男性心理がわかるメールの特徴!返信が来ないのはなぜ?

   2019/01/02

好きな男性とのメールは相手の表情もわからないため、どんな心理なのか気になる女性も多いかと思います。

返信がされない・遅いという場合も、「嫌われた…?」と不安になることもあるでしょう。

今回はメールでわかる男性心理についてをまとめてみました。

好きな男性に脈ありかどうかを知りたいという女性は参考になさってみてください。

スポンサーリンク

男性にとってのメール

用件がある時に使うことが多い

男性にとっての連絡は、ただ聞きたいことや伝えなければならないことなど、用件の時だけ連絡する傾向があります。

女性だと他愛のない話をメールで報告することも多いかと思いますが、男性からすると「そんなことでわざわざメール?」と思うことも。

用件らしい内容でないと、どう返していいかわからず「別に返信するほどでもないか」という気持ちになることもあるので、男性にメールする時はしっかり返信してもらえるような中身のあるメールが良さそうです。

裏を返せば脈あり?

女性はコミュニケーションの一つとしてメールを利用することも多いですが、男性は用件の時以外は利用しないということも少なくありません。

よって、裏を返せば男性がわざわざメールしてくるということは、なにかしらの意図があって連絡してくるということでもあります。

好きな女性とコミュニケーションを取りたいなどの脈ありである可能性も低くないので、男性のほうから積極的に他愛のないメールがくるようであれば、女性として意識されている期待をしても良いかもしれません。

しかし、全ての男性が好意を持ってメールをしているわけではありません。メールをする男性心理には以下のようなものが考えられます。

スポンサーリンク

メールをする男性心理とは

メールをする必要があったから

用件がある時にメール連絡をすることが多い男性ですので、メールをする男性心理の大概は「メールをする必要があったから」というものでしょう。

よって必要のある用件メールの場合だと、好意のない相手でもメールをするということになります。

淡々と仕事のことを伝えて終わるようなら、用件を伝えるためだけにメールをした可能性が高そうです。

暇つぶし

スマホを触ることが多い人も増え、暇つぶしに誰かとメールのやり取りをするという人もいるでしょう。

なので用件がなかったとしても、単純に「暇だから」という心理で女性にメールをする男性もいるようです。

暇つぶしメールだと、他愛のないやり取りである可能性が高いので、好意があるかどうかの見極めが難しいかもしれません。

構ってほしい

寂しがり屋であったり、かまってちゃん男の場合だと、好意があるないに関わらず、「誰でもいいから構ってほしい」といった心理からメールをすることも少なくありません。

一人でいることを苦手とするので、常に誰かと一緒にいたがるような男性だと、好意のない女性にでも寂しさから普通にメールをしてくる可能性が高いかもしれません。

好きだから

メールをしてくる男性心理のなかでも高い可能性のひとつとして挙げられるのが、「好きだから」という心理になります。

好きでもない女性とのメールのやり取りは無駄に感じる男性も少なくないので、基本的に男性は好きな女性とメールすることが多いとされています。

もちろん暇つぶしなどの他の男性心理のように好意がない場合もあるので、脈ありかどうかは男性から送られてくるメールによって変わってくるでしょう。

スポンサーリンク

男性心理がわかる脈ありメール

質問が多い

女性に質問の多いメールであった場合、脈ありである可能性も高いでしょう。

「好きな人のことをもっと知りたい」「少しでも長くメールのやり取りを続けたい」という男性心理が考えられそうです。

興味のない相手のことは知りたいとは思いませんから、異性として意識されている可能性も低くないでしょう。

長文で送られてくる

メールの文章が長文という場合も脈ありである可能性が高くなります。

「好きな人へしっかりと気持ちを伝えたい」「短文だと失礼になるかもしれない」という男性心理から、自分の気持ちをぎっしりと詰め込んだ結果が長文メールになったということが考えられるでしょう。

返信はちゃんとされるけど、送られてくるまでにちょっと時間が掛かると感じる場合は、返信内容をどうしようかと悩み、言葉を選ぶのに時間が掛かっているのかもしれません。

プライベートな話をされるようになった

好きな人や信頼する相手だと「自分のことを理解してほしい」という心理が強まる傾向があります。

自己開示すると、相手も自己開示したくなる傾向があり、互いに互いのことを知るようになることで仲が深まることが多いです。

どんなに警戒心の強い人でも好きな人が相手であれば、「この人になら教えてもいい」という気持ちになりますので、もし今まで自分のことについて話してくれなかった男性が、メールで自己開示するようになったのであれば、好意を持って接してきている可能性が考えられそうです。

スポンサーリンク

男性心理がわかる脈なしメール

返信してこない

メールをしても全く返信されないというのは、残念ですが脈なしの可能性が高いでしょう。

好きな女性以外のメールには返信しないという男性なのかもしれません。

よほど忙しいだとかスマホが壊れてたなどの事情がない限り、全く返信がないというのは興味がないという心理の表れであることが強いので、しばらくおいて何度かメールしても返ってこないなら脈なしと判断したほうが良いかもしれません。

自己開示が見られない

好意のある女性が相手だと、「自分のことを知ってほしい」という心理であったり、警戒心の強い人でも「少しぐらいは自分のことを話してもいいかな」という気持ちになる傾向があります。

なので、好きな相手には「こういうものに興味がある」だとか「この前の日曜に友達と遊びにいったんだけど…」というようなプライベートな話をするなどの自己開示をしてくることが多くなります。

しかし、もし相手男性が自分のことについて話したがらないようであれば、「なんで俺のことを君に教えなきゃいけないの?」という心理である可能性もあるでしょう。

そういった自己開示が見られない男性は、まだ心を開いておらず、好意がある可能性は低いかもしれません。

やり取りを続ける気が無い

好意のある女性相手だと、「メールのやり取りをできるだけ長くしたい」「もっとコミュニケーションを取りたい」という心理になることも少なくありません。

もし相手男性のメールがやり取りを続ける気が無く、女性側に返信させないような自己完結的な内容ばかりであれば、やり取りするのが面倒くさいので強制終了しているのかもしれません。

短文ばかり

好意のある女性にだと自然と長文になる男性も少なくないのですが、あまりにも「そっか」「了解」などの短文でメールを終わらせるような男性であれば、あまり気持ちがないという表れかもしれません。

仕事で忙しい男性であったり、スマホが苦手という男性であれば、短く済ませるようなメールになることも多いかもしれませんが、そうでないのであれば脈なしの可能性も低くないでしょう。

メールの返信をしない男性心理

好意がない

まず男性がメールの返信をしない心理の一つとして考えられるのは、好意がない女性だから返信するのが面倒・必要が無いという心理です。

返信しない男性のなかには、その女性に対して「思わせぶりな態度を取りたくない」という心理からメールの返信をしないという場合もあるようです。

嫌い・好意がなくなった

嫌になったり興味がなくなった女性だと、返信しなくなることもあるようです。

最初は悪い印象ではなかったり、むしろ女性として意識していたけど、何かがキッカケでその女性に対して気持ちがなくなったり、嫌になってしまうと、メールを返さなくなるということも。

お付き合いしているのに、別れたい理由も告げずに音信不通で関係を終わらせる人もいるようです。

よって返信してこない男性心理には、その女性の内面の悪さや品の無い言動、一方的に何度も送られてくるメールなど、その男性にとって「彼女にはしたくない」「なんか最初の時とイメージ違う」と思われることがあったことで、メールを返す気が無くなったのかもしれません。

彼女ができた

彼女ができた場合にも、彼女に気を使って他の女性とのメールのやり取りをしなくなることが考えられそうです。

その男性のSNSを知っているのであれば、そのうち「彼女ができた」「彼女とデートに行ってきた」などの書き込みがあるかもしれません。

ただあくまで可能性の話なので、まだ脈なしと決め付けて諦めるのは早いでしょう。

駆け引きをしている

相手女性の気を引かせようとして、わざと返信をしないという男性もいるようです。

それが好意からそうしているのか、それともただ単に女性の心をもてあそびたくてキープのような意味で駆け引きをしているのかは、しっかりと見分ける必要がありそうです。

女慣れしていたり、遊び人である男性の場合は、単純に女性の心をもてあそびたいだとかモテている気分を味わいたいという心理かもしれません。

仕事などで忙しい

仕事などで忙しいという男性だと、メールをする暇もないということが考えられるでしょう。

今は忙しいから、後で返信しようと考えているのかもしれません。

仕事で忙しいとなると、夜遅くまで仕事に追われていることも考えられるので、疲れて返信する気にならなかったり、メールのチェックができなかったということもありそうです。

忙しい男性なのであれば、メールの催促は負担でしかないので、男性の生活が落ち着くまで待ったほうが良いでしょう。

誰とも関わりたくない

仕事で疲れていたり、精神的に不安定な時は、誰でも人との繋がりを面倒に思ったり、嫌になったりします。

その男性も心身ともに疲れていることで、メールをしたくないのかもしれません。

その男性に悩みがあるようであれば話を聞いてあげるのも良いかもしれませんが、自分から周りと距離を置いているのであれば、そっとしておくのが一番かもしれません。

メールが苦手&面倒

メールが苦手であったり面倒に感じる男性は少なくありません。

大事な用件でもない限りは、メールのチェックをするけど返信はしないという男性もいるようです。

なので「俺文字打つの苦手なんだよね」と言っている男性なのであれば、もともとがそういう人なので、好意がないから返信しないというわけでもないかもしれません。

好意があれば、デートや食事の約束などの必要のある時だけメールしてくる傾向がありそうです。

男性からメールの返信が来ないときの対処法

共通の友人や知り合いに近況を聞く

返信されない理由には忙しいなども考えられますから、まずはその男性に再度メールを送る前に、近況を知ることが先決でしょう。

その男性のことを知っている共通の友人や知り合いがいるのであれば、相手男性の近況を聞いてみましょう。

仕事で忙しそうであったり、残業が多くて疲れているというのであれば、メールを返す余裕も無い生活を送っているから返信がないのだと判断しても良さそうです。

相手男性の生活が落ち着くまで少し待ってみましょう。

SNSをチェック

その男性がSNSなどをやっているのであれば、SNSが更新されているかを確認してみると良さそうです。

ここ最近全くSNSを更新していないようであれば、忙しい為メールをする暇もないのかもしれません。

SNSが更新されるようになったら、時間に余裕ができたのかもしれないので、更新されたあたりにメールを送ってみると良いかもしれません。

メール内容を再確認する

返信するほどでもないような内容のメールだと、「へぇ」ぐらいにしか思わず、「返信するほどでもないよな」とチェックして終わりになってしまうこともあります。

「オシャレな喫茶店でランチしてきた」などの日記のような内容や「~?」などの質問系で終わっていない文章だと、返信されずただ読んで終わってしまうことに繋がりやすいので、そういったメールを送っていないかを確認してみましょう。

心当たりがあるなら、改めるようにして別の日に返信されるようなメールを送ってみると反応があるかもしれません。

連絡を億劫に思う男性が多いので、返信されるような内容であるかを考えて送ることも大切です。

男性に効果的なメールテクニック

ハートの絵文字を使う

ハートの絵文字を使うというありふれたメールテクニックですが、わりとこれが効果が高いのだとか。

女性にハートの絵文字を使われることで、男性は意識してしまうようです。

他の絵文字やデコメや顔文字などでも効果に期待ができるようです。

しかしハートの絵文字を使うのが、一番男性から意識されやすいかもしれません。

相手の名前を呼ぶ

自分の名前を言ってくれる人に対して好感を持ちやすい傾向があるので、メールでも相手の名前を入れた文章にすると効果に期待できそうです。

あまり相手の名前が頻繁に出てくると違和感を覚えてしまう可能性があるので、メール一通に対して一回相手の名前を入れるぐらいが自然な文章になるでしょう。

適度に質問する

メールのやり取りを長くする上でも、適度に質問すると良いでしょう。

相手が質問に答えてくれたら、自分も自己開示することで更に親密になれる期待が持てます。

あまりにも質問しすぎると面倒に感じたり、深いことまで質問してしまうと「なんでそんなことまで言わなきゃいけないんだ?」と不快に感じることもあるので、軽い質問に留めておくほうが良いでしょう。

また質問しすぎると、会った時に話すことがなくなるということにも繋がるので、メールのやり取りは程よくすると良さそうです。

徐々に返信を遅らせる

返信を遅らせるというのは、恋愛の駆け引きのなかでも結構有名です。

返信を遅らせる理由としては、返信を待っている相手に会っていない間も自分のことを考えさせる期待が出来るためです。

「返信こないけど、どうしたんだろう…」という不安が意識させる期待に繋がるので、返信を遅らせてみると相手を意識させることができるかもしれません。

1時間に1回のペースで返信しているのであれば、2・3時間に1回にしてみたりすると良さそうです。

連絡を億劫に思う男性が多い為、返信が早いと返信を催促されている気分になる男性もいますので、少しぐらい返信が遅くなっても良いかと思いますよ。

スポンサーリンク

まとめ

連絡を面倒に思う傾向が強い男性なので、メールは軽くやる程度が良いでしょう。

返信がこないからといって、しつこくメールするのは面倒に思われるだけなので、まずは相手が仕事で忙しいなどの返信しない理由がないかを確認するようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事