緑の折り紙を使ったおまじない

 

折り紙を使ったおまじないで、今回は緑色の折り紙を使ったおまじないを紹介!

理想の異性と会えるおまじないと仲直り&復縁おまじないをご紹介します。

緑色の折り紙をお持ちの方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

緑の折り紙で理想の異性と出会えるおまじない

紙飛行機

自分の理想の異性と出会えるおまじないです。

素敵な異性となかなか巡り会えない人にオススメ。

用意するもの

  • 緑の折り紙
  • 黒いペン

緑の折り紙にイラストを描くので、なるべく大きめの折り紙が望ましいです。

おまじないのやり方

  1. 緑の折り紙を用意する。
  2. 折り紙の裏面左半分に、自分の理想とする異性の全身を黒いペンで描きます。
  3. 右半分には、理想の異性についての特徴を6つ箇条書きします。※年収○○円以上・身長○○○cm以上など
  4. その折り紙で鶴を作ります。
  5. そして出掛ける度に、その鶴を鞄などに入れて持ち歩くようにする。

この折り紙おまじないをすることで、理想の異性と巡り会えるようになります。

おまじないのポイント

理想とする異性の特徴は、書ききれないほどあったとしても6つのみにしましょう。

多くの理想から6つだけ厳選して書くようにすることがポイントです。

どうしてもこれだけは譲れないという理想を書いてくださいね。

こんな異性と恋愛できたら…とワクワクした気持ちで書くのもポイントですよ。

スポンサーリンク

緑の折り紙と色鉛筆を使った復縁おまじない

色鉛筆

用意するもの

  • 緑の折り紙
  • 色鉛筆

緑の折り紙は黄緑色でも代用可能。

色鉛筆は自分の好きな色の色鉛筆を使ってください。

おまじないのやり方

  1. 緑の折り紙の裏面の角に、色鉛筆で自分のフルネーム、その対角に復縁したい相手のフルネームを書きます。
  2. 名前を書いた面が裏側になるように折り鶴を作る。
  3. 完成したら折り鶴を御守りにして持ち歩く。

おまじないのポイント

出掛ける時は作った折り鶴をしっかり持ち歩きましょう。

毎日御守りにして持ち歩くことで効果に期待できます。

スポンサーリンク

ピンクと緑の折り紙の復縁おまじない

花の折り紙

用意するもの

  • 5cm×5cmの小さな緑の折り紙
  • 5cm×5cmの小さなピンクの折り紙
  • 赤いペン
  • 青いペン
  • 復縁したい相手と一緒に写っている写真

写真は2人一緒が望ましいですが、無ければ一人ずつ写っている写真でも代用可能。

おまじないのやり方

  1. ピンク色の折り紙に、赤いペンで大きなハートを描く。
  2. そのハートの中に、復縁したい相手が好きだと言ってくれていた自分のチャームポイントを書く。※自分が思うチャームポイントでは駄目。相手が気に入っていたチャームポイントを書く。
  3. 次に、緑の折り紙に青いペンで大きな丸を描く。
  4. 丸の中に、自分が思う復縁したい相手の一番好きなところを書く。
  5. 写真を用意する。
  6. 写真を小さく畳み、2枚の折り紙の間に挟む。
  7. 文字を書いた面を中表にして、糊付けにする。
  8. 色のついていない白い面が見える状態になり、2枚の紙に写真が挟まれている状態になればOK。
  9. これを適当に折り畳んで、財布にしまう。

おまじないのポイント

財布にしまったら、誰にも見られないようにすること。

財布に入れた折り紙と写真をなるべく意識して過ごすこと。

復縁したいと強く願うこと。

スポンサーリンク

緑の折り紙と観葉植物で仲直りするおまじない

観葉植物

仲直りや復縁したい人にオススメのおまじないです。

観葉植物をお持ちの人は試してみてはいかがでしょうか。

用意するもの

  • 緑の折り紙
  • 緑色のペン
  • 観葉植物

おまじないのやり方

  1. 緑色の折り紙の裏に、好きな人の名前をフルネームで書く。
  2. 書いたら緑の折り紙で鶴を作る。
  3. 折り鶴が出来たら、観葉植物の葉っぱの間に隠します。
  4. その観葉植物を部屋の中でも外でも良いので、好きな人が住んでいる方角に置きます。

これでおまじないは終了です。

気持ちが素直になって仲直りする効果に期待ができますよ。

おまじないのポイント

お花ではなく、観葉植物を使うのがポイントです。

観葉植物に指定はありません。

お好きなものを使ってください。

観葉植物は運気アップにもなると言われているので、育ててみたいと思っていた方はこれを機に置いてみるのもオススメですよ。

スポンサーリンク

まとめ

以上が緑色の折り紙を使ったおまじないについてでした。

おまじないは信じることが何よりも大事です。

自分ができそうなものや直感で選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事