相手の真似をして好印象!ミラーリング効果を恋愛テクニックとして応用する方法

人と接する上で、仕草や態度で好印象になれたら嬉しいですよね。

人間関係や恋愛において、印象の良さはとても大事。

しかし、自分の知らない間に悪印象になっていることもありますよね…。

そんな不安をお持ちの方は、ぜひ『ミラーリング効果』を試してみましょう!

自然と好感を持たれるようになれる期待ができます!

ぜひ今回ご紹介するテクニックを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ミラーリング効果とは

それでは、まずミラーリング効果について。

ミラーリング効果とは、鏡のように相手を真似するというもの。

これはその人が相手に対して好感を抱いていると、無意識に真似してしまいます。

憧れの人や仲の良い同性や好きな異性などをミラーリングすることが多いでしょう。

また、ミラーリングをすると相手に好感を抱いてもらいやすい効果もあります。

つまり、好きな人をミラーリングすれば、好感度アップが期待できるので、恋愛テクニックとしても使えるのです。

それでは、具体的にどのようにミラーリングすれば良いのかご紹介します。

スポンサーリンク

ミラーリング効果を恋愛で応用する方法

表情を同じにする

眼鏡を持ちながら女性に話す男性

会話にもよりますが、基本的に相手の表情と逆の表情は良い印象にはなりません。

なので、相手の表情をミラーリングすることで好感度アップに期待できます。

  • 相手が笑ったら笑顔にする
  • 真剣な表情の時は真面目な顔にする
  • 不満そうな時は険しい表情にする

など、相手につられるように表情を真似するだけです。

当たり前ですが、これは相手と話している時にのみ有効です。

相手から見える位置でミラーリングしても、話していない状態では意味がありません。

会話してないのにミラーリングしてしまうと、「遠くで自分の動きを真似している」と不気味に思われてしまうのでやめましょう。

動きを真似する

表情だけでなく相手の動きをミラーリングするのも効果的。

会話中の行動をさり気なく真似してみましょう。例えば…

  • 相手が食べ物を口にしたら、自分も何か食べる。(飲み物でも同様)
  • 相手が頭や体を触ったら、自分も頭や体を触る。
  • 相手が帽子や上着を脱いだら自分も脱ぐ。
  • 相手が腕を組んだら自分も腕を組む。

など、同じ動きができるものをミラーリングしてみましょう。

ただし、表情と違って真似されてるとわかりやすいので注意が必要です。

相手の動きを真似する時は自然に行うようにしまょう。

声のトーンや話すテンポを合わせる

電話をする男性

人によって声の大きさや喋り方は違いますよね。

小さい声で喋る人からすれば、大きい声で喋る人との会話は耳障りに感じるでしょう。

また、早くテキパキ話す人からすれば、ゆっくりと話す人はイライラしやすいです。

なので、声のトーンや話すスピードを相手に合わせるとミラーリング効果で好印象になれます。

他にも、笑い方もミラーリングするのがオススメです。

豪快に笑う人だとクスッと笑う人には、一緒に楽しめてる感じがしないと感じられることもあります。

一方で静かに笑う人だとガハハと笑う人には「周りの目が気になる」「うるさい」と抵抗感があります。

笑い方が違うと会話を楽しめなかったり、ドン引きされる可能性がありますので、

笑い方もミラーリングすることで好感を持たれやすいでしょう。

LINEやメールのやり取りも真似する

ミラーリング効果は直接会ってない時でも有効です。

例えば、LINEやメールでもミラーリングすることで好感度アップが狙えます。

LINEやメールでも、人によって様々な特徴がありますよね。

  • 文章量が短いor長い
  • 返信速度遅いor早い
  • 絵文字やスタンプ有りor無し

など、文字だけのやり取りでもその人らしさが表れるもの。

その特徴をミラーリングすることによって、LINEやメールでも親近感から好感を持ってもらいやすくなります。

短文の人には、短いメッセージを心がけましょう。

短く済ませる人は、LINEなどのやり取りが面倒くさい傾向があるので、

会った時のコミュニケーションで仲良くするほうがオススメです。

長文の人は短いメッセージを送ると「やり取りしたくないのかな?」「なんか冷たい…」と感じることがあるので、同じように長文にしたほうが好印象です。

返信速度が30分くらいの人なら、同じくらいの返信間隔にすると、相手も急かされないやり取りになって心地よいでしょう。

逆に速い人だとテンポ良くやり取りしたいので、速めを心がけたほうが良いです。

絵文字を使う人には絵文字を付けてやり取りしたり、逆に絵文字を使わない人には、句読点や記号のみでやり取りするほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

ミラーリング効果を恋愛で応用する時の注意点

頻繁にミラーリングしない

考える男女

ミラーリング効果は、相手の動きに合わせることで好感を持たれることができます。

しかし、あまりにも過剰にミラーリングすると、相手に不快感を与えてしまう可能性も…。

何から何まで動きを合わせていれば、さすがに相手も気が付いてしまいます。

一度気付かれてしまうと「なんで真似してくるんだろう…」と不気味に感じられる為、

これでは、ミラーリング効果に期待できません。

ミラーリング効果は、あくまでもバレないことが前提です。

頻繁にミラーリングすることを意識するのではなく、相手と波長を合わせることを心がけてみましょう。

相手がしたのを見てから直ぐやると「真似してる」と気付かれやすいです。

なので、直ぐにミラーリングするのではなく、少し遅れてからするほうが良いでしょう。

あまりにも遅い返信には合わせない

返信速度も相手と同じようにしたほうが良いとご紹介しました。

しかし、相手の返信が数日や数週間に一回という場合、同じように間隔をあけて返信する必要はありません。

ミラーリングを意識して、そこまで返信が遅い相手に合わせてしてしまうと、

LINEやメールのやり取りのテンポが悪くなってしまいます。

そういう相手にはミラーリングせずに自分のペースで返信したり、早めに返信しておけば、

相手の好きなタイミングで連絡できるので、返信してくれる可能性に期待できるでしょう。

もしくは、相手が日曜や夜にしか連絡してこないなら、

相手に合わせて、よく連絡してくる時間帯に送ったほうが良いかもしれません。

相手の持ち物やファッションまでミラーリングしない

ベッドの上に色々な物

自分の身に付けているものや持っているものというのは、自分なりにこだわりがあるものです。

世間で流行っているものなら被ってもおかしくはありませんが、

基本的に身近な人と持ち物や服が同じだと、抵抗がある人も少なくありません。

なので、持ち物やファッションまでミラーリングしてしまうと、「気持ち悪い」と嫌われてしまう可能性があります。

ミラーリングはコミュニケーションの範囲だけにしておくほうが良いでしょう。

相手しかしないことは真似しない

ミラーリングはバレると不快感を与えてしまうので逆効果になります。

特に注意したいのが、よくやる癖や普通の人はあまりしない行動です。

  • 引き笑い
  • 爪をかじる
  • 話しながら髪をいじる
  • 口癖や方言

など。その人しかやらないようなことは、ミラーリングするとバレやすいので気をつけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、ミラーリング効果のまとめです。

ミラーリング効果のテクニックは…

  • 表情を合わせる
  • 動きを真似する
  • 声のトーンや話すスピードを似せる
  • LINEやメールでの特徴を真似る

ミラーリング効果を使う際に気をつけたいポイントは…

  • 全てミラーリングしたり過剰に行わない
  • 相手の癖はバレるのでミラーリングしない
  • 返信速度は無理に合わせなくていい
  • 持ち物やファッションはミラーリングしない

以上がミラーリング効果をテクニックとして使う方法についてでした。

心理学を応用したテクニックは他にも沢山ありますので、良ければ以下の記事も参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました