女性の特徴

隙のある女がモテるのはなぜ?見習うべき隙とは

隙のある女はモテると言われるけど、「隙」ってどういうこと?

そんな疑問を抱く女性も多いのではないでしょうか?

隙のある女になれば男性からのアプローチが増えるので、モテる女になるのは確かです。

しかし、隙のある女の特徴によっては、悪い男ばかりを引き寄せてしまうことも珍しくありません。

どうせなら良い男を惹きつけられる隙のある女になりたいですよね。

今回はそんな隙のある女についてをご紹介していきますので、ぜひご参考になさってみてください。

スポンサーリンク

「隙のある女」とは

隙のある女はモテると聞いたことがある方も少なくないかと思います。

しかし、隙があるとは一体どういう意味なのかピンとこない方もいるのではないでしょうか?

「隙のある女」とはつまり男性が付け入る隙がある=相手にしてくれそうな女性のことをいいます。

例えば自分が男性にアプローチをする場合、どんな男性ならアプローチしやすいかを考えてみればわかるのではないでしょうか。

とっつきにくそうな男性やガードが固そうな男性だと、アプローチしても相手にしてもらえない感じがしますよね。

つまり苦戦しそうな異性だと「隙がない」と思うわけです。逆に相手にしてくれそうだと感じる異性には「隙がある」と思います。

なので「警戒心なさそう」「俺に気がある?」「押せばイケるかも」と思わせるような女性は隙のある女ということになります。

スポンサーリンク

隙のある女の特徴

ノリがいい

ノリがいい女性はあまり断ることが少ないことから隙のある女と思われやすいところがあります。

ノリがいいというと付き合いが良い印象がありますが、一方で悪い男からは「誘ったらホイホイついてくる女」という風にも思われます。

「俺の家で飲もうよ」という誘いにまで「いいね~」とノリの良さを見せてしまうような女性は、悪い男の思惑通りになってしまうので気をつけたほうが良いでしょう。

あくまで食事やデートの誘いに喜んでOKしてくれるような女性だと、隙があるところに男性も「アプローチしたくなる」と好印象になります。

距離感が近い

距離感が近い女性は「俺に気があるかも」と思わせるので隙のある女と判断されやすいです。

人間には誰しもパーソナルスペースという縄張り空間がありますが、男性は女性よりもこのパーソナルスペースが狭い=警戒心が低い為に、距離の近い女性に対して「俺に気を許してくれている=好きなのかも」と感じるところがあります。

ボディタッチをされただけで女性から好意を寄せられていると勘違いする男性も少なくありませんが、これもパーソナルスペースが女性よりも狭い為、何気なくボディタッチしただけの女性との感覚に違いがあるというわけです。

よって、至近距離で話すような女性や、ボディタッチをしてくるような女性は警戒されていないと感じるので、男性から隙があると思われやすいでしょう。

特にボディタッチは男性がその気になってしまう女性の行動の一つなので、意識してしまうことも多いです。

派手な服装

派手な服装の女性に対する印象は、軽そう・遊んでそうなどがある為、隙のある女と思われやすい特徴になります。

かっちりとしたファッションだと付け入る隙がないと感じられやすい為、警戒心のなさが出ている短いスカートや胸元が見えるような派手なファッションの女性のほうが男性は落とせそうと感じます。

ただしこの場合における隙のある女は、押したら付き合えそうという感じではなく、「手軽に遊べそうな女」として近付いてくることのほうが多いでしょう。

なので、女性も遊びたいなら良いかもしれませんが、いい男を掴まえたいなら控えたほうがいいファッションになります。

断れない性格

ノリがいい女性は断らないことで隙があると判断されますが、それとは別に断れない性格の女性も隙のある女の特徴になります。

つまり押しに弱いタイプです。誘って断られてもグイグイいけばOKしてくれるわけですから、十分に隙のある女といえます。

おとなしい女性や周りに気を使うことが多い女性などは、嫌でもハッキリNOと言えなかったり、「誘ってくれたのに断るのは失礼だ」と相手に配慮するような性格から隙があると感じられやすいでしょう。

天然

天然な女性は男性から人気が高いですが、好かれやすい理由として隙があることが理由の一つです。

天然な女性は穏やかでほんわかとした雰囲気であることがほとんどです。

そんな雰囲気こそが男性に「話しかけても拒絶しなさそう」という風に感じさせます。つまりガードが緩く見えるわけです。

天然な女性の言動には周りとのズレがあり、そんなクスッと笑えるような一面を見せるところにも近寄りやすさを感じさせる為、男性に隙があると思わせることができます。

見てて守りたくなる

男性は守りたくなるような女性に惹かれるところがあります。

見てて心配になる女性というのは、男性が思わずフォローしたくなりますし、男性からフォローされる機会があるような女性は隙があることにも繋がります。

ミスをしたり危なかっしい人には、誰でも親切心から見て見ぬ振りはできないもの。

心配してしまうような女性というのは、誰かの力を必要としていることが多いですから、自ら人と関わるキッカケを作っています。

男性は頼られたいという気持ちが強かったり、守りたくなる女性に惹かれやすいですから、尚更そういった女性を気にせずにはいられません。

よって、おっちょこちょいだったり、頑張ってるのに空回りなことが多い女性だと、男性に隙を見せることにもなりますし、「俺がついててあげないと」と思わせることもできるのでモテる女になりやすいでしょう。

警戒心がない

警戒心がない女性は隙があるというより、隙だらけの女になります。例えば

この前観たいって言ってた映画借りたからさ、俺の家で一緒に観ない?

と言われたとします。もしこの男性が貴方にとって凄く信頼のできる男友達と想定した場合、貴方はこの誘いに乗りますか?

もし「この男友達は信頼できるから大丈夫」「私はそもそも女として見られてない」と考えて家に行ってしまうのであれば警戒心がなさすぎるでしょう。

男友達といっても男性であることは変わりありません。

女性は男友達を異性として見ていなくても、男友達は異性として意識している可能性はあるのです。

女性では男性を振り払えるほどの力はまずないですから、誰もいない密室で二人きりになれば逃げることは難しくなりますので、どんなに信頼できる男性であろうとも女性は警戒をしなければなりません。

男性に対する警戒心が薄い女性だと、悪い男から隙のある女だと目を付けられて遊ばれてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

スポンサーリンク

逆に隙がない女の特徴とは

近寄るなオーラがある

人を寄せ付けない雰囲気を持っている人っていますよね。そういう人を近寄るなオーラが出ているなんて言われたりします。

そういう雰囲気がある女性は、男性からとっつきにくいと感じられる為、「隙がない女」と思われてしまいます。

愛想がない・話しかけると態度が悪い・不機嫌そうで威圧感があるなどの特徴を持つ女性は、近寄るなオーラがあると感じられやすいです。

苦手な男性に対してなら態度で示すのも有りかとは思いますが、普段からそんな感じだと男性から声をかけられることが少なくなってしまうでしょう。

誘いに一切乗らない

一切誘いに乗らないような女性は、ガードが固いという印象に繋がるので「隙がない」と思われやすいです。

男性からの食事やデートの誘いを断るのはもちろん、大勢の人達が参加するような飲み会などのイベントの誘いすら頑なに断るような女性は、男性が関わるキッカケがないので隙がない女になります。

流石に男性も誘いに乗ってくれるだけで脈ありとまでは思わなくても、自分からの誘いをOKしてくれる女性には嫌われていないと判断する目安にすることも多いです。

なので、もし予定が入っていてどうしても断らなければならなかったとしても

今日は無理だから明日じゃダメかな?

日曜日は予定入ってるから、他の日でもいい?

などのように別の日を提案して、その男性から誘われたことに嫌がっているわけではないことをしっかり示したほうが良いでしょう。

高嶺の花

容姿端麗な女性のことを、見ることは出来ても決して手は届かない花に例えて「高嶺の花」と呼ばれますが、このような女性はモテはしますが、隙がないと思われることも少なくありません。

隙のある女というのは、「相手にしてくれそう」「落とせそう」と感じさせるところがあります。

しかし高嶺の花だと、男性は自分では釣り合えないと考えてしまう為、ほとんどの男性が可愛い子や美人には隙がないと思ってしまうわけです。

女性でも同じではないでしょうか?イケメンで多くの女性から言い寄られているような男性だと、よほどの自信がない限り「私なんて相手にされない」と思うはずです。

よって高嶺の花の女性は存在そのものが、男性に近付くことを躊躇させていますので、自分から話しかけることで「あんな美人は相手にしてくれないだろう」という男性の考えを払拭させれば、隙があると思わせることができるでしょう。

男性の力を必要としない

男性の力を必要としないような何でも自分で出来てしまう完璧な女性は隙がないと思われてしまいます。

男性は男らしくありたいという気持ちがありますから、頼られたい生き物です。

困っている女性ほど自分を必要としていると感じられますし、話すキッカケにもなるので近寄りやすい存在=隙のある女になります。

よって優秀な女性だったり、人に甘えるのが苦手な女性などは、男性から隙がないと思われてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

隙のある女になるには

隙のある女だとモテることに繋がりますが、悪い男にまで目を付けられる可能性がある為、良いことばかりでもありません。

しかし、好きな男性に隙があると思わせることができれば、恋の進展に期待することができるでしょう。

好きな人にアプローチしてもらいたい方は、以下の隙のある女になれるポイントを参考にしてみましょう。

愛想を良くする

まずは話しかけやすい雰囲気を作らないと隙のある女とは思われません。

ニコニコと穏やかであったり、男性が話しかけたことに嬉しそうにしてくれるような女性だと、男性も距離を縮めようとアプローチしてくるようになります。

なのでなるべく人と話す時は微笑むようにしたり、自分から積極的に挨拶をして良い印象を与えるようにしてみましょう。

ダメなところも見せる

助けてもらったことがキッカケで、相手を異性として意識するようになるケースは少なくありません。

わからないところを教えてもらったり、仕事を手伝ってもらったりすると、それまでお互いのことをよく知らなかった関係でも、それをキッカケに互いのことを知ることができますし、顔見知りになれば次から話す機会も多くなるので距離が縮まっていきます。

恋のキッカケというのは、異性から話しかけてもらうような隙があってこそです。

困ってそうだなと思う女性だと、男性は自然と話しかけることができますが、何でも一人で出来てしまう女性だと関わるキッカケがないので隙がないと感じます。

なので、時には男性に頼ったり甘えたりすることで、ガードの固い女から隙のある女へと変わる期待が持てるでしょう。

さり気なくボディタッチをする

ボディタッチは隙のある女と思われる期待ができますし、自分を意識させるのに効果的なモテテクニックとしても知られています。

しかし、いくらボディタッチが男性に効果的とはいえ、ベタベタと触ってくるような女性には流石の男性も不快感を抱くこともあります。

なので、ボディタッチをする際は「さり気なく」がポイントになります。

会話をして盛り上がってきた時などにさり気なくボディタッチをすると、じゃれ合うような自然な流れなので男性も不快感がありません。

あからさまにボディタッチをすると男慣れしたイメージに繋がってしまいますので、さり気なくを心がけましょう。

なるべく誘いに乗る

隙があると思わせたいなら、なるべく男性からの食事やデートのお誘いは断らないほうがオススメです。

男性としても勇気を出して誘ったのに断られてしまえば、「相手にしてもらえないんだ」と諦めてしまったり、たった一回断っただけでもガードが固い女という印象になってしまう可能性もあります。

追われる女になりたいという場合、押したら引くという駆け引きをするのも良いとは思いますが、駆け引きをするにしても一回目の誘いには乗ったほうが良いでしょう。

隙を見せて誘いに乗り、男性に手応えを感じさせたところで駆け引きをすれば、追われる女になれる期待ができます。

ですので、基本的には一回目の誘いは断らないほうが隙のある女になれるでしょう。

パーソナルスペースを考えて近づく

距離感が近いと隙があると思わせることが可能ですが、人間にはパーソナルスペース(縄張り空間)がありますので、一歩間違えると嫌われる可能性もあります。

ちなみにパーソナルスペースには、男女で差があると言われており、女性は円形状にパーソナルスペースがあるのに対し、男性は前方に対して楕円形のパーソナルスペースがあると言われています。

つまり、男性の正面にいる状態で距離が近いと不快感を与えてしまう可能性が高いわけです。

なので距離感の近さで隙を見せたいのであれば、男性の横の位置で距離が近いほうが真正面よりもストレスを与える可能性が低く、自分を意識させる期待ができるでしょう。

なので飲み会なんかで男性と話す時は、テーブルを挟んで話すような距離感がある状態よりも、真横に座って話したほうがオススメです。

まとめ

隙のある女にも良い場合と悪い場合があります。

特徴によっては、遊び目的の悪い男を引き寄せてしまうこともありますので気をつけましょう。

基本的には隙のある女と思われることでモテることに繋がりますから、「私は隙がない女の特徴に当てはまってるかも…」と感じた女性は、ぜひ今日から改善できるように頑張ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました