急に積極的になる男性心理とは?本気で好きな表れ?

 

今までそんなに関わってくることもなかった男性や、避けられている感じがしていた男性が、急に積極的になるのって気になりますよね。

急にガツガツと来られると、動揺してしまう女性も多いのでは?

今回は急に積極的になる男性の心理についてを紹介したいと思います。思い当たる節がないかチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

急に積極的になる男性心理6つ

好意に気付いた

急に積極的になった男性のなかには、相手女性の好意に気付いたからという場合もあります。

今までは女性が自分をどう思っているのかわからず、当たり障りのない接し方で様子を窺っていたのが、ある時にふと相手女性が自分に好意を抱いているのがわかったことで、自信が持てるようになり積極的になったことが考えられます。

恋愛に慎重なタイプだったり、自分が恋愛対象かどうか自信がなかった男性だと、好意に気付いたことで行動に移す傾向があるかもしれません。

好意に気付いたことで積極性が増す男性のなかには、相手の好意を利用する遊び人もいるので気をつけましょう。

自分の気持ちに変化があった

今までは恋愛対象とは思っていなかった女性が、ある時をキッカケに意識し始めるという場合もあります。

女友達を異性として意識し始めたり、同僚・上司と部下・先輩と後輩などの存在が急に恋愛対象になるなど、今までなんとも思ってなかった異性を何かのキッカケで意識し始めることは少なくありません。

辛い時に寄り添ってくれたり、意外な一面を知ってギャップを感じたり、話をしてみたら印象が変わった…など。

いつどこで何がキッカケとなり、恋愛対象になるかはわからないものです。

その男性も、最近何かがキッカケとなったことで女性を意識し始め、急に積極的になったのかもしれません。

パートナーと別れた

気持ちが冷めていた恋人や妻と別れたことで、急に積極的になる男性もいるでしょう。

内心気になっている女性がいても、パートナーがいる身ではアプローチするわけにもいかない為、パートナーがいた時はせいぜい仲良く話す程度止まりという場合も少なくありません。

しかし別れてフリーになれば、後ろめたさを感じることなく好きな女性に近づけるようになれますので、急に積極的になったということも考えられるでしょう。

逆の場合として、女性側が別れてフリーになったことで、急に積極的になるパターンもありそうです。

ライバルに負けたくない

ライバルに負けたくないという気持ちが強くなることで、急に積極的になるという男性も少なくないでしょう。

特に好きな女性を狙っている男性が身近にいたり、好きな女性が自分よりも他の男と仲良く話してるのを目の当たりにすると、闘争心に火がついたり、ムキになることもあるでしょう。

本気になった

急に積極的になった心理には、いつまでも変わらない関係に「このままではダメだ」と感じて、男らしく行動に出たという心理も考えられるでしょう。

本気になった、という男性心理がしっくり来るかもしれません。

消極的で恋愛に失敗してきた自分を変えたい。恋愛対象として見ていない女性を意識させたいなど。

好きという気持ちが強くなったり、今の関係のままで終わらせたくないという気持ちが本気にさせ、積極的になったという男性も少なくないでしょう。

頃合いを見計らっていた

急に積極的になったのには、男性が意図してやっていたという可能性もあるでしょう。

外見が草食系男子で中身が肉食系男子というロールキャベツ男子の場合、女性に警戒されないように、最初は肉食系のガツガツ感は出さず、穏やかな草食系を演じる傾向があります。

そして徐々に仲良くなって、女性の警戒が緩んだ頃に大胆なアプローチをするというのがロールキャベツ男子にありがちな恋愛テクニックです。

つまり急に積極的になったのは、頃合いを見計らっていた男性がそろそろ仲良くなったと感じたことで、アプローチが目立つようになったことが考えられるでしょう。

特に二人きりになると積極的になるという場合は、ロールキャベツ男子の可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

積極的なのは本気になっただけかも

急に積極的になる男性には、色々な心理があるようですね。

いずれにせよ、積極的になったということは貴方に興味があるわけですから、どんな男性なのかしっかり見極めるようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事