塩系男子とは?性格や特徴はギャップが強め?

 

ソースや醤油は聞いたことのある方も多いかと思いますが、塩系男子というのはご存知でしょうか?

ざっくり言うと、見た目が塩のようにあっさりとしている男性のことをさすのですが、この塩系男子は女性にとても人気があると言われています。

その魅力とは一体なんなのでしょうか?

今回は塩系男子の特徴やモテる理由についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

塩系男子とは

塩系男子とは、醤油系男子やソース系男子のような見た目の特徴を表した男性の例えになります。

ソース顔男子だと、濃い顔立ちを特徴とする男性を表すものですが、塩系男子は塩と例えられるだけあり、ソースと比べるとあっさりとした顔立ちの男性のことを例えて言います。

雰囲気イケメンなどと言われることもあるようですが、最近ではソースのような濃い顔の男性よりも、塩系男子のような薄い顔立ちのほうが好まれる傾向が増えてきているようですので、塩系男子もまた女性に人気なようです。

スポンサーリンク

塩系男子の性格

繊細そうに見えて実は男らしい

塩系男子は、細身で色白という繊細な印象を受けますが、実は男らしいというギャップを持っています。

ギャップというのは恋愛においてとても効果的ですから、こういった女性らしい印象なのに、実は男性的な頼りがいのある一面があるというのも、塩系男子が女性に人気な部分なのかもしれません。

クールだけど優しい

物静かでクールな性格と細い目元で冷たい印象を受けることから、やや近寄りがたいイメージのある塩系男子ですが、話してみると穏やかで優しい性格をしている特徴があります。

クールな雰囲気から一変して、笑顔は子供のように可愛かったりと、見た目と中身のギャップがあるのも塩系男子の魅力と言えます。

見た目から少し冷たい印象があるけど、話してみたら愛嬌のある人だったという男性の場合、塩系男子の可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

塩系男子の特徴

女性が羨むほどの色白

塩系男子の特徴といえば、代表的なものが”色白”です。

最近は肌のお手入れに力を入れる男性も増えましたが、塩系男子は元から女性よりも白く透き通った肌を持っているなどの特徴があります。

一重や奥二重などのシャープな目元

塩系男子の特徴といえば、一重や奥二重などのシャープな目元も挙げられます。

こういったシャープな目元から、冷たくクールな印象を受けることも塩系男子には多いかと思います。

しかし、笑ったときに目が細くなることで優しい雰囲気になり、笑顔の可愛さにキュンとくる女性も少なくないでしょう。

すっきりとした顔立ち

塩系男子の特徴として挙げられるのが、塩のようにすっきりとした顔立ちです。

フェイスラインがすっきりとしていて、目元はスッと細く、ヒゲが薄く肌が白いなどの全体的にあっさりとした顔立ちの為、中性的な雰囲気を感じられることも多いです。

ソース顔などの濃い顔立ちにはあまり惹かれないという女性には、塩系男子のすっきりとした顔立ちはとても魅力に感じやすいかと思われます。

細身だけど男らしい体つき

塩系男子はすらっとモデルのようにスタイルのいい特徴があります。

色白で細身というと、あまり鍛えてなさそうなイメージがありますが、実は筋肉があって男らしい体つきをしているなど、塩系男子は体型にもギャップがあるようです。

ヒョロヒョロっとした男性よりは、身体が程よく締まっている男性のほうが女性からの人気も高いため、こういった一面も塩系男子の魅力と言えるでしょう。

セクシーな雰囲気がある

塩系男子は中性的な雰囲気がありながら、ふとした瞬間に感じられる筋肉のついた腕や背中や骨ばった指などに男性としてのセクシーさを感じられるところが特徴として挙げられます。

パッと見は女性らしい細身の印象である塩系男子ですが、ふと男性としての色気を感じられるのでドキッとする女性も少なくないでしょう。

スポンサーリンク

塩系男子のファッション

個性的なものよりシンプル系

塩系男子は個性的なファッションよりも、Vネックのシャツやカーディガンなどのシンプル系なファッションが似合うとされています。

見た目があっさりしていることもあり、シンプルな服装がマッチするようですね。

清潔な印象を受ける塩系男子が多いでしょう。

ヘアスタイルも黒髪でナチュラル

塩系男子はすっきりとした見た目もあり、ヘアスタイルもナチュラルなものが似合うようです。

黒髪であってもダサさは感じられず、むしろ清潔感とナチュラルさがあって好印象になることも多いです。

パーマをゆる~くかけたヘアスタイルだと、より塩系男子にマッチしやすいようです。

眼鏡男子

薄い顔立ちの塩系男子が眼鏡をかけると、より魅力が引き立つと言われています。

スッとしたクールな目元なので、より眼鏡が似合う傾向があるのかもしれません。

眼鏡を掛けることで物静かで真面目なイメージが強まり、好青年な雰囲気が感じられやすいかもしれませんね。

どう違う?塩系男子と醤油系男子の違い

ソース顔は顔がくっきりしていて濃いなどのイメージでわかりやすいと感じる方も多いかもしれませんが、ソースよりは薄いとされる醤油系は一体塩系とどう違うのだろうと悩む方も多いのではないでしょうか。

よって塩系男子と醤油系男子の違いをまとめてみましたので、よかったらご参考にどうぞ。

目元が細いかそうでないか

まず醤油系男子と塩系男子の大きな違いは、目元にあります。

塩系男子は一重や奥二重などのスッとした目元ですが、醤油系男子はくっきりとした目元が特徴です。

ソース顔のような濃さはないけど、塩系か醤油系どっちかわからない時は、まず目が細いかそうでないかを確認してみるようにしましょう。

体型にギャップがあるか

塩系男子は、細身であるにも関わらず実は細マッチョというようなギャップを持っています。

よって、塩系男子か醤油系男子かを見分ける際は、体型が細身なのに筋肉がついているかなども判別要素になるでしょう。

色白の細身で運動してなさそうなのに、腕捲りをしたらわりと筋肉ついてるなぁと感じたら、塩系男子に当てはまるでしょう。

肌の色に大きな違いがある

目以外にも塩系男子と醤油系男子には違いがあります。

醤油系男子は肌にこれといった特徴はありませんが、塩系男子は色白という特徴があります。

塩に例えられることもあり、肌が白いかどうかも塩系男子かどうかに関わってきますので、肌の色にも注目して判別してみると良いですよ。

塩系男子はモテない?モテる?

塩系男子は雰囲気イケメンなんて言われることもあり、「実はモテないんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、塩系男子の魅力は女性からモテるのに十分なほど備わっています。

以下で塩系男子のモテる要素である特徴をまとめてみました。

ギャップがある

まず塩系男子の魅力は、色白であったり細身だったりと女性らしい繊細さがあるにも関わらず、実は男らしい部分がふとした瞬間に感じられるところにあります。

女性っぽくてナヨナヨしてるのかと思えば、実は男らしく女性を引っ張っていくような頼もしさがあったり、クールな印象かと思えば穏やかで人懐っこい笑みを見せたり、細身で鍛えてないのかと思えばしっかりと筋肉がついてるなど、男性としての魅力が感じられるギャップが多くあるところが女性にモテると考えられるでしょう。

心理学では、良い印象だった人にさらに良い一面を知ったときよりも、悪い印象だった人に良い一面を見つけたときのほうがプラス効果が大きく感じられると言われています。これをゲイン・ロス効果と言います。

このゲイン・ロス効果は、つまり恋愛で言うギャップに当てはまるわけですが、塩系男子のマイナスな印象は実際に話したり接触した時に大きくプラス印象になりやすいため、女性からの人気があると考えられるでしょう。

シンプルで清潔感がある

清潔感というのはとても大事ですよね。見た目の印象があっさりしていることもあり、シンプルな服装が似合うのも塩系男子の魅力です。

派手な印象の男性に抵抗があったり、女遊びしてそうというイメージを持つ女性もいることから、黒髪や無造作ヘアな清潔感のある髪型やVネックやカーディガンなどのシンプルな服装が似合う塩系男子は、女性ウケも良いことが多いでしょう。

派手さのない服装や髪型に加え、眼鏡が似合う特徴などもあり、真面目な印象に感じられやすいことも塩系男子の魅力的な部分なのかもしれません。

恋愛にガツガツしていないのに色気がある

塩系男子は恋愛に対してあまりガツガツとしていないようです。

そこまで自分から恋愛に積極的になることはなく、機会があれば恋愛を楽しむといった感じのようですね。

しかし、塩系男子には中性的な雰囲気のためか色気がある特徴があるため、自然と惹きつけられる魅力を持っています。

恋愛に対してギラギラしすぎていると、警戒心を持ったりドン引きしてしまう女性も少なくありませんので、こういった塩系男子のガツガツしていないのに色気があるという特徴は、女性がつい気になってしまう存在になりやすいのかもしれません。

スポンサーリンク

塩系男子はとても魅力的

塩系男子についてご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。

意外にも塩系男子にはギャップが強いというところが最大の魅力なのではないかと個人的には思います。

近寄りがたい印象はあるかもしれませんが、身近に塩系男子がいるなら話しかけてみると印象が大きく変わるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事