すぐ別れると言う彼氏の対処方と男性心理

   2019/06/24

喧嘩する男女

彼氏がすぐ別れると言う人ではありませんか?

軽く別れるなんて言われると、腹が立つのと同時に彼氏の心理は一体なんなのか気になる女性もいるかと思います。

今回は別れると言う彼氏の心理と、すぐ別れると言う男性の特徴、そして言われた時の対処法などをご紹介します。

悩んでいる彼女さんは参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

すぐ別れると言う彼氏の心理

まず、すぐ別れると言う彼氏の考えられる心理についてみていきましょう。

愛情確認がしたい

別れると言う彼氏の心理には、愛情確認がしたいというものが一つとして考えられます。

親の気を引く子供のように、嫌がるようなこと困らせるようなこと怒らせるようなことなどをして、彼女が本当に自分を好きなのかをチェックしたい気持ちがあるのでしょう。

「こんな自分を好きでいてくれているのか」「彼女は別れたくないと言ってくれるか」などの不安な心理から、彼女の気持ちを試そうとして別れると言ってしまうことが考えられます。

別れると言う彼氏のほとんどは、別れる気もなく言っていることが多いようですので、もしかしたら貴方の彼氏も彼女の気を引こうとして言っているのかもしれません。

その時の感情で言ってしまった

その時の気分や感情でつい言ってはならないこと言ってしまったり、言うつもりがなかったのに言ってしまうなんてことが誰しもあるかと思います。

別れると言う彼氏のなかにも、その時の機嫌でつい別れると言ってしまったという場合もあるでしょう。

拗ねたり嫉妬した時につい面白くなくて彼女を突き放すように別れると言ってしまったり、喧嘩をした時に怒った勢いで別れると言ってしまうなど。

情緒不安定な時ほど理性を抑えられないものですから、感情を上手くコントロールできない彼氏だと、つい失言してしまいやすいのかもしれません。

優位な立場でいたい

別れようと言う彼氏に、彼女が「別れたくない」と引き止める流れになれば、彼氏は彼女に追い掛けられる形になり立場的に優位になります。

別れると言う彼氏のなかには、優位な立場でありたいという心理から言うことも少なくありません。

追う立場ではなく追われる立場になることで、優越感に浸ったり主導権を握ることができる為です。

別れると言う時に、「いいの?俺と別れても?」というような妙に上から目線で言う彼氏の場合、彼女より優位な立場でいたい・主導権を握りたいという心理があるのかもしれません。

別れてもいいと思っている

別れると言う彼氏のほとんどは別れる気もなく言っていることが多いですが、なかには本気で別れても構わないと思っている彼氏もいます。

すでに彼女に対して気持ちが冷めている・他に好きな女性がいる・元々遊び目的で付き合っていたなど。

例え別れることになっても困らないし未練がないという心理から、別れると言っている可能性も低くありません。

彼氏の気持ちが冷めていると感じることがあるなら、本気で別れてもいいと思っている可能性も考えられなくはないでしょう。

スポンサーリンク

すぐ別れると言う彼氏の特徴

あなたの彼氏がどんな特徴を持つのかをチェックすることで、好きなのに別れると言っているのか、それとも気持ちがなくて言っているのかを見分ける参考になります。

自分の彼氏の性格などを振り返って、チェックしてみましょう。

短気・嫉妬深い

別れる気もないのに別れると言う彼氏の特徴には、短気や嫉妬深い男性が挙げられます。

短気であったり嫉妬深い彼氏だと、ついカッとなった勢いで別れると言ったり、子供のように拗ねてしまうことで心にもないことを言ってしまいがちです。

子供っぽいと感じるような精神年齢が低い男性は、別れるつもりもなく言っている可能性が高そうです。

寂しがり屋

寂しがり屋な彼氏だと、孤独を感じやすい傾向がある為、彼女の気を引こうとして別れると言うことも少なくないでしょう。

自分に向ける愛情を実感したいことから、別れると言う自分を引き止める彼女が見たいことが考えられます。

一人でいるのが苦手・会ってない時でも連絡が頻繁・会いたいと言うことが多いなどは、寂しがり屋な男性の特徴になります。

かまってちゃん男なども、ただただ彼女にかまってほしくて言っているだけの可能性がありそうです。

自信がない

彼女が本当に自分を好きなのか信じられないという特徴を持つ彼氏だと、すぐ別れると言う傾向があるでしょう。

彼女が自分との別れを嫌がる姿を見て愛情を確認しようとします。

彼女が普段素っ気ないことから愛情を感じられないことが原因であったり、もしくは彼氏自身にコンプレックスなどがあって、本当に自分を好きでいてくれるのか自信が持てないなどが原因かもしれません。

恋愛への意欲が低い

元々恋愛にそこまで興味がなかったり、恋人を必要としない彼氏だと、べつに別れてもかまわないという心理になりやすいかもしれません。

最近では恋愛離れという言葉を耳にしますが、恋愛や結婚をすることにあまりメリットを感じられにくい人だと、恋愛や結婚に対しての意欲が低下し、恋愛離れになることが多いようです。

恋愛への意欲が低い彼氏なのであれば、恋人はいなかったらいなかったでかまわないという心理から、別れると言うのかもしれません。

浮気癖がある

浮気癖の特徴を持つ彼氏の場合だと、他に付き合っている女性がいる為、別れてもかまわないと言うことも少なくありません。

むしろ、相手女性が本命で自分がキープという可能性もあります。

遊び目的の女性であれば、喧嘩になったり面倒なことになったら「別れる」と言うことで黙らせたり、主導権を握ろうと考えているのでしょう。

もし別れることになっても、もう一人の女性がいるので痛くも痒くもないという心理から簡単に別れようと言うことが考えられます。

浮気癖のある彼氏が別れると言う場合は、他に女性がいることで余裕な態度なのかもしれません。

女性に困らない

女性に困らないようなモテる彼氏だと、すぐ別れると言うことも少なくないでしょう。

例え別れても、他の女性と付き合えばいいと思っている彼氏なら、今現在お付き合いしている彼女にこだわる必要はないからです。

女性にモテる彼氏や女友達が多い彼氏などは、別れてもすぐ彼女ができると思って言っている傾向があるでしょう。

スポンサーリンク

すぐ別れると言う彼氏への対処法

愛情表現をしっかりする

別れると言う彼氏のなかには、愛情確認がしたいが為に言うことも少なくありません。

そういう彼氏の場合、彼女があまり愛情表現をしなかったり、二人の時間を作らないなどが原因という可能性も低くないでしょう。

なので、彼氏が不安がらないように日頃からしっかり愛情表現することも大切です。

どんなに長い付き合いであっても、言葉や態度にしないとわからないことはありますから、好きという気持ちがあるなら、しっかり伝えるようにしましょう。

そうすることで彼氏の不安もなくなっていき、別れると言うことも少なくなるかもしれません。

言わないで欲しいと伝える

好きな彼氏に別れようと言われたら悲しいですし、何回も別れると言われてそれを引き止めることに、だんだんと嫌気がさしますよね。

何回も別れると言う彼氏の場合、都合が悪くなる度に口癖のように言ってしまっている可能性と、彼女が必ず引き止めてくれるだろうと過信している可能性などが考えられます。

どちらの場合でも、本当に別れようと思って言っているわけではないので、しっかりと彼氏に理解してもらう必要があるでしょう。

ただ別れたくないと言うのではなく、「軽い気持ちで別れるなんて言わないで」と彼氏に伝えてみましょう。

そう伝えてもまた言う可能性があるので、「もしまた別れるって言ったら、本当に別れるからね」と牽制すると良いでしょう。

しかし、「次は別れる」と言ったのですから、本当に別れを覚悟した上で言うようにしましょう。

次は別れると言ったのに、また彼氏を引き止めてしまったら、結局同じことの繰り返しです。

牽制してもなお別れると言うのであれば、その彼氏は一生直らないと思ったほうが良いでしょう。

別れるのも一つ

改善策を試しても彼氏は別れると言ってばかりなら別れるのも一つです。

その彼氏は愛情確認をしたい・優位でいたい・その時の気分で言ってしまう・恋愛に本気じゃないなど、ほとんどが自分本位に彼女を振り回しているだけです。

別れると言うばかりの彼氏と付き合っていても、不安になったりウンザリさせられるだけですから、いつまでも良い関係は築けません。

彼女の気持ちを考えようとしない彼氏に別れを切り出されたのであれば、「そうだね。別れよう」と新しい恋をするための選択肢を選ぶのも一つです。

スポンサーリンク

まとめ

別れると言う彼氏は大きく分けて、別れる気はなく好きなのに言ってしまう彼氏と、別れても構わないと思ってる彼氏です。

大抵は子供っぽいという特徴の彼氏が言っている傾向があるでしょう。

あまり女性が引き止めてばかりいると彼氏はいい気になるだけで、彼女さんが楽しい恋愛ができないですから、牽制するなり別れるなりしてしっかり対処しましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事