男性の視線に隠れた心理と好意のサイン5つ

 

男性の視線には特別な意味が込められていることが多い?

男性の視線に隠れた好意のサインをご紹介!

貴方の身近な男性も、送る視線で好意を伝えているかもしれません。

見逃さないようにチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

男性の視線は気持ちが表れている

人から見られるというのは気になるものですが、身近な男性からの視線だとより気になりますよね。

何回も目が合ったりすると、その男性に好意があるのか知りたくなるもの。

男性には狩猟本能というものがありますので、女性の視線よりも意味が込められている可能性が高いです。

貴方の身近な男性も、その視線には好意のサインが含まれているかもしれません。

それでは早速、視線の特徴別に好意のサインかどうかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

男性の視線に隠れた好意のサイン5つ

じっと見つめてくる

じっと見つめてくる男性がいるのであれば、好意の可能性を考えて良いかもしれません。

男性は好意を寄せる女性に、つい視線を集中させてしまう傾向があります。

好きな人をじっと見つめるというと照れてしまいそうですが、男性は好きだからこそ思わずじっと見てしまうということが多いです。

なので、会話中でも遠くにいる場合でも、男性の視線がじっと貴方に向けられているのであれば、好意のサインである可能性が考えられそうです。

目が泳ぐ

男性の視線が交わることがなく、会話中などに目が泳いでいるのであれば、好意のサインかもしれません。

好きな女性をじっと見つめてしまう男性もいれば、照れてしまってなかなか目を合わせることができないという男性もいます。

ただし、女性とのコミュニケーションが苦手な男性だと、相手が女性というだけで緊張したり照れてしまう男性も少なくないので、他の女性に対しても同じように目が泳ぐかチェックしましょう。

貴方に対してだけ視線を合わせないような傾向があるなら、好意を寄せられているのかもしれません。

何度も目が合う

たまに目が合う程度なら、好きな相手でなくてもよくあることですが、何度も目が合うというのは好意のサインかもしれません。

頻繁に視線が交わるというのは、それだけ貴方を気にして見ていることが考えられます。

好きな女性のことはジッと見つめたり、狩猟本能で目で追う傾向のある男性ですので、何度も目が合うというのは十分好意を持っている可能性があるでしょう。

目が合うと視線を逸らされる

目が合うと視線をスッと逸らす男性は好意が無いように感じますが、実は脈ありサインの可能性があります。

好きな女性と目を合わせるのが恥ずかしい男性や、女性を見ていたことを気味悪がられたくないという男性心理から、好意を寄せる女性と目が合っても視線を逸らす男性は少なくありません。

嫌われている場合、「目も合わせたくない」という心理から視線を逸らされたという可能性もなくはないですが、もし何度も目が合うことが多かったり、話しかけると笑顔を見せてくれる男性なのであれば、好意があるからこそ視線を逸らしたことが考えられるでしょう。

もし男性と目が合って視線を逸らされたら、普段の態度や表情などにも注目して好意を見極めるのがポイントです。

目で動きを追う

貴方の動きを目で追っている場合、好意の可能性があります。

男性には狩猟本能というものがあり、気になる対象を目で追う傾向があります。

恋愛でいうと好きな女性や好きなタイプを目で追う傾向がありますので、貴方の行動を目で追うのは異性として気になっているサインと考えられるでしょう。

顔を上げた時や、振り返った時にたまたま見るような感じで視線を向けられるのではなく、貴方がどこかへ行こうとすると見るような男性は好意があるかもしれません。

スポンサーリンク

男性の視線に隠れた心理4つ

好きだから

男性の視線に隠された心理に多いのはやはり『好意』です。

好きだからこそ見てしまうという男性は少なくありません。

男性とよく目が合う、見られていることが多いというのは、あながち勘違いでもないでしょう。

男性に話しかけた時の反応などにも好意のサインがないかチェックすると、より相手の気持ちが見極められそうです。

仲の良い女性だから

異性同性にかかわらず、仲の良い人というのは他の人より目が行きやすい傾向があります。

よく目が合うという男性も、普段から親しい女友達などだと、自然と見てしまうことも多いでしょう。

恋愛感情はないにせよ、「友達として好き」というような好意はありますので、親しい女性のことは無意識に視線を向けやすいのかもしれません。

目が合った時にニコッと微笑まれたり、手を振られるのであれば、仲が良い女性だから見ていただけの可能性が高そうです。

しかしなかには、好きな女性であっても照れることなく素直な態度で接する男性もいますので、好意があるからこそ嬉しい気持ちが行動に表れた可能性もなくはないでしょう。

目立っている

目立っている人は嫌でも目についてしまう為、好意がなくても視線が交わることは多いでしょう。

服装などの見た目から仕事や人に対しての態度など、その男性が気になってしまうようなものがあれば、つい見てしまうかもしれませんね。

良いことをして目立っているならいいですが、そうでない場合もありますので、人から引かれるようなことで目立っていないか注意しましょう。

見られている気がする

貴方からの視線を度々感じている為、その男性も気になって見るということもあるでしょう。

男性は目が合うことが多いと、女性に好意の可能性を考えやすいです。

なので貴方からの視線に「俺のこと好きなのかな…?」と気になり、好意はなくても貴方をつい見てしまうことが考えられるでしょう。

遠くから目が合っても、その男性がジッと見つめてくるのであれば、自分と目が合ったことで貴方がどのような反応をするか確かめているのかもしれません。

スポンサーリンク

男性の視線に気付いた時の対処法4つ

照れてみる

男性からの視線に気付いたら、照れた表情や仕草を見せるのもオススメです。

照れることで「どうして照れるんだろう?」と男性に好意の匂わせをすることができたり、可愛い印象を与えることができるので、好きな男性と目が合った時にすると効果的です。

男性と目が合ったら、恥ずかしそうに俯いてみるなどのリアクションをすると良いでしょう。

微笑む

好きな男性であれば少し難しいかもしれませんが、男性の視線に気付いたらニッコリ微笑んでみると好印象になります。

気になる男性をドキッとさせたり、微笑むことで「好意があるのかも」と男性に意識させる期待ができます。

視線を逸らされると「嫌われてる」と勘違いする男性は少なくありませんので、なるべく微笑んだり照れるなど、良い印象になるように心掛けましょう。

話しかける

嫌われてる感じはしないのに、見つめてばかりな男性の場合、好きな女性でも話しかけることができないシャイな性格なのかもしれません。

そういう男性だと、恋の進展も遅くなりがちですから、女性のほうからアプローチをする必要があるでしょう。

目が合ったらなるべく話しかけてみて、男性とコミュニケーションを取るのがオススメです。

話しかけた時や会話中に嫌そうな態度でないなら、好きな女性から話しかけてもらえて、内心嬉しいことが考えられます。

話しかけられないから見つめるだけというのは、奥手な男性に多い特徴でもありますので、男性の視線に気付いたら気さくに話しかけてみると、距離が縮まる期待が高まりますよ。

視線を逸らす

恋愛対象として見ていない男性から視線を感じた時は、視線を逸らすと良いでしょう。

笑ったり照れるなどの反応をすると、思わせぶりな態度に繋がり面倒になる可能性も低くありません。

好きではない男性なのであれば、冷たく視線を逸らして好意がないことを示したほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

男性の視線に気付いた時に気をつけたいこと

言いふらさない

男性に見られているとわかっても、あまり人に言いふらさないようにしましょう。

私のこと好きなのかも…

ずっと見てるんですよ…

ずっと見られてて恐いという場合なら、周りに相談するのは構いませんが、もし貴方の勘違いとなると恥をかく可能性があります。

自分が目立った言動をしていないか、その男性に見られている時にいつも一緒の人はいないかなどをしっかり確認しましょう。

貴方の勘違いで言いふらされては、その男性も迷惑ですから、なるべく人には言わないほうが無難です。

勘違い言動で痛い女と思われないように気をつけましょう。

見ていたことを指摘しない

「私のこと見てたでしょ?」「なんでいつも私のこと見てるの?」などのように見ていたことを指摘するのはオススメしません。

指摘してしまうと距離を置く男性や「見てねぇよ」と怒る男性もいますので、指摘するのは控えたほうが良いでしょう。

言葉にするよりは、目が合った時にニコッと笑ったり照れてみせるなどの態度で好意を示すほうが効果的です。

特に好きではないけど、何気なく見ていたという男性も少なくないですから、勘違いをして恥をかかないように気をつけましょう。

まとめ

男性の視線のサイン・心理・対処法などをご紹介しました。いかがだったでしょうか。

男性の視線には何かと意味が込められている可能性が高いです。

上手く見極めて、恋が進展できるよう頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

記事カテゴリー

男性の行動 男性心理