彼氏が好きと言わない心理と対処法

 

彼氏が好きと言わないことにお悩みの彼女も多いかと思います。

なぜ好きと言ってくれないのか。彼氏の心理は一体なに?好きと言わない彼氏に多い特徴って?

今回は好きと言わない彼氏についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

彼氏が好きと言わないのはなぜなのか

「いつも好きと言うのは彼女の私ばかり…前は好きって言ってくれてたのにどうして…?」

こんな悩みの女性は意外と多く、貴方の彼氏が珍しいタイプなわけではありません。

今回は好きと言わない彼氏についてをまとめました。

好きと言わないのはなぜなのか、この疑問や悩みを解決したい女性の参考になればと思います。

それでは早速、好きと言わない彼氏の考えられる心理について見ていきましょう。

スポンサーリンク

彼氏が好きと言わない心理

恥ずかしい

彼氏が好きと言わないのは、彼女に改めて自分の気持ちを言葉にすることが恥ずかしいからという男性心理が一つとして考えられるでしょう。

付き合うようになったからといって、「好き」という言葉を使うことに照れくさいと感じる彼氏は少なくありません。

特に自分の気持ちを表現することが苦手な彼氏だと、素直に好きと言うことができない傾向があります。

よって普段から感情表現しないという彼氏なのであれば、「改めて気持ちを言葉にすることに照れがあるから」という理由で、好きと言わないことが考えられそうです。

負けた感じがするから言いたくない

「好きと言うと負けた感じがするから言いたくない」という男性心理から好きと言わない彼氏もいます。

どういうことかというと、自分が好きと言ってしまうことで、彼女が優位に立った感じがして面白くないという心理になるためです。

男性はプライドが高く、女性よりも優位でいたいという気持ちが強い傾向がありますので、自分が追いかけるのではなく彼女から追いかけてくるようにしたいことが考えられます。

なので、好き=負けという考えを持っていることから、好きと言いたくないという彼氏もいるでしょう。

言う必要がないと思ってる

好きと言わない彼氏のなかには「好きじゃなかったら付き合ってないだろ」という考えを持っている場合もあります。

言葉にしないと伝わらないことって多いと思うのですが、こういった心理の彼氏からすると、一緒にいるということが彼女を好きである証拠なので、一々言葉にしなくてもいいだろうという考えなのでしょう。

あまり愛情表現を必要としていない彼氏だと、「なんでそんなに好きって言ってもらいたいのかわからない」と思う傾向が高そうです。

このような男性心理は、あっさりとした恋愛を好む彼氏に多いかもしれません。

何回も言うと言葉の重みがなくなるから

好きという言葉はたまに言うからいいのであって、普段から好きと普通に言ってしまうと、言葉に重みがなくなるから言いたくないという彼氏もいます。

実際に好き好き言われ過ぎたことによって、言われてもドキドキしなくなったり、恋人に対する気持ちが冷めてしまったという人も少なくありません。

言葉の重みがなくなることを嫌がって言わない彼氏も、自分の「好き」で彼女が喜ばなくなったり適当に聞き流されるのが嫌なので、軽々しく好きと言わないことが考えられます。

よって、照れているわけでもなく、面倒くさいわけでもなく、「好き」という言葉を大切にしているからこそ言わないという彼氏もいるでしょう。

素っ気なくなったわけではないのに、前ほど彼氏が好きと言ってくれなくなったのであれば、もしかしたら軽く好きという言葉を言いたくないと感じるようになったのかもしれません。

拗ねる彼女が見たい

拗ねる彼女を見たいがために好きと言わない彼氏もいます。

「どうして好きって言ってくれないの?」と拗ねる彼女の姿は、彼氏からしたらニヤニヤしてしまうほど可愛く感じます。

拗ねる彼女を可愛く感じられるのには、彼女の自分への愛情を実感できるからということも考えられるでしょう。

追いかけられる立場だと、相手からの愛情が目に見えますから、安心することができます。

よって好きと言わない彼氏の心理には、わざと言わないことで拗ねている可愛い彼女が見たい&愛情を実感したいというものが考えられそうです。

スポンサーリンク

好きと言わない彼氏の特徴

照れ屋

照れ屋な彼氏だと、好きと言うことを恥ずかしがってなかなか言わない傾向があるでしょう。

人前だといつもより素っ気なかったり、人がいなくても手を繋ぐことを嫌がるような彼氏なら、「好き」と言うのもかなり照れくさいことが考えられそうです。

本当は好きなくせに素っ気ない態度を取るあまのじゃく男なども、自分の気持ちを表現することが苦手で、なかなか素直になれないところがあります。

よって愛情表現に慣れていなかったり、デレが少なくツンツンとした態度が多い彼氏などは、照れ屋な特徴を持っていることが考えられるでしょう。

無口でクール

無口でクールな特徴がある彼氏だと、感情的になることが少なく、口数も少ないことも相まって好きと言わない傾向があるでしょう。

クールな彼氏を持つと、普段全く喋らないことから本当に私のことが好きなのか不安になるという彼女さんも多いかと思います。

しかし、ただ単に普段の感情表現すら少ないこともあって、好きと言わないだけの可能性のほうが高いでしょう。

いつも彼女さんのほうからあれこれ聞かないと答えないほど無口な彼氏なら、愛情表現がそこまで大切なものと思っていないのかもしれません。

一緒にいる=好きという風に考えている為、改めて言葉にしようと思っていないのだと思われます。

面倒くさがり

面倒くさがり屋な彼氏だと、恋愛でも愛情表現を示すことに億劫がる傾向があります。

「そんなこと一々言わなくてもわかるだろ」という考えがある為、自分から好きと言わないのかもしれません。

「好きって言ってよ!」という彼女の言葉を聞くと、余計に面倒くさいと思ってしまう可能性がありますので、好きと言ってくれない事に不満をぶつけすぎないほうが良いでしょう。

追いかけられる恋が好き

追いかけられる恋が好きな男性だと、自分に向けられる愛情を感じたい傾向がある為、自分からは好きと言わないことが多いです。

彼女に好きと言わせるように仕向けたり、不安がらせるようなことをして愛情確認しようとします。

自分に自信が持てないような彼氏だと、彼女が好きなのかどうかを聞いてくることに安心感を得られるので、わざと好きと言わないようにしているのかもしれません。

恋愛にドライ

恋愛にドライな彼氏だと、恋人とはベッタリせず程よい距離感を望み、友達のような関係でいることを好みますので、好きという言葉が少なくなるのかもしれません。

彼女のことは好きではあるけど、仕事や趣味や人付き合いなども含めると恋愛が一番にはなりにくい為、愛情表現が乏しくなると考えられます。

一人でいるのが好きだったり、他人に依存することなくしっかり者で自立していたり、仕事や趣味を大事にしている彼氏の場合だと、やや恋愛に対してドライな傾向があるかもしれません。

プライドが高い

プライドが高い彼氏だと俺様系が多い傾向がある為、なかなか自分から好きと言うことは少ないでしょう。

俺様タイプは「俺についてこい」という恋愛傾向ですので、自分から好きと言って彼女を追いかけるような言動を避けます。

自分への愛情を感じて優位でいる立場を好みますので、拗ねる彼女や不安そうな彼女の姿に愛情を感じたり、優越感に浸りたがる傾向があるでしょう。

また好きな気持ちはあっても、プライドの高さが邪魔して素直になれないなども考えられそうです。

一途で真面目

一途で真面目な彼氏だと、愛情表現一つでも彼女に対して誠実に向き合いたいと思うことから、軽々しく好きと言いたくないことが考えられます。

愛情表現をしたくないわけではないので、記念日や彼女への愛を改めて実感した時など、ここぞという場面ではしっかり「好き」と言ってくれる傾向があるでしょう。

真面目な彼は「好き」とは言わないけれど、彼女に対する愛を言葉以外でちゃんと示しているはずですよ。

スポンサーリンク

好きと言わない彼氏への対処法

強要しない

好きと言ってほしいからといって彼氏に「好きって言ってよ」と言ってしまうと、ますます言いたくないと思われてしまう可能性があります。

特に面倒くさがり屋な彼氏だと余計に面倒に感じたり、プライドが高い彼氏だと人の意見に従うことを嫌がる傾向がありますので、強要することで更にムキになる可能性があります。

自分の気持ちを伝えるのは大切なことではありますが、だからといって言ってほしいと強要してしまうのは逆効果に繋がりますので控えたほうが良いでしょう。

不安な気持ちを伝える

好きと言ってもらえないことに不安があるのであれば、その気持ちを素直に伝えるのも一つでしょう。

彼氏は好きと言っていない自覚がないことも考えられますので、彼女がどう思っていたのか聞かされたことをキッカケに改善されるかもしれません。

ただし、先ほども紹介したように強要してしまうのは逆効果になる可能性があるため気をつけましょう。彼氏に不満をぶつけるのも良くありません。

なんで好きって言ってくれないの!?

友達の彼氏は毎日好きって言ってくれるんだって

などのようにヒステリックになったり、ネチネチと不満を言ってしまうと彼氏はウンザリしてしまいます。

なので「たまにでいいから好きって言ってくれたら嬉しいな」という感じで、可愛くお願いするように自分の気持ちを伝えると、寂しそうに甘えてくる彼女に彼氏も「不安にさせちゃったかな」と察して改善されるようになるかもしれません。

自分から好きと言うのをやめる

自分に対する愛情が感じられると、安心感からパートナーに対してぞんざいな扱いになる人も少なくありません。

あまりにも彼女が好き好き言い過ぎてしまうと、彼氏は「自分が愛情表現をしなくてもコイツは俺のことを好きだろう」と思ってしまうことに繋がる可能性があります。

なのでもし貴方が普段から好き好き言っているのであれば、好きと言うのをやめてみましょう。

貴方が好きと言わなくなれば、「最近好きって言わなくなったな…」と不安になって、彼氏のほうから気持ちを確かめようとしてくる可能性が出てきます。

貴方に対して押してこない彼氏なのであれば、駆け引きをするように貴方が引いてみることで、彼氏から好きと言ってくれる期待が高まるでしょう。

他に愛情が感じられる言動がないか探してみる

「好き」は愛情を示す言葉ではありますが、好き以外の言動でも愛情が感じられることはあります。

「可愛い」「美味しい」「楽しい」「落ち着く」などは、彼氏なりの愛情表現ということもあるでしょう。

その他にも、貴方の好きなものを買ってきてくれたり、疲れている貴方に代わって家事をしてくれたり、愚痴を嫌がらずに聞いてくれるなども、貴方のことが好きだからこそしてくれる行動でもあります。

女性としては好きという言葉を言ってほしい気持ちがあるかもしれませんが、何も好きという言葉だけが愛情表現ではありません。

普段の彼氏から愛情が感じられる言動がないかをチェックしてみることで、好きと言われないことへの不満が解消されるようになるかもしれませんよ。

そういう人なんだと諦める

照れ屋な人はなかなか素直になることができないですし、クールな性格や面倒くさがり屋な人はやはり愛情表現に乏しいままだったりします。

彼氏に不安であることを伝えても改善されないときは改善されませんから、そういう人には期待せずに付き合っていくしかないでしょう。

やっぱり好きと言ってくれる男性がいいというのであれば、別れて新しい恋人を見つけるのも解決法かもしれません。

不満を感じて付き合うのはお互いの為になりません。彼氏の恋愛への価値観を理解して付き合うのか、自分の気持ちに素直になるのか、よく考えて今後を決めましょう。

スポンサーリンク

彼氏が好きと言わないなら理解力が必要

何をしても彼氏が好きと言ってくれない場合、残念ですがそういう男性なんだと諦めて付き合っていくしかないかもしれません。

ただし、好きと言われないことにそこまで悲観する必要はないでしょう。

好きと言われたい女性は安心感を得たいのかもしれませんが、好きという言葉を言ってくれるからといって、愛しているというわけでもありません。浮気を誤魔化す為に好き好き言う彼氏もいます。

彼氏の良さや愛情を理解してあげられるのは彼女だけですから、好きとは言ってくれないけど、こういうところは彼氏の魅力というものを見つけるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

記事カテゴリー

男性の言動 男性心理