告白は何回目のデートでするもの?上手くいく為のポイントもご紹介!

告白すると決めたはいいけど、何回目のデートが理想か悩んでる方もいるのでは?

デートを重ねて好きになっていく人もいますから、デートの回数も考慮した上での告白は良いことです。

しかし、何回目が良いのかわからない人も少ないかと思います。

そこで今回は何回目のデートで告白するのが良いのかご紹介!

これからデートをする人も、既にデートをした人も是非参考にしてくださいね。

告白はデート何回目でするべきか

デート1回目の告白

タンポポを見つめる男女

初めてのデートはドキドキしますね。

デートをOKされたのだから、告白もイケそうな気がするものです。

しかし、1回目のデートでは好きな人の様子を見てからがオススメ。

もしかしたら、友達や職場の仲間として来ているだけかもしれないからです。

言動をチェックしていれば、好意が感じられる瞬間があるでしょう。

よって、脈ありな雰囲気ならデート1回目での告白も有りです。

自信がないなら2回目以降が良いでしょう。

1回目のデートは、焦らず好意を見極めることを意識したほうが良いかもしれません。

2~3回目のデートで告白

2~3回目のデートで告白をする方が多いようです。

特に3回目は多いです。

3回目で告白されることが多い為、3回目のデートでは期待している相手もいます。

大抵1~2回デートすれば、人柄などを知ることはできるもの。

3回目ともなれば、付き合うかの結論はお互いに出ていることは少なくないようです。

付き合うかわからないのに、何回もデートするのは時間の無駄。

告白することに変わりないので、1~2回では難しい人は3回目での告白を頑張ってみましょう。

デート4~5回目での告白

ベンチに座る寂しげな女性

4~5回目が遅いのではないかと不安を抱いている方もいるでしょう。

確かに告白は3回目がベストとされてはいます。

しかし、だからといって4~5回目がダメなわけではありません。

誰でも告白で失敗したくないですから慎重になるものです。

人によっては「4~5回目で告白されたい!」という場合もあります。

しかし、好きな人が「3回目で告白かな」と思っていたなら、告白されない展開に不安を感じているかもしれません。

まだ全然大丈夫ですから、回数など気にせず告白をしましょう!

5回目までなら待ってくれる傾向があります!

6回目以降の告白

6回目以降の告白はあまりオススメしません。

よほど貴方のことが好きか、辛抱強い人なら待っていられますが、

そうでない人なら、待ちくたびれて「もういいや」と諦めることも。

告白されない不安を超えて、もはや呆れられてしまいます。

デートに誘ってOKしてくれるうちならまだ間に合います。

どんなに時間をかけても、駄目な時は駄目です。

逃げられないうちに、今すぐにでも告白しましょう。

遅くても5回目のデートで告白しましょう。

スポンサーリンク

デートで告白する前にしておきたいポイント

タイミングも大切

木の下で待つ女性

回数を目安にすることも良いですが、タイミングも大切です。

良い雰囲気になった流れや好きな感情が溢れてきた時など。

相手を異性として強く意識した時は、勢いで告白するのも有り!

もちろんデートでなくとも構いません。

他愛のない会話をして「ずっと傍にいてほしいな…」と思った時でもいいでしょう。

タイミングでしたほうが、意表をつかれて印象に強く残る告白になるかもしれません。

恋愛観を聞いておく

告白をする前に好きな人の恋愛観について聞いておくのもオススメ。

友達が5回目のデートで告白って遅いか聞かれたんだけど…どう思う?

告白は自分からするタイプ?

など、告白に関わることを聞いてみましょう。

上記の聞き方であれば…

5回目は遅いかな。3回目くらいがいいよね。

告白は自分からしたい!だから、告白される前にすると思う。

などのような情報が手に入れば失敗しにくいです。

上手く聞き出して、好きな人の理想の告白に近づけてみましょう。

アクションを起こして反応を見る

裾クイ

回数を多くすれば、必ず告白が成功するわけではありません。

なので、アクションを起こして好きな人の反応を見てみましょう。

反応によって、脈ありかどうかのヒントが隠れていことがあります。

  • 手を繋ぐなどのボディタッチをする。
  • 「かわいい」「かっこいい」「○○みたいな人がタイプ」などと好意を匂わす。
  • プレゼントを用意したりデート代を出すなど本命アピールする。
  • ハッキリと「デートしない?」と言う。

一番わかりやすいのはボディタッチ。

照れるか嫌がるか、反応が見られやすいので好意の見極めに最適。

手をそっと重ねたりと手を繋ぐなど、いやらしくないようにしましょう。

「デートしよう」は思い切ったアクションです。

脈なしの相手ならデートと聞いた瞬間にあからさまに逃げやすいです。

なので、距離を縮めることも目的としたデートなら、なるべく脈ありの可能性がある相手だけにしましょう。

好きな人にするであろう行動をしてみてくださいね。

関係を持つ=好きとは限らない

一番やってはいけないのが、告白の前に関係を持つこと。

肉体関係になる=好きとは限りません。

むしろ、本当に好きなら付き合う前に手を出すことは少ないでしょう。

貴方の好意を利用して、一夜限りを目的としているのかもしれません。

遊び目的で近付くのは比較的男性が多いですが、「体目的の女性なんていない」と油断しないようにしましょう。

下心しかないと感じる時は告白を保留にして様子を見るか、付き合うかハッキリさせることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、今回の記事のまとめです。

何回目のデートで告白するのが良いのかは…

  • 好意が感じられるなら1回目でもOK!
  • 3回目のデートで告白するのがオススメ
  • 4~5回目はまだ大丈夫!
  • 6回目以降はオススメしない

デートで告白する前にしておきたいポイントは…

  • タイミングを見計らう
  • 恋愛観を聞いておく
  • アクションを起こして反応を見てみる
  • 恋愛の常識があるか見る

となります。

失敗のない告白が出来るように頑張りましょう!

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました