折り紙の復縁おまじない5つ

 

折り紙と折り鶴

復縁のおまじないには様々なものがありますが、折り紙を使った復縁おまじないは多いようです。

折り紙が余っているという人は、余った色の折り紙で復縁おまじないを試してみてはいかがでしょうか。

今回は、赤・緑×ピンク・黒・銀・金色の折り紙それぞれのおまじないについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

復縁効果のある金色の折り紙を使ったおまじない

復縁したい相手と再会する折り紙のおまじないです。

もう会えなくなった愛する人と復縁したい人にオススメ。

用意するもの

  • 金色の折り紙
  • ペン(なんでもOK)

おまじないのやり方

  1. 金色の折り紙の裏面に、復縁したい相手の名前を100回書く。
  2. 金色側が表になるようにして、鶴を折ります。
  3. その金の折り鶴を御守りのようにして、肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

おまじないの効果

金の折り鶴が復縁したい相手を引き寄せてくれる効果に期待できます。

再会する効果以外に、恋愛感情もあの頃のように熱い気持ちになってくれるのだとか。

スポンサーリンク

銀色の折り紙を使った復縁おまじない

効果が表れる期間が決まっているおまじないなので、「いつになったら効果が出るんだろう…」という不安を感じなくていい折り紙のおまじない。

用意するもの

  • 銀色の折り紙
  • ペン
  • はさみ

ペンの色は緑色がいいとも言われていますので、気になる方は緑色のペンを使用しましょう。

折り紙を切り抜けるものであれば、はさみでなくともカッターなどで代用しても構いません。

おまじないのやり方

  1. 銀色の折り紙をハート型に切る。なるべく綺麗なハートになるようにする。
  2. 折り紙の裏に相合い傘を書き、左側に自分の名前、右側に復縁したい人の名前を書く。
  3. 相合い傘と名前を書いたら、折り紙を小さく折り畳んで、1ヶ月間肌身離さず持ち歩く。

ハートは綺麗な形にするのは難しいので、鉛筆などで下書きを書いて、その線に沿ってハート型に切るのがオススメ。

おまじないの効果

1ヶ月以内に効果が出るおまじないと言われています。

1ヶ月以内に効果がなければ、失敗というわかりやすいおまじないです。

持ち歩く際は、胸ポケットなどの胸に近い場所に入れておくと効果的のようです。

スポンサーリンク

黒い折り紙で復縁するおまじない

紙飛行機

復縁したい相手には、もう恋人が出来てしまっている時に効果を発揮する折り紙のおまじない。

「どうしてもあの人じゃなきゃ…」という時に試したい復縁おまじないになります。

用意するもの

  • 黒い折り紙
  • 黒いペン
  • 復縁したい相手の恋人の名前

復縁したい相手の恋人の名前を書く為、できれば知っているほうが効果的。

名前がどうしてもわからない時は、別の方法で可能なので大丈夫です。

おまじないのやり方

  1. 黒い折り紙の裏面の右側に、復縁したい相手の名前をフルネームで書く。
  2. 左側に復縁したい相手の現在の恋人の名前を書く。※わからない場合、目を閉じて今現在の恋人を考え、思い浮かんだ名前を書きます。
  3. 復縁したい相手と現在の恋人をそれぞれ切り離すように、折り紙を半分に破きます。
  4. 現在の恋人のほうの紙を燃やします。※火の扱いには気をつけましょう。
  5. 復縁したい相手の紙を、細かく千切って川に流します。※川がない場合は、白い紙に包んでゴミ箱に捨てましょう。

おまじないの効果

二人の仲を引き離し、自分の元へと戻ってくる効果が期待できるようになります。

おまじないではありますが、略奪という形になります。

本当に結ばれたい相手に行うほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

赤色の折り紙を使った復縁おまじない

用意するもの

  • 赤い折り紙
  • ペン
  • 燃やす道具

最後に折り紙を燃やす為、火を使うことになります。

灰皿などもあったほうが良いかもしれません。

おまじないのやり方

  1. 赤い折り紙で鶴を作る。
  2. 右の羽根に復縁したい相手の名前を書く。
  3. 左の羽根に自分の名前を書く。
  4. 別れた原因となった喧嘩のことを思い出す。
  5. 折り紙を燃やす。

折り紙を燃やす際は、火に気をつけましょう。

おまじないのポイント

喧嘩のことを鮮明に思い出すのがポイント。

別れた原因となった喧嘩を鮮明に思い出すことで、折り紙を燃やす時に、その喧嘩のことも綺麗サッパリとなくなる期待が持てます。

別れた恋人も喧嘩のことを忘れて、あなたの大切さに気付いてくれることでしょう。

おまじないを行う際は消火がしっかりできる環境で行い、火の扱いに注意しましょう。

緑色とピンクの折り紙でする復縁おまじない

花の折り紙

用意するもの

  • 5cm×5cmの小さな緑色の折り紙
  • 5cm×5cmの小さなピンク色の折り紙
  • 赤いペン
  • 青いペン
  • 復縁したい相手と一緒に写っている写真(できれば小さいもの)

写真は一緒に写っているものが望ましいですが、無ければ一人ずつ写っている写真でも代用可能。

写真のサイズはなるべく小さいものがオススメ。

折り紙におさまるぐらいのサイズが良いので、プリクラなどが良さそうです。

もちろん2人が写っている写真であれば何でも構いません。

おまじないのやり方

  1. ピンク色の折り紙に、赤いペンで大きなハートを描く。
  2. そのハートの中に、復縁したい相手が好きだと言ってくれていた自分のチャームポイントを書く。※自分が思うチャームポイントでは駄目。相手が気に入っていたチャームポイントを書く。
  3. 次に、緑色の折り紙に青いペンで大きな丸を描く。
  4. 丸の中に、自分が思う復縁したい相手の一番好きなところを書く。
  5. 写真を用意する。
  6. 写真を小さく畳み、2枚の折り紙の間に挟む。
  7. 文字を書いた面を中表にして、糊付けにする。
  8. 色のついていない白い面が見える状態になり、2枚の紙に写真が挟まれている状態になればOK。
  9. これを適当に折り畳んで、財布にしまう。

おまじないのポイント

財布にしまったら、誰にも見られないようにすること。

財布に入れた折り紙と写真をなるべく意識して過ごすこと。

この2つを心がけるように気をつけましょう。

あとは復縁したいと強く願うことが一番のポイントです。

スポンサーリンク

まとめ

折り紙は様々な色が入っているものが多いので、今回ご紹介したおまじないで好きなものを試しやすいのが、折り紙おまじないの良いところですね。

他の色の折り紙で復縁効果のあるおまじないは、以下の記事でご紹介していますので、良ければこちらもご参考にどうぞ。

スポンサーリンク

おすすめ記事