仕事の話をする男性心理5つ

真剣に話す男女

男性は誰にでも仕事の話をするもの?仕事の話をする男性心理が気になる…そんな女性必見!

男性が仕事の話をするのは意外な心理が隠れているかもしれません。

好きな男性が仕事の話をした時にしっかり見極めができるよう、是非とも本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

男性は仕事の話をすることが多い?

口を開けば仕事の話をする男性はいませんか?

毎回毎回仕事の話ばかり話すのはなぜ?

そもそも決まって私に話すのはなんで?

こんな疑問を抱いている女性も多いのではないでしょうか?

今回はそんな女性の疑問に参考になるように、仕事の話をする男性について考えられる心理をまとめてみました。

その他に好意の見極めポイントや対処法についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

仕事の話をする男性心理

仕事ができる男だと思われたい

周りの人間から頼られるほど仕事において優秀であることを事細かく語ったり、大きな仕事をこなした栄光話を語るなど。

これらのような仕事の話をする男性心理には、仕事ができる男だと思われたいというものがあるのかもしれません。

仕事はステータスと考える男性は多いので、自分がどれほど仕事が出来る男なのかを語りたがる男性は少なくありません。

誰でもいいので聞いてほしいという単なる自慢したがりなのかもしれませんし、貴方に好意を寄せている為、自分のアピールとして仕事の話をしている可能性も考えられるでしょう。

癒されたい

好きな女性に話を聞いてもらうと癒されると感じる男性は多いです。

誰かに話を聞いてもらうだけでも気分はスッキリしますが、好きな人であれば話すことができるだけで気分は良いものです。

なので仕事の話をする男性心理には、好きな女性に癒されて疲れやストレスを解消しようとしていることも考えられるでしょう。

信頼できる人にしか話せないから

信頼できる人だからこそ、自分の事やプライベートの話をするようになる男性も少なくありません。

男性によっては、弱い自分を見せるのがカッコ悪いと思うこともあり、仕事の愚痴や悩みがあっても周りの人間には話さないということもあります。

女性よりも優位な立場でありたい・女性から男らしく思われたいと考える男性は多いので、特に女性や好きな人には言わないことも少なくありません。しかし、そうではない男性もいます。

気を許すことができる女性だからこそ、素の自分を見せたり、プライベートを話すようになる場合もあるのです。

自分の事を話してもいいと思えるほどその男性にとって信頼できる女性だと、仕事の話をされることが多くなるかもしれません。

話題が仕事しかない

その男性にとって、話せることが仕事しかないという場合もあるでしょう。

普段、仕事ばかりの生活を送っているような男性であれば、自分のことを話すとなると、つい仕事の話ばかりになってしまうのかもしれません。

なので、その男性にとって話せることと言えば仕事しか無いので、本人も気付かないうちに仕事の話について語っているという場合も考えられるでしょう。

かまってほしい

仕事の話をする男性のなかには、誰でもいいからかまってほしい心理である場合もあります。

かまってちゃんというと女性の印象があるかもしれませんが、男性にもかまってちゃんは少なくありません。

かまってちゃん男の特徴は、とにかく自慢話や苦労話を話して、周りからの賞賛や同情をしてもらいたがる傾向があります。

一々自分の報告をして反応してもらいたがる傾向があるなら、かまってほしい心理で仕事の話をする男性なのかもしれません。

スポンサーリンク

仕事の話をする男性の好意の見極め方

貴方にだけ話す

他の女性には話さないけど、貴方にだけは仕事の話をする男性なのであれば、好意もしくは信頼を寄せていることが考えられるでしょう。

仕事で親しい男性だったり男友達などであれば、信頼から仕事の話をしているのかもしれません。

好意や信頼以外の可能性だと、貴方が優しい女性なのをいいことに話を聞いてもらっているだけのかまってちゃん男という場合もあり得ます。

かまってちゃん男の特徴に当てはまらないのであれば、好意か信頼の可能性が高いかもしれません。

食事やデートに誘われる

食事やデートに度々誘われる男性から仕事の話をされるのであれば、好意を持っている可能性がありそうです。

デート中に仕事の自慢話をするような男性なら、それは自己アピールであることが考えられます。

仕事が出来る男というのを貴方にアピールして、格好いいと思われたい心理があるのかもしれません。

貴方も恋愛対象として素敵だと思う男性なら、しっかり話を聞いてあげるようにしましょう。

貴方に対しても親身になってくれる

貴方に話を聞いてもらうだけでなく、その男性も貴方に対して親身になってくれるような言動があるのであれば、好意を持っている可能性があるでしょう。

貴方が相談しても嫌な顔をせずに話を聞いてくれたり、困っている時は助けてくれたり、体調の悪い時は心配してくれるなどが見られれば、その男性にとって貴方は話を聞いてくれる都合のいい存在というわけではなさそうです。

その他にも行動や表情などが他の女性とは違うと感じられるなら、貴方に好意を寄せているのかもしれません。

その男性の貴方に対する日頃の接し方をチェックしてみると、さらに脈ありかどうかを見極められるでしょう。

スポンサーリンク

仕事の話をする男性への上手い対処法

リアクションをつけて聞く

好きな男性から仕事の自慢話や愚痴話をされた時は、リアクションをつけて聞いてあげると好印象です。

驚いたり心配そうな表情を浮かばせるなどのリアクションを取ることで、相手の男性にちゃんと聞いていることが伝わります。

その他にも「凄いね」「それは大変だったね」などの言葉でもリアクションしてあげると、さらに好感を抱くようになるでしょう。

ただし、男性の話を邪魔しないようにリアクションするのを心がけてくださいね。

肯定してあげる

男性はプライドが高い生き物です。自分の話をする男性のほとんどが、自分に同調してほしいと思っている傾向があります。

なのでリアクションをすると言っても、決して「それは○○くんが悪いんじゃない?」と意見を述べたり、「そういう時はこうしたほうがいいよ」などのようにアドバイスを言うことは控えましょう。

聞いてもいないのに意見やアドバイスをしてしまうと、男性のプライドが傷ついたり不機嫌にさせてしまう可能性があります。

よって男性から仕事の話をされた時は、基本的に「頑張ったんだね」「大変だったんですね」などのようにひたすら男性の話に同調することに専念しましょう。

もし男性のほうから「どう思う?」と意見やアドバイスを求められたら、その時は相手を傷つけないように気をつけながら貴方の考えを言うようにすれば好印象です。

さり気なく話題を変える

好きでもない男性であったり、好きな男性であってもさすがに何回も仕事の話をされるのは飽きたという場合は、さり気なく話題を変えるようにしてみましょう。

話題を変える際は、その男性が興味のある話題にするのがポイントです。そのほうが話題を変えたとしても、相手が嫌な気分になりにくいでしょう。

その男性の好きな芸能人・歌手・作品・食べ物などを周りの人から聞いたりして、もしもの時の為に話題を用意しておきます。

そして、仕事の話をされそうになったら「あっ、そういえば~…」と思い付いたフリをして、相手の男性が興味を持ちそうな話題に変えてみてくださいね。

相槌だけでもしておく

聞くのが面倒だなぁと思ったら、相槌だけでもしておくほうが良いでしょう。

ストレス発散で話したい男性やかまってほしいだけの男性なら、相槌だけでもあまり気にしないかと思われます。

ただし彼氏や旦那さんの場合だと、相槌ばかりの女性に「ちゃんと聞いてよ!」と怒ってしまうこともあるので、パートナーに対してはしっかりリアクションを取ってあげたほうが良いかもしれません。

好意もなく付き合ってもいない男性なのであれば、話を聞く必要もないですから相槌だけでも十分でしょう。

女性がつまんなさそうだなと伝われば、そのうち仕事の話はしなくなるでしょうし、相変わらず仕事の話をするのであれば、相槌だけでもいいから貴方に聞いてほしいのでしょうから、面倒ではありますがとりあえず相槌だけはしておくのが無難かと思われます。

まとめ

以上が仕事の話をする男性についてでした。

好意や信頼があるから仕事の話をするのかどうかは、その男性の性格などをチェックすると見極めやすいかもしれません。

もし好きな男性から仕事の話をされたら、なるべく肯定したりリアクションを取るなどして、好印象になれるように頑張ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました