うまく好意を匂わせる方法って?LINEや言葉のおすすめ15選

好意を匂わせる方法や言葉で効果的なものを知りたい方は多いのではないでしょうか。

恋の進展に期待ができるので、好きな人に試してみたいとお考えなのでは?

しかし、好意の匂わせは決して良いことばかりでもありません。メリットがあればデメリットも存在するものです。

よって、今回は好意を匂わせる方法や効果についてをご紹介します。

試す前に、しっかりと把握しておかないと後悔するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

恋を進展させるなら好意を匂わせるのが一番?

ドリンクを飲む女性

好意を匂わせると相手の気を引く期待が持てるのですが、具体的な方法を知らない方も多いかと思います。

どんな風にすれば良いのかわからないと、何事も行動できませんよね。

特に好意を匂わせるというのは、一歩間違えると告白になってしまうこともあります。

どんな反応をするか見たいだけという人にとっては、自分の気持ちがバレて大きな痛手になることも。

よって、好意の匂わせ方がイマイチわからない人にオススメする方法と言葉をご紹介します。

全部試そうとはせず、自分のできそうなものを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

好意を匂わせる方法

ハート型になっている髪の女性

ちょっとしたプレゼントをする

異性からプレゼントを贈られるとドキッとしてしまうものです。

嫌いだったり親しくない相手には普通プレゼントなんてしないですから、相手がどういう目で自分を見ているのか気になってしまいます。

仲間や友達としてなのか、それとも好意から用意してくれたのか見極めにくいので、上手く好意を匂わせることができます。

しかし、誕生日でもないのに高い物を贈るのは、いかにも気に入られたい感があって好意を匂わせるというレベルではないですし、贈られた側もすんなりとお礼を言って貰えるような品物でないので困ってしまいます。

なので、プレゼントするならコンビニなどで買えるような手軽なものが理想的です。飲み物やお菓子であれば、相手がお返しするとしてもそこまで負担になりません。

もし相手の好きな物がわかっているなら、「この飲み物好きって言ってたよね?」と言いながら渡すと、サラッと好意を匂わせることができるでしょう。

目が合ったらリアクションする

好きな人と目が合ったら、つい視線を逸らしてしまう方も多いのではないでしょうか?

目を逸らすという態度は、冷たく感じられるのであまり良い印象を与えません。

なので、目が合った時は逸らさずにリアクションをしてみましょう。

微笑んだり小さく手を振るなど、喜びを表現するような態度を取ることで相手に好意を匂わせることができます。

何回も目が合うというだけでも、相手は意識する可能性はありますが、リアクションをプラスすることで更にドキッとさせることができるでしょう。

親身になる

困っている時や辛い時に、毎回助けてくれたり心に寄り添ってくれるような異性というのは好意を感じられます。

体調大丈夫?○○くんがお休みで寂しいな。早く元気になってね

○○の為ならいつでも力になるから、困ったらすぐに言えよ

こんな風に気にかけてくれたら、好意を匂わせる以前に異性として魅力的に映りますから、意識される期待も持てるでしょう。

ただし、なるべく他の異性には同じようなことをしないほうが良いかもしれません。

もちろん困っている相手を無視するのは良くないですが、誰にでも親身になってしまうと、「自分だけに優しかったんじゃなくて、あの人は誰にでも親身になってあげられる人なんだ」と好意として解釈しなくなる可能性があります。

「貴方だから支えてあげたい」という特別感があるからこそ好意を匂わせることに繋がりますから、極力ほかの異性とは関わらないようにしたほうが良いでしょう。

理想像に寄せる

恋愛における理想の異性像をお持ちの方も多いかと思います。

むしろ、それがないと誰でもいいということになってしまいますから、異性のココに魅力を感じるという部分はあるはずです。

清潔感のある黒髪がいい

パンツスタイルよりスカートやワンピースがいい

引っ張ってくれる頼もしい男性がいい

など、「こういう人がいい」と求める条件は人によって違います。

きっと、貴方の好きな人にも憧れのタイプがあるはずですので、ぜひ聞いてみるようにしましょう。

そして、その理想に寄せることで好意を匂わせることができます。

もちろん身長や顔など、自分ではどうすることもできない部分はありますが、髪や服装は改善できますし、内面であれば努力次第で理想に近づくことは可能です。

ショートヘアー好きなの?じゃあ、ショートにしてみようかな~

○○が好きって言ってた服装ってこんな感じ?

などのように「貴方の理想像を意識したよ」と感じられる言葉を言ってみると、更に好意を匂わせることができるでしょう。

ヤキモチを妬いてみる

他の異性と仲良くした後に、それを見ていた相手が不機嫌になったり拗ねたりするのを見ると、好意ゆえの嫉妬ではないかと思ってしまいますよね?

もしかして、あの男性と仲良く喋ってたのを見て…?

他の女の子を褒めたからかな…?

直接言葉にしなくとも、不満を露わにされたり、いつもより態度が冷たくなると、相手はその異変に心当たりがないかを振り返るもの。

「普段はこんなじゃないのに…」と思わせることが好意を匂わせるポイントです。

嫉妬していることをあからさまに示したいのであれば

○○(他の異性)と仲良いんだね?俺といる時より楽しそうじゃん

私のことは褒めてくれないのに、○○ちゃんのことは褒めるんですね

という具合に、自分を見てくれなくて悔しいという気持ちを言葉にすることで、相手も好意に気付きやすくなります。

イベントでアクションを起こす

カップルに関わりのあるイベントでアクションを起こすと、それとなく自分に興味があるのかと思ってしまうものです。

花火大会やクリスマスに誘ったり、バレンタインチョコを贈るなどの行動は好意を寄せられているように感じます。

普通の日に誘ったり贈り物をしたりすると、いかにもという感じですが、イベントが絡めば友達なのか異性として見ているのかが曖昧なので、カモフラージュしながら好意を匂わせることができます。

スポンサーリンク

好意を匂わせるLINE

会いたいor声が聞きたい

「会いたい」「声が聞きたい」などは、親しい相手か特別な存在だからこそ出る言葉です。

○○くんに会いたいな

○○ちゃんの声が聞きたい

と言われたらドキッとしますよね。自分を求めてくる=好意を寄せられていると思う人は少なくないでしょう。

顔が見えないLINEや電話だと、より「どういう意味なんだろう」と気になってしまいます。

なので、好意を匂わせるのであれば、「会えなくて寂しい」「声だけでも聞きたい」というような言葉だと、ストレートなようでどこかまだ気持ちがハッキリしない感じにすることができるのでオススメです。

スタンプや絵文字を真似る

LINEでは、よく使うお気に入りのスタンプや絵文字というものが、人によってあるものですよね。

それらスタンプや絵文字を相手も使うようになったらどう感じるでしょうか?

同じスタンプや絵文字を使う意図が気になりませんか?その相手が異性であれば、なおさら気になってしまうものですよね。

好きな物を共有しようとするのは、好意を抱いてくれてるからではないかという考えにも行きつくはずです。

なので、LINEで好意を匂わせるなら相手のお気に入りスタンプや絵文字を真似してみると良いでしょう。

スタンプは絵文字よりも種類が豊富なのであまり人と被ることはありませんが、絵文字の場合だと顔マークなどの誰でもよく使うようなものがあるので、やや特殊な絵文字を真似るほうが気付いてもらいやすいかと思います。

また、全くスタンプや絵文字を使わないという相手なら、貴方も使わないようにしたほうが良いかもしれません。

心理学には『自分の動きと似ている相手には好感を抱く』というミラーリング効果がありますので、好意を匂わせることには繋がりませんが、好印象になれる期待はありますので試してみる価値はあるかと思います。

おはようやおやすみLINEを送る

おはようやおやすみLINEを送るって、好きな人でもないと面倒に感じるものです。

特におはようLINEは忙しい朝にわざわざ送るわけですから、送られた側からすると

なんで付き合ってもないのに送ってきてくれたんだろう…?

もしかして、朝起きて一番に俺のこと考えてくれた…?

などと色々考えさせられます。

何気ないメッセージのようにも思う朝と夜の挨拶LINEですが、勘の鋭い相手には好意を匂わせることができるでしょう。

毎日のように送ると鬱陶しく思われるかもしれないので、まだそこまでLINEのやり取りが多くない相手だったり、連絡不精な相手なのであれば、数日に一回とか一週間に一回の頻度が良いかもしれません。

早く返信する

好きな人からのLINEには返信が早くなるという印象を持っている人は少なくありません。

返信の速度や有無で好意があるかを見極めようとする人は割と多いので、返信を必ずするのはもちろんですが、早めに返すというのも好意の匂わせに繋がるでしょう。

しかし、早く返すといっても、一言で返したりスタンプだけで返すというのはオススメできません。

「嫌われてるのかな…」「やり取りするのが面倒くさいのかも…」と勘違いさせてしまう恐れがあるので、なるべく早い返信にするくらいで良いでしょう。

やり取りが楽しいことやまた話したい気持ちを伝える

あれこれ回りくどい言葉よりもストレートに「楽しい」「またLINEしたい」と言うほうが効果的。

顔が見えない文字だけのやり取りがなされるLINEだからこそ、ストレートな言葉のほうが「どういう意味なんだろう?」と意識させられます。

○○くんとLINEしてると時間過ぎるの早い!もっと喋りたかったな~またお話してね!

話せて楽しかった!○○からLINE来ると凄い嬉しいから、また暇な時にでもLINEしような!

などのように、相手と話したい意思やLINEが楽しかったというのを言葉でしっかり示すと、好意を匂わせることができるでしょう。

何度もLINEをやり取りしてる相手なら嫌われてはいないはずですから、「○○からLINE来ると嬉しい」などのように攻めた言い方をしても良いかと思われます。

スポンサーリンク

好意を匂わせる言葉

ネクタイを触る男性

好きなタイプを相手の特徴で挙げる

好きな人から理想のタイプやどんな人に好意を抱いているのかなどを聞かれることもあるかと思います。

そんな時は、お相手の特徴を言うと「もしかして…」と思わせることができるでしょう。

例えば、貴方の好きな人がメガネをかけてる黒髪なのであれば「髪は染めてなくて、メガネが似合う人が理想かな」と答えます。

好意を匂わせるとまではいかないかもしれませんが、自分に当てはまった特徴を挙げられればドキッとするはずです。

また、好きな人がどういう人なのか聞かれた時も「いつも困った時に助けてくれる年上の人」「みんなが嫌がる仕事も率先して頑張る年下の人」などのように、どことなく相手の特徴がうかがえることを言うと「自分かもしれない」と感づくでしょう。

好きになってもらえるなんて羨ましい

もし相手に「好きな人がいる」と言われた時には、羨ましさをアピールすることで好意を匂わせることができます。

○○くんに好きになってもらえるなんて、その女の子が羨ましい

○○ちゃんに好きになってもらえるなんて、その男性は幸せ者だね

という風に言うと、どこか自分も好きになってもらいたいかのように聞こえます。

もし「どうして羨ましいって思うの?」と聞かれたら、「だって、○○は異性として魅力的だから」と答えると良いでしょう。

夢に出てきた

異性から「○○が夢に出てきたよ」と言われるとドキッとする人は少なくありません。

どうして夢に出てきたのか気になりますし、それをわざわざ言ってくるのはなんでだろうと、言われた側は妙に意識してしまいます。

特に深い意味がなくとも話のネタに言う人はいるので、ちゃんと好意を匂わせるのであれば「夢に出てきてくれて嬉しかった」という風に、自分の気持ちも付け加えると効果的でしょう。

自分を良く思ってくれているのが言葉から伝わる上に、異性から言われたとなると好意の可能性を考える人は多いはずです。

褒められると嬉しい

もし好きな人から「可愛い」「カッコいい」と褒められた時には、ただお礼を言うのではなく「○○にそう言ってもらえると嬉しい」と返すのがオススメ。

「○○に」という風に言えば、褒められたから嬉しいのではなく、相手が褒めてくれたから嬉しいと伝えることができますので、好意を匂わせることに繋がります。

また、言われた際に態度から好意を匂わせるのも効果的です。

褒められて嬉しいと笑顔で喜んだり、モジモジしたり頭を掻いて照れるような仕草をすると良いでしょう。

好意を匂わせる際のメリットやデメリット

メリット:意識させることができる

今までなんとも思っていなかった異性でも、自分を好きだとわかってから意識するようになるパターンはよくあります。

相手が自分を異性として見ているということにドキドキしてしまい、好きではなかったのにだんだんと惹かれていくわけです。

好意を匂わせるというのも、そのような展開に期待することができます。

自分を好きかもしれないとわかれば意識せざるを得ません。

よって、気を引きたいという時にも好意を匂わせるのは効果的になります。

メリット:背中を押せる

相手が自分と同じ気持ちだったり好感を持たれていると確信できれば、それはアプローチへの自信に繋がります。

誰でも断られたり失敗はしたくないですから、なかなか思い切った行動はできないものです。

ましてや、相手にその気がないのにグイグイ行ってしまうと、ドン引きされて逃げられてしまうこともあります。

恋愛で行動するためには、相手が自分をどう思っているのかをある程度知っておかないと勇気が出ないと思う人は少なくないわけです。

なので、好意を匂わせることによって相手の背中を押すことに繋がる為、恋の進展が早まる可能性がアップすることに期待できます。

デメリット:避けられる

好意を寄せられていることに気付くと、あからさまに避けるような人もいます。

好きだから照れてしまう人もいれば、気持ちに応えられないから冷たい態度を取っているという人もいるので、避けられるようになると見極めが難しくなります。

また、好意に気付いていなかった時のほうが自然と会話ができていたのに、相手が意識してしまったことによって、まともにコミュニケーションが取れなくなることもありますから、好意を匂わせるというのも考えものかもしれません。

デメリット:思わせぶりな態度に見られる

好意を匂わせることのデメリット二つ目は、思わせぶりな態度に見えるということです。

警戒心が強い人だと「誰に対してもそういう振る舞いをするんだろう」と思われ、好意を匂わせても素直に受け取ってくれません。

むしろ、女慣れや男慣れしているという印象を持たれてしまうこともあります。

サラッとしてしまうと慣れているように見られるので、真剣な表情や照れた仕草で誠実さや不慣れな雰囲気を出すと多少は良いかもしれません。

まとめ

以上が好意を匂わせる方法などについてでした。参考になったでしょうか?

好意を匂わせるわけですから、やはりある程度コミュニケーションを取って、それから今まで見せていなかった気持ちを出すのが効果的です。

最初から異性として気になっているアピールをすると、警戒心を強める人もいるので気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました