電話してくる男性は暇つぶし?脈ありを見極めるポイントとは

男性からの電話ってどんな心理か気になりませんか?

男性からの頻繁な男性に脈ありを期待している方も多いかと思います。

しかし、なかには電話をかけてくる男性でも、脈ありでない場合も少なくありません。

よって、今回は電話をかけてくる男性心理とその見極め方についてご紹介します!

スポンサーリンク

男性が電話してくる心理

暇つぶしで電話しているだけ

電話をする男性

ただ単に暇つぶしで電話をしてくる男性も少なくありません。

一人で楽しめる趣味などがない人は、誰かと関わりたがる傾向があります。

電話であれば、すぐに会えなくても簡単に話ができますから、暇つぶしには打ってつけです。

なので、「話せれば誰でも良かった」「よく暇電に付き合ってくれるから」という男性心理の可能性もあるでしょう。

暇で電話しているのか見極めが難しいので、連絡頻度や会話の内容などによって脈ありなのかがわかるでしょう。

好きな人と話したい

異性に対して電話をかけるというのは、好意を抱いている可能性も一つとしてあるでしょう。

文字のやり取りよりは、電話のほうが声のトーンなどで気持ちが伝わりやすいので、好きな人と話すなら電話を選ぶ男性は少なくありません。

メールやLINEのやり取り中に「電話していい?」なんて聞いてきたなら、好きな女性の声が聞きたくなった可能性があるでしょう。

よって、メールやLINEなどの会話ではなくわざわざ電話をかけてくるのは、好きな女性の声を聞いて話したいという男性心理が考えられます。

用件を伝えたかっただけ

アイスコーヒーと新聞紙

電話は離れていても人と会話を楽しめるものですが、用途はコミュニケーションだけではありません。

用件を伝える為に電話を使うことも当然あります。

なので、その男性からの電話が単なる連絡事項なら好意の可能性は低いでしょう。

用件を伝えた後に会話がある場合は、

  • 用件を伝えて直ぐに電話を切りにくいから
  • 世間話をしたかったから
  • 用件を伝えるのは好きな人と話す為のついでだったから

なとが考えられます。

毎回、連絡事項の後に会話をしたがるなら、脈ありかもしれません。

話したいことがある

人に話を聞いてほしいという経験は誰にでもあるかと思います。

もしかしたら、その男性も話したいことがあって電話をかけてきたのかもしれません。

  • 最近あった出来事
  • 愚痴話
  • 悩みや相談事
  • 趣味や好きなものについて

などは人に話したほうがスッキリしたり、一緒に楽しむことができます。

貴方が聞き上手だったり、親身に乗ってくれる優しい人なら尚更です。

よって、その男性と親しい関係なら、好意がなくても「ただ話したかっただけ」という可能性がありそうです。

スポンサーリンク

電話してくる男性の脈ありを見極めるポイント

普段からよく話しているのに電話してくる

スマホを見て悩む女性

普段から会える上によく会話しているのに、電話してくる男性なら脈ありの可能性があるでしょう。

凄く仲の良い友人関係なら、単に話したいだけかもしれませんが、

そうでないなら、わざわざ電話をしてくるのは好意があることが考えられます。

  • もっと話していたいから
  • コミュニケーションを増やして、距離を縮めたいから
  • 人がいると聞きづらいことを聞けないから
  • 二人きりだと話せるけど、人がいる時は人目が気になって中々話せないから

などの理由から、貴方に電話してくるのかもしれません。

他に気になる女性がいるなら、好きでもない女性に割く時間は無駄に感じるでしょう。

一方的に話さずに女性の話を聞いてくれる

女性側の話を聞こうとせずに、一方的に話すような男性は脈なしでしょう。

好意を抱く男性であれば、好きな女性と楽しく会話したいと思うはずです。

自分の話題だけでは「つまらない」と思われてしまいますから、

好きな人にウンザリされないように一方的な会話は避けるでしょう。

なので、その男性が自分の話だけでなく、ちゃんと貴方の話を聞いてくれるようなら脈ありになります。

むしろ、自分の話より「今日どうだった?」「そういえば、あれどうなった?」など、

貴方の話を聞きたがるようなら、かなり脈ありと言えるでしょう。

相手の話ばかりなら『話を聞いてくれる都合のいい女性』と思ってるのかもしれません。

なかなか会話が終わらない

電話で困る女性

会話が終わりそうになったり、「そろそろ切ろうか?」と言っても、電話を切らないようなら脈あり!

よほどのお喋りやかまってちゃんでなければ、貴方との会話を終えたくない男性心理であると考えられます。

好きな人とはどんな話題であって、なるべく長く話していたいものです。

なので、話が終わりそうになると、別の話題を振ったり質問してくることが多いのであれば、脈ありの可能性が高いでしょう。

無言になっても電話してくる

親しい関係であれば気にならないものですが、そうではない関係だと無言状態が続くというのは気まずいものです。

無言が多い相手だと話しても楽しくないですから、話しかけることもなくなっていきます。

ましてや、異性であれば尚更特別な相手でもない限り関わらなくていいはずです。

それなのに、電話をしてくるというのは「好きな人だから」ということでしょう。

上手く会話が続かなくても、好きな人と話せるだけで嬉しいのでしょう。

また、男性のほうが無言になりがちなのに電話してくる場合も脈ありです。

普段は普通に喋れる人でも、好きな人と話すと照れたり緊張して無言になってしまう傾向があります。

特にシャイな男性なら好きな人と話したい気持ちがあっても、無言になってしまいがちなのかもしれません。

よって、貴方と上手く話せなくてもまた電話してくるわけですから、

世間話や愚痴を聞いてほしいのではなく、無言になっても貴方と話したいからという可能性が高そうです。

退屈になりそうな話でも聞いてくれる

誰かを待つ女性

男性と共通しない話や、オチがないような退屈な話でも聞いてくれるのであれば脈あり!

中身のない話や興味のない話を聞くというのは疲れるものです。

そんな話ばかりする相手は避けるはずです。

なのに、そういう話題でも付き合ってくれるのは、

  • 仲が良いので聞いてあげている
  • 嫌とハッキリ言えない
  • お人好し
  • 女性と関わることが好き

などでもない限り、基本的には好意を持っている可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、電話をしてくる男性についてのまとめです。

電話をしてくる男性心理は…

  • 好きだから
  • 暇だから
  • 用件を伝えたいから
  • 話を聞いてほしいから

電話してくる男性の脈ありポイントは…

  • 普段からよく話しているのに電話してくる
  • 一方的に話をしないで話を聞いてくれる
  • なかなか会話が終わらない
  • 無言になっても電話してくる
  • 退屈になりそうな話でも聞いてくれる

電話してくる男性は基本的には脈ありですが、ただ話したいだけの場合もありますから、じっくり見極めましょう。

タイトルとURLをコピーしました