束縛する男性の心理や特徴!緩和させるオススメの対処法も紹介

   2018/09/21

他の男性と関わることや女性が出掛けることを制限するような束縛する男性っていますよね。

ヤキモチからの「あんま他の男と遊ぶな」的な軽い束縛なら、ちょっと嬉しかったりしますが、それが限度をこえてしまうと嫌気がさしますよね。

そういった束縛する男性心理とは一体なんなのか気になる女性も少なくないかと思います。

今回は束縛する男性心理についてまとめてみましたので、束縛する男性とお付き合いしている女性は、良かったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

束縛する男性心理

一人が不安

一人でいることに強い不安を覚える心理のことで、束縛という行動を取ってしまう男性もいるようです。

一人が嫌である為、彼女で自分の寂しい気持ちを埋めようとするので、常に一緒にいたがったり、女性が友人と遊びに行くことも嫌がったりします。

友人が少ない男性や趣味持っていないような男性だと、極度の寂しがり屋になり、相手してくれるのは彼女しかいないと、彼女を束縛する形になりやすいでしょう。

自分に自信がない

自分の容姿や経済力などに自信が持てないという心理の男性だと、つい束縛に走ってしまうという人もいます。

自分よりも格好いい男や金を稼いでいる男と関わったら、そっちの男を好きになってしまうんじゃないかと、自信のなさからネガティブな考えをしてしまうようです。

このタイプの男性は、彼女に捨てられたくないという心理で束縛してしまうようですね。

自分以外の人間と関わってほしくない

「自分以外を見てほしくない」だとか「他の男と関わるのが面白くない」などのように、好きな女性が他の人間と関わることが許せないという心理の男性の場合、束縛に走ってしまうでしょう。

自分のモノにしていたい、見える範囲に置いておきたいという気持ちが強い為、やや傲慢な男性である傾向が強いかもしれません。

可愛いから心配

彼女がモテる女性であったり、高嶺の花のような女性だと、他の男が寄り付くことが心配でつい束縛してしまう男性もいるようです。

可愛い女性や美人な女性だと、自分の見えないところで彼女が色々な男に言い寄られているんじゃないかと気が気でない心理状態になり、つい束縛してしまうみたいですね。

不安だから

浮気するんじゃないかという心理を抱いていると、束縛してしまう男性もいるようです。

彼女が他の男と電話やLINEのやり取りするのが多いだとか、彼氏よりも仲の良い男友達がいるだとか、過去の恋愛で女性に浮気されているだとか。

何か男性側に、女性に対しての強い不信感を抱いていると束縛してしまうこともあるようです。

スポンサーリンク

束縛する男性の特徴

束縛する男性のなかには、以下のような特徴を持つ男性が多い傾向にあります。

好きな男性や彼氏に以下のような特徴がないかチェックしてみると良いかもしれません。

ネガティブ

束縛する男性には、ネガティブ気質の強い男性が多い特徴があります。

勝手に浮気をしたと被害妄想を膨らませたり、自分はたいした男じゃないなどとネガティブになる特徴があり、基本的にその後ろ向き思考に面倒に思うことも少なくないでしょう。

「どうせ俺より男友達のほうがいいんだろ」などのような、“どうせ”という言葉を多用する男性はネガティブ気質の可能性があり、自信のなさから束縛をすることもあるかもしれません。

独占欲が強い

その女性が他の人間と関わるのが面白くないというような独占欲の強い特徴の男性の場合、当然束縛も激しくなる傾向があります。

一方的に自分の主張を押し付けたり、力などで女性をねじ伏せるようなドS男子やサイコパス男性だと、彼女の行動を制限するような束縛をする傾向も高くなるでしょう。

寂しがり屋・かまってちゃん男

一人でいることが耐えられないというような男性や、かまってちゃん気質のある特徴の男性であると、常に自分に構ってもらいたいという心理が強いため、束縛が激しくなる傾向があるでしょう。

普段から一人行動が苦手だったり、褒められたい精神の強い男性だと彼女に対しての束縛も強い可能性があるかもしれません。

メンヘラ男性・恋人依存

メンヘラとは精神疾患を持つ人を意味する言葉で、メンヘラ男性のような精神が不安定になりやすい特徴があると、不安定な精神状態から束縛することも少なくないでしょう。

恋人に依存することでも束縛に走る傾向が多くなるため、恋人や恋愛依存傾向のある男性も束縛しやすくなるかと思われます。

スポンサーリンク

束縛する男性の心理にはこう対処しよう

愛情表現をしっかりする

愛情不足から不安に繋がり、束縛に走ってしまうことも少なくありません。

普段から恋人同士のスキンシップをしっかり行ったり、「好き」などの言葉も日頃から伝えることが大切です。

あんまりデートしてないなというカップルは、久々にデートをしてお互いの関係を深めるというのも良いかと思いますよ。

彼の要望に応えてあげる

可愛いから心配という男性の場合、日頃から彼女が周りの男にどう見られるかを考えて、不安になることも少なくないかと思います。

「スカート短くない?」
「胸元開きすぎじゃない?」

などの言葉は、その男性の不安サインでもあるので、指摘された部分は直してあげると、男性の不安も解消されやすくなるでしょう。

時間を決める

彼女がいつ帰ってくるかわからない状態が、余計に不安を強くさせ、束縛に拍車を掛ける場合もあります。

なので、誰かと会ったり出掛ける場合は、いつまでには帰ってくると言っておくと良いかもしれません。

門限というイメージを思い出すと良いかもしれませんね。

男友達と遊ぶ時や、会社の飲み会などは、この時間までには帰るという決まりを作っておくと、彼氏もそれまでは我慢しようという気になります。

そういった約束を守っていくと、だんだん信頼関係も築いていかれて、彼氏の不安や束縛も落ち着いていくこともあるので、時間を決めるというのも良いかと思いますよ。

その代わり、決めた時間に遅れないよう注意しましょう。

約束を破ってしまうと、信頼性が失われ、「他の男と浮気してたんじゃないか」とかえって逆効果になってしまいます。

適度に連絡する

彼女からの連絡がないことが不安に繋がり、束縛になるケースもあります。

連絡がないと「何してるんだろう…」と不安になり、つい「何してるの?」「仕事終わった?」などの相手女性の行動を探るような言動に繋がってしまい、女性側からすると束縛されている感じになってしまいます。

“相手が何をしているのか不安”というのが原因でもあるので、適度に女性側から連絡してあげると良いかもしれません。

「今日は仕事が大変だったよ~」など、些細なメッセージを送ることが安心へと繋がるので、メールやラインをあまりしないという彼女さんは、なるべく自分からも連絡して、彼氏に関わるようにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

以上が束縛する男性心理についてでした。

愛情不足などからくる場合は、しっかりと彼氏に愛情を注いで、束縛を和らげていけるように頑張ってみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事