彼氏がいるか聞く男性の心理って?脈ありの特徴も紹介!

男性から「彼氏いるの?」と聞かれた経験はありませんか?

好きな男性から聞かれたりすると、自分に気があって聞いてきたのか気になりますよね。

今回は『彼氏がいるか聞く男性の心理について』ご紹介したいと思います。

脈ありサインになりそうな特徴もご紹介しますので、良かったら好意があるかの目安にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

彼氏がいるか聞く男性の心理

話の流れで聞いただけ

友人たちとの集まりや職場などで恋愛の話になった時、話の流れで「○○ちゃんは彼氏いるの?」と聞くことってわりとありますね。

みんながそういう話をしていて、誰に恋人がいるかはわかっている状況だったりすると、あんまりその女性の恋愛についての話を聞いたことがないという場合、彼氏がいるか聞く男性もいるかと思います。

ただ場の雰囲気でそういう話の流れになったから、彼氏がいるか聞いてみただけという心理の男性も少なくないでしょう。

興味本位

初対面であまり共通の話がなかったり、話す内容がプライベートに向けられたりすると、恋愛のことについて聞くという人も少なくありません。

会社の人や年配の方などに「彼氏いるの?」とか「彼氏できたか?」と言われたことのある女性もいるかと思います。

結婚指輪をしていない女性だと、尚更付き合っている男性がいるのかという話題になりやすく、特に若い女性だと話題に触れやすいので彼氏がいるか聞くという男性もいるかと思います。

よって誰にでも共通する話題の為、なんとなく聞いてみたという心理の男性もなかにはいるでしょう。

恋愛対象にできるかどうか

この女性素敵だなと思っても、相手女性に彼氏がいるのであれば、恋愛対象にしても彼女にすることは難しいですから、まずはフリーなのかどうかを確かめたいという心理で彼氏がいるか聞く男性もいるでしょう。

その後に恋愛観について色々聞かれたら、脈ありかもしれませんね。

好きだから

彼氏がいるか聞く男性のなかには、もちろん好きという気持ちがあって、彼氏がいるのか気になるという心理で聞く男性もいるかと思います。

ただ他の心理で聞いてきている可能性もあるので、好きだから聞いてきているのかの見極めは難しいかもしれませんね。

その男性の友人があなたを好きだから

彼氏がいるかと聞いてくる男性に脈ありと思われる行動が見られたとしても、「もしかしてこの人…私が好きだから色々聞いてくるの…?」と思うのは少し早いかもしれません。

なかには友達などの恋を応援したくて、その友人に代わってその男性が「彼氏いるの?」と聞いてあげたり、どんな男性がタイプなのかなどの恋愛話を聞いてきている可能性もあります。

女性にも同じような経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか。

友達の恋を協力する形で、友達の好きな人に誕生日や恋愛についてのあれこれを聞いたり、プレゼントを渡しにいくのに一緒に付き合ってあげるなどをしたことはないですか?

彼氏がいるか聞く男性にもそういう心理で聞いてきている可能性も低くはありません。

そういう場合で聞いてくることもあるので、その男性が好意を持って接してきているのかは見極めが難しいところでしょう。

スポンサーリンク

何度も彼氏がいるか聞く男性の心理

社交辞令

「本当に彼氏いないの?」という言葉を、「(そんなに綺麗or可愛いのに)彼氏いないの?」という社交辞令のようにして使う人もいます。

年上の女性に対して「本当に彼氏いないんですか?」と言ってくるなら、「お綺麗なのに彼氏がいないなんて信じられないです」というような社交辞令としての意味合いで言っている可能性もあるかもしれません。

「彼氏いないなんて意外だな~」なんていう軽い調子で言っている男性の場合も、社交辞令として言っている可能性が高いかもしれませんね。

からかっている

「本当に彼氏いないの?」と何度も聞く男性のなかには、「だからいないですってば」と拗ねたりするような女性の反応が面白くてからかっているという場合もあるかもしれません。

「彼氏いないの?」という言葉を何回も言うというのは、はっきり言って相手女性に対して失礼なことですから、普段からデリカシーのない男性であれば、からかっている可能性も高いかもしれません。

本当に信じられないから

あまりにも美人だったり可愛い女性であれば、彼氏がいないという事実に驚いて、つい何度も「本当に彼氏いないの?」と聞いてしまうという男性もいるかと思います。

こういう男性の場合は、見るからに信じられないというリアクションをするかと思いますので、表情や態度を見ていればわかりやすいかもしれません。

好意がある

何度も彼氏がいないのか聞いてくる男性のなかには、その女性に好意を持っているけれど、本当にその女性に彼氏がいないのか不安なため、その女性から「彼氏がいない」という言葉を何度も聞いて安心したいのかもしれません。

こういう男性の場合、デートに誘ったりするような次の段階になかなか踏み出せない傾向があり、やや恋愛に対して臆病な一面があるかもしれません。

スポンサーリンク

彼氏がいるか聞く男性の脈ありサイン

何度も彼氏がいるか聞いてくる

何度も彼氏がいないか聞く男性の心理の項目でも説明しましたが、何度も「本当に彼氏いないの?」と聞く男性の場合、もしかすると脈ありサインの可能性もあるかもしれません。

「本当に彼氏いないの?」と話しかけて関わるきっかけにしたかったり、そこから恋愛の話を聞きだそうという心理で何度も聞いてくるのかもしれません。

興味のない相手の彼氏の有無なんて一々聞くのも面倒ですから、その男性がよほど女性遊びをしていたりデリカシーがない人でない限りは、男性のほうから積極的に何度も聞いてくるのは脈ありサインのひとつとして考えても良いかもしれません。

「彼氏いそう」と言ってくる

「彼氏いそう」と言われると女性からすれば、男慣れしているように見えるのかと不快に感じて、良い言葉として受け止められない女性もいるかと思います。

しかし、よほど男性慣れしている振る舞いや遊んでいるような印象を男性に与えていない限り、男性はその女性の顔で「彼氏がいそう」と言っている可能性が高いです。

基本的に男性は女性を顔で選んでいる傾向も少なくない為、「(綺麗or可愛いから)彼氏がいるかと思った」という意味合いで言っていることも少なくありません。

もちろんなかには社交辞令として言っている男性もいるかもしれませんが、「彼氏がいそう」という男性の言葉の裏には、女性として可愛いと思っていたり、好意が隠れている可能性があり、脈ありサインのひとつとして考えても良いかと思われます。

つけている指輪について聞かれる

男性は女性のアクセサリーを割と見ており、特に指輪に関しては「男からの贈り物だろうか」と考える男性も少なくないようです。

よって「その指輪って彼氏から?」などのようなことを聞かれることがあれば、もしかしたら脈ありサインかもしれません。

女性がアクセサリーをつけることなんて珍しくないですから、わざわざ男性から貰ったものかどうかを確認するような質問は、好意や興味を持っているという可能性も低くないかと思われます。

スポンサーリンク

彼氏がいるか聞く男性へのオススメな返し方

彼氏はいるけど上手くいってない

「彼氏いるの?」と聞かれた相手が興味のない男性だった場合、素直に「いない」と答えて、興味のない男性にその気になられても困るという女性も多いでしょう。

しかし、「います」とはっきり答えてしまうと、その男性は去ってくれるかもしれませんが、他の素敵な男性にもその情報が行き渡り、恋愛対象から外されてしまうということになっても困りますよね。

なので「彼氏はいるんですけど、上手くいってないんですよね…」と答えるようにすれば、その男性から誘われても「彼氏がいるんで…」と断る口実にできますし、もし好きな男性に「彼氏いるんじゃないの?」と言われても、「彼氏と最近別れたんです」と都合良く言うこともできます。

彼氏との関係性が上手くいってないと言っておけば、わりとどうにでもできるので、おすすめの返し方と言えるかもしれません。

仕事優先と答える

彼氏がいないのに、いるとハッキリ嘘をつくのは気が引けるという女性は、「今はいないんですよね~仕事を頑張りたいので…」と答えるのも良いかもしれません。

自分に余裕ができたら恋愛するという意思を伝えれば、今すぐ彼女が欲しいと考えている男性なら諦めてくれるでしょう。

それでもデートに誘われたりするなら、本気で好意を寄せている可能性が高いので、少しでも彼氏としてアリなら、その男性との恋愛に向き合ってみてはいかがでしょうか。

本当に異性として無理な相手なら、後々しつこくアプローチされるなんて面倒なことにならないためにも、「彼氏はいるけど上手くいってない」と言ったほうが無難かもしれません。

いないときっぱり言う

その男性に好意を寄せられてもいいという場合なら、素直に彼氏がいないことを伝えましょう。

少しでも他の男性の存在を匂わせたりすると、あっさりと諦めて他の女性へ行ってしまう男性もいますので、異性としてアリな男性ならば素直にいないことを伝えるべきかと思います。

まとめ

以上が彼氏がいるのか聞いてくる男性の心理についてでした。

彼氏がいるか聞く全ての男性が脈ありであるかは難しいところですので、あとはその男性がどういった人物なのかなどにも関わってくるかと思います。

もしくはその男性をよく見て、脈ありサインに当てはまりそうな行動がないか見分けられるようにすれば、男性の本当の心理が見えてくるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました