あまのじゃく男の本音5つ!素直になれない理由とは

 

あまのじゃく男はなぜ好意があるにも関わらず、冷たい態度や心にもない発言をするのでしょうか。

好きな女の子に意地悪をする男の子は珍しくありませんが、女性からするとなぜ好きなのに酷いことをするのか理解できませんよね。

今回は好きなのに冷たい言動をする、あまのじゃく男の本音について考えられるものをまとめてみました。

スポンサーリンク

あまのじゃく男の本音5つ

どう接していいかわからない

好きな人を目の前にすると、素直になれない男性も少なくありません。

素直に「可愛い」と言うのは照れくさい為、「微妙」「似合ってない」など心にもないことを言って、一人反省している男性も多いようです。

本人としては素直になりたいのが本音だけど、好きな人を前にするとどう接していいかわからなくなり、あまのじゃくになってしまうようです。

好意を悟られたくない

あまのじゃく男には冷たい態度や意地悪な発言をして、好意を悟られないようにしている場合もあります。

好きな女性に好意がバレると恥ずかしいですし、周りにひやかされることもあります。

なので「可愛くない」「太ってる」など異性として魅力を感じられないというような発言をして突き放すことで、自分が好意を持っていることを隠そうとしていることもあるでしょう。

男としてのプライドが許せない

「別にお前なんか興味ない」という冷たい態度を取ることで、女性より優位に立った気でいる男性もいます。

元々男性は女性よりも優位でありたいという心理があります。

好きであることがバレると、なんだか負けた気分になるという子供じみたプライドから、冷たい態度や発言をしてあまのじゃくになる男性もいるでしょう。

俺様気質な男性だと、素直に好きを認められない傾向があるかもしれません。

反応が面白いから

ややSっ気のあったり、からかうのが好きな男性だと、わざと心にもないことを言って、拗ねたり泣いたりする女性を面白がっている場合もあります。

好きだからこそ、そういった顔を見たい心理があるようです。

ムキになったり拗ねる女性が可愛いと感じるのかもしれません。

愛情確認

あまのじゃく男の本音のなかには、好きな人の愛情確認をするために心にもないことを言う場合があります。

好きな人が拗ねたり泣いたり怒ったりすることで、自分を好きだから本気で泣いたり怒ったりするんだと実感できる為です。

素直に好きか聞けない照れ屋さんだと、意地悪なことをして好意を確認しようとする傾向があるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

あまのじゃく男は、基本子供っぽいところがあります。

意地悪なことを言われたとしても、なんだかんだで関わってくることが多いなら貴方に気がある証拠です。

一緒にいて楽しくなければ、話しかけようと思わないはずですから、あまのじゃくな彼の言動に真に受けず軽く流すようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事