わざと嫉妬させる男性心理とは?

 

男性のなかには、わざと嫉妬させるようなことをする人がいますよね。

元カノの話をしたり、他の女性と仲良くしているところを見せ付けるようにしたり…。

そんな男性には一体どんな心理が隠れているのか気になる女性も多いかと思います。

今回はそんな嫉妬させる男性の考えられる心理についてをまとめてみました。

嫉妬させるような男性の言動に悩んでいらっしゃる女性は、良かったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

付き合ってない男性が嫉妬させる心理

気持ちを確認したい

恋愛に慎重なタイプの男性であると、自分が他の女性と仲良くしたら相手女性はどんな反応をするのかと気持ちを確認する時に、わざと嫉妬させるような行動を取ったりします。

誰に対しても態度が同じであったり、あまり感情を表に出さないタイプの女性だと、相手男性は自分にだけ見せる言動がイマイチわからない為、その女性が好意を持っているのかを確かめたくて、嫉妬させようとしていることも考えられるでしょう。

男性のほうから告白して欲しいのであれば、好意がわかるような発言や態度を見せれば、恋の進展に繋がるかもしれません。

嫉妬して悔しいから

男性は付き合っていなくても、好きな人が他の男性と仲良く話していたりすれば嫉妬することがあります。

嫉妬させるような言動を取る男性のなかには、自分が嫉妬したことで好きな人のことも嫉妬させたいというような心理でやっていることも少なくないようです。

自分ばかり好きな感じがして、ちょっと悔しかったのかもしれませんね。

心のどこかで「好きな女性も自分と同じように嫉妬してくれたらいいのに…」と考えてやっている可能性もあるかもしれません。

優越感に浸りたい

モテている気分を味わいたいなどの心理から、優越感に浸りたくて嫉妬させるような言動を取る男性もいるようです。

こういった男性心理の場合、相手女性が自分に対して好意があることをわかっていてやっていることが考えられるでしょう。

モテていたり遊んでいるような男性だと、女性の心をもてあそぶようなことをしやすいかもしれません。

スポンサーリンク

彼女を嫉妬させる彼氏の心理

愛されていると実感したい

愛情が感じられないと思う彼氏の場合、彼女が嫉妬することで自分に好意があることを確認しようとすることがあります。

自分に対する態度や扱いが雑だと、彼氏としては愛情が感じられず、つい他の女性と会ってみたり連絡したりして、わざと彼女が嫉妬するように仕向けるのかもしれません。

愛情表現を滅多にしないまたは苦手だという彼女だと、こういった心理から彼氏が彼女を嫉妬させる行動を取る傾向があるかもしれないですね。

自分を理解して欲しい

少々理解に苦しむかもしれませんが、嫉妬させるような言動をする彼氏のなかには、自分を理解してほしいという心理ですることがあります。これは男性特有の心理とも言われています。

元カノの話や理想の女性についてなどを話す場合も、自分の全てを知っておいてほしいという心理からくる傾向があるようです。

よって好きな女性を嫉妬させるつもりなどはなく、あくまで自分の過去や理想像などを好きな女性に全部理解していてほしいという気持ちから、無神経と思われる発言をしてしまうことが考えられるでしょう。

男として意識してほしい

付き合ってだいぶ経つと、関係に落ち着きが生じるのでなにかとマンネリになるカップルも少なくありません。

付き合う前のような「誰かに取られるかもしれない…」「相手が自分を好きになってくれるだろうか…」などのような不安がなくなった為、彼女が安心しきっている様子が彼氏には伝わるのでしょう。

刺激のない関係性になると、浮気に走ってしまったり、他の異性を魅力的に思ってしまうことにも繋がるので、彼氏としては改めて彼女に男として意識してほしいという気持ちが込み上げます。

なので、そういった心理からわざと嫉妬させるような言動をして、「放っといたら浮気しちゃうかもよ?」と彼女を不安がらせたいことが考えられます。

よって、たくさん愛情表現してくれていた彼女が今では素っ気なくなったことなどもあり、付き合いたての頃のような関係になりたくてやっているという彼氏もいるでしょう。

その他だと、彼女が平気でオナラをするようになったなどの品の無さやだらしなさに幻滅して、付き合いたての頃のような女性としての品を忘れないでいた彼女に戻ってほしいという心理から、わざと彼女を嫉妬させるようなことをして、女性としての磨きや自分を振り向かせる努力をしてほしいなどの心理からしていることもあるかもしれません。

嫉妬させられて面白くないから

彼女が他の男と仲良くしていたりすると、やはり彼氏としては面白くありません。

なので、嫉妬した悔しさから自分も彼女に対して嫉妬させるような行動を取る彼氏も少なくないようです。

「自分ばかり彼女を好きな感じがして面白くない」「彼女にも自分と同じ気持ちを味わってほしい」というような気持ちからしてしまうことが考えられます。

拗ねた彼女が可愛いから

嫉妬させる彼氏のなかには、拗ねた彼女が可愛くてつい他の女性と仲良くしたりすることもあるようです。

拗ねた彼女を見ることで愛情を感じられたり、優越感に浸れるなどの気持ちになれるのでしょう。

拗ねた彼女を見てご満悦そうにニヤニヤしているタイプの彼氏は、こういった心理が考えられそうです。

自分を必要としてほしい

自分を必要として認めてほしいなどの承認欲求を満たしたいといった心理から、彼女を嫉妬させる彼氏もいるようです。

彼女が甘えてきたり、自分を求めてくることに存在意義を感じられることから、彼女を嫉妬させて自分を追い求めるように仕向けさせていることが考えられます。

よって嫉妬させるような言動をする彼氏のなかには、彼女に必要とされることで存在を認めてもらえたようで心が満たされるといった心理からしている場合もあるでしょう。

スポンサーリンク

元カレが嫉妬させる男性心理

面白がっている

元カレがわざわざ「彼女できて幸せ」だとか「告白されて困っている」などのような自慢話とも取れる言動があった場合、元カノがまだ自分に気があると思って言っている可能性が考えられます。

そういった言動をして元カノが不機嫌になったりする様子を見てモテている気分を味わったり、ヨリを戻す気はないけど、元カノの気持ちを繋ぎとめておきたいという心理から、わざと他の女性の話題を言ってきたりするのかもしれません。

男性は本能的に多くの女性を惹き付けておきたいという考えがあるので、元カレのなかには好意がなくてもそういう風な言動を取ることで、過去の女性の気持ちも自分に向かせておきたいと思う男性もいるでしょう。

見返したい

「彼女できた」「すごいモテて困る」なんて言う元カレのなかには、元カノにフラれた腹いせに「俺はお前と別れても平気だから」だとか「女に困ってないよ」というアピールをしたい心理があることも考えられるでしょう。

元カレのほうは納得のいかない別れ方だったりすると、元カノにフラれたことを根に持っていて、見返すつもりで幸せアピールをして嫉妬させるような言動をしているのかもしれません。

未練がある

元カレが嫉妬させるような言動をしてくる心理のなかには、まだ未練があるということも考えられます。

しかし他の心理のような、ただ繋ぎとめておきたいというような都合のいい女のように思っている元カレや、フラれたことを根に持って仕返しのつもりで言っているだけということも考えられるので、嫉妬させる言動があったからといって未練があるかどうか見抜くのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

嫉妬させる男性は精神年齢が低いかも

女性を嫉妬させる男性の多くは、基本的に精神年齢が低いことが考えられるでしょう。

男性は女性に比べて精神年齢が低いとも言われているので、わざと嫉妬させるような男性も少なくはないのかもしれません。

しかし全ての男性が精神的に幼いわけではありませんから、わざと嫉妬させてくるような男性にイラッときたり不安にさせられることが多いのであれば、そういう精神年齢が低い男性と付き合っても面倒なだけなので、少し考えたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ記事