうが、「今は一人でいたいのかな」と猫系男子の気持ちを察することができるなら良い関係を築いていけそうです。

猫系男子の落とし方

インドアな趣味などで距離を縮める

インドアタイプの猫系男子なので、趣味などもインドアなものが多い傾向があります。

猫系男子の趣味で同じものや興味のあるものがあれば、話題にして距離を縮めると良いでしょう。

あまり干渉されたくない猫系男子ではありますが、共通の話題であったり好きなものに関しての話題であれば心を開きやすくなります。

また、付き合ってからお家デートを好む猫系男子でもあるので、一緒に家で楽しめる趣味を持っていたり、料理などができる家庭的な女性にも惹かれやすいでしょう。

猫系男子にアピールする際は、似たような趣味や家庭的なところをアピールするのがオススメです。

素直に気持ちを伝える

感情表現が苦手な猫系男子は、自分とは違って素直に気持ちを伝えるような女性に心を開きやすいです。

自分を好きになってくれる人に対して、猫系男子は心を開いたり好きになる傾向があるので、ストレートに好意や男性としての魅力を伝えると良いでしょう。

自分から人に歩み寄るのが苦手な猫系男子なので、女性のほうから距離を縮める接し方をするのがオススメです。

感情表現に乏しい猫系男子なので言動に反応が出ることが少なく、イマイチ素直に気持ちを伝えても効果が無い感じがするかもしれませんが、内心では喜んでいたり徐々に信頼を寄せていたりするので、反応が悪くても素直に気持ちを伝えることが効果的です。

追撃LINEはしない

猫系男子の連絡はとても気まぐれですので、かなり時間が経ってから返信されたり、翌日になってから返信されたりすることは珍しくありません。

自分のタイミングで行動したい猫系男子ですので、「早く返信して」というような催促は鬱陶しがられますから、追撃LINEやメールは控えるようにするのがオススメです。

2、3日くらい放っておくぐらいの気持ちで、猫系男子と連絡のやり取りをすると上手くいきやすいでしょう。

猫系男子との付き合い方

束縛せず自由にさせる

束縛嫌いでひとりでいるのが好きな猫系男子なので、自由にさせてあげるのが好感を持たれるポイントになります。

頻繁に会ったり連絡したりすると鬱陶しがられたり、飽きられてしまうことも少なくありません。

猫系男子が気ままに過ごせるように、相手が自分の時間を大切にしていることを理解してあげましょう。

頻繁に「寂しい」「会いたい」と言って猫系男子の自由を奪う言動は、マイナス印象になりやすいですので注意したほうが良さそうです。

たまにかまってあげる

猫系男子は一人でいるのが好きですが、完全に一人になることは寂しさを感じます。

なので程よく構ってあげることが好感を持たれるポイントです。

付き合う前でも付き合っている関係でも、たまにメールやLINEなどの連絡を女性のほうからしてあげると好印象になりやすいでしょう。

気まぐれなので返事をしないことも珍しくありませんが、内心では自分に構ってくれていることに嬉しい気持ちがあったりします。

一人になりたい猫系男子ではありますが、完全に放っておかれるのは嫌なので、程よく女性のほうから接触を試みると良い関係でいられるでしょう。

甘えてきたら可愛がる

普段甘えることの少ない猫系男子が甘えてきたら、猫系男子にとことん合わせるようにしましょう。

ベタベタするのは嫌いな猫系男子ですが、自己中心的なので自分が甘えたいという時にベタベタするのは気になりません。

ツンデレのデレが発揮されたら、猫系男子をいっぱい甘やかして手懐けることが好感を持ってもらえるポイントになるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

猫系男子はとにかく癖が強いので、振り回される感じも珍しくないでしょう。

しかし、程よい距離感に慣れてくれば、よほどの寂しがり屋な女性でもない限り、そういった関係も悪くないかなと思えてくるかと思います。

程よい距離感でいる関係を築いていくことが、猫系男子と上手くいくポイントとなりますので頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事