ロールキャベツ男子の脈あり6つ!脈なし言動にも好意が隠れているかも

 

なかなか本性を見せないロールキャベツ男子なので、脈ありサインがわかりにくい女性も多いかと思います。

ロールキャベツ男子の態度や言動には、脈なしサインに見えるものが実は脈ありサインの場合もあります。

今回はロールキャベツ男子の脈ありサインと、脈なしサインと勘違いしやすい脈ありサインをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ロールキャベツ男子の脈ありサイン3つ

花束を持つ男性

近くにいることが多い

もしロールキャベツ男子が自分の近くにいることが多いというのなら、それは脈ありサインかもしれません。

好きな女性には積極的なロールキャベツ男子ですので、自分との距離を縮めようと、好きな女性の近くにいることが多い傾向があります。

二人っきりになって更に親密になりたいとも思っているので、なおのこと近くにいる傾向があり、二人っきりになれるチャンスをうかがっている可能性が考えられるでしょう。

二人っきりになると態度が変わる

ロールキャベツ男子は好きな女性と二人っきりになると、積極性が増すようになります。

普段は物腰が柔らかい草食系男子が二人っきりになると、肉食系男子の姿を見せるようになるので、急な変わりように動揺する女性も多いでしょう。

ロールキャベツ男子にドキッとさせられる言動があったのなら、脈ありサインの可能性があります。

また1人でいる時に、ロールキャベツ男子のほうから話し掛けられるということが多いのも、2人っきりで話して距離を縮めたいという脈ありサインが考えられそうです。

誘われることが多くなる

食事や遊びなどに誘われることが多くなったのなら、それは脈ありサインかもしれません。

特に二人っきりで会う誘いなのであれば、かなりの脈ありサインの可能性が考えられるでしょう。

最初は他の人も含めて複数で会う誘いだったのに、徐々に二人っきりで会うことが多くなったというのも、意識し始めてきた表れと考えられそうです。

本質は肉食系男子ですので、好きな女性に対してのアプローチはわかりやすいほど積極的になります。

誘われることが多くなったなら、恋愛対象として意識されている可能性が高いと思って良さそうです。

スポンサーリンク

ロールキャベツ男子の脈なしに見える脈ありサイン3つ

避けられる

ロールキャベツ男子は二人きりの時以外では接触を避ける傾向があります。

よって誰かがいる時はあまり話さなかったり、避けられるような行動をするなど、好き避けが目立つでしょう。

見分けるポイントとしては、二人きりの時だと話も弾んで態度がいいという場合は、脈ありサインの可能性が高そうです。

意地悪される

ロールキャベツ男子は草食系男子を演じており、物腰が柔らかく穏やかですが、実際は肉食系男子でありSっ気があるので、好きな女性にはついSな部分が出ることも少なくありません。

なので、普段は優しいのに意地悪なことをされたのなら、脈なしではなく脈ありサインの可能性があるでしょう。

好きな女性を少し困らせたくなるというSっ気が疼いたことが考えられそうです。

他の女性とも仲が良い

他の女性と仲が良いのを見てしまうと、自分は脈なしと判断してしまうかもしれませんが、ロールキャベツ男子はコミュニケーションに優れており、誰とも分け隔てなくコミュニケーションを取る傾向があります。

なので、好きな女性以外とも楽しく会話をすることがありますので、必ずしもその女性に好意を寄せているというわけではありません。

見分けるポイントとしては、ロールキャベツ男子から話しかけているかどうかになるでしょう。

相手の女性から話し掛けられたのであれば、ロールキャベツ男子が仕方なく対応している可能性があります。

後はロールキャベツ男子の脈ありサインの特徴を参考に、

ロールキャベツ男子がその女性の近くにいることが多いか
ロールキャベツ男子がプライベートでその女性と会っているか

などに当てはまっていないかをチェックできると、脈なしかどうかを確かめられるでしょう。

スポンサーリンク

脈なしと諦めるのはまだ早い

ロールキャベツ男子は、恋愛対象として意識されるようになると、普段と違った一面を見せるようになります。

なんだか今までと感じが違うと感じられるようになったなら、本気になり始めているのかもしれません。

嫌われたと勘違いして、脈なしと判断しないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事