恋愛をめんどくさいと感じた時の対処方法!

   2018/07/24

最近は恋愛をめんどくさいと感じて、恋愛をしない人が増えているようです。

しかし、本当は心のどこかで「恋愛をしたい」と感じている人もいるかと思います。

今回は『恋愛をめんどくさいと感じた時の対処方法』についてご紹介したいと思います。

恋愛離れしているという人は、良かったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

恋愛をめんどくさいと感じる理由

お金が掛かる

メイクやファッション・スキンケア&ボディケアなど、好きな相手の為に良くなろうとするとそれなりにお金が掛かります。

今や男性がお金を払うことも当たり前ではなくなってきていますから、食事代やデート代、旅費など、恋愛には何かとお金が必要で、「そのお金があったら別なことに使えるなぁ…」なんて考えて、面倒に思ってしまうこともあります。

自分の楽しむ時間が減る

友人と遊んだり、趣味を楽しんだり、休みの日はのんびりするといった時間が、好きな相手が出来たことによって相手の為に時間を作らなければならないと面倒に思うことがあります。

やはり自分を可愛がりたいと思うのは当然ですから、自分の思い通りにできないと不満に思うことも多いでしょう。

自分の時間が作れないと思うと、恋愛が面倒くさいものだと考えてしまって、「だったら一人でいいや」と考えてしまう人も少なくないようです。

連絡

筆者自身もそうなのですが、本当に恋愛においての連絡って面倒だと思ってしまいます。

連絡は恋愛に限ったことではなく、友人ともすることはありますが、やはり恋愛において連絡のやり取りって友人より多くなる傾向が高いので、余計に連絡が面倒だなと感じてしまうことが多いです。

「好き?」
「何してたの?」
「今度の休み会える?」
「声聞きたくなっちゃって…」

など、好きな人だと思うと邪険にできませんから、面倒ながらも連絡のやり取りを余儀無くされます。

なかには返信が遅れただけで不機嫌になったり怒ったりする人もいますし、「何してたの?」という連絡に一々報告しないといけない場合もあるなど、束縛や監視されている気分になることもあります。

恋愛においての連絡は、なにかと面倒事が多いという印象が強いこともあり「めんどくさい」と思う人も多いようです。

異性と遊べなくなる

友人の中に異性の友達がいるという人も少なくないかと思います。

しかし、男女の間に友情は成立しないなんて言われたりしますから、その異性の友達は、恋人からしてみると、友人ではなく異性として見てしまうものです。

自分と同じ恋人の恋愛対象となる異性なので、やはり恋人が他の異性といることで不安になったり、嫉妬心を抱くということは多いでしょう。

そうなると恋人の為に気を使って、今まで普通に遊んでいた異性の友人とも距離を置くということも必要になってくることがあります。

そういった恋人への配慮を余儀無く求められ、「友達として見てるから大丈夫なのになぁ…」と面倒に思う人も結構多いようですね。

スポンサーリンク

恋愛をめんどくさいと感じてしまう対処方法

相手ではなく自分の為と考える

恋愛にお金は掛かることも多いですが、相手の為でもありますが、結局は自分にプラスになることでもあります。

服や髪型などのお洒落やスキンケアなど、お金が掛かるものはたくさんありますが、それらは別に好きな相手だけでなく、周りからの印象にプラスへと繋がる行為です。

「あれ、綺麗になった?」
「それ今年流行のだよね!オシャレ!」
「あそこに遊びに行ったんだ!いいなぁ~」

など、自分の評価を高めることに繋がりますから、好きな人の為にお金を掛けなくてはならないと考えるのではなく、自分への投資と考えるようにしてみましょう。

価値観の合う人を見つける

価値観の違いで別れるという人達も多いほど、価値観って大切なことです。

お金や恋愛など様々なもので価値観が存在しますが、そういった価値観にズレが生じない相手ほど不満も感じにくい為、めんどくさいと思うことも少なくなります。

お金は割り勘、連絡は必要最低限が良い、異性の友達がいても構わない…など、色々な価値観を持っている人がいます。

恋愛対象となる相手に、容姿や収入・性格などで決める人もいるでしょうが、価値観の合う合わないも大切になってきますから、まずは相手の価値観を知るということで、恋愛へのめんどくさいが解消されるかもしれません。

自分の時間を大切にする

恋人や夫婦になっても、生活はそれぞれという人達もいます。

別に好きな人中心の生活にしなくったっていいのです。

友人と遊びたい、趣味の時間を楽しみたい、今はゆっくり一人でいたい。

そう思ったら自分の時間も大切にするようにしましょう。

相手との距離感はとても大事なことです。

また、そういった自分を理解してくれない人なら、逆に気持ちが離れていってくれたほうが良いのかもしれません。

「今月は友達と遊ぶ予定入れちゃったんだ」と言って自分の時間を優先しても、理解してくれる人こそが、自分にとって大切になる人だと思いますので、自分の時間もしっかりと楽しむようにしてみましょう。

素敵な恋愛を聞く・見る・思い出す

恋愛の良さがわからない、忘れてしまったという人は、素敵な恋愛を聞いたり、見たり、思い出してみると良いかと思います。

学生の時のように友人達と恋バナをしてみたり、素敵な恋愛映画や漫画などの作品に触れてみたり、初恋を思い出したり…。

「恋をしていた時は毎日が楽しかったなぁ…」
「こんな恋愛してみたい」
「また素敵な人と恋がしたい」

色々な形で恋の良さを知ることで、恋愛してみようかなと考えるキッカケになるかもしれません。

自分も恋をしてみたいと思えるようなものに関わってみると、考え方も変わってくることもありますよ。

スポンサーリンク

恋愛をめんどくさいと思って諦めるのは早い

考え方次第では恋愛を良い方向に考えられます。

いつか味わったときめきや人を愛する気持ちをもう一度と思うなら、恋愛に励んでみてはいかがでしょうか。

良いことばかりではないでしょうが、きっと得られるものも多いと思いますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事