アピールなの?自分の事を話す男性心理5つ

   2019/10/21

真剣に話す男女

自分の事を話す男性は一体どんな心理で話してるの?

好きな男性に話された時や聞きたくない話への上手い対処法って?

自分の事を話す男性の特徴や心理など、女性が気になるポイントをご紹介!

自分の事を話す男性について知りたい女性は、良かったらご参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自分の事を話すのはどんな時?

自分の事を話すというのは決して誰にでもというわけではありません。

警戒心の強い人だと、特別な感情がなければ話さないという人も多いです。

では一体どのような男性心理から自分の事を話すのか気になりますよね?

もしかすると、貴方の身近な男性は次のような心理で話しているのかもしれません。

スポンサーリンク

自分の事を話す男性心理

自分の事を理解してもらいたい

自分の事を話す男性心理には、相手に理解してもらいたいというものが一つとして挙げられます。

恋愛観や好きなものなどについて話すのは、自分の事を知ってもらいたいという気持ちの表れです。

距離を縮めたい相手や好きな人などは、自分を知ってもらいたいという心理が働きやすいでしょう。

また、男性は女性に比べてプライドが高い傾向にある為、格好悪い一面は見せたくないという心理になりやすいものですが、好きな女性には「理解してもらいたい」「こういう自分も受け入れてほしい」という気持ちから、相談や弱音を吐くということも少なくありません。

貴方の事について話してほしい

人は相手がプライベートの話をすると「自分も何か話さなきゃ」という心理になりやすい為、相手のことを聞き出す為に自分の事を話すという人は珍しくありません。

なのでその男性も「自分のことを話せば、相手女性も話の流れでプライベートの話をしてくれるかもしれない」と考えた上で自分の事について話している可能性があるでしょう。

なかなかプライベートについて話してくれない女性だと、自分の事を話して聞き出そうとする男性は多いかもしれません。

貴方の事について知りたがるような言動が見られるなら、異性として気になっているサインが考えられるでしょう。

信頼している

自分の事を話して自己開示するのは心を開いているサインでもありますので、その男性が自分の事を話すというのは、貴方を信頼しているからということも考えられるでしょう。

あまり自分の事を話したくない人は、相手がプライベートの話をしても決して話さないということは珍しくありません。

なので、その男性が貴方に自分の事を話すのは、貴方を信頼できる存在だと認めていることが考えられるでしょう。

しかし、その「信頼」が好意なのかどうかは見極めが難しいです。

友人や職場の仲間として信頼できる存在ということも考えられますし、信頼できるからこそ好きになるという人も少なくないので、信頼=好意で自分の事を話している可能性もあるでしょう。

誰にでもフレンドリーに接しているだけ

好意でも信頼でも気になっているわけでもなく、その男性が自分の事を話すのは単なるフレンドリーな性格だからという場合もあります。

好きな人や信頼できる人にしか自分の事を話さないという人もいれば、誰に対してもオープンに接するという人も少なくありません。

よって、自分のプライベートを隠さずに人と接する男性もなかにはいますので、その男性がフレンドリーな性格なのであれば、特に深い意味はなく自分の事を話している可能性が高いかもしれません。

とにかく話を聞いてほしい

自分の事を話す男性のなかには、とにかく話を聞いてほしい心理ということも考えられます。

「自分に注目してほしい」「誰でもいいから話し相手になってほしい」などの男性心理から話していることも少なくなく、ナルシストやかまってちゃん男などに多い心理になります。

自慢話は好きな女性へのアピールという可能性がありますし、辛い過去や悩み相談はそれほど心を開いていて信頼しているからという可能性もなくはありません。

しかし、あまりにも相手男性の話を聞かされてばかりなのであれば、都合のいい話し相手としか見られていないということも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

自分の事を話す男性の話別にわかる心理

趣味の話

自分の事を話す男性が趣味について色々語るのであれば、理解と共感を求めている可能性があるでしょう。

同じ趣味の女性だと、自分の好きなことについて話せますので、好意が無くても自然と話題にすることは少なくありません。

もう一つは自分を知ってほしいという理解を求めていることが考えられます。

また「こんなものが好きなんだ」と自分の事を話すことで、好きな女性へのアピールにもなりますし、同じ趣味ではないのに女性が自分の話を聞いてくれるようなら、自分に興味を持っている可能性を確かめることもできます。

よって、同じ趣味かそうでないかでその男性に好意があるかどうかを見極めやすくなるでしょう。

恋愛観や元カノの話

男性が好きなタイプやこういう恋人がいいなどの恋愛観について話すのは、気になる異性へのアピールと考えられるでしょう。

特に貴方に近い女性像を例として挙げた場合は、かなり好意を匂わせているかもしれません。

その他にも元カノの話をする場合は、「自分が好きになった女性はこんなタイプ」というのを伝えていることが考えられます。

もしくは、付き合った女性に優しくしたり色々な場所へ連れて行ったなど、自分が良い彼氏であったというアピールをしていることも考えられるでしょう。

その男性が元カノとの過去を引きずっている様子がないのに、元カノの話をすることが多いなら、貴方へのアピールかもしれません。

男性の過去について

男性の過去について話してくる場合、自分について理解してほしい男性心理が考えられるでしょう。

その男性が過去にした凄い事なら、好きな女性に格好いいと思われたい男性心理からアピールをしているか、単なる自慢話をしたいだけというのが考えられます。

辛い過去についての話なら、人にはなかなか言えないことも話せるほど信頼できる女性という男性心理から話しているか、単なる慰めてもらいたいかまってちゃん男ということが考えられるでしょう。

もしくは貴方の過去がどんな感じだったのか知りたくて、自分の事を話すことで貴方の知らない一面を聞き出そうとしているのかもしれません。

口を開けば自慢話かネガティブな話という男性は、都合の良い存在にされないように、よーく見極める必要がありそうです。

結婚の話

男性が結婚について話す場合、将来を考えているアピールをして自分を意識してほしい気持ちがあるのかもしれません。

年齢のことを考えると早く結婚したいと思う女性は少なくない為、

30代前半までには結婚したい

貯金もあるし、そろそろ将来のこと考えたい

などの発言をして、自分は結婚を前向きに考えていることを伝えようとしていることが考えられるでしょう。

また、友達のように親しい男性が結婚について話すなら、同年代と語り合いたいという心理や、女性の意見を聞きたい&参考にしたいという心理がありそうです。

お金の話

お金の話をする男性には、好意の可能性は低いと思ったほうが良いかもしれません。

金欠でまともに飯食ってなくてさぁ…

全然お金ないんだよね…

などのように話す男性は、貴方を愚痴をこぼす話し相手か、奢ってくれたりお金を貸してくれそうな相手としてしか見ていない可能性があるでしょう。

男性は好きな女性には経済力をアピールしたり、お金がない男という格好悪い印象つけたくない心理になりやすい為、お金がなくても自ら金欠であることをあまり言わない傾向があります。

よって付き合っていてもいなくても、お金の話を度々聞かされるなら、少し警戒したり深く関わらないほうが良いでしょう。

仕事の話

男性から仕事の話をされる場合、褒めてもらいたい・共感してもらいたい・慰めてほしいという男性心理があると考えられます。

仕事で評価されたという話であれば、好きな女性に「仕事ができる男」というアピールをしていたり、男性は承認欲求が強いので褒めてほしいという心理もあると思われます。

愚痴や相談話なら、癒やされたい・共感してもらいたい心理から話していることが考えられるでしょう。

仕事の話は好意の可能性もありますが、「誰でもいいから話を聞いてほしい」という可能性もある為、好意の見極めは難しいかもしれません。

プライベートの話

プライベートの話をされた場合、「親しい存在だから」という男性心理が考えられそうです。

普段の自分について話してもいいほど心を開いており、仲が良い&信頼できる存在と思われている可能性が高いでしょう。

男友達だと親しい関係であることから、プライベートの話をされることは多いかと思います。

今までプライベートの話をしてくれなかった男性が話してくれるようになったなら、貴方に信頼や好意を持っている可能性が高そうです。

家族の話

家族の話をされた場合、自分の家族について知ってもらいたい存在として見ていることが考えられるでしょう。

父親は甘いのが好きでさ…

母親は病院で働いてて…

などのように、将来家族になるかもしれないという女性には、自然と自分の家族について話す傾向があります。

しかし、母親の話ばかり話すなど家族の話でも特定の家族のことだけ話すような偏りが感じられるなら、マザコンやシスコンなどの可能性が考えられますので、好意とは関係なく話しているかもしれません。

母子家庭などであれば母親だけの話になるのは仕方ありませんので、家族構成をしっかり把握した上で、好意なのかどうかを見極めましょう。

スポンサーリンク

自分の事を話す男性心理を見極めるポイント

お互いの関係性や話す内容によって男性心理は変わってきますが、以下のような特徴があれば、好意を寄せられているかもしれません。

質問してくるか

その男性が自分の事を話すだけでなく、貴方のことについて質問してくるなどの言動が見られるなら好意があるかもしれません。

ただ一方的に自分の事を話す男性は、好意から話しているわけではなく、自分の話を聞いてほしいだけの可能性があります。

逆に、自分の話以外にも貴方に話を振ったり質問するというのであれば、貴方に興味があったり、コミュニケーションを取って距離を縮めたいという男性心理が考えられるでしょう。

アプローチしてくるか

自分の事を話す男性にアプローチをされたなら好意の可能性が高まるでしょう。

食事やデートに誘われたり、積極的に会話や連絡をしてくるなど、貴方とのコミュニケーションを取ろうとする行動が目立つなら、自分の事を話すのは好意からということが考えられます。

好きな女性だからこそ、自分の事を知ってほしいという心理になるのでしょう。

貴方にだけ話すか

その男性が貴方にだけ自分の事を話すかどうかも、好意を見極める上で重要なポイントになります。

他の女性にも自分の事を話しているようなら、話を聞いてほしいだけか、単なるフレンドリーな性格で誰にでもオープンに接しているということが考えられるでしょう。

しかし、他の女性の前ではあまりプライベートな話などはされず、貴方にだけは自分の事を話すようなら、かなり好意や信頼を寄せられていると思われます。

その男性と関わる女性が他にもいるなら、自分以外の女性とはどのような話をしているかをチェックしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

自分の事を話す男性への対処法

他の人の話題にする

毎回自分の事を話す男性にハッキリ「聞きたくない」とは言えないものの、どうにかして対策したいという場合は、他の人の話題にすると良いでしょう。

自分の事を話したい男性にとって、他人の話は面白くないと感じやすいです。

毎回話そうとする度に他の人の話題をされれば、徐々に話そうともしなくなるでしょう。

ただしこの方法をすると、貴方との会話自体を避けるようになる可能性がありますので、好きな男性にはしないほうが良さそうです。

別の話題に変える

自分の事を話す男性にウンザリという女性は、あからさまに嫌な態度を見せるのも失礼ですので、さり気なく話題を変えるようにしてみましょう。

相手男性が興味がある話題や好きなものについての話題なら、あまり不快感を与えずに話題を変えることができるかと思います。

好きな男性なのであれば、なるべく話を聞いてあげたほうが好印象ですが、特に好きなわけではないものの職場などで付き合いがある男性には、話題を変えることで対処すると良いでしょう。

相槌を打つ

いくら好きな男性でも、自分の事を話してばかりだと退屈になってしまう女性も多いかと思います。

しかし聞くのが面倒だと思っても、とりあえず相槌だけはしっかりしておきましょう。

自分の事を話す男性に「へぇ」「凄いね」などのワンパターンな適当な返事でも、相槌を打って話を聞いているというリアクションをしっかり取っていれば、男性が気分を損ねることは少ないです。

よって話が終わらず面倒に感じてきたら、返事は適当になってもとりあえず相槌をして、貴方の話を聞いていますよというアピールをすると良いでしょう。

否定しない

男性は自分の話を聞いてくれる女性に好印象になりやすい傾向があります。

また承認欲求が強い男性ですので、褒められたり共感してもらえることに喜びを感じやすい傾向もあります。

なので、男性の話に納得いかないところがあっても否定はしないようにしましょう。

そして、褒めれるところはなるべく褒めてあげるのが好印象です。

否定はせず、なるべく肯定や共感を示すことがポイントになります。

まとめ

以上が自分の事を話す男性についてでした。

好意の可能性もあるので、男性が自分について話すようになったらしっかり見極めをしていきましょう。

好きであってもなくても、自分の事を話す男性に上手く対処してみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

記事カテゴリー

男性の言動 男性心理