失恋から立ち直る方法10個!引きずる期間が長い人の特徴とは

   2019/09/25

失恋から立ち直るのはとても難しく時間がかかるものです。

ずっと失恋を引きずってしまい、立ち直ることができずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、オススメの失恋から立ち直る方法をご紹介致します。

また失恋から立ち直る上で注意したいことなどもご紹介しますので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

失恋は引きずるもの?

失恋をすると心にぽっかりと穴ができたような喪失感になりやすいです。

立ち直りたくてもなかなか立ち直れない人は少なくありません。

それだけ相手のことを想っていたということでもあります。

しかし、いつまでも失恋を引きずっていては、精神的にも良くありませんし、生活に支障が出る場合もあります。

また、新しい恋をするためにも、失恋は乗り越えねばなりません。

それでは、どのような方法で失恋から立ち直れば良いのかについてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

失恋から立ち直るまでの期間が長い人の特徴

出会いがない

出会いがない人だと、新しい恋をする機会がない為、失恋を引きずってしまう傾向があります。

再び恋をすることができれば、失恋した悲しみが徐々に和らいでいきますが、出会いがない人は失恋した時の恋愛が強く残ってしまっているので、なかなか立ち直ることができません。

恋愛経験が少ない人なども、「あの人しか考えられない」という心理になりやすいので、失恋から立ち直るまでの期間が長くなってしまう傾向があるでしょう。

一途

一途な人だと強い愛情を抱いていることから、なかなか直ぐに新しい恋をする気になれない傾向があります。

一途過ぎるあまり

あの人以上に愛せない

あんな素敵な人もういない

という考えになってしまい、他の異性と出会おうとせず、いつまでも想い続けてしまい、失恋から立ち直るまでに長い期間が必要になる傾向が高いでしょう。

依存症&恋愛体質

依存症や恋愛体質の人だと、どうしても好きな人や恋愛を重視した生活になってしまい、失恋すると引きずりやすい傾向があります。

仕事・趣味・友人との付き合いなど、恋愛以外のことで熱中できたり、充実した生活を送れていれば、失恋からの立ち直りも早くなります。

しかし、依存症や恋愛体質の人は好きな人が中心になっている為、その他の事が疎かになりがちです。

そのため、失恋した時の喪失感や絶望感が大きかったり、趣味や友人達などの他に支えになるものが少ない為、立ち直るまでの期間が長くなる傾向があります。

スポンサーリンク

失恋から立ち直る方法

思いっきり泣く

感情を抑え込んで我慢をすると、精神的に不安定になってしまいます。

泣きたい時は思いっきり泣くというのも、気分がスッキリできるので気持ちが前向きになって、失恋から立ち直る期待が高まります。

自分の気持ちに素直になって泣いたら、そのうち落ち着いて失恋と向き合えるようになるので、今は何も考えず泣いてスッキリするのも一つですよ。

失恋ソングを聴く

失恋ソングを聴くのも立ち直る方法として良いでしょう。

失恋ソングの中には自分の境遇と似た歌詞で共感できたり、前向きな言葉で自分も頑張ろうと思える歌詞であったりと、心に響く曲がたくさんあります。

自分だけじゃない

頑張っていこう

と思える失恋ソングを聴いて、失恋から立ち直る人は少なくないので、有名な失恋ソングを聴いてみたり、周りの人やネットでオススメの失恋ソングを聴いてみてはいかがでしょうか。

人と会う

失恋をすると、つい一人になって色々考えてしまいます。

自分の心と向き合って気持ちを整理するというのは良いことですが、ずっと一人で考えていては、どんどん気持ちが落ち込んでしまいやすいです。

失恋したことをいつまでも考えるのは良くありませんから、誰かと会って話すことで、失恋のことを考える時間を少なくするというのも良いでしょう。

友人や家族などの信頼できる人との時間を作れば、自然とあれこれ考える時間が減りますので、一人でいないようにするのもオススメです。

話を聞いてもらう

暗い気持ちやモヤモヤとした気分の時は、誰かに話を聞いてもらうというのも失恋から立ち直る方法とオススメです。

ずっと自分の中で抱え込んでしまっていることで、失恋を引きずってしまうことも少なくありません。

身近に話を聞いてくれる人がいるなら、失恋話を話してみましょう。

誰かに話を聞いてもらうことで気持ちがスッキリしたり、励ましやアドバイスをもらえることもあります。

ずっと抱え込んだままという人は、失恋したことや失恋をした自分の気持ちを全て吐いてしまうと良いでしょう。

「人には話したくない」「話せる人がいない」という方は、紙に書くのがオススメです。

ノートでもチラシの裏でも良いので書いたら、自分の辛い想いを捨てるように紙を捨てましょう。

人に話したり紙に書くなど、気持ちを吐き出すことがポイントです。

好きなことをする

失恋をすると気分が滅入ってしまいがちです。

そんな時こそ自分の好きなことをする時間を過ごしてみましょう。

何かに没頭するのは、失恋したことを考える時間を減らせるのでオススメです。

趣味をとことん楽しんだり、やろうと思っていたことを始めるなども有意義な時間になります。

特に好きなことを楽しむと、ワクワクとした気分が物事を夢中にさせてくれたり、明るい気分にさせてくれるので、失恋から立ち直るには効果的です。

よって、楽しめる趣味やいつかやってみたかったというものがあるなら、思う存分やってみましょう。

身体を動かす

失恋すると、ずっと家にこもってベッドで泣いたり、ぼーっと暗い気持ちで部屋にいる人も多いのではないでしょうか。

身体を動かすというのも、失恋を考える時間を減らし、気分をスッキリさせるのに効果的です。

運動で汗を流してスッキリするのも良いですし、掃除をして部屋も気分もスッキリさせるのも良いでしょう。

特に部屋に失恋をした相手との思い出の品や写真などが残っている人は、掃除をして処分するのがオススメです。

失恋を思い出させる物があると、いつまでも引きずってしまう傾向があります。

辛いかもしれませんが、自分を幸せにする為にも、綺麗さっぱり失恋と関係する物は捨ててしまいましょう。

動く気になれないという人こそ、身体を動かしてみるのがオススメです。

自分磨きをする

自分磨きをするというのも、失恋から立ち直る方法として効果的になります。

実際に失恋をして自分磨きをする人の心理には

自信を持って新しい恋をするため

魅力的な自分になって見返すため

など前向きな思考を持つ傾向があります。

いつまでも過去にとらわれていては前を向くことはできません。

自分を変えるという方法だと、止まったままの時間を進ませることが出来るので、失恋から立ち直る方法としてオススメです。

旅行へ行く

傷心旅行というものがあるように、失恋をして気分が落ち込んだら旅行に出掛けてみるのも良いでしょう。

綺麗な風景を眺めたり、美味しいものを食べたり、旅先で出会った人たちと交流したりと、気分転換するのにとてもオススメです。

自由気ままにのんびりと過ごしたいという人は一人旅でも良いでしょうし、一人でいると失恋のことを考えてしまいそうという人は友達や家族と一緒に旅行すると良いかもしれません。

旅行なんて無理という人は遠出をしなくても、外に散歩しに行ったり、近くの喫茶店でお茶するだけでも構いません。

家にいるとどうしても暗い気持ちになってしまいますから、外の空気を吸ったり自然を眺めて気分を変えましょう。

自分に出来る範囲の外出で失恋から立ち直るようにしてみてくださいね。

新しい出会いを求める

失恋をして引きずってしまうのは、新しい出会いがないからという場合もあります。

新しい恋をすれば過去のことだと割り切れるようになるので、失恋から立ち直る方法としては一番効果的かもしれません。

合コンや婚活、出会いがありそうな場所に足を運んだり、友達から紹介してもらうなどもオススメです。

「今のままでは駄目だ」という自覚があるなら、新しい出会いを求めて行動しましょう。

失恋してクヨクヨしてる時間を過ごすより、新しい恋をして心がときめくような日々を過ごす為に出会いを求めたほうが、貴方の人生はきっと充実します。

あの人以上に素敵な人なんて…

と考えるのではなく

もっと素敵な人がいるはず

と前向きに考えるようにしましょう。行動することで道は開けます。

失恋話を聞く

他の人の失恋話を聞いてみることで、案外自分はまだ軽いほうかもしれないと感じることもあります。

また失恋からの失敗談も聞いてみたりすると「次は頑張ろう」「クヨクヨしてちゃダメだ」と前向きになれる人もいます。

同じ痛みを知っている人や理解してくれる人からの言葉だと、心に響きやすいですよね。

自分の失恋ばかりに目を向けていると「どうして自分だけ報われないんだろう…」と悲しみに暮れてしまうものですが、人の失恋話を聞くことで、自分の失恋にも冷静に向き合えるようになります。

友人から失恋話を聞かせてもらったり、ネットの失恋話を読んでみるのも良いでしょう。

他の人の失恋話を聞けば、「自分だけじゃない」と前向きになれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

男性にオススメな失恋から立ち直る方法

仕事や趣味に打ち込む

何かに熱中している時間は失恋のことを考えなくて済むので、仕事や趣味に打ち込むのもオススメです。

仕事に力を入れたりスキルアップするのも良いですし、読書やゲームなどの趣味をとことん楽しむのも時間を忘れて熱中できるので良いでしょう。

新しいことに挑戦するというのも、新鮮味があってワクワクさせてくれるので、今まで全く興味のなかった世界に飛び込んでみるのも、失恋の悲しみから遠ざけてくれるかもしれません。

運動をする

失恋のことをあれこれ考えている時は、大抵座っていたり横になっていたりと、何もしていない時が多いかと思います。

何もしていないと、つい失恋のことを考えてしまう傾向がありますので、運動などの身体を動かすことをしてみましょう。

息が切れるような運動だと、なかなか考え事をするのは難しいので、自然と失恋のことに意識を向けなくなります。

運動は気分をスッキリさせてくれるだけでなく、筋肉もつくので魅力アップにも繋がりオススメです。

失恋のことを考えそうになったら『筋トレをする』『ジョギングをする』などを決めておくと良いかもしれません。

運動が辛い人は、外に出かける時間を増やして家にいる時間を減らすというのも良いと思いますよ。

話を聞いてもらう

男性はプライドが高く、誰かに頼ったり弱い一面を見せるのが苦手な傾向があると言われています。

もし貴方が一人で失恋の悲しみを抱えているなら、友人などに話を聞いてもらうのもオススメです。

失恋したなんて知られるのは格好悪い

茶化されたくない

彼女と上手くいってる友達に弱音を吐くのは癪だ

こういったプライドがあるからこそ、失恋を引きずっているのかもしれません。

誰かに話を聞いてもらうと、不思議と心は軽くなります。

理解ある友達なら励ましの言葉をくれたり、度々話を聞いてくれる時間を作ってくれたりします。

誰かに話を聞いてもらうだけでスッキリしますから、一人で抱え込んでいる男性は友人と飲みながらでも話してみてはいかがでしょうか。

女性にオススメな失恋から立ち直る方法

友達に話したり女子会をする

女性は男性と違って、人に失恋したことを聞いてもらって立ち直るケースが多いようです。

男性はプライドが高い分失恋を引きずりやすいと言われていますが、女性は面倒なプライドを持たずに、さっさと割り切って前を向けることが理由なのかもしれません。

なので、女性は友達に失恋したことを話したり、女子会を楽しんで気分転換するなどが効果的になるでしょう。

恋愛作品を楽しむ

恋愛作品は男性が主人公のものよりも、女性が主人公のものが多いので、女性が感情移入しやすい恋愛作品を楽しんで失恋から立ち直るのもオススメです。

失恋を乗り越えたり、仕事と恋愛の両立が上手くいかない主人公の恋愛作品などは共感できることも多いので、心に響きやすいです。

恋愛作品を通じて「私も頑張ろう」「また恋がしたい」と思わせてくれるので、恋愛を題材にした映画や小説の世界観に浸るのは、特に女性がオススメです。

女子力アップする

出会いがないことで、いつまでも失恋が忘れられないという方は、女子力アップをして自身を磨くのが良いかもしれません。

女子力アップに努めることで失恋のことを考える時間を減らしたり、自身の魅力をアップさせて新しい恋を呼ぶことに繋がるのでオススメです。

ダイエットやファッションなどの外見を磨いたり、自分の性格を直して内面を磨くなど、見た目も心も良くして自信がつけば、前に進もうという気持ちになるので、自分を変えてみるのも心機一転となり効果的になります。

失恋から立ち直る上で気をつけたいこと

失恋したことを受け入れる

失恋したことを受け入れなければ、新しい恋をすることも元気になることもできません。

辛いことですが、現実から目を逸らさずに受け止めましょう。

失恋したことを受け入れることで、新しい恋をする為の準備や心をリフレッシュする日々にしていこうと思えるようになります。

失恋から目を背けていては、いつまでも立ち直ることは難しいですから、まずはしっかり失恋をしたということを受け入れましょう。

無理に忘れようとしない

失恋したことを無理に忘れようとすると、かえって考えてしまう為、引きずってしまう原因になりかねません。

辛い経験は直ぐに忘れられませんし、立ち直るのも難しいです。

忘れようとするのではなく、考えない時間を取り入れることで、自然と失恋したことを意識しなくなります。

仕事に打ち込んだり趣味を楽しんだり友達と遊んだり新しい恋をしたり、別のことに夢中になることで「そういえば失恋してから結構経ったなぁ」と、ふと思い出す程度になっていきます。

失恋以外のことに目を向けていくうちに時間が解決してくれたり、趣味などに熱中して自然と考えなくなっていくので、無理に忘れようとする必要はありません。

失恋を受け入れ、生活を充実させたり楽しんでいくことで少しずつ前に進んでいけますから、失恋を引きずっている自分を責めたりしないようにしましょう。

飲んで忘れようとしない

友人に話を聞いてもらう時に飲むぐらいなら構いませんが、家に帰っては失恋の悲しみから逃避しようと飲むのは良くありません。

飲み過ぎると健康にも悪いですし、依存して抜け出せなくなることもあります。

酔って現実逃避をしても、失恋から立ち直る方法にはなりませんから、飲んで忘れようとするのはやめましょう。

連絡先を消すかブロックする

会える方法があると、「まだ可能性があるかもしれない…」と僅かな希望にすがりついて、前に進めないことも少なくありません。

電話番号やLINEなどの連絡先を消すのは勇気がいることですが、相手の連絡先を保存したままにするというのは、未練があるようなものですから、失恋を引きずってしまう原因にもなります。

失恋から立ち直りたいのであれば、綺麗さっぱり連絡先を消してしまいましょう。

自分とはもう関係ないと断ち切ることが、失恋から立ち直るのに効果的な方法です。

思い出の品を残しておかない

写真や思い出の品など、本気で失恋から立ち直りたいなら、相手に関わりのある物は全て捨てたほうが良いでしょう。

前を向こうと思っても、思い出してしまう原因のものが部屋や持ち物に残っていると、「やっぱりあの人が好きだ…」とつい気持ちが揺らいでしまいます。

部屋にある思い出の品やスマホに残っている写真などのデータは処分するのが無難です。

掃除や断捨離をするだけでも、気分がスッキリしますよ。

SNSを見ないようにする

失恋した相手のSNSはつい見てしまう人も多いかと思います。

まだ気持ちがあるわけですから、「どうしてるかな」と見てしまうのも仕方ありません。

しかし、相手のSNSを見るということが癖になってしまうと、結局いつまでも立ち直ることができず、ズルズルと引きずってしまう原因にもなりかねません。

辛いかとは思いますが、前を向くためにも相手のSNSは見ないようにしましょう。

自分もSNSをやってることでつい見てしまうなら、SNSを辞めるという方法も一つかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

すぐに忘れるというのは難しいですが、自分が失恋のことを考えないようにするための工夫は必要です。

打ち込めることや人付き合いなど、自分なりの失恋を乗り越える方法を見つけて立ち直れるようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事