プライドが高い彼氏と上手く付き合う方法7つ

 

もどかしい指先

男性はプライドが高いとよく言われますが、特にプライドが高い彼氏だと、付き合っていくのが難しくて大変ですよね。

面倒だし疲れるけど、良いところもあるから別れる気持ちはないって彼女さんも多いかと思います。

今回はプライドが高い彼氏との付き合い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

プライドが高い彼氏と上手く付き合う方法7つ

裾クイ

指摘するのを控える

プライドの塊である彼氏に対して、周りがミスを指摘したり、こうしたほうがいいんじゃない?と彼女にアドバイスされるのは、プライドが許しません。

自分が絶対的なところがある為、指摘されると不機嫌になったり、怒る可能性も低くありません。

よほど直してほしいことでなければ、見守る姿勢でいたほうが良いでしょう。

どうしても指摘したい時は、彼氏のプライドを傷つけないように気をつけましょう。

面倒がらずに褒める

承認欲求が強いプライドが高い彼氏は、褒められることが何よりも好きな傾向があります。

特に自分の良さを理解してほしい存在である彼女には、褒めてほしい気持ちが強いでしょう。

なので、褒めてほしそうに自慢話などをし始めたら、「すごいね」と嫌な顔せずに褒めてあげましょう。

なんでもかんでも褒めてしまうと、「馬鹿にしてんのかよ」と逆効果になってしまいますので、プライドが高い彼氏のほうから、俺すごいでしょアピールをしてきた時には褒めてあげるようにするのが効果的です。

小さなことでも感謝する

褒める以外にも「ありがとう」と言うのもプライドが高い彼氏には効果的です。

プライドが高い彼氏は、どんな些細なことでも自分のしたことへの評価が欲しい傾向がある為、彼女が「ありがとう」と言っても表向きは「別に?たいしたことじゃないって」などと言いつつも、内心では喜んでいることでしょう。

気まぐれでやってくれたことだとしても、ありがとうと感謝を言ってあげると機嫌も良くなりますよ。

聞き上手になる

プライドが高い男性は、自分がどれだけ優秀かを話す傾向があります。

なので、ウンチクや自慢話などを聞かされる彼女さんも少なくないかと思いますが、ここでウンザリしてはプライドが高い彼氏に不満を与えてしまいます。

つまらない話でも、うんうんとしっかり話を聞いてあげて、「すごいね」「そうなの?」とリアクションしてあげるなど、聞き上手になることがプライドが高い彼氏と付き合うポイントです。

「もうその話何回も聞いたよ」と蔑ろに扱ったり、「話つまんない」と言ったりすると、プライドを傷つけますので気をつけましょう。

好みを受け入れる

プライドが高い彼氏は、強いこだわりを持っていることも少なくありません。

自分が良いと思っているものを悪く言われたり、こっちのほうがいいよと指摘されるのは、プライドが傷つきます。

なので、基本的にはプライドが高い彼氏の好みは黙って受け入れるのが上手く付き合うポイントになるでしょう。

髪型や服装や車や趣味など、何か気になることを指摘したとしても、聞き入れる可能性は薄いかと思われます。

価値観の違いがあると感じるなら、付き合っていくのは難しいでしょう。

見下したり比べない

プライドが高い彼氏に一番やってはいけないのが、見下したり誰かと比べるようなことを言ってしまうことです。

「男なのにそんなこともできないの?」

こういう発言はどの男性に対しても言ってはならないものですが、プライドが高い彼氏なのであれば、特に禁句ワードになります。

「友達の彼氏が独立して成功したんだって。すごいよね~」

悪気無く言ったこのような発言も、自分はダメで他の男が凄いと言われているように聞こえる為、控えるべき発言になります。

よって、彼氏が自信をなくしてしまうような発言は控えるようにしましょう。

他の男の話はしない

自分が絶対的存在でありたいプライドが高い彼氏ですので、他の男の話をするのは控えましょう。

街中で見かけた男性を「あの人背高くてモデルみたいだね」と言ったり、ドラマに出てる俳優を「かっこいい~」と言っただけでも、不機嫌になる可能性があります。

プライドが高い彼氏は、基本的に子供っぽく嫉妬深い性格をしていますので、彼女が自分以外の男を褒めたり、目を向けることを極端に嫌がります。

よって、なるべく他の男の話は控えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

プライドが高い彼氏だと、扱いが面倒だなぁと感じることもあるでしょう。

今回ご紹介したことを心がけなきゃいけないのか…と思ったのであれば、上手く付き合っていけても女性がただ疲れるだけかもしれません。

無理して付き合う必要はないのですから、これらを心がけるのは無理という方は、自分に寄り添ってくれる男性を見つけるのもひとつですよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事