男性の嫉妬言動のサイン12個!どんなときに妬くの?

   2019/05/26

好きな女性が他の男性と関わったことで、男性は言葉には出さずとも、嫉妬やヤキモチのサインを態度などに出していることにお気付きですか?

付き合っていてもいなくても、そのような態度を男性は意識とは無関係に出していたりします。

よって今回は、男性の恋愛での嫉妬言動のサインについてご紹介したいと思います。

好きな男性が以下のような言動を取っているかチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

男性の嫉妬言動のサイン12個

不機嫌・イライラしている

他の男性と仲良くしていたり、他の男性の話をした後に不機嫌になったり、イライラしているようであれば嫉妬言動のサインである可能性が高いです。

好きな女性が他の男性と関わっていたり、自分以外の男性について話していれば、そんなに気分が良いものではありません。

女性の場合でも、好きな男性に他の女性の話をされたら面白くないでしょう。

よって、他の男性について話をしているときに、なんだか素っ気なくなったり、イラついているようであれば、嫉妬が態度として出ている可能性があります。

しかし中には、嫉妬が格好悪いと感じる男性もいるので、態度で表さないようにしていることもあります。

その場合、笑顔は作っているけれど少し引きつっていたり、やんわりとその男性の話から他の話題に変えようとする傾向がありますので、そのような言動が見られたら、嫉妬している可能性があるでしょう。

その場から離れる

他の男性と話しているのを見て、嫉妬心からその場から逃げるように離れる男性もいます。

好きな女性が他の男性と楽しそうに話している様子に苛々したり、その場に居ることにいたたまれなくなりその場から離れるといった嫉妬言動を取ることがあります。

もし貴方が他の男性と話してそのようなことが頻繁にあるようなら、嫉妬サインかもしれませんね。

突き放すような言い方をする

他の男性と話した後だったり、他の男性と仲が良い女性に対して、嫉妬のあまり突き放すような言い方をする男性もいます。

例えば、女性が男性を遊びに誘っても

「○○(他の男性)と行ってくれば?」
「俺よりアイツのほうがいいんじゃないの?」

などのように、嫉妬心から拗ねた子供のような態度を取ることがあります。

普段は穏やかだったり、良くしてくれる男性なのに、上記のように棘のある言い方をしてきたら嫉妬言動のサインである可能性が高いです。

女性側としては男性の突き放すような言葉に傷付き、「なんでそんな言い方するの?」と怒ってしまいそうになりますが、決して責めたりせず、「貴方がいい」「貴方と一緒にいたい」と素直に伝えましょう。

また上記のように不機嫌そうに素っ気なく言う男性もいれば、「俺でいいの?本当はその男の人のほうがいいんじゃない?」と口調は穏やかなのに、どこか拗ねたような気持ちがうかがえる言い方の男性もいるので、嫉妬言動のサインを見逃さないようにしましょう。

自慢話などで自己アピール

他の男性にとられたくないと思う一心で、自分のほうが男として優秀なんだと女性にアピールする嫉妬言動のサインもあります。

普段あまり自分のことをペラペラ話す人じゃないのに随分と話してくると感じたら、それは嫉妬言動かもしれません。

鬱陶しがらずに「凄いね」「素敵」などのように褒めてあげれば、自分が男として魅力的に思われていると感じて、次第に男性側から積極的にアプローチしてくるようになるかもしれません。

他の女性と関わる

好きな女性が他の男性と仲良くしたり、その男性の話を聞かされたりすると、やはり男性としては面白くないと感じ、自分も同じような行動をとって女性に嫉妬させようとする場合があります。

もしその男性が、普段は男の人と話していることが多いのに、貴方がいる時に限って他の女性と関わることが多くなったり、他の女性の話ばかりしてくるようなら、嫉妬サインの表れかもしれません。

自分に気を引かせたいという心理が働いている場合もあるでしょう。

電話やLINEの相手が誰か聞いてくる

その場から離れて電話をしていたり、ずっとスマホを弄って誰かと連絡している女性の様子を見て、「誰から?」と女性の連絡相手について聞いてくる男性がいますが、実はそれも嫉妬言動のサインである場合があります。

自分以外にその女性を独占されたことに嫉妬や不満を持ち、誰と連絡していたのか確認せずにはいられなかったという心理も考えられます。

また自分の知らないところで男と仲良くしているのではないかと嫉妬して聞いたという心理も考えられるでしょう。

よって、「相手って男?」「友達?」と聞いてくる男性のなかには、嫉妬から聞いてきている場合もあるかもしれません。

甘えてくる

好きな女性に甘えるという嫉妬言動もあるようです。

好きな女性の気を引こうとする心理や好きな女性を独占したいという心理から、甘える行動に繋がるようです。

突然ギュッと抱き締めてきたり、「会いたい」と急に連絡してきたら、嫉妬で甘えているのかもしれません。

悪口を言う

女性が仲良くしていた男性のことを嫉妬から悪く言う男性もいます。

「あんな奴のどこがいいんだよ」という不満から悪口を言ったり、その女性が他の男性を好きにならないように悪く言ったりするようです。

もしかしたら、他の男性の悪口を言って好きな女性に共感してもらうことで、その女性がその男性に好意を持っていないと安心したいという心理もあるかもしれません。

好きか聞かれる

「○○ってアイツのこと好きなの?」などのように聞かれる場合も、男性の嫉妬サインかもしれません。

好きだからこそ仲良くしていた他の男性をどう思っているのか気になったり、貴方を気になっているという匂わせをしている場合もあります。

「別に好きじゃないよ」と答えても、「ふーん…」と納得してなさそうなら、嫉妬から拗ねているのかもしれません。

無視する

嫉妬すると無視をする男性もいます。

機嫌の悪さがあからさまに出て無視している場合もあれば、無視をすることで「どうして無視するんだろう…」と女性を不安にさせて自分へと意識させる為にやる場合もあります。

嫌われるようなことをしていないのに無視されたのであれば、その前に他の男性と仲良くしていたことが原因かもしれません。

口数が減る

不機嫌というのと似ていますが、嫉妬すると口数が減る男性もいます。

嫉妬で話す気分になれなかったり、怒りを押し殺していることで無口になったり、口数が減ることもあります。

いつもより会話が弾まないという時は、嫉妬サインかもしれません。

割り込んでくる

取られたくないという嫉妬や独占欲が、あからさまに行動として出る男性も少なくありません。

好きな女性が他の男性と二人きりで話しているのが面白くないと感じ、嫉妬から二人の間に割り込んで邪魔をする男性もいます。

単純に空気が読めない男性という可能性も低くないので、見極めとしては女性同士の時には割り込んでこないけど、男性と話している時は割り込んでくるなどで見分けると良いでしょう。

スポンサーリンク

男性が嫉妬するのはどんなとき?

男性が嫉妬するときとはどんなときなのか気になりませんか?

もしかした貴方が何気なくしていることに、男性を嫉妬させている言動があるかもしれません。

よかったら自分の行動をチェックしてみてはいかがでしょうか。

他の男性と仲良くしてる

好きな女性が他の男性と仲良くしている時は、やはり嫉妬してしまう男性も多いようです。

会話が盛り上がっていたり、他の人が入りづらいほど仲睦まじい光景を見せつけられると、好意を抱く男性としては面白くないようですね。

好きな女性を独占されたような気持ちであったり、他の男性に笑顔を向けるのが嫌という心理が多いようです。

知らないところで他の男性と交流

好きな女性が自分の知らないところで男と会っていたり、連絡を取り合っていると、嫉妬してしまう男性も少なくないようです。

それまで普通に話してたのに、「この前の休日に男友達と遊んだ」というような話をして男性が不機嫌になったら、「俺の知らないところで、他の男とも仲良くしてたんだ」と嫉妬している可能性が高そうです。

他の男性を褒める

プライドが高く承認欲求が強いと言われる男性なので、自分以外の男を好きな女性が褒めているというのは、やはり面白くないようです。

身近な男性はもちろん、例え芸能人の男性であっても、好きな女性が他の男に向けて言う「カッコいい」「素敵」などの褒め言葉は、嫉妬する男性は少なくないようです。

軽い気持ちで言った言葉が、いつの間にか男性を嫉妬させるかもしれませんので、好きな男性の前では気をつけましょう。

スポンサーリンク

嫉妬させるのもほどほどに

以上が男性が見せる嫉妬言動のサインでした。

意外と男性も嫉妬することは多いようですね。

しかし、あまり嫉妬させると関係にヒビが入ることもあるので、気をつけるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事