熱しやすく冷めやすい男の特徴!血液型にも関係する?

 

熱しやすく冷めやすい人っていますね。

日記が三日坊主になるぐらいなら誰でも経験があるかと思いますが、恋愛でも熱しやすく冷めやすいというような飽きっぽい人だと少々困りますよね。

しかし、実際に恋愛においても熱しやすく冷めやすいという人は存在し、付き合った途端に熱が冷めてあっさりと別れる男性もいるのだとか。

今回はそんな熱しやすく冷めやすい男についての特徴や恋愛傾向についてのご紹介です。

スポンサーリンク

熱しやすく冷めやすい男の特徴

好奇心旺盛で何事もチャレンジ

熱しやすく冷めやすい男は、好奇心旺盛な特徴を持つことが多いでしょう。

興味を持ったものはとにかくやってみるという傾向があり、色々なことに物怖じせずチャレンジするタイプです。

よって趣味も多彩な傾向があるでしょう。

新しいものが好きで流行に敏感

熱しやすく冷めやすい男の特徴には、新しいもの好きで流行に敏感というものがあります。

好奇心旺盛なので、自分の知らない新しいものに惹かれやすい傾向があり、流行にはいち早く乗っかるタイプです。SNSやテレビでの情報はチェックしていることが多いかもしれません。

流行に便乗することが多いので、身に着ける服なども決まった感じはなく、ころころとセンスが変わる傾向があるでしょう。

飽きやすく何事も中途半端

好奇心旺盛ではありますが、飽きやすいという特徴が熱しやすく冷めやすい男にはあります。

色々なことに手を出しますが、飽きたらすぐにやめてしまうので、何事も中途半端という傾向があるでしょう。

こういったところが恋愛面での冷めやすさにも影響していることが考えられます。

口が上手くコミュニケーションに長けている

熱しやすく冷めやすい男は口が上手く、コミュニケーションに長けている特徴があります。

熱しやすく冷めやすい男には一緒にいて楽しいと思えるタイプが多く、周りとも円滑に人間関係を築けるので、交流関係も広いことが多いでしょう。

口が上手く、相手の懐に入るのも上手いので、女性を虜にするのも得意である傾向が考えられます。

スポンサーリンク

熱しやすく冷めやすい男の恋愛傾向

熱烈にアプローチをしてくる

熱しやすく冷めやすい男は、その女性を落とすとなったら一直線にその女性にアプローチをし始める傾向があるでしょう。

自分の感情のままに行動するタイプですので、燃え上がった感情の赴くままにその女性にアプローチします。

わかりやすいほどに熱烈なアプローチをしてくるので、一気に熱が冷めたときも目に見えるほどにわかりやすいでしょう。

一目惚れ体質

熱しやすく冷めやすい男は、その女性のことを知っていくうちに好きになっていくというよりは、一目惚れのような感覚的に好きになることが多いかもしれません。

見た目が好きな女優やアイドルと似ていたり、好みのものが一緒というだけで「この女性は運命の人だ」と感じて、恋が燃え上がる傾向があるでしょう。

一目惚れで本気で好きになるなら良いのですが、一時的な感情で燃え上がっていることが多いので、いざ付き合うとなったときにようやく冷静になり、「あれ…どこを好きになったんだっけ…」とそこまで好きという感情がなかったことに気付くということも少なくないでしょう。

連絡がマメ

熱烈アプローチになる傾向がある熱しやすく冷めやすい男は、連絡はマメな特徴があります。

コミュニケーションを取るのが上手いので、メール・LINE・電話などの連絡ツールでやり取りをして、会っていない時でも女性の心をくすぐるのを忘れません。

女性を追いかけているときはマメに連絡や返信をしてくれますが、冷めた瞬間にパッタリと返信がこなくなる傾向があるでしょう。

恋愛が長続きしない

熱しやすく冷めやすいわけですから、当然恋愛は長続きしない傾向があります。

付き合った途端にデートに誘われなくなったり連絡の頻度が少なくなったりと、熱烈なアプローチは目に見えて減り、態度もあからさまに冷たくなるので、付き合う前と違うことに彼女が不満を言えば「じゃあ別れよう」とあっさり別れを切り出すことも多いでしょう。

熱しやすく冷めやすい男の心理は様々であり、本気で好きだと思ってアプローチをしている男性もいれば、そうではない男もいます。

それでは次に、熱しやすく冷めやすい男について考えられる心理をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

なぜすぐ冷める?熱しやすく冷めやすい男の心理

さほど好きでもなかった

熱しやすく冷めやすい男のなかには、狙った女性を攻略している時は感情が燃え上がっており、周りや自分の本当の気持ちすら見えていない状態という場合もあるでしょう。

なのでいざ両思いになり付き合うとなると、ふと冷静になる男性もいます。

彼女にしてみてからやっと「あれ…この子のことそんなに好きじゃないかも…」と気付くことで、熱烈にアプローチしていたことが嘘のように恋愛に対する熱が一気に冷めるというタイプの熱しやすく冷めやすい男もいるかと思われます。

元々男性は狩猟本能がある為、女性を追いかけている時は恋愛が燃え上がり、女性を自分のものにすると恋愛感情が落ち着く傾向があるものですが、この場合の熱しやすく冷めやすい男は、元から好きという恋愛感情がないことが考えられるので、恋人として付き合っていくのは難しいタイプかもしれません。

真剣に結婚や将来を考えてない

結婚や将来を考えてないような男であると、本気ではないからこそ呆気なく冷めるということも考えられるでしょう。

このような男の場合、恋愛を遊びのような気持ちで楽しんでいる可能性が考えられます。

「まだ結婚はいいや」という考えの若い男性だと、遊びたい気持ちが強くなり、熱しやすく冷めやすい恋愛になるということもあるかもしれません。

恋に恋してる感覚

熱しやすく冷めやすい男は、恋をしている時が楽しいという感覚であったり、勝手に理想像を作り上げていることもあり夢見がちな傾向があったりします。

相手が自分をどう思っているのかわからないドキドキとした恋をしてることに楽しさを感じるので、その女性が自分のものになり、付き合うとなった途端に追いかける恋の楽しさが一気になくなることで、熱しやすく冷めやすいという恋愛になりやすいことが考えられるでしょう。

勝手に理想像を作って幻滅する

熱しやすく冷めやすい男のなかには、勝手に女性の理想像を作ってしまい、付き合ってみたら「思ってた感じとなんか違う」という心理になることで冷めるというタイプの男もいるでしょう。

恋心が燃え上がっている時ほど夢見がちになっている為、「付き合ったらこんな感じなんだろう」という妄想がどんどん膨らみ、理想像も大きくなることが原因で付き合ったときの差が生じ、恋愛に冷めやすくなることが考えられます。

スポンサーリンク

熱しやすく冷めやすい男の血液型

血液型にも熱しやすく冷めやすいという特徴があるのだとか。

しかし、血液型で個性を判断するのは日本人くらいと言われていますので、あまり鵜呑みにせず、そういう可能性があるかもぐらいに読んでくださいね。

恋愛でも真面目で慎重派なA型

A型は熱しにくく冷めにくいタイプといえます。

A型の人は真面目な性格で物事を慎重に進めるので、自分の感情にセーブをかけている傾向があります。

よって恋愛でも、まず相手がどんな人間なのかをしっかり見極め、少しずつ相手を知っていくことで好きになっていくタイプでしょう。

“熱しやすく冷めやすい”とは、無縁な血液型であるかもしれません。

浮気ですら飽きちゃう?モテモテで目移りするB型

B型は熱しやすく飽きやすい血液型としてよく名前が挙げられます。

実際にB型はハマッたらとことんのめりこむのですが、ふと飽きてしまったら一気に興味をなくすという傾向があるようです。

それが恋愛に対してもそうなのかと言われたらそうでもないとは思うのですが、追いかけ続けたいと思えるような女性でない場合だと、モテる傾向のB型でもありますので、他の女性へと目移りしやすいと言えるかもしれません。

一途だけど冷めたらとことん冷めるO型

O型は一目惚れ体質でもある為、B型同様「熱しやすく冷めやすい」なんて言われますが、B型と違ったところは一途という部分かもしれません。

B型はモテる傾向があり、飽きやすいタイプでもあるので浮気性ということも少なくないのですが、O型は好きになったらとことん一途に思うというところがあるので、B型とはまた違ったタイプになるでしょう。

しかし恋愛感情が冷めてしまうと、一気に冷めて興味をなくしやすいという特徴もあるようです。

理解してあげないとAB型は嫌いになるかも

AB型もまた熱しやすく冷めやすいといわれているようです。

個人的にはA型傾向の『熱しにくく冷めにくいタイプ』ではないかと思うのですが、世間では熱しやすく冷めやすいタイプに含まれるようですね。

浮気や不倫はしない傾向のあるAB型なので一途に愛してくれそうですが、自分の時間を大切にしたいと思っていたり、束縛を嫌う傾向があるので、いくら好きな女性でも自分を尊重してくれないような女性だと、途端に嫌いになるのかもしれません。

熱しやすく冷めやすい男と長続きさせるポイント

束縛せず自立した関係でいる

熱しやすく冷めやすい男に束縛をするのはNGです。

束縛ということ自体が、彼に夢中になっているという表れでもあるので、自分のものにした感を出してしまうとそれだけで興味がだんだんと失われていきます。

連絡をしつこくしたり、他の女性と会っていたのかなど、熱しやすく冷めやすい男の行動を制限するような束縛や追求はやめましょう。

嫉妬する素振りを見せないような女性だからこそ、自分への気持ちが不確かで惹かれるということもありますから、自由にさせておくことが関係を上手く保つポイントになるでしょう。

追いかけたくなる女性になる

例え付き合ったり、だいぶ仲が良くなったと思っても、ずっと追いかけたくなるような女性でいることを心がけましょう。

素敵な女性であり続けることがその女性の彼氏でいたいと思わせるポイントですから、付き合った途端にオシャレも意識しなくなって雑になったりすると、他のきれいな女性へと目移りしてしまうことも考えられます。

初心を忘れず、好きな男性の為に美しくいるということを心がけましょう。

新鮮さを与えマンネリ化させない

冷めやすいという原因には、いつもと同じようなデートや容姿などのマンネリも含まれます。

新しいものに惹かれやすい傾向のある熱しやすく冷めやすい男ですので、新鮮さが失われると、他の女性と関わって新鮮さを求めるようになります。

よって、毎回新鮮さを心がけることを意識するようにしてみましょう。

デートも同じところばかり行くのではなく、違った場所へ行くようにしてみたり、メイク・服装・髪型なども変えてみたりして、違った自分の一面を見せるのも良いかと思います。

マンネリになると、それだけ恋愛に対する飽きも生じやすいので気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

熱しやすく冷めやすい男には根気良く付き合おう

以上が熱しやすく冷めやすい男についてでした。

基本的に熱しやすく冷めやすい男と付き合うなら、恋人関係になったら安心ということはなさそうです。

付き合ってからも追わせることができるような魅力的な女性でい続けることが、熱しやすく冷めやすい男との恋愛を成功させるポイントといえるでしょう。

少々根気がいるかもしれませんが、熱しやすく冷めやすい男と仲良くしていきたいと思うなら、上手く追われる女になれるよう頑張りましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事