男性の行動 男性心理

ボディタッチをする男性心理って?触られる部位で気持ちを見抜こう!

女性が男性を落とすテクニックとしてボディタッチをすることは多いですが、男性が女性にボディタッチするというのはなかなか心理がわからないですよね。

「どういう意味でボディタッチしてくるの?」と首を傾げる女性も少なくないでしょう。

よって今回はボディタッチをしてくる男性の心理についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

男性がボディタッチをするのは気があるサイン?

基本的にボディタッチをしてくる男性の心理としては、相手の女性を嫌っているという可能性は低そうです。

嫌いな人に触ろうという心理になることはあまりないかと思いますので、恋愛感情があるかはともかく印象は悪くないかと思います。

女性でも男性でも、ボディタッチというスキンシップは仲が良い人に対してが多いですので、相手が思う自分への印象は前向きな捉え方をして良さそうです。

しかしボディタッチが好意の表れといっても、恋愛対象として見ているかそうでないかの違いは当然あります。

以下ではボディタッチをする男性心理とボディタッチをする部位別にわかる男性心理をご紹介しますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ボディタッチをする男性心理

女性に声をかける男性

意識してほしい

恋愛のテクニックとしてもボディタッチは使われますが、その目的は意中の相手に意識してもらうことです。

男性はボディタッチに弱い傾向がある為、女性が男性にすることが多いですが、男性も振り向いてもらおうとボディタッチをすることは少なくありません。

女性でも男性にボディタッチされればドキッとしたり、その男性が気になるようになるものです。

なので、男性がボディタッチをする心理には、「男として見てもらいたい」という想いもあるでしょう。

アピールをしている

ボディタッチをすることで、異性としての魅力が伝わることがあります。

男性の手や腕にたくましさを感じたり、グイッと引き寄せられた時の力強さや、頭をポンポンとされて見上げた時に身長の高さに格好良さを感じるなど、ボディタッチをきっかけに異性として感じる瞬間は誰しもあります。

つまり、気になる女性に自分を恋愛対象として見てもらう為のアピールというわけです。

ただし、意識してもらうためのボディタッチとは違い、こちらは好意以外に「モテたいから」という男性心理も含まれます。

こうすれば女性にウケるということをわかっていて狙ってやっているので、いわばモテテクニックを試しているというわけです。

しかし、モテテクニックといえど、本命にもすることはありますから、男性心理を見抜くとしたら「女性に対して見境無しに似たような真似をしていないか」という点に注目すると良いでしょう。

下心があるから

女性にボディタッチをする男性のなかには、下心があることも珍しくありません。

「好きだからこそ下心がある」とも言われたりしますが、下心だけで近づいてくる遊び目的の男も多いです。

軽々しく好きな女性にボディタッチをして嫌われたり、「体目当てかも…」と警戒されたら困りますから、好意があるなら最初からグイグイ行ったりベタベタと触ることはしないものです。

なので、女性だと妙に距離感が近かったり、這うように触ってくるような男性は下心を持っている可能性が高いですので気をつけましょう。

スキンシップのつもり

ボディタッチをする男性のなかには好意でもなく下心でもなく、単なるスキンシップとして行っていることもあります。

その男性としては、貴方とだいぶ仲良くなってきたと感じたことから、距離感が近くなったのかもしれません。

または、普段からフレンドリーだったり、馴れ馴れしいところがある男性だと、異性だろうと親しくなかろうとボディタッチをすることが考えられます。

自分に対する接し方だけだと見極め辛いので、他の人に対する態度を見てから判断すると良いでしょう。

反応を見ている

ボディタッチをした時の女性の反応を見ている男性も少なくありません。

好きでもない男性から触られたら嫌な気分になりますから、当然身体を離したり「やめてほしい」と目に見えた形で拒絶を示すものです。

一方で好きな男性からのボディタッチなら、ドキッとするだけでそこまで抵抗感がない女性も多いかと思います。

なので、気になる女性が自分をどのように見ているかをチェックしたい時に、ボディタッチをしてくる男性もいるでしょう。

「傷付きたくない」「慎重に恋愛に発展させたい」という男性に多い心理かもしれません。

状況に応じてボディタッチしただけ

状況に応じてボディタッチをしただけという男性もいます。

例えば、用件があって女性を呼び止める時にトントンと叩いたり、体調の悪そうな女性の身体を支えたりするなど、好意や下心がなくともボディタッチは日常的にあるものです。

なので、まずはボディタッチをされた時の状況がどのようなものだったかが、男性心理の見極めとして重要になってきます。

そういえばあの男性は誰にでもよくしているなぁ

あの時は私でもああするかもしれない

と振り返ってみて思うなら、その男性も特に深い意味はなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

ボディタッチされた部位別の男性心理

考える男女

頭をポンポンすると女性ウケがいいと勘違いしている男性は少なくないようです。

なので、頭へのボディタッチで好意がある可能性は低く、モテたい心理からしている傾向があるでしょう。

また、貴方が泣いていたりミスをして落ち込んでいるような状況だった場合は、好意がなくとも慰めようとして頭を撫でる男性もいます。

じゃれ合うほど親しい関係なら、からかうように頭をポンポンしたり、身長差があるなら異性として可愛いというより「小さくて可愛い」という心理から頭を撫でる男性もいるでしょう。

顔・頬

顔や頬へのボディタッチは脈ありの可能性があります。

人の顔に触れるというのはなかなかできないことですし、特別な感情がなければ触りたいとも思わないのが普通です。

好きな人だからこそ触れたくなりますから、顔や頬へボディタッチをされたら、その男性は貴方への気持ちが高ぶったのかもしれません。

顔や頬は異性からボディタッチをされると強く意識してしまう部位でもありますから、男として見てほしい時の行動心理でもあるでしょう。

髪の毛

「美容室へ行った」「使ってるシャンプーは~…」など髪の話題から髪の毛を触られた場合は、「綺麗だなぁ」と感心しただけの可能性があります。

また、髪フェチの男性の場合も、綺麗な髪の毛だと好意がなくても思わず触りたくなることも少なくありません。

なのでもし、そのような流れではないのに髪の毛を触られたのであれば、貴方へ好意を抱いていることが考えられます。

女性の髪に惹かれる男性は多く、好きな女性であればより一層触れたくなる気持ちが増しますので、頭ではなく髪の毛を触られたなら脈ありかもしれません。

もしくは、自分を意識してもらう為にボディタッチをしようと思ったけれど、肌に触れるのは躊躇した為、髪の毛にしたという男性もいるでしょう。

口・唇

口や唇にボディタッチする男性心理には、キスがしたいサインとされています。

人の唇に触れるというのは、日常的に考えてあまりないことですし、異性であればなおさらそのような機会はないものです。

ムードがいい時や感情が高ぶったりすると、唇へと触れたくなる傾向がありますから、男性に唇を触られたなら異性として意識されていることは間違いないでしょう。

食べかすがついているのをサラッと指で拭われた場合、面倒見の良い男性であれば厚意ということも考えられます。特に同性に対しても同じようにしているなら、その可能性が高いでしょう。

しかし、口で説明するという方法もあるわけですから、「こうすれば女性をドキッとさせることができるだろう」という確信犯の可能性も考えられます。

お腹・脇腹

お腹や脇腹へのボディタッチは、男性が好意を抱いていることからされる傾向があります。

日常的に触られることのない部位ですから、意図的であることが考えられます。

お腹をツンツンしてきたり、脇腹をコチョコチョするようなボディタッチだと脈ありに見えないかもしれませんが、好意を隠しながらじゃれ合っている可能性があるでしょう。

好きな人に触れたいという気持ちはあっても、ふざけながらでないと照れてしまったり、好意に気付かれる可能性を考えて、お腹や脇腹へとボディタッチをしたのかもしれません。

肩へのボディタッチというのは、他の部位と比べると日常的にされやすい傾向があります。

「ねぇねぇ!」と相手を呼び止める時に肩を叩くことは珍しいことではありません。

なので、肩をボディタッチする男性心理にはこれといった意味はないでしょう。

また、「危ないよ」「気をつけて」と女性を守るように肩を抱くエスコートをする際もありますが、好意の可能性も決してないわけではないものの、優しい男性や女性の扱いに慣れているような紳士的な男性だとよくある振る舞いになります。

逆に、エスコートではなく肩を抱き寄せられるようなボディタッチには下心がありそうです。

腕にボディタッチをする男性心理は場面に応じて違ってきます。

肩と同様に自分へと注目させる為に腕をポンポンもしくはツンツンとする時があります。人を引き止める時に腕を掴むこともありますね。

そのような場面では当然、好意がなくてもされるでしょう。

しかし、基本的に腕をボディタッチするのは好意からです。

特に女性の二の腕は柔らかいので、触りたくなる男性は少なくありません。好きな女性なら尚更触りたいという気持ちになることでしょう。

よって、声をかけられた時の腕へのボディタッチには深い意味はなく、感触を確かめるようなボディタッチは好意もしくは下心が考えられそうです。

男性が女性の手にボディタッチをするのは脈ありサイン。

異性と手を握るというのは愛情表現でもある為、「好きな人の手に触れたい」という心理は珍しくないもの。

「手綺麗だね」「いつもおしゃれなアクセサリー着けてるよな」など、さり気なく手に触られる場合にも好意からしている可能性があります。

もしくは、女性をドキッとさせるモテテクニックとして行っている男性もなかにはいるでしょう。

背中

背中へボディタッチする男性心理には、女性の気持ちを確かめる行動の一つとされています。

あれこれと自分のことをどう思っているのか探るよりは、ボディタッチをしてみたほうがハッキリするということなのでしょう。

よって、背中へボディタッチをする男性は、背中に触れた時の女性の反応を見て、嫌がられないかをチェックしていることが考えられます。

ただし、人混みから守ろうとしたり、よろけた女性を支えるようなエスコートの場合は、好意のほかにただ優しいだけの男性という可能性もあるでしょう。

「大丈夫?」と調子の悪そうな貴方やよろめく体を支えるように、その男性が貴方の腰に手を置いたならただの優しさと考えられるでしょう。

逆に、そのような状況でもないのに腰へボディタッチをされたなら下心のサインになります。

腰はお尻に近い部位ですから、セクハラと勘違いされたくない男性はまず触わることはありません。

そもそも触る必要がありませんから、わざわざ腰へボディタッチをするのは下心がある証拠。

腰に手を回された後に、ホテルやその男の家に誘われたら、下心しかないと思って良いでしょう。

胸やお尻

胸やお尻へのボディタッチは言うまでもなく下心でしかありません。

痴漢やセクハラとして訴えられてもおかしくないほどです。

本当に好きな女性であれば、触わりたいという気持ちはあっても「嫌われるかもしれない」という不安のほうが強いので、付き合ってもいないのに胸やお尻などの部位をあからさまにボディタッチすることはまずありません。

例えじゃれ合いのように見えても、下心からどさくさに紛れて触っているだけに過ぎないでしょう。

膝や太もも

太ももや膝も腰の時と同じように下心を持ってボディタッチした可能性が高いです。

飲み物などをこぼして拭いてくれたような場面なら、それは下心というよりは咄嗟にした行動と考えられますが、そのような状況ではなく膝や太ももを触られたなら警戒すべきです。

特に服の上からではなく、肌に直接ボディタッチしてきた男性は下心しかないと思って良さそうです。

基本的に下半身へのボディタッチは下心だと思って良いでしょう。

スポンサーリンク

ボディタッチをする男性心理についてのまとめ

以上がボディタッチをする男性心理についてでした。

それでは、今回のおさらいになります。

まず、ボディタッチをする男性心理は

  • 男として見てほしい
  • アピールしている
  • 下心がある
  • スキンシップのつもり
  • 反応を見るため
  • 状況的に必要だったから

などが考えられます。

ボディタッチといっても様々な心理がありますから、人柄や普段の行動を見てよく見極めましょう。

タイトルとURLをコピーしました