LINEで話すきっかけの作り方!好きな人に自然と連絡できるコツとは

好きな人とLINEをしたいと思っても、何をきっかけに話せばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

距離を縮めたいのにコミュニケーションができないままはもどかしいですよね。

今回は好きな人とのLINEで話すきっかけ作りをご紹介致します。

「なんのきっかけでLINEしたらいいかわからない!」という方はぜひ参考になさってみてくださいね。

スポンサーリンク

LINEで話すきっかけの作り方

相談する

仕事の相談や人間関係の相談など、悩みを話すというきっかけでLINEをするのは決して珍しいことではないので、自然さがあってオススメです。

ただし、相談し過ぎてしまうと相手に負担をかけてしまいますので、なんでもかんでも相談をきっかけにLINEするのは控えたほうが良いでしょう。

どうしても悩みがあって、「どうせなら好きな人からアドバイスが欲しい」という時をきっかけにLINEで話すようにしてみると良いかと思います。

映画に誘う

映画は新作が次々と出ますので、好きな人が気になっている映画もきっとあるはず。

LINEで「一緒に映画観に行かない?」と連絡すれば、話すきっかけにもなりますし、好きな人とお出かけすることもできます。

映画にはアニメ・アクション・恋愛ものなど様々なジャンルがあるので、相手の好きなジャンルを聞いておいた上で映画に誘えば、成功する確率がアップします。

例えばアニメ好きな人なら、新作のアニメ映画を観に行こうとLINEで誘ったほうが、相手も観に行きたいと思ってくれますのでOKされやすいでしょう。

LINEで話すきっかけ作りをしつつ、好きな人とデートにも行きたいと考える人は映画がオススメですよ。

遊びに誘う

映画は数人で行くことも少なくはないですが、基本的には二人きりということが多いです。

なのでまだ二人きりで出かけるのは難しいという方は、複数人で会う話を持ちかけるのをきっかけにLINEしてみてはいかがでしょうか。

「今度の日曜日遊ばない?○○ちゃんと○○くんもいるよ!」という風に遊びに誘うのをきっかけにLINEすれば、自然と話すことができます。

相手だけ誘うと好意を抱いているかがわかってしまいますが、複数人でならその心配もありません。

もう少し相手と距離を縮めてから、二人きりでデートしたいと考える人は、他の人と一緒に遊ぶことを話した上で遊びに誘うLINEを送るのが良いでしょう。

教えてもらう

何かを教えてもらうのをきっかけにLINEをするのも自然です。相手が得意とするもので教えてもらうと良いでしょう。

相手が全く詳しくもないことを聞いてしまうと「なんで俺(私)に聞いてくるの?」と感じてしまいますので、あくまでも相手が詳しいことを聞くようにしましょう。

機械のことに詳しい人ならパソコンやスマホについて聞いてみたり、料理が上手い人なら調理のアドバイスを教わってみるなどが良いでしょう。

教えてもらうという形だと、突然LINEしても不自然ではないですし、相手の詳しいことを聞けば反応してもらいやすいですから、LINEで話すきっかけ作りとして何かを教えてもらうというのはオススメです。

写真を送る

写真は相手が反応してくれやすく、どんな文章を送ろうか考えなくていいので、LINEで気軽に話すきっかけを作ることができます。

旅行の写真、料理の写真、町で見かけた面白いものなど。文章であれこれ伝えるよりも、一枚の写真を送ってくれたほうが「美味しそう!」「旅行楽しかった?」「なにそれw」など相手もリアクションをしやすいです。

ちょっとユーモアが含まれた写真のほうが会話を広げやすいかもしれません。

もし何か話題にできそうなものがあったら、写真に撮っておいてLINEで話すきっかけ作りにしてみましょう。

スポンサーリンク

LINEの話すきっかけとして好印象になる話題の共通点

好きな人とLINEで話すきっかけ作りにはどんなものが喜ばれやすいのか共通点をご紹介します。

相手の好きなもの

LINEで話すきっかけとして、相手の好きなものの話題は喜ばれやすいです。

好きなものについてだと、普段口数が少ないおとなしい人でも饒舌になるほど熱く語ることは珍しくありません。

好きな芸能人や音楽、ハマっている趣味などの話題であれば、相手とのLINEも盛り上がりやすいでしょう。

好きなものに共感を示すと好感を抱く人も多いので、LINEで話すきっかけにしつつ好感度アップも狙うなら、相手の好きなものについて話題にしてみましょう。

前に話したことを話す

相手が以前話していたことをLINEのやり取りで話すと喜ばれやすいです。「言ったこと覚えててくれてたんだ」と相手は嬉しい気持ちになります。

そういえば、お母さんの体調大丈夫?良くなった?

○○くんが好きな漫画、今度アニメ化するんだね!

などのように、相手が以前言っていた情報を話すことで好印象になりやすいです。

好きな人のことだと、どんな小さなことでも覚えている人は多いかと思いますが、なるべく他愛のない会話の内容でもしっかり覚えておくとLINEで話すきっかけが増えますよ。

頼りにしてくれる

人に頼るのは迷惑が掛かるかもしれないから気が引けると考える人も多いかもしれませんが、意外と頼りにされる側はそこまで悪い気はしないものです。

特に男性の場合、女性から頼りにされたいと思う傾向がありますので、そこまで面倒事でないなら男らしいところを見せようとする人は多いです。

また相手の知識を借りるような場面では、相手が得意とする分野であることも多いので、頼りにされている側としては優越感に浸れたり、好きなことであれば熱く語ることができるので、不快感を抱くことは少ないでしょう。

お世話になったらお礼を言うことは当たり前ですが、しっかりと「ありがとう」を言える人間であることも好印象になれる期待が持てます。

ユーモアがある

ユーモアのあるLINEだと、ついリアクションしたくなるので反応してもらいやすくラリーも続きやすいです。

ユーモアのある文章を送るのが難しい人でも、クスッと笑える写真を撮って送ったり、ネットで話題の面白い動画を利用すれば、LINEで話すきっかけとしてとても手軽です。

楽しいものを共有することで、顔が見えないLINE上でもグッと距離が縮まるのでオススメになります。

これ面白いなと思ったものは、好きな人とLINEで話すきっかけにしてみましょう。

スポンサーリンク

好きな人とのLINEで話す時に距離を縮めるテクニック

なるべく短文

長文は読むのが面倒くさいと感じる人が多く、返信後回しにされたり、そのまま返信を忘れられる原因にもなります。

なので、なるべくLINEは短文を送るようにするのが好印象にもなれてオススメです。

長くても3行くらいまでにするようにして、相手に負担をかけないようなLINE文を心がけましょう。

相談をされた時などは、長文のほうが親身になっていることが伝わるので、場面によって文章の長さを意識すると好感度アップに繋がります。

テンポ良く返す

テンポの悪いLINEは相手に不快感を与えることも多いので、テンポ良く返すことが好印象になれます。

LINEの返信が遅かったり、逆に早すぎる場合でも相手は疲れてしまいます。

相手の返信速度に合わせて返すようにすると、心地良くLINEのやり取りができて好印象になれるでしょう。

スタンプなども駆使して、テンポ良くLINEにするとさらに楽しいやり取りが期待できます。

スタンプまねっこ

相手のお気に入りスタンプを使うことで好印象になる期待ができます。

心理学にはミラーリング効果というものがあり、自分と同じ動きをする相手に好感を抱きやすいと言われています。

日常でする表情や言動だけでなく、LINEやメールなどの文字のやり取りでも効果に期待ができるのでオススメです。

LINEはスタンプで会話することも少なくないので、相手のお気に入りスタンプを真似してミラーリングを試してみてはいかがでしょうか。

文章に相手の名前を含める

LINEの文章は用件だけ伝えるよりも、相手の名前を含めることによって好印象になる期待ができます。こちらも先ほどのミラーリングと同様に心理学を利用したテクニックです。

ネームコーリング効果といって、自分の名前を呼ぶ相手に対して好感を抱きやすいという効果があります。

普段会って会話する時以外にも、文字でのやり取り上でも効果に期待ができますので、LINEで話す時には相手の名前を入れるようにしてみるのがオススメです。

ただし、何回も名前を呼びすぎてしまうと違和感や不快感を与える可能性がありますので、程よく名前を入れるようにして自然さを心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。きっかけ作りの種類と特徴を把握していれば、LINEで話すきっかけ作りもバリエーションが増えます。

LINEでのコミュニケーションが増えれば、相手からの印象も変わり恋の進展に期待ができるはずです♡

ぜひ今回ご紹介したきっかけ作りで、気になる人とのLINEで話す参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました