彼氏が放置する心理。ほったらかしにされたらこう対処!

 

彼氏に放置をされると、浮気をしているんじゃないかだとか、気持ちがなくなってしまったのではないかと不安になる女性も多いかと思います。

しかし放置する彼氏の全てが必ずしも、浮気していたり気持ちがなくなったというわけではありません。

今回はそんな放置する彼氏の男性心理についてご紹介したいと思います。

放置する彼氏の心理や放置されやすい女性の特徴を理解して、彼との恋愛を改善できるようにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

彼氏が放置する心理

仕事が忙しい

仕事が忙しくて彼女との時間を作れないという彼氏も少なくありません。

単純に仕事で疲れていて、会う気力も出ず仕方なく彼女を放置してしまっている彼氏もいるでしょう。

また女性なら少しでも連絡を取りたいと思うかもしれませんが、必要以上に連絡をしたがらない男性にとっては、デートなどのたいした用件でもないのに、わざわざ連絡する必要もないだろうといった心理などもあり、結果放置に繋がってしまうということも考えられるでしょう。

仕事が忙しい時の彼氏は、彼女にかまってあげられる余裕もないので、放置してしまうという心理が考えられそうです。

不満がある

彼女に対して不満がある場合、怒っていて放置していたり、無言の訴えで放置しているという彼氏もいるようです。

彼女に悪い部分を言っても直してくれなかったり、彼氏側への配慮が足りない行動が目立つなどが増えてきたことで、彼女と少し距離を置いて、彼女に自分自身を見つめなおしてほしいという心理で放置しているのかもしれません。

別れようか考えている

彼氏に別れたいという気持ちがある場合、一人冷静に考えたくて彼女と距離を置く彼氏もいるでしょう。

彼女に別れたい意思を先に伝えてしまうと、彼女の態度や引き止める言葉で気持ちが揺らいで、自分の気持ちよりも彼女を優先して結局別れることができなかったという展開も考えられなくありません。

ひとまず彼女としばらく会わないことで、自分がこれから彼女と付き合っていきたいのか考えたいのかもしれません。

放置しても離れていかない自信がある

放置する彼氏のなかには「俺以外の男は好きにならないだろう」という心理を持っていて放置する男性もいるようです。

彼女が自分に対してかなりのめりこんでいると感じる態度や言葉が目立つことにより、「他の男に目移りすることはないだろう」という確信を得る為、彼女に対してぞんざいな扱いになったり、ほったらかしたりするようです。

元々女性からモテるような男性であれば、こういう心理になることもあるかもしれませんが、基本的には女性側が彼氏にのめりこみすぎることで、彼氏が優位な立場になり安心感を得るため、放置されることに繋がる傾向が多いかと思われます。

また、彼女が離れていかない自信のある男性は、放置しても彼女のほうから追いかけてきてくれるという立場に、優越感に浸っていることも考えられるかもしれません。

愛情確認

自分が追うよりも追われる恋が好きな男性であると、愛情確認するためにわざと彼女を放置する彼氏もいるようです。

彼女のほうから連絡してくれることや、「会いたい」と言って自分を求めてくる姿に、愛情を感じることができるため、愛情を確認する方法のひとつとしてわざと放置するようです。

自分に自信のない男性だと、女性側に追わせることで自分の価値を知ろうとするので、このような方法で愛情確認することも少なくないようです。

かまってちゃん男なども、こういった心理でやるかもしれません。

元々恋愛にドライ

彼氏も付き合う前は、デートや連絡が頻繁だったかもしれませんが、付き合うと彼氏も自分の彼女にできたことで安心したり、関係にも慣れてきたことで本当の自分が出てくることも多いでしょう。

元々恋愛に対してドライな男性であると、付き合ったら連絡が減ったり、好きな女性に対して構うことも少なくなることは珍しくありません。

個人の時間を大切にする男性であったり、ダラダラと連絡を取ることに抵抗がある男性ならば、恋愛に対してドライな傾向があり、彼女を放置してしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

彼氏に放置されやすい女性の特徴

なんでも自分で出来る

男性は頼られたいという気持ちが強く、特に好きな女性の為ならば、自分に頼ってほしいと思うでしょう。

しかし、なんでもかんでも自分でできてしまう女性だと、男性から見れば「俺がいなくても大丈夫なんだ」と思ってしまうことに繋がり、自分の必要性が感じられなくなってしまうこともあります。

頼りがいのある女性というのは素敵ではありますが、「俺が傍についてあげなきゃ」と思ってもらうことも、良好な関係を保つ上で大切なことです。

互いの足りない面を補うことで絆や信頼関係が生まれることもありますから、彼氏に頼ることができそうな場面では女性らしく甘えてみると良いかと思いますよ。

尽くしすぎる

尽くしすぎる女性というのは、男性に「放置しても逃げない女」と思われてしまうことに繋がる可能性が高くなってしまいます。

なんでもかんでも彼氏の要望に応えてしまうのは、ただいいように利用されている女性になってしまいますし、全部のことを彼女が面倒みてしまうと、素敵な男性もダメンズになってしまうこともあります。

好きな人の為なら、なんでもしてあげたいし尽くしたいという気持ちもわからなくないですが、彼氏に尽くしすぎると『他の男に目移りしない』という安心感を与えてしまうことに繋がりますので、自分ばかりが尽くしてしまうのは避けたほうが良いでしょう。

程よい距離感を保てない

恋愛では程よい距離感が大切だといわれています。

時にはひとりになりたいという時は誰でもありますから、常にベッタリした関係だと彼氏もウンザリしてしまい、放置に繋がってしまうこともあります。

つかず離れずの程よい距離感を保てるようになれば、男性側も鬱陶しく感じることが少なくなり、彼女に対しての愛情も維持しやすくなるでしょう。

付き合っているからといって、常に一緒にいなければならないわけではないですから、程よい距離感を保てるようになると良いかと思われます。

束縛する

彼氏の行動を制限するような束縛は精神的苦痛を与えてしまいますから、彼氏が離れたくなる原因になり、結果彼女を放置してしまうことに繋がりかねません。

会っていないときも「何してるの?」「会いたい」などのような連絡は、女性側は束縛行為だと思っていなくても、男性にとっては束縛されている気分になります。

大人なわけですから、互いに自立した関係で恋愛を楽しめるようにならないと、相手に放置されてしまいますので気をつけましょう。

趣味や友達ばかり優先

自分の時間を大切にするというのは、程よい距離感を保てることに繋がるのでよいことです。

しかし、あまりにも彼氏そっちのけで趣味や友達との遊びばかりに時間を費やしていると、さすがに彼氏の不満も大きくなります。

「俺がいなくてもいいんだな」と彼氏も自分の存在価値を感じなくなって、彼女に対する愛情も薄れてしまうことになりますので、あまりにも他を優先しすぎるのも放置されてしまう原因に繋がってしまいます。

趣味や友人などの時間だけに偏らないよう気をつけると良いかと思われます。

つまらない

単純に一緒にいてつまらない女性というのも、関わりたいという気持ちにならないので、放置されてしまうことに繋がるでしょう。

自分の話ばかりで彼氏の話を聞かなかったり、逆に聞き手に回ってばかりで、彼氏にばかり話し手を任せっぱなしであったり、一緒にいるのにコミュニケーションを取ろうとしないなど。

いくら好きな女性であっても楽しいという気持ちになれないようだと、つまらない女性と一緒にいるぐらいなら一人のほうが気楽だと思ってしまいますから、彼氏も放置するようになってしまいます。

一緒にいて楽しいと思ってもらえる女性になることが、放置されない女性のポイントになりそうです。

スポンサーリンク

放置する彼氏への対処法

悪いところを直す

自分に悪い部分があって彼氏に放置されているのであれば、その部分を改めるようにしましょう。

彼氏に前に注意されたことを直せていないなら直す努力をしたり、自分に心当たりがないなら、不満があって放置している彼氏なら、彼女の何が悪いのか言うかと思われますので、彼氏に聞いてみるのも良いかもしれません。

気持ちを伝える

放置されることが嫌なのであれば、はっきりと気持ちを伝えたほうが良いでしょう。

彼氏の面倒をなんでもかんでも見たり、彼氏ばかりを優先してしまう女性は、彼氏に対して遠慮してしまうことも少なくありません。

まずは自分の気持ちを素直に伝えることで、彼女が自分に不満を感じていることが彼氏に伝わりますので、別れたくないと思っている男性なのであれば放置を控えるようになるでしょう。

男性の存在を匂わせる

放置されることが嫌であるということを彼氏に伝えても、他の男には目移りしないという自信が彼氏にあると放置は改善されにくいです。

なので、放置が嫌であることを言っても彼氏の放置が改善されないのであれば、少し男性の存在を匂わせてみるのも良いかもしれません。

「食事に誘われた」だとか「男友達と遊んで楽しかった」など、放置されている間に他の男性と接触があったことを伝えれば、放置していることで浮気されてしまうのではないかと彼氏に危機感を持たせる期待ができます。

スポンサーリンク

まとめ

以上が放置する彼氏の心理や対処法などのご紹介でした。

恋愛のマンネリなどがあるなら、マンネリ解消の工夫もするなどして、彼氏との関係を良好にできるよう頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事