私にだけ厳しい男性心理とは?怒る&きついのは愛情表現?

 

身近な男性の態度が妙に厳しいと感じたことはないでしょうか。

特に“私にだけ厳しい”という経験もあるのでは?

同性だと妬みや気に食わないという理由から嫌がらせをしている可能性がありそうですが、男性から厳しくされるとなると、どういった心理か気になりますよね。

私にだけ厳しい男性の心理とはなんなのか。考えられる心理をまとめてみましたので、ご参考になればと思います。

スポンサーリンク

私にだけ厳しい男性心理5つ

期待している

厳しいというのは、相手を見込んでいるからこそという場合もあります。

期待の出来ない人間には、厳しくしたところで時間や労力の無駄ですから、ほったらかしにされやすいです。

しかし、「この人は成長してくれるだろう」という期待がある女性だと、しっかり教えたり、厳しくすることも少なくないでしょう。

嫌がらせ

厳しい男性には、単純に嫌がらせをしているという場合もあるでしょう。

全く説明をされていなかったのにも関わらず「なにミスしてるんだ!」と怒ったり、わざわざ大勢の前で恥をかかせるように怒鳴りつけるなど。

自分の威厳を見せつけたいのか、怒れる立場だからといい気になっているのかはわかりませんが、気に食わない人間もしくは誰に対しても嫌がらせしているという傾向があるでしょう。

ミスばかりしているわけでもなく、態度が悪いなどの嫌われるような原因が無いにも関わらず、理不尽なことが多いと感じるなら、嫌がらせという可能性が高いかもしれません。

ギャップを感じさせるため

密かに好意を持つ男性の場合、飴と鞭のやり方で厳しくしている可能性もあるかもしれません。

仕事では厳しく、仕事以外での時間では優しくする…という接し方をすると、ギャップを感じることも少なくありません。

悪い印象だった人に、優しい一面があったなどの良い印象が見られると、ドキッとしやすい心理になる人も多いでしょう。

これは心理学でいうゲインロス効果というものであり、マイナスからのほうがプラス変動が大きいという心理学的効果になります。

このような心理学的効果を狙っている男性というのは、そこまで多くはないような気もしますが、なかには仕事とプライベートでの印象を変えて、女性にギャップを与えようとしている男性もいるかもしれません。

このようなテクニックを使う男性には、下心を持つ可能性もあるかもしれませんので気をつけましょう。

貴方のことを思って厳しくしている

好きだからこそ厳しくしているという男性心理もあるかもしれません。

親が子供を怒るのは、大概が愛する子供を想ってこその厳しさであるように、男性のなかにも「好きだからこそ頑張ってほしい」「力になりたい」と思って厳しいという場合もあるかもしれません。

よって、叱ってくれたり厳しくしてくれるというのも、一つの思いやりや愛情表現ということもあるでしょう。

ミスが多い

ミスが多い女性だと、特に厳しくなるという場合もあるかもしれません。

他の人よりもミスが目立つのであれば、責任がある上司や先輩はそういった部下や後輩に厳しくなりやすいでしょう。

気を使ってやんわりと言うようではまたミスをする恐れがある為、ハッキリと厳しい態度を示していることが考えられそうです。

スポンサーリンク

男性が厳しいのは貴方のためかも

貴方にだけ厳しいという場合、まずは心当たりがないか確認しましょう。

ヘマばかりしてるのであれば、厳しくされるということもありそうです。

そこまでのミスはしてはいないのに…という場合は、普段の能力や人間性を評価し期待しているからこそ、「こんなミスするなよ」と厳しくされるのかもしれません。

自分の仕事ぶりや相手男性の人間性などを参考に、心理を見極めるようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事