男性が出す脈ありサインと行動!紛らわしいのも紹介!

   2019/07/20

気になる男性がいたら、相手が自分に好意があるか気になるものですよね。

男性からの脈ありサインがわかれば、恋に希望が持てるし、自分にも自信が持てるのにと考える女性も多いはず。

今回そんな男性の脈ありサインについてまとめてみました!

脈ありサインの可能性が高いものと、好意の可能性はなくはないけど、好きだからしているわけではないかもしれないという脈ありサインについてをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

男性の脈ありサインと行動

小さなことでも覚えている

相手が自分の小さなことについても覚えていたり、自分でも忘れていたようなことを覚えていたりすれば、脈ありサインの可能性があります。

どうでもいい人の話はなんとなくは覚えてはいるけど、大体はあやふやでしっかりとは覚えていないものですよね。

女性は噂好きだったり話好きが多いので、例えどうでもいい人のことでも大体は覚えているかもしれませんが、男性は興味のない女性の話を一々覚えていることは少ないです。

もし男性が貴方のことについて、小さいことでも覚えているようなら脈アリかもしれません。

無口になる

普段から普通に喋る人なのに自分と二人きりになると無口になるというのは、脈ありサインかもしれません。

男性は、好きな女性に対して無口になる傾向が多いと言われています。

好きな女性に対して緊張したり、どう接したら良いか困惑するため無口になるようです。

逆にどうでもいい人や好意がない女性とは普通に喋れるので、無口になることは少ないようですね。

自分と話すと途端に無口になる場合、「嫌われてるのかな…」と不安になるかもしれませんが、脈ありサインの可能性がありますので諦めるのは全然早いですよ!

頻繁に連絡がくる

最近はLINEなどで気軽に連絡のやり取りができるようになりましたので、これは一概には断言できませんが、男性から連絡が頻繁にくるようになったなら、それは脈ありサインかもしれません。

男性は女性と違いメールはあまり好まない傾向があり、女性と違って基本的には用件がなければ連絡は控えるほうです。そんな男性から連絡が多くなったのなら、好意がある表れかもしれません。

特に女性と接するのが苦手な草食系男子から頻繁に連絡がくるようなら、かなりの脈ありサインの可能性があります。

返信が早い

頻繁に連絡がくるというのも脈ありサインのひとつですが、それに加えて返信が早いという場合も脈ありサインのひとつのようです。

好きな女性に対して、返信が遅れて嫌な印象を持たせたくないという心理や、連絡のやり取りをしたいという好意から返信が早くなるようですね。

返信していないのに連絡が来る

連絡の返信をまだしていないのに連絡がきたという場合は、かなりの脈ありサインかもしれません。

返信を待ちきれないほど、好きな人と連絡のやり取りをしたいという好意の表れである可能性があるでしょう。

目が合う

男性は狩猟本能があるため、ついつい好きな女性は目で追ってしまう傾向があるようです。

もし好きな男性と頻繁に目が合うようであれば、相手が貴方を意識して目で追っているのかもしれません。

私も学生時代、好きな男の子とよく目が合うということがありましたが、後々両思いだったということを聞かされたので、やはり目が合うというのは、互いに意識しないと起こらないような気もします。

恋愛観を語る

男性は自分から恋愛観や好みのタイプというのを話したがらない傾向があるようです。

もし聞いてもいないのに男性のほうから恋愛観を語ってくるようであれば、自分を意識して欲しいという表れの可能性があり、脈ありサインかもしれません。

スポンサーリンク

見極めが難しい男性の脈ありサインと行動

脈ありの可能性もあるけど、脈ありではない可能性もある脈ありサインのご紹介!

脈ありかどうかは見極めが難しいかもしれません。

彼氏がいるか聞いてくる

彼氏がいるか聞いてくる男性は脈ありサインの可能性があるのですが、時と場合によってはそうでないこともあります。

話の流れで仕方なく聞いたという場合もありますし、もしかしたら他の男性に頼まれて代理で聞いたという可能性もあります。

よって好意から聞く可能性もありますが、脈ありサインと言い切るのは難しいでしょう。

可愛いと言ってくる

可愛いと言ってくる男性だと、好意から言っているのかと思うかもしれませんが、その言ってきた男性によっても脈ありサインかどうかに違いが出るでしょう。

貴方のことを小さくて可愛いだとか、その男性が「兄になった気分になる」というようなことを言うのであれば、恋愛の意味で可愛いと言っている可能性は低くなるかと思われます。

また女性慣れした男性なのであれば、「可愛い」という言葉も女性に対して当たり前に使っているだけの可能性があるでしょう。

照れた様子で言ったのであれば、脈ありサインの可能性も出てくるかと思われます。

俺のこと好き?と聞いてくる

俺のこと好き?と聞いてくる男性のなかには、男性が好意を持っている為、女性が自分をどう思っているか気になって聞く場合と、冗談であったり、面白がって聞いてくる男性もいます。

「俺のこと好き?」と聞かれると、ドキッとしてしまいがちですが、男性によっては優越感に浸りたいだけで聞いてくる場合もありますので、脈ありサインとは断言しにくいかもしれません。

ボディタッチしてくる

ボディタッチにも触られた箇所によって、好意があるかどうかの違いが表れますので、どこをボディタッチされたのかによって脈ありサインかどうかに違いが出てくるでしょう。

女性慣れした男性であれば、ボディタッチも普通にしている傾向がありますので、そういった女性慣れした男性のボディタッチで脈ありサインかどうかを見極めるのは、少々難しいかもしれません。

電話してくる回数が増える

電話の回数が増えるというのも、用件がなければ連絡は控える傾向がある男性にとっては、脈ありサインの可能性に含まれるかと思われます。

ただ単に連絡のやり取りをするのであれば、メールやLINEで済みますから、わざわざ電話してくるというのは、声が聞きたいなどの心理から電話を掛けてきているのかもしれません。

しかしただの暇電という可能性もあるので、会話の雰囲気や頻度によっても好意があるかどうかの違いが分かれるでしょう。

ミラーリング

ミラーリング効果というのをご存知でしょうか?

ミラーリング効果とは、好意を持った相手の真似を無意識にしてしまうといった行動なのですが、恋愛においてこのミラーリングをする人は結構います。

しかし、このミラーリング行動をする人のなかには、自分と同じような行動をする相手に好感を持つ効果があるとわかっていてする人もいます。

なので、相手の男性が自分と同じような動作(ミラーリング)をするからといっても、それが無意識によるミラーリングとは言い切れないでしょう。単純にモテたいからしている可能性もあります。

このミラーリング効果はビジネスにおいても用いられることがありますので、男性ならば知っている可能性もなくはなさそうです。

スポンサーリンク

まとめ

こうやって見ると、男性からの脈ありサインは案外わかりやすいものが多い気もしますね。

脈ありサインが一つでもあるなら、両思いの可能性もグッとアップするかと思いますので、恋の進展に活かしてみてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事