片思いが辛い…やめたい時のオススメ方法とは?

片思いが辛くてやめたいと悩んでいませんか?

次の恋に進む為にどうすべきなのかわからず困っている方も少なくないかと思います。

よって、今回は辛い片思いをやめたい時にしたいオススメの方法をご紹介します。

悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

辛い片思いをやめたい時の方法

当たって砕ける

片思いが辛い時にやめる方法として定番なのが『当たって砕ける』です。

好きな人からハッキリ無理だと告げられれば諦めがつきやすいからです。

ダメだとわかっていても、フラれていない状態だと、

「もしかしたら、パートナーと別れるかもしれない」

「自分を好きになってくれるかもしれない」

などと、どうしても淡い期待を抱いてしまいます。

なので、ダメだったという結果を味わうことで自分の気持ちが変わることもありますから、相手に告白できる状況なら試してみてはいかがでしょうか。

本当に手が届かなくなった時に「ダメでもいいから告白しておけばよかった…」と後悔しない為にも勇気を出してみましょう。

欠点に目を向ける

その人には強い魅力があるからこそ好きなわけですが、全く悪い部分がないこともないのでは?

あまりにも好きだと悪い所があっても甘く見てしまう人もいます。

「ギャンブル依存だけど優しい人だから…」

など、相手の悪い部分から目をそらす為に自分に言い聞かせているような人も少なくありません。

一度冷静になる為にも「相手のこういう部分は好きになれない」と思う点を紙などに書いてみましょう。

そして、本当にそういう部分も含めて好きになれる人なのか自分の心と向き合ってみてください。

もし付き合ったり結婚をしても、理想のパートナーと言えるか考えてみましょう。

良い部分にばかり目が行くと、好きという気持ちが加速するばかりですが、

悪い部分を改めて強く認識すると心にブレーキをかけることに期待できます。

よって、辛い片思いをやめたい時は相手の欠点を探すようにしてみましょう。

新しい恋をみつける

『新しい恋を見つける』のは、辛い片思いをやめたい時には効果的な方法です。

諦めたいと思いながらも他の異性に目を向けないでいれば、いつまでも好きなままでいてしまいます。

すぐ好きになることはできないとしても、色々な異性に出会ってみることは試してみましょう。

好きな人以外と関わってみることで、新しい恋が見つかるだけでなく、

「あの人以外に素敵だと思える人なんて出会えないと思ってたけど、意外とそうでもなかったな」

と自分の心境に変化があることも。

人の心や考えは環境や関わる人によって簡単に変わったりするものです。

好きな人から離れてみて別の人と交流を深めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

辛い片思いをやめたいからといってしてはいけないこと

好きでもない人と付き合う

新しく好きな人を作るのは辛い片思いをやめたい人にとって良いことですが、

だからといって好きでもない人と付き合うのはあまりオススメできません。

勿論、貴方が少しでも相手を魅力に思ったのなら付き合うのも一つの選択ですが、

ただ単に好きな人を忘れる為だけ付き合うのは、相手に対して失礼な行為です。

特に貴方に告白してきた人と好きでもないのに付き合うのは、相手を傷つける行為でしかありません。

誰かと付き合ってみたら変われるかもしれないという場合は、

「好きになれるかわからないけど、それでもいいなら…」

と前もって言っておけば、別れを切り出すことになっても理解してもらいやすいかもしれません。

よって、貴方が片思いで辛いからといって他の人を利用するのはやめましょう。

酒やギャンブルなどで紛らわそうとする

現実逃避でありがちなのが、酒やギャンブルに走ることです。

これらは中毒性があるので、ハマるとなかなか抜け出せない傾向があります。

軽く楽しむくらいであればストレス発散になりますが、最悪の場合だと依存症になりかねません。

暴飲暴食や散財などもそうですが、その時は楽しかったり辛さを忘れることができても、度を超えると健康や生活に支障が出る可能性があります。

片思いが辛いと何かに逃げてしまいたくなる気持ちはわかりますが、

何かに熱中して片思いをやめたいのであれば、料理やスポーツなどどうせなら自分にプラスになることにしましょう!

スポンサーリンク

無理に片思いをやめなくてもいいという声も?

片思いに辛い思いをしていると「こんな恋やめたい…」と思ってしまいがちですが、

「無理に片思いをやめる必要はない」という考えの方も少なくないようです。

それは一体なぜなのかネットで多かった意見をご紹介します。

自然に冷めるのを待ったほうがいい

「意図的に諦めようとしても無理だから、自然に冷めるのを待ったほうがいい」という考えの方は多いようです。

好きになろうとしてなったわけではないのと同じく、嫌いになろうと思っても中々嫌いにはなれないものですよね。

人を好きになるのも嫌いになるのも何か理由があるものです。

嫌いになれるだけの理由がこれといって無いのに、無理に諦めようとするのは難しいのではないでしょうか。

なので、時間が解決してくれることもありますから、今は自然に気持ちが冷めるのを待ってみるのも一つですよ。

視点を変えれば良くもなる

「視点を変えることで良くもなるから、片思いは辛いことばかりではない」という考えの人もいます。

例えば、学校や仕事がまた始まる月曜日や朝から雨がザーザーと降っていたら、誰でも憂鬱な気持ちになります。

しかし、好きな人がいると、

「今日は少しでも顔が見れたらいいな」

「会ったら何を話そうかな」

と憂鬱さよりも、学校や仕事に行きたい気持ちになります。

恋をしていない人は、ただただ憂鬱な朝を迎えるわけですから、好きな人がいるだけで日々が楽しくなるわけです。

「その人と報われることはないけど、その人を好きになれて本当に良かった。その人のおかげで自分は変われたから。この気持ちがなくなるまでは好きでいようと思う。」

という方もいるようです。

好きな人と上手くいかないことなどに目を向けて辛くなってしまいがちですが、好きな人がいるだけで一つの幸せです。

好きな人が他の人と楽しそうにしていても、嫉妬したり落ち込んだりするのではなく、

「好きな人の笑顔が見れて良かった」などのように視点を変えてみてはいかがでしょうか。

良く受け止める癖をつけることで、片思いの辛さが少しは緩和されるはずですよ。

1%の可能性があるなら諦める必要はない

絶対に報われることがないようなこの世に存在しない相手に片思いをしていて辛いなら話は別ですが、

「もし1%の可能性がある相手なら諦める必要はない」という考えの人も少なくありません。

「パートナーがいる人を好きになって長いけど諦めてない。必ず振り向かせてみせる」

とその相手に例えパートナーがいようとも、諦める選択をせずに好きでい続ける人もいます。

「その人じゃないとダメだ」と思うなら、どんな相手であろうと好きなままでいるのも一つの選択です。

恋をしていれば辛いことはあるもの。もし片思いをやめることのほうが辛いなら、1%の可能性に信じてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、今回のまとめです。

まず、辛い片思いをやめたい時のオススメ方法は…

  • 当たって砕ける
  • 悪い部分を探す
  • 他に好きな人を作る

やめたいと思ってもしてはいけない行動は…

  • 好きでもない人と付き合う
  • 酒やギャンブルなどに走る

片思いが辛くても無理にやめる必要がない理由は…

  • 自然に冷めるのを待ったほうがいい
  • 視点を変えれば良くもなる
  • 1%の可能性があるなら諦める必要はない

以上になります。

まずは自分の気持ちとよく向き合ってから、やめる為の方法を試してみてくださいね。

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました