恋愛に発展するLINEテクニック集!相手の気持ちを動かしたい方必見

 

LINEで気になる人と恋愛に発展したい!そんな風に考える人は多いのではないでしょうか。

直接会ってアプローチするのが難しい方や、普段なかなか会えない相手に恋してる方だと、LINEでのコミュニケーションはとても大切です。

よって今回は”LINEの恋愛テクニック”をご紹介!

恋が思うように進展しない方は、今回ご紹介するLINEの恋愛テクニックを駆使してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEから恋愛に発展する人は多い

今やメールよりLINEを使うという人が多くなっているほど、連絡ツールとして当たり前になっているLINEですが、気になる人との連絡もLINEという方が多いのではないでしょうか。

LINEは会えない時のコミュニケーションの一つですので、LINEを通じて仲良くなったという人も少なくありません。

好きな人だと、直接会って話すのは恥ずかしかったり、なかなか思うように話せないなんてことも珍しくないので、文字のやり取りで距離を縮める人は多いようです。

本記事では、LINEで恋愛に発展させる為のテクニックなどをご紹介しますので、ぜひご参考になればと思います。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

LINEで恋愛に発展させるテクニック13個

ハートの風船

相手の名前を入れる

LINEの文中に相手の名前を入れることによって、好感を持たれやすくする恋愛テクニックがあります。

これは心理学のネームコーリング効果といって、自分の名前を呼ぶ相手に対して好感を抱きやすくなるというものです。

これは声だけでなく、文字でも効果があると言われているので、LINEのやり取りでも活用することができます。

よって、もし名前を入れることができるなら、タイミングを見計らってさらりと相手の名前を文中に入れると良いでしょう。

一回のメッセージに沢山名前を入れてしまうと、相手に違和感を与えてしまうので気をつけてくださいね。

相手のお気に入りスタンプを使う

相手がよく使っているスタンプを使うのも、恋愛テクニックとしてオススメです。

同じスタンプを使うことで、距離を縮められる期待ができます。

同じスタンプを使うのは難しいという人は、相手の好きなキャラクターや芸能人などのスタンプを使うのもオススメです。

相手が好きなものであれば、親近感から親しくなれる期待ができます。

たまに返信を遅くする

返信をたまに遅くすることで、「なんで返信こないんだろう」と相手に自分を意識させることができます。

今までのLINEのペースを乱すことよって相手を不安にさせ、自分のことを考えさせるという恋愛テクニックになります。

ただあまりにも頻繁に返信を遅くしたり、数日~数週間経ってから返信すると、貴方の印象が悪くなる恐れがあるので、あくまで忙しかったと言い訳できるくらいがポイントです。

返信を遅くするのであれば、その日のうちか翌日までには返すと、悪い印象を与えにくいでしょう。

短文LINEでテンポ良くやり取りする

長文LINEは嫌がられるLINEの特徴の一つに含まれる為、注意しなければなりません。

読むのが面倒くさいと思われると、既読スルーや未読スルーの原因に繋がる恐れがあります。

よってLINEのメッセージは1~2行か、多くても3~4行くらいの文章量であれば相手に負担をかけずに済むので、返信されやすくなるでしょう。

LINEで恋愛感情に発展させるには、まず仲良くなる必要がありますから、テンポ良くやり取りできるように読みやすいLINEを心がけるようにしてみましょう。

絵文字やスタンプで感情表現

表情や声がないやり取りだと、相手がどんな感情なのか伝わりにくいところがあります。

文字だけのやり取りとなると、素っ気ない印象になることも少なくない為、なるべくLINEでは絵文字やスタンプなどで感情表現をするようにしてみましょう。

楽しい印象のLINEになれば、またやり取りしたいと思ってもらいやすいので、LINEの回数も増えて仲良くなれる確率がアップできます。

LINE頻度が上がれば相手との距離も縮まって、恋愛にも発展する期待が高まりますので、送るLINEが冷たい印象にならないよう気をつけてみましょう。

なるべく毎日LINEする

LINEで恋愛に発展させたいなら、なるべく毎日やり取りすることがポイントです。

「好きな人とは毎日LINEしたいけど迷惑かもしれない…」
「いくら好きでも、毎日LINEするのは面倒だから休みの時でいいや」

こんな風に遠慮がちだったり、連絡を億劫に感じてLINEの間隔を空けてしまうと、貴方がLINEをしないうちに、好きな人は他の異性と仲良くなってしまうかもしれません。

相手との関わりが少ないと、例え好きな相手であってもだんだん気持ちが薄まってしまったり、他の恋愛対象へと気持ちが移る傾向があります。

会えない時こそ、LINEでコミュニケーションを取ることで自分を意識させる期待ができますから、毎日少ないやり取りでもいいので、日頃からLINEしているほうが恋愛対象として見てもらいやすくなるでしょう。

質問LINEでやり取りを増やす

恋愛対象として意識してもらうなら、やはりLINEの頻度が多いほうが親密になれる期待は高まります。

なので「~ですか?」などの疑問文を送れば、相手に返信を促すことができ、自然とLINEの頻度をアップすることができるのでオススメです。

相手のことを知ることでこれからのコミュニケーションに活用することもできるので、質問LINEでやり取りの頻度を上げつつ、相手の情報を得ることができます。

相手の好きなものや趣味を知れば、意外な共通点から距離が縮まって、恋愛に発展することもあるでしょう。

さり気なくアピールして魅力を知ってもらう

LINEのやり取りをしていると、自分の話をすることもあるかと思います。

そんな時はさり気なく自分の魅力が伝わるようにアピールしてみましょう。

料理が得意なら手料理の写真を送ってみたり、ドライブが好きならドライブしに行った場所の綺麗な風景写真などを送ったりすれば、「家庭的な人」「ドライブデートを楽しめそう」などの魅力に繋がります。

魅力を知ってもらうことで、異性として見てもらえる期待ができて恋愛に発展しやすいですし、LINEのやり取りも増えるので、自慢っぽくならないよう気をつけながらアピールしてみるのがオススメです。

時間帯に気をつけてLINEする

既読スルーされやすいという方は、もしかしたら相手が返信する暇がない時間帯にLINEを送ってしまっている可能性があります。

相手は返信したいと思っていても、その時に返信ができなければ後回しになりがちです。

後回しにされると、そのままLINEの返信を忘れられてしまうということも少なくない為、相手の忙しい時間帯にLINEは送らないほうが良いでしょう。

仕事などが終わって、時間に余裕がある夜にLINEを送るようにすれば、返信もきやすくなり、落ち着いてLINEのやり取りがしやすくなりますよ。

相手の話も聞いて楽しいLINEにする

LINEで自分の話ばかり一方的に話していては、当然相手はつまらないですから、恋愛対象どころか面倒なかまってちゃんという印象になってしまう可能性があります。

話し上手は聞き上手とも言われているほどですから、相手の話を聞くというのは会話のコミュニケーションにおいて大切なことです。

よって自分の話だけでなく、相手の話もしっかり聞いてあげることで好印象になりやすいでしょう。

ミラーリング効果で好感度アップ

心理学にはミラーリング効果というものがあります。

これは、好意を抱く相手の表情や仕草を無意識に真似てしまうという効果があります。

そしてもう一つの効果に、自分と同じ動きをする相手に好感を抱きやすいというものもあります。

このミラーリング効果を狙って、LINEにおいても相手の真似をすると好感を抱いてもらいやすくなり、恋愛に発展する期待ができるでしょう。

よって相手がよく使う絵文字・顔文字・スタンプを真似たり、文章量や返信速度なども相手と同じくらいにすると、同じ感覚でLINEのやり取りをする貴方に好印象になりやすいでしょう。

ハートでドキッとさせる

LINEやメールの絵文字でハートを使われると、「どういう気持ちで送ったんだろう?」と相手は意識する傾向があります。

ハートは好意の匂わせや相手をドキッとさせて異性として見てもらいたい時に、手軽にできる恋愛テクニックとしてオススメです。

特に女性が男性に対してハートの絵文字を送ると効果に期待できるでしょう。

言葉でしっかり好印象であることを伝える

文字のやり取りだけで気持ちが伝わりにくいLINEですので、言葉でしっかり感情表現することも心がけましょう。

特に相手に対するプラスな言葉を使うと好印象になりやすいです。

「楽しい」「嬉しい」「面白い」「カッコいい」「可愛い」などの言葉は、恥ずかしがらずに素直に伝えるようにしてみましょう。

自分を良く思っているとわかれば、相手も恋愛対象として意識するようになりますので、顔が見えないLINEだからこそ素直な気持ちで接するのが効果的です。

スポンサーリンク

恋愛に発展させる為にLINEで気をつけること

遅過ぎる返信

恋愛テクニックとして、LINEの返信を遅らせることで駆け引き効果に期待できるとご紹介しましたが、だからといってあまりにも遅過ぎるのは良くありません。

数日~数週間経ってから返信されると、「どうしたんだろう?」という不安もなくなり、「今頃なに?」と不信感を抱かれたり、「恋愛対象じゃないからこんなに返信が遅いんだ」と解釈してしまう可能性があります。

恋愛テクニックの効果を狙って返信を遅らせる場合には、その日のうちか翌日には返すようにしましょう。

日記みたいなLINE

返信に困るLINEの特徴として多いのが、日記のような内容のLINEです。

「ご飯食べた」「疲れた」などは、最初のうちは「何食べたの?」「お疲れさま!」などの返信をしてくれたりしますが、次第に毎度そのようなLINEが送られると「だから何?」と既読スルーされるようになります。

独り言のようなメッセージはリアクションに困ってしまうので、質問LINEにするなどして、相手が返信しやすいメッセージを送るように心がけましょう。

追撃LINEは送らない

相手からの返信が来ないと、ついつい再度LINEしてしまう人もいるかと思いますが、返信する前に再度LINEされると、しつこい印象を持たれてしまう可能性があるので注意が必要です。

特に「返信ないけどそんなに忙しいの?」などのLINEは、相手からすると催促されている気分になる為、印象を悪くしてしまう可能性があります。

基本的には追撃LINEは送らず、返信されるまでしばらく待つようにしましょう。

3日ほど返信がない場合は、新しい話題で気持ちを切り替えてLINEするのがオススメです。

それでも相手から返信がない場合は、脈なしの可能性が考えられるかもしれません。

質問しすぎない

質問LINEはやり取りを長くするのにオススメですが、あまりにも質問ばかりしていると鬱陶しがられるので注意が必要です。

親しくない人には自分のことを話したくないという人もいるので、質問LINEばかりしてくることに嫌気が差して、既読スルーや未読スルーに繋がる恐れもあります。

よって質問LINEは、話すキッカケ作りや会話が終わりそうな時などに送るようにするのがオススメです。

1日に何度もLINEしない

好きな人とは1日に何度もLINEしたくなりますが、1日に何回もLINEがくると鬱陶しくなる人もいる為、気をつけたほうが良いでしょう。

基本的には、一度のLINEで何通かやり取りして終わったら、次の日までLINEしないほうが無難です。

1日でたくさんのやり取りをするより、少ないやり取りでも毎日LINEしたほうが距離も縮まりやすいので、1日に何度もLINEを送ってしつこい印象を与えないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

相手に恋愛感情があるかLINEでチェックするポイント

スマホをチェックする女性

恋人や好きな人がいるか聞かれる

気になる異性が出来たら、アプローチをしていい相手なのかチェックしたくなりますよね。

恋人がいる異性にアプローチをしても相手にされないですから、大抵は早めに相手の恋愛状況を知ろうとします。

なので、恋人がいるか聞かれたら異性として意識されているサインの可能性があるでしょう。

好きな人がいるか聞いてくる場合にも、恋愛対象として見られている可能性がありそうです。

恋愛話が多い

LINEでやり取りしていると、相手から恋愛話を振ってくることが多いという場合、貴方に対して恋愛感情を持っている可能性がありそうです。

気になる異性には好きなタイプや過去の交際人数など、恋愛の話について聞く傾向があります。

LINEで恋愛について度々聞かれるという方は、相手の方から恋愛対象として見られているかもしれません。

向こうからLINEしてくることが多い

好意を抱く相手には「話したい」「距離を縮めたい」「異性として見てほしい」などの心理を持つ傾向が多いですから、向こうからLINEしてくることが多いという場合、恋愛対象として見られている可能性があるでしょう。

普段はあまり話さない人でも、文字のやり取りでコミュニケーションが取れるLINEでは積極的になるということも少なくありません。

興味のない相手とのLINEは面倒くさいと感じる人が多いので、わざわざ向こうからLINEしてくることが多いというのは、貴方と話したい気持ちが強いことが考えられるでしょう。

休日の予定を聞かれる

休日の予定を聞かれることが多い場合、恋愛対象として見られている可能性があります。

休日の予定を聞く心理には、予定が空いていたら貴方をデートに誘おうか考えていたり、他の異性と会っていないかチェックしていることが考えられるでしょう。

頻繁に休日の予定を聞かれるけど、なかなかデートに誘われない場合は、断られて傷つきたくなかったり、好意に気づかれて貴方に避けられるかもしれないという不安から、勇気が出ないのかもしれません。

可能なのであれば「暇だから映画でも観に行かない?」などのように貴方から言ってみると、今の関係から恋愛へと発展するキッカケになるでしょう。

誘われることが多い

食事や遊びに誘われることが多いなら、恋愛対象として見られている可能性がありそうです。

特に二人きりで会いたがるようであれば、異性として意識している可能性が高いでしょう。

LINEのやり取りの流れで「じゃあ今度の休み遊びに行こうよ」と言われることが多いなら、もっと貴方と距離を縮めたい心理が考えられそうです。

遊んだ相手のことを気にする

貴方が友達と遊びや食事に行ってきたという話をした時、誰と行ってきたのか気にしているようなら、もしかしたら相手は恋愛感情を持っているのかもしれません。

特に性別を気にするようなら、貴方に親しい異性がいるのか気にしている心理が考えられるでしょう。

貴方に興味がなければ、友達が異性なのかどうかはあまり気にしないはずです。

しかし恋愛感情を抱いていれば、他に親密な相手がいるのか、その相手のことをどう思っているのか、二人きりのデートだったのかなど、色々気にしてしまう傾向があります。

よって、遊びに行ったことについて聞かれるより、誰と遊びに行ったのかをLINEで聞かれることが多いなら、貴方に好意を寄せているのかもしれません。

肯定することが多い

好きな人の考えや意見には、嫌われたくないという心理から、否定しない傾向があります。

もし貴方が「あの芸能人ってさ~…」「あれいいよね~…」などのように言って、相手が肯定することが多いなら、貴方からの印象を悪くしたくないのかもしれません。

もちろん考えや価値観が似ているだけということも考えられますので、前の発言と違っても同調してくるようなら、脈ありの可能性がありそうです。

やり取りが長く続く

興味がない異性とのLINEは、面倒に感じたり無駄な時間と思う人も少なくありません。

特に男性は、用もなくダラダラと続けるLINEを苦手に感じる傾向があるようです。

しかし、好きな人であれば他愛のない話でダラダラとLINEをすることにも楽しいと感じやすいので、長くやり取りが続く傾向があります。

どんな話でも付き合ってくれることが多いなら、貴方に対して恋愛感情があり、もっと話したいと思っているのかもしれません。

LINE通話で話すことも多い

LINEには文字のやり取り以外にも通話ができますが、もしメッセージのやり取り以外にLINE通話をしてくることが多いのであれば、好意を寄せられているのかもしれません。

勿論好意ではなく、文字を打つのが面倒くさいから電話で話すほうが楽という理由の人もいます。

なので見極めとしては、他愛のない話でも長くLINE通話してくれるか、もしくは貴方の話を聞いてくれているかをチェックしてみましょう。

用件だけ伝えてすぐ切ったり、貴方の話をちっとも聞く気がない場合は、恋愛感情があるか見極めるのは難しいでしょう。

ミラーリングしてくる

恋愛テクニックのほうでもご紹介しましたが、心理学には好意を抱く相手の表情や仕草を無意識に真似るミラーリング効果というものがあります。

もし、貴方がよく使う顔文字やスタンプを相手も使うことが多くなったと感じるなら、ミラーリングをしているのかもしれません。

ミラーリング効果は、自分と同じ動きをする相手に好感を抱きやすくなるという効果もあるので、もしかしたら無意識ではなく意図的に貴方に好かれようとしている可能性もあるでしょう。

おはようLINEがくる

おはようLINEが送られてくることが多い場合、恋愛感情を持っている可能性があります。

朝の忙しい時間や休みの日にわざわざ興味のない異性に対して、おはようLINEを送る人は少ないです。

わざわざおはようLINEを送ってきた心理には、朝起きて一番に「おはよう」と言いたかったのが貴方という可能性が高いでしょう。

おはようLINEでコミュニケーションを取ることが多いなら、相手は貴方に恋愛感情を抱いているのかもしれません。

まとめ

以上がLINEで恋愛に発展させるテクニックなどについてでした。

会えない時こそアピールすることが大事です!

せっかく相手のLINEを知っているなら、積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

少しずつ距離を縮めて、恋愛に発展できるよう頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事