付き合う前に体の関係を持つと付き合えない?遊びか見極めるポイントはここ!

好きな人と付き合う前に体の関係を持ってしまったことはありませんか?

付き合う前に体の関係を持ってしまうと恋人関係になるのは難しいなんて言われますよね。

確かに一般的な順序は付き合ってから関係を持つことが多いので、恋人ではなく体の関係どまりで終わる人も少なくありません。

では、付き合う前に体の関係を持ってしまったら可能性は全くないのかというとそんなことはありません。

とはいえ相手が体目的だった場合は当然付き合うことは難しいでしょう。

よって今回は付き合う前に体の関係を持ってしまった相手が遊びか見極めるポイントと付き合う為の対処法をご紹介します!

悩まれている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

付き合う前に体の関係を持つ男女の心理

都合の良い存在にしか思ってない

歩く人たち

付き合う前に体の関係を持つ男女の心理で真っ先に体目的を考える人人は多いかと思います。

本当に好きなのであれば、告白をして付き合ってから関係を持つという順序ですよね。

確かに遊びで近づく男女は、告白という面倒事は避ける傾向があります。

正式に恋人関係になれば、自由な立場は奪われて他の異性と遊ぶことができなくなってしまうからです。

体目的で近づくのであれば、好きでもない異性と付き合ってまで関係を持ちたいなんてまず思いません。

遊べればそれでいいと思っているわけです。

なので、付き合う前に体の関係を持つ男女は都合の良い存在として見ていることもあるでしょう。

あなたの好意を利用したり、強く押せば流れで持っていけると思って、

「付き合ってほしい」という告白もせずに行為に及んだ可能性がありそうです。

なかには、関係を持つことで付き合っていると勘違いさせてキープしている男女もいます。

体の相性を確かめている

付き合う相手の条件に体の相性を重視している男女も少なくありません。

良好な関係を保つ上で体の相性は大事なことです。体の相性が悪いという理由で別れる男女もいます。

痛みがあったり、逆に何も感じなかったり、行為に意欲的ではなかったりと、

そういった体の相性でお互いが満足できないようだと冷え切った関係になることは珍しくありません。

なので、気になった異性とは付き合う前にまず体の関係を確かめたいという人もいるでしょう。

付き合うかどうかは体の相性を見てから決めたいというわけです。

以前付き合っていた恋人と体の相性が合わずに別れたことなどが原因かもしれません。

好きだからこそ関係を持った

ドアノブを握る手

順番こそ間違っているように感じるかもしれませんが、好きだからこそ関係を持ったという男女もいます。

雰囲気や流れで相手を受け入れる方は少なくないでしょう。

その心理には「この人ならいいと思ったから」という人もいるのではないでしょうか。

誰でもいいという人もいますが、やはり異性として見れる人じゃないと無理という方もいます。

そういう方からすれば、付き合う前に関係を持つことに抵抗はないけれど、好きでもないのに付き合ってない人とすることはないというわけです。

つまり、好きじゃなかったらそもそも関係を持たないという心理になります。

なので、世の中にはちゃんとした告白やプロポーズもなしに付き合ったり結婚している人たちもいますから、

その相手も流れで関係を持ったけれど、内心では恋愛感情を抱いていたり告白できずにいるだけかもしれません。

酔った勢いだったから

酔った勢いで関係を持った男女のほとんどは恋愛感情がないでしょう。

つまり、体の関係を持ったことに意味はありません。酔った時の欲求に駆られただけということになります。

もちろん興味のない相手と関係を持ってから好きになることもありますが、

関係を持った時のことすら記憶にない人もいるので、恋愛関係に発展することはあまりないでしょう。

好きじゃない相手と酔ってしてしまった人は、謝って距離を置くというパターンになりがちです。

ただし、酔って理性が失われると普段抑えている好意を素直に示すようになる人もいるので、

手を出してきたり、体の関係を受け入れたのは恋愛感情があったからという可能性もなくはありません。

スポンサーリンク

付き合う前に体の関係を持つと付き合えない?

悲しみに暮れる女性

好きな人と付き合う前に関係を持ってしまうと、まず悩むのが恋人になれる可能性があるのかということ。

体の関係で終わるなんてことは避けたいものですよね。

では、付き合う前に体の関係を持ってしまったら付き合うことはできなくなるのかについてご紹介していきます。

恋愛対象にならない

付き合う前に体の関係を持つという男女は、付き合うことではなく体が目的だったので相手に好意を寄せられても付き合えない人もいるようです。

むしろ、そういう人ほど本命には気持ちを伝えるのが先という考えを持っていることも。

「男女の関係になるのに告白しないということは、付き合えないと言っているようなもの」という認識の人は少なくないみたいですね。

なので、人によりけりではありますが、付き合う前に体の関係になるのはその程度の存在にしか見ていない為、付き合うことはないという人もいるようです。

体の関係から始まる恋もある

体の関係を持ってから好きになったり付き合う男女はわりといるようです。

そのまま上手くいって結婚されている方も多くいます。

物事には順序があり、恋愛でいえば告白して恋人になってから関係を持つことが一般的とされていますが、

それは誰もが共通する恋愛の順序というわけでもありません。

体の関係を持ってから相手の魅力を知ったり、一気に距離が縮まることもあるからです。

ちゃんと付き合ってから体の関係を持ったとしても、相性が悪くて結局すぐ別れることになる男女もいます。

付き合う→体の関係を持つという順序だと誠実さや本気度が伝わりますが、

その恋愛が上手くいくかどうかに順序は関係ないというのが現実でもあります。

なので、体の関係を先に持ってしまったからといって、必ずしも相手が付き合わないというわけではありません。

しかし、ちゃんと遊びではないか見極めたり対処する必要はあるでしょう。

それでは、体の関係を持った相手が遊びか見極めるポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

付き合う前に体の関係を持った相手が遊びか見極めるポイント

連絡は相手が会いたい時か無視される

スマホ操作する手

体目的だった場合、まずまともに連絡を取ろうとはしません。

遊べる存在としか思っていませんから、本命のようにコミュニケーションを取る必要がないからです。

貴方から連絡をされても無視するか適当にあしらうのみで、愛想良く連絡してくる時は貴方を呼び出して関係を持ちたい時だけ連絡するというパターンがほとんど。

もしくは、一夜限りの関係だったと思っている相手だとそれ以降連絡がなくなることも。

そのような態度になった時は遊びとして見られていると判断したほうが良いでしょう。

もし相手にその気があるなら、体の関係を持ったその日以降もちゃんと連絡のやり取りをしてくれます。

忙しいと断られる

体の関係を持ってからというもの、貴方が会いたいと言っているのに「忙しいからゴメン」などと断り続けるようなら遊びの可能性があります。

もちろん本当に忙しくて断っている相手もいるでしょうが、

少しでも気のある異性や好きな人に頼まれたなら都合を合わせるもの。

「忙しい」の一点張りで会おうとする姿勢が全く見られないなら、

残念ながらその程度の存在だということが考えられるでしょう。

自分が会いたい時だけにしたいか、もしくはこのまま会わずにフェードアウトしたいということなのかもしれません。

「忙しい」は断り文句として定番ですから、本当に好きなら「じゃあ、土曜じゃなくて日曜はどうかな?」などと乗り気な態度を見せるでしょう。

気持ちを聞いてもはぐらかされる

ベンチに座る寂しげな女性

体の関係を持ったことに関して、自分のことをどう思っているのか既に聞いた方もいるかと思います。

その際、相手が言葉を濁したりはぐらかすなどの態度が見られたら、体目的だと疑うべきでしょう。

好きなのに「付き合おう」と言えないのはおかしいですよね。

体の相性を知りたかったのだとしても、一度関係を持ったわけですからもう答えは出ているはずです。

それなのに未だにハッキリしないということは、貴方との関係を曖昧にしておきたい心理が考えられます。

「体だけの相手は欲しい…でもここで好きじゃないと言えば、もう会わないと言われてしまうかもしれない」

と逃げられることを恐れて、ハッキリと好意がないとは言わずにいたいわけです。

「責任を負いたくないから付き合いたくもないし、でも遊び相手は欲しい」という相手だと、気持ちを聞いても魔化す傾向があるでしょう。

会うとすぐ密室に行きたがる

本来、好きな人には嫌われまいと手を出さない人が多いです。

遊び目的なんだと勘違いされたくないですから、当然とも言えます。

しかし、体しか興味のない相手であれば別です。

会えば当たり前のように手を出そうとしてきます。

体目的の相手からすれば、会う=関係を持つことでしかないからです。

付き合う前に体の関係を持ったからといって、好きなのであれば体だけが全てではないはずです。

好きな人であれば会えるだけで嬉しいものですよね。

なので、会えばすぐ家やホテルなどの密室に行きたがるような相手なら遊びの可能性があるでしょう。

もし会っても毎回のように手を出すわけではない相手なら、貴方を都合の良い存在ではなく本命として見ているかもしれません。

スポンサーリンク

付き合う前に体の関係を持った男女への対処法

相手に気持ちを聞く

夕日と男女

一番オススメするのはやはり相手の気持ちを確かめるということ。

お互いの関係をハッキリさせることが何よりも大切です。

好きと言われたからといって、結局ちゃんとした告白をされていないなら曖昧な関係であることに変わりはありません。

一緒にいて恋人のように居心地の良い関係を築いていたとしても、貴方がモヤモヤとしているならそれは恋人関係とは言えないでしょう。

付き合う前に体の関係を持ったことは一般的に考えれば誠実とは言い難いです。

「付き合ってくれるの?それとも、もう付き合ってる?」

「告白されてないと思うんだけど、これって体だけの関係でいたいってこと?」

などと自分の不安や不満をちゃんとぶつけましょう。

言葉にしないと何も伝わりません。

ちゃんと自分の思いと相手の思いを確認し合い、恋人関係になるなり見切りをつけて別れるなりしましょう。

「付き合わないなら嫌」と断る

ハッキリと聞くのに抵抗がある人は態度で示すのもあり。

相手が手を出してきたタイミングで「付き合わないなら嫌」と断ってみましょう。

もし相手に付き合う気があるなら、貴方にそう言われたタイミングで告白をしてくるはずです。

そもそも好きなのであれば、体の関係を持ったその日~数日のうちに告白してくることが多いので、

うやむやにしておきながら当たり前のように手を出してくる相手を拒否するのは当然の行為です。

「この前は流されたけど、恋人になってくれる気がないならそういうことしたくない」

と強気に出ることが大切。

されるがままというのが一番良くないので、こんな関係イヤだと思うならNoと言う勇気を持ちましょう。

会っても家やホテルには行かないようにする

バイバイ

気持ちを聞いたり拒否することができない人は、会っても決して体の関係にならないようにしましょう。

関係を持つことをやめてみれば、相手の態度も一変しやすいので好意の有無がわかるはずです。

会う機会があっても、家やホテルなどの密室に行かないようにします。

そうすることで、会っても寝れないことに相手は段々と興味をなくすでしょう。

都合の良い相手にできないのであれば会う意味がないからです。

なので、貴方を都合よく見ているなら、貴方と関係を持てなくなった途端に会わなくなるでしょう。

もし、貴方が密室で二人きりになるのを嫌がっているのにしつこいようなら

その時は「じゃあ、どういう関係なのかハッキリしてほしい」と問い詰めたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、付き合う前に体の関係を持つ男女についてのまとめです。

まず、付き合う前に体の関係を持つ男女の心理は…

  • 都合の良い存在にしか思ってない
  • 体の相性がいいか確かめたい
  • 好きだからこそ関係を持った
  • 酔った勢いだったから

そして、そんな男女が遊びか見極めるポイントは…

  • 連絡は向こうが会いたい時だけか無視される
  • 忙しいと断られる
  • 気持ちを聞いてもはぐらかされる
  • 会うとすぐ密室に行きたがる

もし付き合う前に体の関係を持った異性と付き合いたいなら…

  • 相手の気持ちを聞く
  • 「付き合わないなら嫌」と断る
  • 会うけど家やホテルには行かないようにする

以上になります。

好きだと体の関係を受け入れてしまうことは少なくありません。

しかし、その好意を利用されている場合もありますので、しっかりと見極め相手の思い通りにならないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました