好きな人が気持ち悪くなる蛙化現象とは?

好きな人なのに好意を寄せられると、途端に冷める・気持ち悪くなることはありませんか?

それはもしかしたら「蛙化現象」かもしれません。

最近蛙化現象で悩む人が多いと言われています。特に女性に多いとも言われているようです。

蛙化現象は深刻な悩みでもあるので、原因と対処法を理解する必要があります。

もしかしたら蛙化現象かもと感じた方は、ぜひご参考になさってみてください。

スポンサーリンク

蛙化現象とは

蛙の王子

現象と読み方

恋愛で蛙化現象が起こる人は少なくないと言われています。

聞き慣れない言葉なので、どういった現象なのかわからない人も多いかと思います。

まず蛙化現象は「かえるかげんしょう」という読み方になります。

蛙化現象とは、好きな人から好意を寄せられるようになると、なぜか気持ちが冷めてしまったり不快感を抱くようになってしまうことをいいます。

せっかく両思いになれても途端に嫌いになってしまうため、恋愛が長続きしなくなり悩んでしまう人も少なくありません。

蛙化現象の由来

蛙化現象の由来は、グリム童話の『カエルの王子様』からきています。

『カエルの王子様』とは、とある国の美しいお姫様が遊んでいた毬を泉に落としてしまいました。お姫様が困っていると、それを見ていた一匹のカエルが「毬を取ってきてあげる」と言います。

「その代わり、毬を取ってきたら願いを聞いてほしい」とカエルはお姫様に頼むと、お姫様は「なんでも聞いてあげる」と約束するのです。

しかしお姫様は毬が自分の元へと戻ってきたことが嬉しくて、カエルとの約束を忘れてさっさと城へ帰ってしまいました。

カエルはお姫様の後を追って城にたどり着くと、「一緒に食事がしたい」とお姫様に頼みます。

しかし、お姫様はカエルを気味悪がり約束を果たそうとしませんでした。

王様はお姫様の様子に何事かと訳を聞くと、カエルとの出来事を聞いた王様は「約束を守りなさい」とお姫様に言います。王様に言われたお姫様は渋々カエルの願いを聞き入れることにしました。

食事を終えたカエルはお腹いっぱいになると、今度は「一緒に寝たい」とお姫様に頼みます。

カエルを気味悪がっているお姫様は嫌がりましたが、王様はカエルの願いを聞き入れ寝室へと連れていきます。

カエルは更に「一緒のベッドで寝たい」と言い始めた為、我慢ができなくなったお姫様はカエルを壁にたたきつけてしまいます。

すると、その衝撃によりカエルは王子様の姿へと戻り、お姫様と元の姿に戻った王子様は結婚したというお話になります。

たたきつけるという行動は教訓に相応しくないということで、童話らしくキスをして元の姿に戻ったという話の終わり方もあります。

さて蛙化現象について話は戻りますが、『カエルの王子様』ではとことんカエルを気味悪がるお姫様が描かれています。

お姫様は王子様がカエルの姿だったから嫌がっていたわけですが、恋愛での蛙化現象は好きな人がカエルのように気味が悪く感じてしまうようになる為、カエルに対するお姫様のような心理になることから「蛙化現象」と呼ばれています。

それでは、蛙化現象になる原因とはなんなのでしょうか?原因となる特徴をご紹介していきます。

スポンサーリンク

蛙化現象になる原因

理想が高い

理想が高い人も蛙化現象になりやすいところがあります。

理想通りの人なんてまずいません。本来であれば理想と違っていたからといって、よほど許せないことでもない限りは、相手を理解しながら付き合っていくものです。

しかし、あまりにも高い理想を抱いていた人だと、ちょっと悪い一面を見ただけでショックが大きいので蛙化現象になりやすいです。

恋をしている時は「この人はきっとこういう人だ」と素晴らしい理想を抱きますが、付き合ってからその理想とは違っていたことに気付きようやく目が覚めるわけです。

勝手に理想を抱いて少し違っただけで幻滅をしてしまう為、相手に対する恋愛感情も一気に冷めます。

その人を好きというよりも、「この人はきっとこうだろう」という自分の中で思い描くその人を好きになってしまっているので、現実の相手を受け入れられないことが考えられます。

自己評価が低い

自己評価が低い人も蛙化現象になりやすい傾向があります。

自己評価が低い人というのは、自分を好きになれません。コンプレックスを持っていたり、周りとの差を痛感することでだんだん「自分なんか…」と思ってしまうようになります。

なので、恋愛における自分の立場もそのように感じてしまいやすいです。

せっかく相手と両思いになっても、自信のなさから「こんな自分を好きになるわけがない」「自分を好きになるなんておかしい」と上手く相手の好意を受け入れることができません。

「自分なんか…」と思う自己評価の低さが原因となり、相手を信じられず嫌悪してしまうというわけです。

恋愛がゲーム感覚になっている

恋愛をゲームのように考えている人は蛙化現象になりやすいでしょう。

ゲームというと大体が「魔王を倒す」「さらわれたヒロインを助ける」などの目的があり、それらを達成するとゲームクリアーとなります。

では恋愛をゲーム感覚でするとどうなるかというと、好きな人と両思いになって付き合えたらクリアーという感じです。

クリアーすると熱が冷めて飽きてしまいますから、そうなるとまた別のゲーム(他の人を好きになる)をしたくなります。

つまり、付き合いたいのではなく落としたいという気持ちが強いと、相手が自分のものになった瞬間どうでもよくなってしまう為、蛙化現象が起こるというわけです。

性に対する嫌悪がある

蛙化現象は恋の時点では嫌悪感がないのに、付き合い始めることでスキンシップが目立つようになると不快感を抱く場合もあります。

恋をしている時は、ただ好きという想いだけでも成り立つものです。相手を想ってドキドキしたり、ときめく毎日が楽しいと感じる人も多いでしょう。

しかし付き合うとなると、今までよりも親密になります。

恋をしていた時は感情だけで成り立っていた関係でしたが、付き合うとなると当然キスやそれ以上のスキンシップが多くなる為、体に触れられることに免疫がない人だと、そんな相手を気持ち悪く感じてしまうわけです。

恋愛経験が少ない人ほど慣れないことに戸惑ってしまい、蛙化現象になりやすいでしょう。

トラウマがよみがえってしまう

過去の恋愛が原因でトラウマになった人だと蛙化現象になることもあります。

その相手とトラウマの原因を作った相手は全く関係がないのに、同じ性別というだけで「また同じことが起きるかもしれない」と考えてしまい、好きな人なのに嫌悪感を抱いてしまいます。

好きな気持ちよりもトラウマによる拒絶反応のほうが強く気持ちに影響してしまい、相手を心の底から好きになれないわけです。

つまり、過去と現在の恋愛を重ねてしまうことが原因となります。

スポンサーリンク

蛙化現象への対処法

理想と現実は違うものだと考える

理想を作るのは決して悪いことではありませんが、理想とちょっと違うだけで嫌いになってしまうとキリがありません。

誰にでも悪い一面はあるものですから、どうしても許せないことでもない限りは、簡単に別れようとしないようにしましょう。

周りの人間が抱えるパートナーの悩みなどについて聞いたりすれば、自分の好きな人の悪い部分などマシに思えるかもしれません。

好きな人と話し合って解決したり、見方を変えてみたり、大目にみるようにしてみましょう。

相手との仲を深めるのに必要なものと考える

性的なものに嫌悪感を抱くのは仕方のないことです。今までそういった関係ではなかったわけですから、抵抗を感じるのはおかしなことではありません。

しかし、付き合っていくとなると相手が理解を示さない限り、まず避けることはできないでしょう。

スキンシップを取るということは愛情表現に繋がり、良い関係を築いていく為に必要なことでもあるからです。

なので、キスやそれ以上のスキンシップはお互いの関係を深める為に欠かせないものと考えましょう。

すぐには無理でしょうから、徐々にスキンシップを取るようにすれば、だんだんと慣れてきて嫌悪感が薄まる可能性があります。

どうしても無理なら、パートナーにスキンシップされることが苦手であることを伝えて、付き合い方についてを話し合うのも良いでしょう。

付き合ってからの幸せを見つける

相手を落とすことが楽しいと考えていると、一生まともな恋愛はできません。

自分のものになったら終わりではなく、その人との幸せを見つけるようにしてみましょう。

好きな人といられるというのは幸せなことです。

不満を抱いたり喧嘩したり楽しいことばかりでもないですが、自分が辛い時や大変な時に好きな人が支えになってくれると、恋をして一緒になれたことに幸せを実感します。

それは「相手を落としたら終わり」になってしまう人には得られない幸せです。

自分を好きになったからといって、それが本物の愛というわけではありません。

パートナーとして付き合い、信頼や愛情を育んでいくからこそ本物の愛が手に入ります。

恋愛における本当の幸せは付き合ってからでないと手に入りませんから、落とす楽しさだけを求めるのではなく、付き合っていくことで得られる幸せを見つけるようにしてみましょう。

自分を好きになれるように努力する

自己評価が低いと相手の好意を信用しきれなくなります。

本当に愛してくれているのに疑ってしまうというの失礼なことでもありますから、相手の好意を信用できるようになる為にも、まずは自分を好きになれる努力をしてみましょう。

なぜ自分が嫌いなのかに向き合い、どうすればそれを改善できるかを考えます。

身近な同性より見劣りする自分が嫌なら、ダイエットやファッションの勉強などをして自分磨きをしてみましょう。

勉強や仕事ができない自分に不甲斐なさを感じるなら、友人や仲間に相談してアドバイスをもらったり、尊敬できる人の真似をして近づけるように努力してみましょう。

人に好きになってもらうよりも、まずは自分を好きになることが先ですので、自信が持てるようになるためにどうすればいいか考えてみましょう。

心の問題を克服する

トラウマを抱えている以上、好きになった相手に対して不信感を持ってしまいますので、心の問題を解決することが必要になってきます。

全く同じ人間なんて存在しません。過去の人間と現在の好きな人は全く別な存在です。

恋愛で辛い思いをした人たちはみんな「過去は過去」と割り切って新しい恋をしていくものです。

しかし、どうしても割り切ることができない場合は、専門家に相談して心の問題に向き合うほうが良いでしょう。

自分の力だけではどうすることもできないことだってあります。心の問題は特に難しいものです。

病院で相談することでどう向き合っていけばいいのかを教えてくれますから、どうにもならない時は一人で悩まないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

蛙化現象の原因は自分にあることが大半です。

蛙化現象を対処できるようにならないと恋愛が長続きしない恐れがあります。

幸せな恋愛がしたい、結婚したいと思う方は蛙化現象を克服できるように頑張ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました