男心をくすぐる女性のギャップ5つ!恋愛に効果がある理由とは?

   2019/09/13

ギャップ萌えなんて言う言葉があるように、ギャップを感じると相手を魅力的に感じやすい人も少なくないかと思います。

ギャップを感じる人というのは、恋愛でとても効果的だといわれていますので、今回ご紹介する『男性が好きになりやすい女性ギャップの特徴』を参考に、ギャップについてを学んでみてはいかがでしょうか。

ギャップを理解すれば、男心を上手く掴めるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

恋愛でのギャップの意味とは

ギャップとは、『隙間』や『割れ目』という意味と『差異』『食い違い』という意味があります。

主に会話なんかで出てくるギャップは後者であり、ギャップという単語を用いる言葉に『ジェネレーションギャップ』というものがありますが、このジェネレーションギャップとは世代の差という意味になり、世代によって価値観が違うことを意味します。

日常なんかで使われるギャップという言葉も、例えば人に対してだと、その人物に対して抱いていた印象とは違った面があったときの意味として使われます。

恋愛におけるギャップでも、印象が違っただとか違う一面に驚いたという意味で使われることが多い感じのようですね。

そして大体が、良い意味としてギャップという言葉を使うことが多い印象です。

スポンサーリンク

女性のギャップが恋愛で効果がある理由

恋愛におけるギャップが効果的だということを理解している方は少なくないかと思います。

恋愛漫画だと、不良の男の子が仔猫に餌をやったり、優しく微笑みながら猫を撫でている一面に、ヒロインが「あんな優しいところもあるんだ…」と、普段の姿からは想像もつかない男の子の姿に驚き、徐々に彼に惹かれていくというパターンがわりとあったりします。

これは心理学だと、『ゲインロス効果』というもので、ゲイン=利益や得、ロス=損失、という意味になります。

ゲインロス効果とは、ギャップと似ており、プラスとマイナスに大きく差があると印象に残りやすい心理になります。

つまり恋愛だと、印象の悪い人のほうが、良い一面を知ったときに魅力的な印象が強く残り、恋愛に発展しやすくなるといえるわけです。

例えば、普段は明るく笑顔のたえない女性や、なんでも自分で出来るようなしっかり者の女性がふと弱い一面を見せたり、涙をこぼす姿に弱いという男性が多いですよね。

これは一見弱い一面を見せているため、悪い印象になりそうですが、こういった弱さは女性のか弱さを感じさせることに繋がる為、男性にはプラス印象へとなりやすいです。

主に女性らしさを感じるギャップだと、男性の心にも強く残り、恋愛でも効果を発揮しやすくなるようです。

ギャップがある人にときめきやすいのは、マイナスからプラスに加算される度合いが大きくなるため、良い印象として残りやすくなるからというわけですね。

人間関係において第一印象は大事と聞きますが、恋愛ではあえて悪い印象にしていたほうが有利かもしれません。

スポンサーリンク

女性のギャップを感じる特徴

恋愛に効果を発揮するギャップを狙いたいという女性は、以下のギャップを参考にしてみると男心を掴めるかもしれませんよ。

ツンデレ

ギャップの代表的とも言える『ツンデレ』はやはり弱い男性も多いそうで、普段は素っ気なかったり、厳しい態度の女性が見せる優しさや甘えというのはギャップを感じてグッとくるようです。

無愛想な女性がふと見せた笑顔にドキッとしたり、普段クールな女性が甘えるような姿を見せるとギャップを感じさせることができるかもしれません。

見た目と違い家庭的

あまり家庭的には見えないギャル系の女性や、ボーイッシュな女性などが料理上手だったり、ボタン付けをササッとやれちゃうような裁縫上手だったりすると、見た目とは違った家庭的で女性らしいギャップにグッとくる男性も少なくないようです。

自分の見た目がマイナスに捉えられがちな人は、あえて自分の見た目を利用したギャップを使ってみるのも良さそうですね。

しっかり者さんなのに実は天然・ドジ

普段しっかり者な女性が、実は天然な要素があったり、ドジっこな一面があると、普段のクールで頼もしい印象とは違って可愛さを強く感じ、ギャップを感じやすいようですね。

天然だったりドジっこという印象の強い女性が、仕事では頼りになるというギャップも良さそうです。

弱い一面

いつもは強気で姉御肌な女性だったり、明るく笑顔な女性などが、ふと弱い姿や涙を見せる姿にグッとくるという男性は多いようです。

女性らしいか弱さを感じることで、男性としては守ってあげたいという気持ちが出てくるみたいですね。

普段と見た目が違う

普段スーツや作業着の姿しか知らない女性が、私服の女性らしい服装になった時、ドキッとする男性も少なくありません。

普段は髪を一つにまとめてる女性が、髪をおろして巻き髪にしたりする姿などにもギャップを感じて、女性としての印象が残りやすくなるでしょう。

飲み会などの普段とは違う自分を披露できる場所は、ギャップを感じさせるチャンスかもしれません。

スポンサーリンク

こんな女性のギャップは逆効果

派手な服装になる

普段落ち着いた服装を着ている女性が、脚が強調されるスカートや鎖骨が見えるような服装になると、普段とのギャップに男心を掴まれる男性も少なくないですが、あまりにも肌見せファッションすぎるとあからさま過ぎてドン引きされる可能性がありますので注意しましょう。

チラッと見えるような服装やシースルーなどの透け感のある服装ぐらいが、男性に悪い印象を与えずにドキッとさせることができるのでオススメです。

また女性らしい服装で人気のスカートでも、あまりにも短すぎるスカートだと『軽そうな女』という印象になりやすいので気をつけたほうがよいでしょう。

過度な弱い一面

弱い一面を見せるのはとても効果的ではありますが、あまりに過度になるとただの面倒な女でしかありません。

メンヘラやかまってちゃんのように、何かあるたびに泣きついたり、弱音ばかり吐くなどはしないようにしましょう。

ツンもほどほどに

『無愛想な女性の笑顔』というようなギャップはとても魅力的に映るものですが、ギャップ効果を狙おうとして、必要以上に”ツン”な部分を出すのは逆効果になる可能性もあるので控えたほうがいいでしょう。

ツンな態度も過度になると、性格が悪いと捉えられてしまいます。

「クールな女性に見えたけど、話してみたら気さくだった」だとか、「仕事では厳しいけど、相談したら親身になってくれる優しさがあった」などのように、自然さを感じるツンとデレのギャップのほうが魅力的に感じやすいです。

普段周りから「怖い」だとか「近寄りがたい」というような誤解を受けやすい女性が、そのマイナス印象を払拭するように、笑顔を見せたり優しさを見せるデレな一面を見せるぐらいが自然で良いかと思いますよ。

ツンをあまりにも強調すると逆効果なので、デレな一面が映える程度のツンに留めておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上が女性のギャップについてでした。いかがでしたか?

恋愛において効果が期待できる”ギャップ”ですので、上手く自分のギャップを発揮できるよう頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事