本音が出てる?酔うと電話してくる男性の心理

酔うと電話してくる男性は特別な心理があるか気になる女性もいるのでは?

酔って電話してくる人っていますよね。

女友達や家族などであればまだしも、男性からだと「なんで私に電話?」と思うものです。

よって、今回は酔うと電話してくる男性の心理と脈ありサインについてご紹介!

酔うと電話してくる男性心理

素直になる

電話をする男性

酔うと好きな女性に電話したくなる男性は少なくありません。

酔うことで理性がなくなるからです。普段は

好意がバレたら恥ずかしい。

好きだとわかったら避けられるかもしれない。

という心理から好きであることを隠していることが多いもの。

しかし、お酒が入ることで抑えていた感情をコントロールできなくなります。

つまり、好きだという気持ちに対して素直になるのです。

普段躊躇して行動できない男性も大胆になります。

なので、酔って貴方に連絡するのは好意を抱いているからなのかもしれません。

人恋しくなる

酔うと人恋しくなって電話をかける男性もいます。

普段は一人で平気な男性も、酔うことで隠れていた寂しがり屋な部分が出たりします。

一人で飲んでいてふと孤独感に襲われ、誰かに電話をかけたくなる男性もいるでしょう。

または悩みや悲しみを抱えている男性だと、寂しさを埋めるように人と関わろうとすることもあります。

なので、酔うと好きな女性の声が聞きたくなったり、

誰でもいいから構ってほしいという心理から電話してくる男性もいるでしょう。

異性に近付きたくなる

ウサギのスマホ

人は酔うと理性を失いやすくなります。

普段よりも本能的になり、異性に積極的になることも珍しくありません。

あくまで本能的なので、そこに恋愛感情がない男性もいます。

異性なら誰でも良くなるわけです。

なので、好意ではなくただの下心という可能性もあるでしょう。

酔うとどんな女性とも距離が近くなる男性は要注意です。

酔ったテンションで電話しただけ

酔うとテンションが高くなる人っていますよね。

普段おとなしい人でも、無意味に人へ絡むようになることも。

なので、酔ってテンションが高くなると電話をかける男性もいます。

特別な意味はなく、適当に気分で電話しているだけに過ぎません。

きっと貴方以外にも酔って電話をかけている相手がいるでしょう。

その男性と共通の知り合いがいるなら、酔った状態で電話してきたことがないか聞いてみるのがオススメ。

よって、酔うと人に絡むようになる男性なら、テンションの高さで電話してきた可能性がありそうです。

スポンサーリンク

酔うと電話してくる男性の脈ありサイン

普段電話してこない

寝落ちする女性

普段電話してこないのに、酔うと電話してくるなら脈ありサインかもしれません。

好きな人への連絡は、例えLINEなどの文字のやり取りでも緊張するもの。

電話ならより緊張するという人は少なくありません。

しかし、酔った勢いでなら電話できるようになる人も多いです。

なので、普段は躊躇して好きな女性に電話できない男性も、

酔うと好きな女性に積極的に電話する傾向があります。

普段あまり電話しない男性が酔った状態で電話してきたなら、

好きな女性である貴方と話したかったのかもしれません。

褒められる

酔うと電話してくる男性が貴方を褒めてくるなら脈ありサイン。

「可愛い」「綺麗」などの言葉は本音の可能性があります。

異性として魅力的に感じている為、普段思っていることが酔ってポロッと出たのかも。

もちろん下心で口説いてる女好きもいないわけではありません。

なので、他の女性にも同じことをしていないかチェックするほうが良いでしょう。

会いたいと言われた

スマホを弄る

酔って電話してくる男性に会いたいと言われたら脈ありサイン!

好意を抱いているからこそ出た本音の可能性があるでしょう。

好きじゃない異性に対して「会いたい」なんて普通言いません。

しかし、下心である可能性も否めません。

夜遅いのにしつこく会いたがるようなら、体目的かもしれませんので注意しましょう。

ただ「会いたい」と甘えるだけなら、貴方を想ってるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

酔うと電話してくる男性の心理は…

  • 素直な気持ちになる
  • 人恋しくなる
  • 異性に近付きたくなる
  • 酔ったテンションで電話しただけ

酔うと電話してくる男性の脈ありサインは…

  • 普段電話してこない
  • 褒められる
  • 会いたいと言われる

異性へ電話するというのは特別な意味であることも!

ただの暇電の可能性もありますから、よく男性心理を見極めてみてくださいね。

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました