好きと言わない男性心理とは?言えないだけ?

寄り添う男女

恋人のような関係でありながらも、好きと言わない男性に疑問を抱く女性もいるかと思います。

付き合っているのかハッキリしないと、やはり不安になったりモヤモヤしてしまいますよね。

なぜ男性は好きと言わないのか。今回はその男性心理についてご紹介していきます。

お互いの関係性に悩んでいる女性はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

好きと言わない男性心理

恥ずかしい

なんとなくお互いに好きであることがわかっていると、改めて好きという言葉を伝えるのが恥ずかしいという男性心理もあります。

特にシャイであったり照れ屋な男性だと、「今更言わなくても俺の気持ちわかるだろ?」という心理でいる可能性が高いかもしれません。

愛情は感じるけど、普段から無口であまり言葉にすることが少ない男性なのであれば、恥ずかしくて好きと言わないことが考えられそうです。

遊び目的

遊び目的の男だと好意があるような素振りを見せておきながら、好きと言わない傾向があります。

好きと言って付き合う形になってしまうと、他の女性と遊ぶこともできなくなりますし、浮気になってしまうなど色々面倒になる為です。

なので「好き」という言葉さえ言っておかなければ、後々他の女性といる所を目撃されたとしても、「そもそも俺達付き合ってないでしょ?」と言い逃れすることができる為、遊び目的の男だとあえて言わないことも少なくありません。

恋人のような関係なのに、好きか聞いてもはぐらかされることが多いなら、遊び目的を疑ったほうがよいかもしれません。

気持ちがわからない

自分の気持ちがわからないと好きと言えないということもあります。

恋愛感情なのか、それとも普段から仲が良い女性という意味での好きなのか、どういうものが異性として好きに当てはまるのか自分でもわからない男性だと、好きと言わないのでなく言えないのかもしれません。

特に今まで友達関係として仲が良かった間柄だと、友達として好きなのか異性として好きなのかがわからず、自分の気持ちに答えを出せなくてハッキリしない関係でいる可能性があります。

こういう男性だと、後々「やっぱり友達として好き」と言ってくる可能性がありますので注意が必要かもしれません。

関係を壊したくない

関係を壊したくないという男性心理から好きと言わない場合もあります。

好きと言ってしまえば、お互いの気持ちがハッキリし、曖昧だった関係性もハッキリしなければなりません。

女友達がもし自分を好きでなかったら、フラれる上に今まで友達として仲が良かった関係も壊れてしまう可能性があります。

よって、今の関係でいることが心地良いと感じている男性なのであれば、あえて好きという言葉で恋人なのかをハッキリする必要はないと考えているのかもしれません。

フラれて傷付きたくない

男性は女性よりもプライドが高い傾向があると言われています。

好きと言わない男性のなかにも、フラれて傷付きたくないというような自分のプライドを守るために好きと言わない場合もあるでしょう。

もしくは自分に自信がないことで好きと言えない男性もいるかもしれません。

俺様でプライドが高めの男性であったり、恋愛経験が少なく自信のない男性などはフラれて傷付くのを恐れて言わないことが考えられるでしょう。

もしくは自分から告白して傷付くのが嫌なので、女性のほうから好きと言ってくるのを待っている男性もいるかもしれません。

スポンサーリンク

好きと言わない男性心理を確かめる方法

不安であることを伝える

今の曖昧な関係でいることが不安であることを男性に伝えるのも一つの方法です。

好きと言わなくても女性の気持ちがなんとなくわかっている男性だと、同じ気持ちだし改めて言う必要はないと判断していることもあります。

そういう心理の男性だと、女性が不安でいることに気付いていない可能性が高いですので、「私達は一体どういう関係なのか」と聞いて不安であることをキッチリ伝えると良いでしょう。

不安であることを伝えれば、好意を持っている男性は女性の気持ちを理解して、自分の気持ちを言葉にしてくれるでしょう。

女性から好きと言う

プライドが高い男性や自信のない男性は自分から好きということに抵抗を持っている傾向があります。

なので、なかなか好きと言わないと感じるなら女性から「好き」と言って告白を促すのも良いでしょう。

女性が先に好きと言えば、フラれて傷付きたくないと考えている男性も自分の気持ちを素直に伝えやすい状況になります。

もし女性のほうから好きと伝えているのに、相手男性が答えをはぐらかすようなら遊び目的の可能性を疑ったほうが良いかもしれません。

好きか聞いて話し合う

もし「私のことどう思ってる?」「私達の関係ってなに?」と聞いて、男性が「好きなのかわからない」と答えた場合は一緒に話し合うことも必要かもしれません。

他の男性と付き合ったらどう感じるのか、将来パートナーとして傍にいて欲しい存在なのかなどを質問して、相手男性の気持ちを確かなものにしていくと良いでしょう。

話し合ってもイマイチ男性の気持ちがハッキリしないようなら、もしかしたら恋愛感情としての好きではないのかもしれません。

もし今まで恋人のようなことをしていたなら、そういうことは今後しないようにしようと伝えて、しばらく距離を置いたほうが良いでしょう。

離れてみることで自分の気持ちに気付くこともありますので、いつも会っているのであれば、時には離れてみるのも大切ですよ。

スポンサーリンク

好きと言わない男性に気をつけること

すぐに遊び目的と疑わない

好きと言わないからといって必ずしも遊び目的とは限りません。

もちろん少しは疑うべきですが、男性に対して「私のこと都合のいい女だと思ってるんでしょ?!」などのように攻撃的にならないようにしましょう。

自分の気持ちがわからないでいたり、照れや自信のなさから好きと言えないでいる男性もいます。

まずは落ち着いて「私のことどう思ってるの?」と聞いたり、貴方の気持ちを伝えたり、一緒にお互いのことに向き合うようにしましょう。

手を出してきたら警戒する

付き合っているのか曖昧な関係であるのに、手を出してくるのであれば警戒しましょう。遊び目的の可能性があります。

遊び目的の男は好意があるような素振りを見せるのが上手いです。

言葉にしなくても行動から愛情が伝わるから大丈夫と感じていても、実はそれが演技という可能性も低くありません。

言葉にしたからと言ってそれが本心とも限りませんが、恋人関係であるかハッキリしていないのに手を出そうとするのは、やはりお互いの関係を明確にしたくないという男性心理が考えられます。

相手男性の気持ちを聞いて付き合うとハッキリ言うまでは、恋人同士のようなことはしないようにしましょう。

答えを急かさない

何事も焦っては良い結果にはなりません。特に付き合うということは、将来結婚するかもしれないということですからとても大切なことです。

一緒に話し合っても、男性が「もう少し考えさせてほしい」というのであれば、やはり自分の気持ちと向き合う時間も必要ですから、しばらく待ってみましょう。

一ヶ月くらいは待つ気持ちでいて、もし一ヶ月経っても返事がないなら、男性に会って返事を聞いても良いかと思います。

まだ気持ちがわからないというのであれば、付き合える期待が低いことも考えられるので、新しい恋を見つけることも視野に入れたほうがよいかもしれません。

ズルズルと返事を引き延ばされるのは時間を無駄にしてしまいますので、ある程度経っても答えが出されないなら諦めるという選択肢も考えたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

好きと言わない男性にも様々な心理があります。

関係が壊れることを恐れていたり、今更好きと言うのが恥ずかしかったりと男心も複雑なようですね。

好きと言わない男性にモヤモヤしてしまうのはわかりますが、男性もまた悩んでいるかもしれませんので、焦って答えを急かしたり、攻撃的になったりしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました