彼女に依存する男性の特徴や恋愛傾向!どう対処するべき?

 

彼女にべったりというような彼女依存な男性とお付き合いしたことはありますか?

彼女依存な男性だと、常に監視されるような気分になったり、行動を制限するような束縛行為をしたりと、付き合う上でとても苦労することも珍しくありません。

よって今回は彼女に依存する男性の特徴や恋愛傾向、そしておすすめの対処法についてもご紹介したいと思います。

良かったら参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

彼女に依存する男性の特徴

友達が少ない

彼女に依存する男性の特徴として、友達が少ないというものがあります。

彼女以外の人間との接触が少ない為、どうしても彼女にばかり交流を求めるようになります。

普段あまり友人と遊びに行く事がないという特徴を持つ男性だと、彼女依存になりやすいかもしれません。

趣味や目標がない

友達が少ないという特徴と類似しているものに、趣味や目標がないという特徴もあります。

熱中できる趣味がなかったり、仕事や将来こういう風になりたいというような目標がない男性は、そういった彼女以外の興味の対象がないため、彼女との時間ばかりになってしまいます。

よって無趣味であったり、なにかに向かって頑張るような目標のない男性だと、彼女依存傾向になりやすいかもしれません。

一人が苦手

彼女依存傾向のある男性は、一人でいるのが苦手である特徴も多いです。

常に誰かと行動を共にしたがる傾向があり、グループ行動が好きという特徴もあるかもしれません。

一人の時でも、SNSやLINEなどで誰かと連絡で繋がっていることが多いという男性は、彼女ができたときに彼女依存になりやすいかもしれません。

一人が苦手な男性には、彼女依存のほかにかまってちゃん男である可能性もあるでしょう。

マザコン・甘えん坊

マザコン男性の場合でも、彼女依存になりやすいと言われています。

マザコン男性だと母性を求める傾向も強くなるため、彼女に対して母親のような愛情を求める傾向があると言われています。

彼女と二人っきりになるとデレデレと甘えたり、赤ちゃん言葉になるような男性はマザコン気質であり、実の母親に甘えることができないので、彼女に甘えてしまうようです。

なのでマザコン男性や、甘えん坊な男性は彼女依存になりやすいかもしれません。

自尊心が低い

自分に自信がなかったり、自分を好きになれないというような自尊心が低い特徴を持つ男性だと、自分を唯一愛してくれる彼女に愛情や寂しさを求める傾向があり、彼女依存になりやすいでしょう。

「俺なんか…」「どうせ…」というようなネガティブ発言をする男性は自尊心の低さが考えられますので、そのような発言を多くする男性は彼女依存になりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

彼女に依存する男性の性格の特徴

寂しがり屋

寂しがり屋な男性は、一人でいることが苦痛だったり不安になりやすい特徴があるので、彼女依存になりやすいです。

愛しているから一緒にいたいというよりは、寂しさから彼女と常に一緒にいたいと思っている傾向があり、彼女が一緒でない時は、電話やメールなどの連絡は頻繁であったりと、とにかく依存と思われる行動がわかりやすいでしょう。

寂しがり屋な性格かつ、無趣味であったり友人が少ないというような特徴を持つ男性の場合、彼女依存になりやすいかと思われます。

プライドが高い

プライドが高い性格の男性も、意外かもしれませんが彼女依存になりやすいです。

プライドが高い男性は、自分が愛されて当然だと思う傾向があります。

よって彼女が他の男性に目を向けることは許せませんし、自分にだけ尽くしていれば良いというような考えもあるので、束縛行動も多いでしょう。

プライドが高いゆえに自分の思い通りにしたくなり、彼女の行動や交流関係を把握したがったり、時には自分以外の人間との関わりを制限するような行動に繋がり、それが結果として彼女依存になることもあるようです。

またプライドが高い男性のなかにも、自信のない男性もいます。

自信がないのにプライドが高いという特徴の男性だと、自分を褒めて認めてくれる彼女であったり、女性相手だと優位に立てると思っている傾向がある男性だと、彼女に依存しやすくなるということもあるようです。

ネガティブ

自分に自信がなかったり、精神が不安定であるようなネガティブな男性などは、自分の心の拠り所が”こんな自分を愛してくれる彼女”になるため、どうしても彼女依存になりやすくなります。

特にメンヘラ男性だと、自分を認めてくれる存在や慰めてくれる存在を強く求める傾向がありますので、彼女に依存しやすいといえるでしょう。

自尊心が低い男性やメンヘラ男性と恋愛すると苦労することが多いかもしれません。

スポンサーリンク

彼女に依存する男性の恋愛傾向の特徴

束縛をする

彼女依存ですので、彼女を自分の思い通りにしたいという傾向があります。

よって、彼女依存の男性は束縛が強い特徴を持つことが多いでしょう。

異性との関わりを良く思わないのは勿論ですが、彼女の女友達との関わりですら不満に思う傾向があるため、彼女依存の男性はとにかく彼女が自分以外と関わるのが面白くないようですね。

異性との交流ならあまり関わってほしくないと思う男性も少なくないでしょうが、彼女の女性友達にすら不満を持つようであれば、かなりの束縛傾向が考えられるでしょう。

連絡が多い

束縛傾向のある彼女依存の男性は、連絡もとにかく多い特徴があります。

彼女への連絡は「何してるの?」「今どこ?」「仕事終わった?」など、彼女の行動を常に探るようなものが多いのも特徴です。

相手男性に常に行動を把握されているようなものなので、そういった自分が何をしているのか報告を強要される連絡が多いことに、束縛されていると感じる女性も少なくないかと思います。

常に一緒にいたがる

彼女依存の男性は、彼女と一緒にいたがる傾向があります。

その男性によって心理は違いますが、傍に置いておくことで浮気されない安心感を得られたり、自分だけを見つめてくれる感覚に浸れたり、母性のような愛情を求めたり、自分のモノというような気分に浸れるなどの心理があるため、常に一緒にいたがる傾向があるようです。

彼女の都合も考えず「会いたい」ばかりを言うような男性だと、彼女依存の可能性も低くないでしょう。

スポンサーリンク

彼女に依存する男性の対処法

他に興味を持つように促す

彼女以外の興味対象が少ないことで、つい彼女との時間を求めてしまうという彼女依存の男性は少なくありません。

なので仕事のスキルアップに繋がるようなことや、趣味などの他のことへ興味を持つように促してみましょう。

彼女依存の男性だと、彼女中心な考えである傾向も強いため、彼女の理想には近付きたいと思うことも少なくありません。

なので、仕事に情熱を注ぐ男性やオシャレな男性などを見て「こういう男性って素敵だよね」と言って、その男性の向上心を刺激してあげたり、自分がいない時でもその男性が楽しめるような趣味を一緒にやってみて、興味を持たせてみるなどを試してみると良いでしょう。

自分以外のことに目を向けさせるように心がけてみると、その男性と程よい距離感を保てるようになるかもしれません。

必要な連絡以外は無視

彼女依存な男性は自分の都合中心に考えるため、彼女が忙しいと言っても「会いたい」と言ったり、仕事だと言っても「何してるの?」「お昼ぐらいは返信できるでしょ」と連絡が頻繁であることも少なくありません。

そんな男性に合わせていると疲れる一方ですし、調子に乗るだけですので、仕事が終わったら連絡するだとか、友達と外出と言ってあるのに「何してるの?」と言ってきたら無視するなど、無駄な連絡はやめて、必要な連絡以外は極力控えるようにしましょう。

いつでも連絡したら返してもらえるというような期待をさせると、ずっと彼女に依存してしまうことに繋がりますので注意しましょう。

嫌だと伝える

依存されることが嫌だとはっきり言うことも対処になるでしょう。

ただ彼女依存の男性には傲慢な傾向もあるので、ただ連絡が多いから嫌だと一方的に言っても拗ねたり怒ったりして改善されないこともあるでしょう。

なので、その男性に向き合う姿勢を大切にして話し合いましょう。

なにが嫌なのかを丁寧に伝え、子供を相手するようにその男性に「自分だったら嫌じゃない?」と優しくゆっくりと話し合いしていくようにすると良いかと思います。

別れたい素振りを見せる

色々試したけど、結局依存傾向が改善されないのであれば、別れたいという意思や素振りを見せてみると良いかと思います。

彼女依存な男性からすれば、彼女を失うことはなによりも嫌でしょうから、自分の悪いところを直していこうと考えるようになるでしょう。

しかし女性側が自己中心だと捉える男性の場合だと、自分の意見を尊重してくれないことに怒って別れてしまうことも考えられます。

別れたい素振りを見せる場合は、その男性との別れも覚悟した上でやりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上が彼女を依存する男性の特徴などについてでした。

恋愛には他の異性に好きな人を渡したくないというような気持ちはわりと存在し、多少なりとも依存のような部分はありますから、わりと誰にでもあることなのかもしれません。

しかし、度を超えると相手の迷惑でしかないので気をつけなければならないですよね。

相手の気持ちを考えることのできない恋人は、付き合っていても疲れるだけですから、このような依存傾向が見られる男性には注意しましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事