下の名前で呼ばれたい男性心理とは?

 

男性から下の名前で呼んでほしいと言われた経験はありませんか?

女性としてはどういう心理か気になることかと思います。

その男性は以下のような心理で言ったのかもしれません。

スポンサーリンク

下の名前で呼ばれたい男性心理

好きな女性に名前を呼ばれると嬉しい

好きな人から名前で呼ばれるというのは、誰でも嬉しいかと思います。

恋愛の心理学においても「好き」や「愛してる」などの言葉よりも、自分の名前を呼ばれるほうが心地よく感じられ、親しみや好意を持ちやすいと言われています。

よって、女性に下の名前を呼んでほしいという男性心理には、好意を抱く女性に名前を呼ばれることで心地よさや喜びを感じることが出来るからという心理が一つとして挙げられるでしょう。

誰に対しても「下の名前で呼んでほしい」と言うような男性でもない限りは、基本的に「下の名前で呼んでほしい」と男性に言われたら脈ありと思って良いかと思われます。

特別な男になりたい

嫌われていないというのは女性の態度などでわかっても、名字呼びだとやはり距離を感じてしまうものです。

なのでその女性と「もっと深い仲になりたい」「周りの男より特別でありたい」という心理から、名前で呼んでほしいという男性もいるでしょう。

名前で呼ばれるというのは仲の良さが伝わり特別感がありますから、周りの男性に見せ付けたいという心理もあるかもしれません。

これもまた好意がある男性心理の一つに含まれそうです。

友人として距離を縮めたい

年が近かったり、ある程度仲が良くなったら名字呼びはよそよそしいから「名前で呼んでよ」という場合もあるでしょう。

他の女性もその男性のことを名前で呼んでいたのなら、フレンドリーな人付き合いをする男性なだけであり、堅苦しい付き合いが嫌だから「下の名前で呼んで」と言っただけかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

名前を呼んでほしいという男性心理は基本的には好意からと思ってよさそうです。

好意があるかの見極めとしては、他の女性もその男性のことを名前で呼んでいるかなどに注目すると良いでしょう。

またあなたのほうからも男性の名前を呼んであげると、仲が深まる期待ができるので名字呼びの女性は名前を呼んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事