恋愛に効く満月のおまじない!片思い・復縁・恋愛運アップなど嬉しい効果満載!

   2019/04/02

満月には目には見えないパワーがあるとされており、満月を利用したおまじないはとても効果に期待ができると言われております。

今回は満月の日に行う恋愛おまじないの紹介をしたいと思います。

片思いを成就させる両思いになれるおまじないや、元恋人との復縁に効くおまじないなど、恋愛に効果のある満月のおまじないを紹介していきますので、恋に悩める方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

片思いに効く満月の恋愛おまじない

満月と香水で恋に進展♡

満月と香水を利用した恋のおまじないで、相手の気持ちを自分に向けるようにしてくれると言われています。

用意するものは、香水・白い紙・ペンのみです。

  1. まず満月の夜に、好きな人を思い浮かべながら白い紙にその人のフルネームを3回続けて横書きします。
  2. その紙の裏に自分のフルネームを2回続けて書きます。
  3. その紙を四つに折ったら、翌日1日中肌身離さず持っておきます。
  4. 1日経ったら、自分の好きな香水をその紙に一吹きして、その紙を家の近くにある川に流します。
  5. 川がなければ、ゴミ箱に捨てましょう。

おまじないのやり方は以上になります。

使う紙は水に溶けるものを使ったほうが良いでしょう。

片思い中の方は、このおまじないで恋を進展させられるかもしれませんよ。

好きな食べ物と引きかえに…

次は好きな人との恋に進展がない方向けの恋愛成就の満月おまじないです。

まず満月に向かって「○○さん(好きな人の名前)と恋人になれますように」と願います。

そして、あなたにとって毎日欠かせないほど好きな食べ物を2週間断ちましょう。

大好きな食べ物を断つことによって、次の満月の日までに好きな相手との関係に進展をもたらしてくれると言われているおまじないにです。

好きな食べ物を2週間我慢し、辛抱強く恋の進展を待ってみましょう。

リンゴを使った満月のおまじない

次はリンゴを使った両思いになれるおまじないです。

赤く熟したリンゴ1つとリンゴに文字を彫れるような道具(ナイフなど)を用意します。

  1. まず満月の夜に、赤く熟したリンゴと文字を彫る道具を持って外に出ます。
  2. 外に出て腰をおろして落ち着いたら、好きな相手のことを思い浮かべます。
  3. 相手のことを考えながら、その好きな相手とどんな形になりたいのかリンゴに文字を彫って刻みこんでいきましょう。例で挙げるなら『○○(好きな相手の名前)は、○○(自分の名前)を好き』と彫ります。名前はフルネームで彫りましょう。
  4. 彫り終えたリンゴは、土に埋めます。理想は庭に埋めるほうが良いのですが、できないなら近くの土の中に埋めましょう。

庭以外に埋める際は、迷惑にならないことを前提に埋めましょう。

またこのリンゴは他人の目に触れないようにします。名前も書いてありますので、決して掘り起こされたりしないよう注意しましょう。

手鏡に愛しい人を映す

次のおまじないは、丸い手鏡を使った恋愛成就のおまじないです。

  1. まず正円形の手鏡を満月に向け、その鏡に満月の光を3時間ほど吸収させます。
  2. 手鏡を自然素材で出来た布に入れておきます。
  3. 毎日夜になったら、月を背にしながら手鏡に自分と月が映るようにして、好きな相手を想像しながら「満月のパワーをください」と7回唱えましょう。
  4. このおまじないは、満月の日から15回続けます。
  5. そして、15回やり遂げたら、最後に好きな相手を手鏡に映せばOKです。手鏡を好きな相手に渡してもOKです。

おまじないを行っている間は、決してその手鏡に自分以外の人を映さないようにするのがポイントです。

恋の障害を解消させる

年齢差だったり、好きな人に恋人がいたり、別れた相手に気持ちを寄せているなど、恋に障害があることで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

恋の障害に悩む方に、このおまじないはとてもオススメです。

用意するものは、水の入ったコップのみです。

  1. まず水の入ったコップを利き手で持ち、外に出ましょう。ベランダでも構いません。ただし、人に見つからないようにしましょう。
  2. 外に出たらコップを高く持ち上げ、コップの下から満月を透かして見ます。
  3. その状態で目を閉じ、貴方が好きな人との理想の形を言葉にして唱えましょう。例えば、「○○という障害を乗り越えて、○○さん(好きな相手のフルネーム)と結ばれたい」という風な感じで唱えます。
  4. 願いを唱えた後は、そのコップの水を飲み干します。この時、貴方の恋の障害が欠けていく月のように消えていくことを想像しながら飲みましょう。

恋の障害で片思いが実らないとお悩みの方は、ぜひこのおまじないに頼ってみてはいかがでしょうか。

満月に願いを込めて

使うものがいらないのに効果的という満月のおまじないの紹介になります。

  1. まず満月の夜、満月を見つめながら恋の願いを5回唱えます。
  2. 唱え終わったら月を見ないようにカーテンを閉めて、眠りにつきましょう。

簡単すぎて効果に疑いを持つかもしれませんが、このおまじないにはちょっとしたポイントがあります。

まず願い事を唱えている間は、決して満月から目を逸らしてはいけません。

そして満月がくっきりと見える状態でなければ効果がありませんので、雨の日や雲が多い日には注意してください。

スポンサーリンク

復縁に効く満月の恋愛おまじない

こちらは復縁効果にある満月のおまじないの紹介です。

片思いに効くおまじないのほうでも、復縁を望む方にオススメなおまじないがありますので、良かったら以下を見終えたら、片思いの方も見てみてはいかがでしょうか。

青の力で関係を取り戻す

このおまじないは、復縁願望が強い人ほど効果に期待ができるようです。

用意するものは、青い紙と青いペンです。

  1. まず満月の夜に、青い紙に2人が別れた原因を書き出します。何個でも構いません。別れた原因を具体的に書くほど効果に期待ができます。
  2. 次に、その青い紙を細かく破って燃やします。
  3. そして「私と彼(彼女)は結ばれます」と3回唱えましょう。

注意点としては、満月になってから24時間以内にやるほうが効果が得られやすいと言われています。紙に書く内容も、満月になってから考えたほうが効果的のようです。

更にお風呂などに入って、身を清めた状態で行うほうがより良いようですよ。

赤いロウソクで彼の心を取り戻す

こちらは満月の夜に行うことができる赤いロウソクを使った復縁おまじないで、女性にのみ効果があります。

赤いロウソク・小さな紙・ローズのアロマオイル・紫のペンを用意します。

  1. まず他の照明は消して、赤いロウソクに火を灯します。
  2. 紫のペンで紙に復縁したい相手の名前を書きます。
  3. 復縁しているところを強くイメージしながら、名前を書いた紙にローズオイルを数滴つけて息を吹きかけます。
  4. そして「エロダイ・ニマガウ・アスタロテ・オノモネラワ・ハダラコト・ロココン・○○(復縁したい相手のフルネーム)」を7回唱えます。
  5. 唱えたら、赤いロウソクのロウで紙を閉じるように垂らします。その紙が開かなくなるように裏表にロウを垂らして、紙を封印するようにしましょう。
  6. 最後に赤いロウソクの火を消します。息で消すとダメなようなので、手で風を送って消すなどにしましょう。

復縁効果を実感できたら、おまじないを解除する必要があります。

感謝を述べた後に「エマチロ・ドミニクト・アスタロテ」と唱え、呪物を土に埋めましょう。

解除する理由は、おまじないの効果で相手が愛しすぎるあまり嫉妬しやすくなるためです。

復縁したい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

写真に満月の力を与える

このおまじないは復縁したい相手と自分が写った写真を使うおまじないです。

使うものは、ボウルまたは皿・復縁したい相手とのツーショット写真・写真を入れる袋です。

  1. まずボウルや皿に水を張り、その水面に満月を映すようにします。
  2. 水面に満月が映ったら、2人の写真を袋に入れて水面に浮かべましょう。
  3. そして、月の女神アルテミスに「力をお貸しください」と強く願います。
  4. 願い終わったら、その写真を持ち歩くようにしましょう。

写真を入れる袋は、しっかりと満月の光を浴びさせるためにも、透明なものが良いかと思われます。

写真のにじみや歪みが気にならないのであれば、袋に写真を入れる必要はありません。そのまま水面に写真をお浮かべください。

スポンサーリンク

恋愛運アップに効く満月の恋愛おまじない

呪文で恋愛運アップ

満月の夜に以下の呪文を唱えると、恋愛運がアップすると言われています。

  • フロム・グラウンド・トゥ・エア
  • フロム・エア・トゥ・グラウンド
  • ドゥ・ユー・ライク・ミー
  • ドゥ・ユー・ラブ・ミー

満月の夜に窓を開け、明かりを消した部屋で唱えるようにしましょう。

月の明かりがしっかりと射し込むようにしてから呪文を唱えてくださいね。

運命の人とめぐり合える

このおまじないは必要な道具が多いおまじないですが、強力と噂されるおまじないで、恋愛における出会い運をアップさせてくれると言われています。

必要な物は、紫のキャンドル・キャンドルホルダー・正方形の白または紫の絹の布・ローズクォーツ4個・銀貨・コンパス(方角を調べる為)を用意します。

  1. まず満月の夜になったら、絹の布を広げ、四隅に4つのローズクォーツを置きます。
  2. 布の真ん中にキャンドルホルダーでキャンドルを立てたら、火をつけます。火の扱いには気をつけてくださいね。
  3. 次にコンパスで方角を調べます。
  4. 南の方角がわかったら、キャンドルの南側に銀貨を置きます。
  5. そしてキャンドルの炎を見つめながら「地球の四角から、本物の愛が私の元に集まります」と唱えましょう。
  6. あとはキャンドルを燃え尽きさせ、4つのローズクォーツを絹の布に包んでお守りにします。

ポイントは、理想の人を想像しないことです。

あくまでおまじないに運命の人を任せるようにさせますので、自分で特定の人を想像しないことが効果が発揮されるポイントです。

ガラス瓶のレモンキャンディー

このおまじないは、幸せを呼ぶと言われている満月のおまじないです。

恋愛のおまじないとしては微妙かもしれませんが、おまじないで運ばれてくる幸せがもしかしたら”恋愛の幸せ”として発揮してくれるかもしれませんので、試してみてはいかがでしょうか。

  1. ガラスの瓶にレモンキャンディーを入れます。
  2. そのレモンキャンディーが入ったガラス瓶を、一晩満月の光に当てます。
  3. 翌日にそのレモンキャンディーを仲の良い友達に配ります。
  4. そして、最後に残ったレモンキャンディーを自分が食べます。

最後に残ったレモンキャンディーを、自分が食べることによって幸せになれると言われています。

簡単にできるおまじないですので、手軽に試すことができそうですね。

スポンサーリンク

おまじないより効く?満月の恋愛ジンクス

満月にも色々な種類がありますが、それらの中には恋愛に効果を発揮すると噂される満月もありますので、それらにあやかって恋愛運アップを狙ってみるのもオススメですよ。

ブルームーン

同じ月の2度目の満月をブルームーンと言いますね。

このブルームーンを見た人は幸せになるというジンクスがあり、願い事を叶えるにはとても良い満月とも言われています。

しかしこのブルームーンは、新月に願ったことを再びブルームーンの日に願うと叶うとのことですので、ブルームーンの日にだけ願わないよう注意しましょう。

スーパームーン

地球が月に最も近付いた時に満月になっているものをスーパームーンと言います。

月が普段よりも近く、パワーもより吸収しやすいこともあるのか、スーパームーンも願望成就や恋愛運に嬉しい働きがあるというジンクスがあるようです。

ストロベリームーン

赤く見えるとも言われる特別な満月にストロベリームーンというものがあります。

赤い月というと不吉なイメージがあるかもしれませんが、このストロベリームーンは恋愛成就効果があるという噂があり、「好きな人と見ると両思いになれる」なんていうジンクスまであるのだとか。

恋愛成就効果に期待ができるストロベリームーンが見れる日におまじないをやるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

以上が満月のパワーを使ったおまじないの紹介でした。

満月には不思議な力がありますから、おまじないだけでなく月光浴などもオススメですよ。

満月の恩恵を色々試してみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事