男女の恋が冷める瞬間16個!時期にも関係があった?

   2019/09/27

凄く好きな人がいても、ある時一瞬で恋が冷める時ってありますよね。

そんな”恋が冷める瞬間”というのは男女別に違いがあるようで、また恋が冷めやすくなる時期というのもあるようです。

よって今回は『男女別・共通の恋が冷める瞬間について』をご紹介したいと思います。

特徴に当てはまったら、直したほうが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

恋が冷める瞬間が訪れやすい時期

恋が冷める瞬間はもちろん人それぞれで、その冷める瞬間が訪れた時期が早ければ、恋が冷める瞬間も早いでしょうし、遅ければ恋が冷める瞬間も遅くなるでしょう。

しかし恋人関係になって恋愛に対する熱が冷めやすい時期というのはあるようで、付き合い始めてから「思ってた感じと違う」と思い始める時期は、一般的に付き合い始めて3ヶ月ほどだそうです。

付き合いだして3ヶ月にもなると、猫かぶっていた相手も本性が見え始め、悪い部分を感じやすくなる頃なのかもしれません。

好きなんだけど、相手と一緒にいても新鮮味がなくてつまらないだとか、付き合う前や付き合い始めの頃のようなドキドキ感がなくなって不満というのであれば、それは恋が冷めたというよりはマンネリに当てはまるかと思いますので、マンネリ解消に努めてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

男性の恋が冷める瞬間

好きか聞いてくる

「私のこと好き?」と彼氏に聞く女性ってわりと多いかと思います。

しかしそんな女性の発言に理解ができないという男性も多く、なんで女って一々「好き?」って聞いてくるんだろうと思っているようです。

付き合っているのに「好き?」としつこく聞いてきたり、「私と仕事どっちが大事なの?」というようなことを言われると、面倒な女に感じる男性も多いようで、そんな彼女の発言がきっかけで恋が冷めたという男性も少なくないようです。

普段なかなか気持ちを言葉にしてくれない男性だと不安になるのもわかりますが、これらの発言は面倒に思われるだけなので、注意したほうが良さそうですね。

女性らしさが減る

男性は理想の女性像を抱いていることも多く、男の自分にはない女性ならではのものを求める傾向があったりします。

それは母性を感じるような癒しや優しさだったり、女性らしい服装やメイクをしっかりしていることなど、その男性によって様々です。

付き合い当初は優しかったり、お洒落や清潔感に気を使っていたはずの彼女が、関係に慣れが生じてきたことで冷たくなったり、男よりも身だしなみが無頓着になってしまう姿を見てしまうと、やはり男性の恋も冷めてしまうようですね。

いつまでも女性らしさを保つということは大切なのかもしれませんね。

簡単に落とせる女性

男性には狩猟本能があり、それは恋愛に対しても同じく発揮されます。

男性は追われる恋よりも追う恋に夢中になりやすい傾向があるため、簡単に落とせてしまうような女性だと、どんなに好きでも一瞬でその恋も冷めてしまうということは珍しくありません。

女性は追う恋よりも追われる恋のほうが幸せになりやすいとも言いますから、男性を上手く追わせることができるような女性のほうが恋も上手くいきやすく長続きするのかもしれませんね。

スポンサーリンク

女性の恋が冷める瞬間

ケチ男

最近では割り勘が当たり前になりつつあり、女性も男性ばかりに支払いを頼る傾向が薄くなっているようですが、あまりにもケチな男だとやはり内心ガッカリする女性も少なくないようです。

1円単位まできっちり割り勘されるようだと、女性としてはさすがにドン引きしてしまいます。

別に構わないという女性もいますが、なかにはクーポン券を使う男性に抵抗がある女性もいますので、割り勘にしなかったとしても、そういったクーポン券を使うなどでケチな印象を与えている場合もあるかもしれません。

将来結婚するかもしれない男性があまりにもケチだと、結婚したら家のお金についてうるさそうだなと感じることもあり、「ケチな男性はちょっと…」と恋が冷める女性もいるので注意したほうが良いかもしれませんね。

私服がダサい

恋愛で好きな男性の私服がダサくてガッカリしたというのはよく聞きますね。

特に普段制服やスーツ・作業着などを着ている彼しか見たことがないという女性は、より一層その差に愕然としてしまうのかもしれません。

清潔感だったり内面も勿論大事ですが、ある程度まともな格好をしていないと、女性からしたら恥ずかしくて知り合いに会っても紹介できないと思われてしまうかもしれませんね。

マザコン

どの男性にもマザコン傾向があるだなんて聞きますが、あからさまに母親中心な男性だと、女性の恋が冷めるということも珍しくありません。

口を開けば母親の話ばかりだったり、デートしようと誘ったら「母親と予定があるからまた今度」ということが頻繁だったりと、あまりにも母親中心な男性は、結婚しても母親の意見を優先するんだろうなと感じることもあり、抵抗のある女性も少なくないです。

頼りない一面を見たとき

男性の中にも虫が苦手だとか、オバケなどの怖いものが苦手という男性はいますね。

別に男性だからといって、それらが苦手だからマイナス印象というわけではないですが、あまりにも情けないと女性は「頼りない…」と気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

虫が出たら女性よりも発狂して、女性を盾にする始末だったり、オバケ屋敷のオバケですら怖いからと泣き出したり、なかには女性を置き去りにするというような男性だと、さすがに女性もドン引いてしまうようですね。

できれば女性としては、虫が出ても騒がずに退治してくれたり、オバケ屋敷でも「大丈夫だって」と余裕な態度を感じさせてくれる男性が良いようです。

スポンサーリンク

男女共通の恋が冷める瞬間

これは男女ともに気をつけたい恋が冷める瞬間です。

以下のような特徴に当てはまってませんか?

他の異性や元恋人の話ばかり

他の異性や過去に付き合っていた人と自分を比較されるのは誰でも嫌ですよね。

好きな人や気になっている人の口から、他の異性の話ばかり聞かされると、「じゃあ自分のことは恋愛対象じゃないんだな」だとか「ならその人と仲良くすれば?」と思ってしまう男女も少なくないようです。

元恋人の話ばかり話されると比較された気分になり、恋する気持ちも冷めてしまうということも少なくありません。

過去に付き合っていた人のことは、聞かれたら答える程度にして、基本的に自分からは口にしないほうが良さそうですね。

束縛

「何してたの?」「あんまり他の人と仲良くしないで」など、束縛してくるような人は重く感じられ、気持ちも冷めてしまう男女も少なくないようです。

また「何してたの?」は常に自分の行動を見張られている気分になったり、仕事だと伝えていたのに改めて聞かれることに、浮気を疑われているような気分になり、信用されてないのだとガッカリする男女も少なくないようですね。

女性はわりとメールや電話を好む傾向がありますが、男性は必要以上に連絡を取ることに対して面倒臭さを感じる傾向も少なくないので、頻繁な連絡な上に束縛されるようなことまで言われるとより一層重く感じたり、面倒くさい女と感じるようです。

程よい距離感や相手を信用することも恋が長続きする上で大切なポイントと言えます。

わがまま

わがままというのも、「もうちょっと一緒にいたい」といった甘えるようなわがままなら可愛いと感じるでしょうが、「あの店が良かった」だの、仕事で忙しく疲れているような相手に「今から会いたい」などのわがままを言うようだと、恋も冷めるという男女も多いようですね。

相手を振り回すようなわがままは控えたほうが良さそうです。

食事マナーが悪い

食事中にクチャクチャ音を立てたり、口の中に入っている食べ物が見えるような食べ方をする人は、あんまり良い印象は抱きませんね。

どんなにイケメンや美女でも幻滅してしまいます。

異性だけでなく、友人や仕事での人間関係にも影響がありますから、食事マナーには注意したいですね。

なかには、好きな人の箸の持ち方の悪さに幻滅したという人もいるようですので、食事中での自分の姿って結構見られているのかもしれませんね。

嘘を吐かれていたとき

本人から聞いていたことと実は違い、嘘を吐かれていたのだとわかった瞬間、相手を信用できなくなり恋が冷めるという人も少なくありません。

いくら異性と会うことで妙な心配や不安を抱かせたくないという理由だったとしても、嘘を吐かれたり隠し事をされるというのは気分良くないですよね。

やましいことがないなら正直に言うべきですから、嘘は良くありません。

自分は優しい嘘を吐いたつもりかもしれませんが、その事実を隠されていた側は不信感しかないですから、気をつけたほうがよいでしょう。

結婚を考えてないとわかったとき

結婚をしてくれそうにないとわかった時、やはり将来結婚をしたいと考えている人にとっては、そんな人と付き合っている意味がないですから、恋も冷めてしまいますね。

相手が結婚についてを真剣に話しているのに、あしらうような態度だと、将来ずっと傍にいてくれるかもしれないパートナーを失うことになるかもしれません。

籍を入れない事実婚というのもありますが、付き合っている以上、結婚を視野に入れるのは普通ですから、相手を大事に思うなら将来をしっかり考える姿勢を見せましょう。

内面の悪さが見えたとき

どんなに表向きが良く見えても、裏では人の悪口を言っていたり、公共の場で周りの人たちに迷惑が掛かるようなことをしていたり、普段は優しいはずの人が店員さんに対する態度が随分と横柄であったりと、人としてガッカリしてしまうような部分が見えると、スーッと恋する気持ちも冷めていくものです。

好きという気持ちよりもその悪い部分が勝ってしまい、その人に対する恋が冷めてしまうのでしょうね。

誰にでも悪い部分はあるかと思いますが、悪い部分があると自覚があるなら、直していくように心がけたほうが良いでしょう。

感謝がない

感謝がないというのは、やはり気分が良いものではありませんよね。

女性であれば、男性に送り迎えをしてもらっても「ありがとう」を言わないだとか、男性が女性に奢ったりお金を払うのは当然というような態度だと、感謝がないと受け取られマイナスイメージになってしまいます。

気持ちを伝えることは相手とのコミュニケーションを取る上でとても大切なことですから、しっかりと感謝を伝えましょう。

会わなくなる

遠距離恋愛がなかなか上手くいかない理由でも挙げられることですが、会う回数が減ってしまうと、気持ちが冷めやすいという人は多いようです。

その異性と会わなくなることで、身近にいる異性のほうが魅力的に感じたり、心移りしやすくなるということも考えられるでしょう。

その人の姿を見て、改めて好きだと感じる瞬間も多いでしょうから、会わなくなるとどんなに好きな相手でも、いつの間にか気持ちがなくなっているということは珍しくないようです。

スポンサーリンク

まとめ

以上が男女別・共通の恋が冷める瞬間についてでした。

この恋を終わらせたくないという気持ちがあるなら、今回紹介したような特徴には気をつけたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ記事