計画通り…浮気を後悔させる上手い方法

浮気をされて傷付き、好きな人へ裏切られた悲しみは次第に怒りへと変わっていくことも少なくないでしょう。

そうするとだんだん「相手に浮気したことを後悔させてやりたい」と考える方も多いのでは?どれほど自分が傷付いたのか、悲しかったのか、失った代償が大きかったのか相手にわかってほしいものですよね。

今回はそんな裏切ったパートナーをどうすれば上手く後悔や反省をさせることができるかを紹介!

浮気したことを後悔させてやりたいという方は、ぜひご参考になさってみてください。

スポンサーリンク

どうすれば浮気を後悔させることができるか

浮気はパートナーとの付き合いで挙がる多い悩みですね。

浮気の問題では、浮気をされる側にも原因があると言われたりしますが、だからといって浮気をしていいわけではありません。

浮気をした人間にはやはり後悔させたいと思う人も多いでしょう。

しかし、浮気をする人間が後悔をするのはどんな瞬間なのか、どうすれば浮気をしたことを後悔させることができるのかわからない人も少なくないかと思います。

よって今回は浮気を後悔する瞬間やさせ方についてをご紹介していきます。

浮気したことを後悔する瞬間7選

浮気相手がしつこい

浮気を遊びで楽しんでいる人間からすると、浮気相手がしつこいのは厄介でしかありません。

遊び以外で付き合う気はない為しつこくなると面倒でしかないですし、向こうが本気になって目立つ行動をし始めると浮気相手の存在が本命にバレる可能性が出てきます。

そうなると軽い遊びのつもりだった人間としては、本命であるパートナーにバレるかもしれないと浮気したことを後悔するわけです。

軽はずみでしたことが大事になってしまえば、誰でも焦りを感じ「なんてことをしてしまったんだ」と後悔をします。

つまり遊び目的で浮気した人間にとって、浮気相手が本命になりたがると後悔する瞬間になるでしょう。

子供ができた

子供ができるというのは本来であれば喜ばしいことですが、本命ではなく浮気相手との間に子供ができたことで後悔をする人間もいます。

子供ができた以上、浮気相手ともきっちり話し合って決めなければなりませんし、責任を取って親となるのであれば本命とは別れなければなりません。既に結婚をして子供がいるという場合なら、より重い責任を取らなければならなくなります。

子供ができたことに後悔する時点で最低ですが、そういう人間は取り返しのつかない結果にならないとわからないのでしょう。自分のしてきた事の重大さが、子供ができたことでようやく理解し後悔するわけです。

パートナーに浮気をされた

パートナーに浮気をされてようやくその気持ちを理解し後悔する浮気者もいます。

浮気をしていた時は隠れて他の異性と会うドキドキ感や楽しさがあり、浮気されているパートナーの気持ちなど考えようともしなかったことでしょう。

しかし、自分が浮気をされる立場になった時に初めて裏切られた人間の気持ちがわかるわけです。

相手の立場になって考えることができない人間は、平気で自分がされて嫌なことでも相手にするところがあるので、浮気を仕返しされてやっと後悔することが多いでしょう。

別れを告げられた

別れを告げられたことで後悔する浮気者も少なくありません。裏切る行為をすれば当然信頼を失い気持ちも冷めますから、別れを告げられても仕方のないことです。

パートナーに対して気持ちが冷めたことで浮気したのであれば、別れてもさほど後悔はしないでしょうが、本命を愛していながらもバレることはないだろうと軽い気持ちで浮気をした人間には、別れの原因を作ったことに後悔しかないでしょう。

別れてから後悔しても遅いわけですが、パートナーを失ったことで大切な存在だったことに気付き、浮気なんかしなければ良かったと悔やむケースも多いです。

自分の立場が悪くなる

自分の立場が悪くなったことでようやく浮気に後悔をするような人間もいます。

パートナーに浮気したことがバレても気にしないけど、自分の社会的立場が危ぶまれたり、親や友人などに白い目で見られるようになって悔やむようになります。

浮気をする人間というのはそもそも自分のことしか考えてませんから、自分にとって不都合なことでも起きない限り、反省も後悔もしないということは珍しくありません。

よって、根っから誠実さに欠けるような人間は、痛い目にあわなければ浮気に後悔をすることはないでしょう。

泣かれた

好きな人を泣かせてしまうことほど後悔することはないでしょう。パートナーに対して愛情があるなら、より一層申し訳なさを感じるものです。

浮気をたいしたことではないと思っていた人間は、パートナーの涙を見てやっと酷いことをしたと自覚します。

普段パートナーの泣いた姿を見たことがなかったり、浮気をされたことにただひたすら涙を流すパートナーの姿を見れば、浮気という最低なことをした人間であっても胸が締め付けられることでしょう。

愛情を感じた

パートナーからの愛情を感じた瞬間、浮気を後悔することもあります。

自分に向けられた笑顔や自分のためにしてくれた思いやりのある言動などを目の当たりにすると、見えないところでパートナーを裏切っていることに罪悪感を抱きます。

浮気をしていることを知らないパートナーの姿や自分のことを信頼してくれているのがわかる言動に申し訳なさを感じるわけです。

浮気を後悔する瞬間は様々なものがありますが、浮気した人間を責めるようなことをしなくても、「こんなに自分を愛してくれている」と実感することで浮気を後悔することもあるでしょう。

スポンサーリンク

浮気を後悔させる方法

別れる

浮気を後悔させるのに一番効果的なのは別れることです。特に遊び目的で浮気していた人間にとっては、後悔せざるを得ない結果となります。

好きな気持ちがあると簡単には決断し辛い選択かもしれませんが、一度浮気をした人間は謝った後も懲りずに繰り返すことも珍しくありません。

もし浮気をされて信用ができなくなったのであれば、そのパートナーとは別れて新しい人を見つけたほうが良いでしょう。

別れるだけでも後悔をさせるのに十分ですが、もっと後悔させたいなら新しいパートナーとの幸せを見せつけることです。

SNSで繋がっているのであれば、幸せであることを写真や言葉でアピールしてみたり、浮気したパートナーの耳に入るように共通の知り合いにノロケてみるのも良いでしょう。

別れてから魅力的になった姿を見せることも、浮気した相手に後悔させることに繋がるのでオススメです。

相手の両親に相談する

別れたくはないという方は、相手のご両親と面識があるなら相談してみるというのも良いでしょう。

相手のご両親と仲が良いのであれば、家族になってもらいたいという気持ちから貴方の味方になってくれることでしょう。

もし相手の両親が貴方の味方をすることなく「貴方に問題があるからじゃないの?」などと言って責めてくるようなら、浮気したパートナーだけでなくその親にも問題があるかもしれません。

もちろん本当に貴方に問題があるのであれば別ですが、基本的に浮気をした側が悪いです。

自分の子供の味方だけするような親は、結婚した時にも厄介な義父母になる恐れがありますので、別れることを考えたほうが良いでしょう。

責めずに涙を見せる

浮気をするような人間には怒鳴り散らしてヒステリックになるよりも、責めたりせずにただ泣いたほうが反省させる期待ができます。

浮気をした人間は、浮気をしたんだから責められるのは当然だと考えています。なので「浮気なんて最低!」と責められることは予想していた展開なので、「ごめんなさい」と謝罪の言葉は言っていても、内心では「はいはい、すみませんでしたー」ぐらいにしか思っていなかったりします。

しかし逆に何も言われずにただ涙を流されると、浮気した人間は予想外の反応に困惑します。そして自分を責めることなく心を痛めているパートナーの姿に、後悔と反省をするわけです。

よって、何も言わずに悲しい気持ちを態度や行動で示したほうが、浮気した人間自身に悪いことをしたのだと気付かせることができるでしょう。

ただし普段から不満がある度に泣いているような人だと、「またか…」とウンザリされるだけで終わってしまうかもしれません。

まとめ

以上が浮気を後悔する瞬間やさせ方についてでした。

ただ浮気されるだけでなく、浮気は悪いことだと後悔させるのも大切。

パートナーをこらしめたいという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました