女性の言動 女性心理 男性の言動 男性心理

電話したいという心理とは。付き合ってない男性や女性なのに何故?

異性から「電話したい」と言われたことはないでしょうか?

パートナーから言われるのであれば疑問に感じることはないですが、付き合ってない異性から言われると不思議に思いますよね。

今回はそんな電話したいと言う男性や女性の心理についてご紹介したいと思います。

また、脈ありサインの見極めポイントについてもご紹介しますので、疑問に感じている方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

電話したいという心理

ベッドでゴロゴロする女性

文字ではなく声を聞きながら話したい

「電話したい」と言う心理には様々なものがありますが、最も期待できるのが好意の可能性です。

好きな人とは「会いたい」「話したい」という気持ちになるもの。そんな気持ちを満たしてくれるのが電話です。

文字だと伝わりにくいことも、声を聞けば楽しそうだったり不満そうだったりと感情が伝わってきます。

なので、LINEやメールのような文字のやり取りではなく、好きな人の声が聞ける電話のほうがコミュニケーションとして望ましいからという心理が一つとして考えられるでしょう。

癒やされたい

寂しくなったり辛いことがあった時、好きな人に無性に会いたくなったりする人もいるのではないでしょうか?

LINEやメールのような文字であっても、好きな人から言葉を貰えるというのは嬉しいものですが、どうせならもっと近くに感じたいもの。

例え会えなくても、電話で好きな人の声を聞いて話すと、癒やされたり元気がもらえると感じる人は多いです。

なので、そういった癒やされたい心理から好きな人の声が聞ける電話をしたいと言う人も少なくありません。

心配していたから

貴方のことを心配していた人だと、ちゃんと声が聞ける&話すことができる電話を希望する傾向があります。

体調の具合だったり、頼んでいた用件は無事に済んだのかなど、とにかくちゃんと話さないと落ち着かない心理状況だと、「電話したい」と言う人は珍しくありません。

また、長い間連絡を取り合ってない場合でも、「元気にしてるかな?」と電話で話したくなる傾向があります。

よって、相手が貴方に何か確認をしたい状況であると、電話したいという心理になるでしょう。

話したいけど文字を打つのは面倒だから

LINEやメールなどの文字を打つ作業が面倒くさいという人は珍しくありません。特に男性はそのような傾向があります。

話したい気持ちはあっても、文字を打つのが面倒くさい人からすると、LINEやメールで長時間のやり取りは苦痛なものです。

しかし、電話であれば打つ手間がないですから、LINEなどが苦手な人は電話を好みやすい傾向があります。

よって、好意の可能性もなくはないですが、ただ単に友達として話したいだけという可能性もあり得るでしょう。

話が長くなりそうだから

盛り上がりそうな趣味の話題やプライベートの話題だと長くなることもありますから、ちまちまと文字を打つより直接電話で話して語り合いたいということもあるでしょう。

また、用件が多い&具体的に説明したいという時は、LINEやメールなどで文字を打ってる暇があるなら口で説明したほうが早いと考える人も少なくありません。

よって、話したいことが沢山ある&話が長くなるという場合だと、電話したいと言う心理になるでしょう。

伝えなければならない仕事などの用件であれば、好意の可能性は低くなります。

他愛のない話であれば、「友達や仲間として長話をしたい」もしくは「好きな人の声を聞きながらコミュニケーションを取りたい」という心理が考えられるでしょう。

意識してほしい

「電話したい」と言う人のなかには、相手に意識してほしい心理が隠されている場合もあります。

「電話したい」と言われて、貴方は「なぜLINEではなく電話がしたいんだろう?」と疑問に思ったのではないでしょうか?

パートナーなら珍しいことではありませんが、付き合っていない異性だとやはり好意の可能性を考える人は少なくないかと思います。

つまり、そういった違和感を与えることによって、貴方が好意の可能性を疑い、異性として意識してくれるようになることを期待しているわけです。

よって、「好きな人を振り向かせたい」という心理から、電話したいと言っている人もなかにはいるでしょう。

モテたいから

「電話したい」と言われたらドキッとしますし、LINEよりも距離は縮まる可能性もあります。

わざわざ電話がしたいなんて言ってくるなんて「自分は相手にとって特別な存在なのかも」と少なからず思ってしまうものです。

なので、女好きや男好きはそんな心理が働くのを狙って、電話をしたがることも珍しくありません。

つまり、先ほどは好意から意識させようとしていましたが、こちらの心理では

  • 都合の良い存在が欲しい
  • ゲーム感覚で恋愛を楽しみたい
  • 異性の繋がりを途絶えさせたくない
  • モテて優越感に浸りたい

などの心理から異性に「電話したい」などと思わせぶりな発言をしているだけという場合もあるのです。

電話したいと言われると、自分にだけ言われているように思えますが、裏では他の異性にも言っている可能性も考えられなくはありません。

スポンサーリンク

電話したいという人の脈ありサイン

ウサギのスマホ

声が聞きたいと言ってくる

「電話したい」しか言わないなら単なる暇電の可能性がありますが、「声が聞きたい」と言われたなら脈ありサインになるでしょう。

なんとも思っていない異性に対して、「声が聞きたい」とは普通言いません。

話したいという気持ちもあるけど、電話を通じて話すのが目的というよりは、ただ好きな人の声を聞いて癒やされたいだけという心理のほうが強いのでしょう。

ただし、貴方が心配をされるような状況なのであれば、好意がなくても「声が聞きたい」と言うことはあるかもしれません。

酔っている状態で電話したがる

酔うと理性がなくなりやすい為、その人の本性が見えたり本音が聞けることも少なくありません。

恋愛に関わることだと、好きな人に対して積極的になったり甘えたりするなど素直になる傾向があります。

その為、相手が酔っている時に電話をしたがるようなら脈ありサインかもしれません。

いつもは「電話したい」なんてなかなか言えないけど、酔って理性が薄れたことによって、好意のままに行動している可能性があるでしょう。

疲れているのに電話してくる

体力的にも精神的にも疲れている時は、あまり人と関わりたくないものです。

しかし、好きな人であれば「こんな時にあの人がいてくれたらなぁ」と疲れていても話したくなるもの。

なので、忙しい時だったり落ち込んでいる時などにわざわざ「電話したい」と言ってくるようなら脈ありサインかもしれません。

好意を寄せる貴方に癒やしを求めていることが考えられるでしょう。

他愛のない話でもしっかり聞いてくれる

暇電の人に多いのが、自分の話ばかりで相手の話をちゃんと聞かないということです。

一方的に話すだけ話して終わったり、興味のない話には全く聞かないなどの態度が目立ちます。

しかし、好きな人であれば話すことが目的ですからどんな会話でも楽しんでくれますし、本来は興味のない話題であっても、好きな人のことであれば関心を持つ傾向があります。

なので、貴方が他愛のない話をしても、リアクションを取ってくれたり楽しそうにしてくれるのであれば、好意を持っている可能性があるでしょう。

スポンサーリンク

電話したいという男性や女性についてのまとめ

アイスコーヒーと新聞紙

以上が「電話したい」という心理や見極めについてでした。いかがだったでしょうか?

それでは、今回の記事のまとめです。

電話したいという人の心理は

  • 声を聞いて話したい
  • 癒やされたい
  • 心配だから
  • 話したいけど文字を打つのは面倒
  • 話が長くなりそうだから
  • 意識してほしい
  • モテたいから

7つになります。

電話したいといっても、必ずしも好意というわけではありませんが、先ほどご紹介した脈ありサインに当てはまるものがあるなら可能性があるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました