結婚する意味はある?結婚のメリットとデメリットとは

結婚ってそんなにいいもの?一人でも幸せになれるのに。

という考えの方もいるのでは?

確かにパートナーといっても所詮は他人ですし、子育ても大変なことです。

それなのに周りは結婚したがっていたり、なんなら「結婚しないの?」なんて言ってきます。

なぜ人は結婚をすることが当たり前になっているのか気になりますよね。

やはりそれは結婚にメリットがあるからです。

だからといって、全くデメリットがないわけでもありません。

結婚に対して良く思っている人も悪く思っている人も、自分の考えを改める機会になるかも。

それでは、結婚のメリットやデメリットはどのようなものがあるのか。ぜひ本記事を参考にしてみてください。

結婚しない人は増えている

カスミソウ

最近はどの年齢層でも、恋愛や結婚をしなくなってきている傾向があるのだとか。

単に出会いがないから一人で生きることにした方もいれば、

そもそも結婚が幸せに繋がるとは思えないという方もいます。

交際費をかけても縁がない時もありますし、結婚してもローンや子供でお金もかかります。

そうまでして恋愛や結婚をするよりは、一人のほうがよっぽど気楽に人生を謳歌できると感じられるわけです。

結婚への魅力がないのですから、当然結婚したいという気持ちにはなりませんよね。

では一体、結婚にはどんなメリットがあるのでしょうか。早速ご紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚するメリット

支え合って生きていける

タンポポを見つめる男女

一人で生きていくよりは二人で生きていくほうが心強いものです。

ローンや養育費などを考えると家庭によって違いはありますが、

一人で生きるには難しい収入でも、相手の収入があればある程度お金の問題は解決できます。

悩みや問題が起きてもパートナーに頼れるというのも安心です。

子供ができたら、その子供に助けられることもあるでしょう。

結婚をするというのは、自分が生きやすい人生にする為の手段でもあるわけです。

なので、一人で生きていく自信がない人には結婚はメリットになるでしょう。

孤独を避けられる

独身でいることの悩みとしてよく挙げられるのが孤独です。

誰にも看取られることなくこの世を去る年配者については、テレビで見たことのある方もいるかと思います。

結婚をしないということは家族を作らないわけですから、一人で生きていくことになります。

年齢的に親が先立つものですし、兄弟や姉妹が結婚をすれば一緒に住むことも少ないでしょう。

一人で生活すること好きなら、それもまた幸せの一つであり悠々自適な人生です。

しかし、もしそうでないなら

「もっと真剣に結婚について考えておけばよかった」

「婚活を諦めなければ、こんな想いしなくて済んだかもしれない」

と後悔し、寂しい想いをしながら生きていくことになります。

人は一人では生きていけないなんて言いますから、

おかえりと言ってくれる人がいない寂しさ、病気をしても面倒を見てくれる人がいない寂しさを感じることもあるでしょう。

そういった孤独から解放されたいのであれば、結婚はメリットとなるはずです。

家族ができる

2枚のクッキー

結婚すれば当然家族ができます。

正式にパートナーとなりますし、子供という命を授かることもできます。

好きな人と一緒にいられることや幸せな家庭を築くという喜びを味わうことができるわけです。

特に子供がほしい人は結婚をすることはメリットになるでしょう。

親や兄弟も家族ではありますが、そういった家族と自分で作る家族というのは全くの別物。

パートナーと生きていくこと、子供を育てていくことが幸せだという人は、自分の家庭を作ることが必要なわけです。

それは親や兄弟では与えてくれない幸せです。

なので、あたたかい家庭を作りたいという人には、結婚はメリットでしかないでしょう。

生きる糧になる

結婚をするとパートナーや子供など家族ができますね。

自分にとって大事な人ができると生きる糧にもなります。

辛い仕事も家族のことを考えるだけで頑張ろうと思えたり、

病気になったとしても「しぬわけにはいかない」と心が前向きにもなります。

結婚をすることは、どんな人よりも特別な存在ができるということ。

かけがえのない存在になるわけです。

一人の時は仕事も健康もそこまで真剣じゃなかった人も、

家族ができると自分よりもパートナーや子供のことを考えて生きるようになります。

そうやって大切なものがあるからこそ生きることができるという人は少なくありません。

「これからの人生、自分の為だけに生きるのは辛い」

という人には結婚はメリットでしかないでしょう。

結婚できない人と思われなくて済む

散歩する女性

結婚をするメリットには、周りからどう思われるか気にしなくて済むからという場合もあります。

結婚をしていてもおかしくない年齢でも独身だと、周りからあれこれ言われるのが現実。

「あの人まだ独身なんだって。なんか問題でもあるのかな?」

「あんた、いつになったら安心させてくれるの?孫の顔が見れないなんて悲しいわ」

などと言われウンザリすることは珍しいケースではありません。

また、周りがどんどん結婚していくことも、世間体が気になる原因にもなります。

周りが当たり前にしていることができない自分に世間から浮いた存在のように思えるわけです。

独身で可哀想と思われたくない人にとっては、

「もし離婚したとしても、一度は結婚したことのある人間のほうが周りから変な目で見られない」

と思うほど、結婚経験があるかないかを気にする人は少なくないようです。

よって、世間体を考えると結婚することで生きやすくなるというメリットもあるでしょう。

スポンサーリンク

結婚をするデメリット

背負うものが増える

夕日と男女

結婚をしたら幸せな家庭になるとも限りません。

家庭の問題は自分の問題にもなるので、悩みが多くなるともいえます。

パートナーが浮気・ギャンブル・DVをするかもしれませんし、

子供がイジメを受けたり社会に溶け込めないという問題も多いです。

家族が病気をしたり亡くなって苦労することもあるでしょう。

相手の親と同居したり面倒を見なければならないこともあります。

一人の時は自分の問題は自分で解決する為、周りに迷惑をかけることあまりないですが、

家族を持つとその分自分にのしかかる責任も大きくなるわけです。

ペットを飼うのだって責任がいるわけですから、人と暮らしていくことはもっと大変です。

よって、責任を負いたくないという人に結婚はデメリットでしかないでしょう。

自分の為の時間やお金が減る

結婚をする前は自由な環境です。

何をしようが文句を言われることはまずありません。

休日は趣味や友人と遊んでいいですし、稼いだお金は自分のものです。

しかし、結婚をしたらその自由は制限されてしまいます。

稼いだお金は家に入れなきゃいけませんし、パートナーや子供をそっちのけで遊ぶわけにもいきません。

安定した生活や家族のいる幸せなどを手に入れるかわりに、一人でいられる気楽さはなくなってしまいます。

「自分の生活を邪魔されるなんて考えられない」

「自分のお金を全部持っていかれるのは納得できない」

という人には結婚はデメリットのほうが大きいでしょう。

他の人と恋愛ができなくなる

赤い花を持った悲しげな女性

結婚をすると他の人と恋愛ができなくなるというデメリットもあります。

恋をすることが好きな人だと結婚は飽きてしまうかもしれません。

だからといって、結婚しながら他の異性に手を出してしまえば、慰謝料を請求されてしまいます。

それだけでなく、社会的立場やご近所さんの目も悪くなります。

一方でフリーな状態であれば、結婚してる人たちよりも断然別れるのは簡単です。

大事になることもないので、家族や周りの人も聞き流す程度でしょう。

また、夫婦と違い恋人関係では法律で保護されない為、仮に浮気をしても慰謝料を請求されることはまずありません。

つまり、結婚しないというのは、気楽に恋愛ができる状態なわけです。

夫婦という関係に縛られずに恋愛を楽しみたい人は結婚を良いものは思えないでしょう。

パートナーに合わせた生活になる

単身赴任の方や夫婦でも別居する方もいますが、大抵は共同生活になります。

一人の時は自由気ままな生活ですが、パートナーがいるとそうはいきません。

生活をする上で互いに「これはこうしてほしい」というこだわりがあるものです。

そういう時に直面したら、多少は聞き入れることが夫婦円満になります。

「そんな細かいこと言われたくない」

と自分の生活スタイルを崩されてまでパートナーに合わせたくない人は結婚はデメリットになるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、結婚のメリットとデメリットについてのまとめです。

まず、結婚のメリットは…

  • 支え合って生きていける
  • 孤独を避けられる
  • 家族を作れる
  • 生きる糧になる
  • 結婚できない人と思われなくて済む

そして、結婚のデメリットは…

  • 背負うものが増える
  • 自分の為の時間やお金が減る
  • 他の人と恋愛ができなくなる
  • パートナーに合わせた生活になる

「一人がいい」「一人でも生きていける」という方は必ずしも結婚が幸せにはならないでしょう。

結局は人によって結婚は良くも悪くもなります。

自分はどんな将来を望むのかよく考えてみてくださいね。

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました